kudo mamoru さん プロフィール

  •  
kudo mamoruさん: 中国・韓国・日本の近現代史を読む
ハンドル名kudo mamoru さん
ブログタイトル中国・韓国・日本の近現代史を読む
ブログURLhttp://rekisitan.hatenablog.com/
サイト紹介文日本の戦前史、戦中史の真相を探る いわば、歴史修正主義のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2017/03/05 00:54

kudo mamoru さんのブログ記事

  • 太宰治 「嘘」の意味
  •  太宰治は落語全集を読みふけった後、落語の手法を取り入れて繰り返し同じ方法で短編を書いた時期がある。 「走れメロス」の「ひとりの少女が、緋のマントをメロスに捧げた。メロスは、まごついた。佳き友は、気をきかせて教えてやった。「メロス、君はまっぱだかじゃないか。早くそのマントを着るがいい。この可愛い娘さんは、メロスの裸体を、皆に見られるのが、たまらなく口惜しいのだ。」 勇者は、ひどく赤面した。  中 [続きを読む]
  • 日韓基本条約と朝鮮人強制連行
  • 韓国政府発行「韓日会談白書」40頁「韓日間の請求権問題に賠償請求を含ませることはできない。」「請求権は、領土の分離分割にともなう財政上および民事上の請求権である。」(民事上の請求権とは「預貯金」などのこと)巨額の資金を供出したのは、「経済協力資金」の意味である。サンフランシスコ平和条約では、韓国が半島に残した日本人の財産を処分したことを承認した。しかし、北朝鮮に残した日本の財産の処分については [続きを読む]
  • 朝鮮の差別 世界の差別
  • 姜尚中編「在日一世の記憶」によると、来日前の朝鮮半島庶民は通常、日本人を「倭奴ウェノム」という習わしだった。そして2013年海老蔵主演「利休にたずねよ」では、利休が朝鮮女性に「日本は蛮族」と言う場面がある。以下は小名木善行「悪逆と非道 李承晩は蛮族の酋長」「国内に産業らしい産業はなく、国は貧しく国民は飢え、その劣悪な環境から、平均寿命は二十四、五歳。主な輸出品目は、支那に献上する女性だけ。国内で [続きを読む]
  • 崔洋一監督 北野武主演「血と骨」の内容
  •  崔洋一監督の北野武主演「血と骨」は、在日朝鮮人が壮絶な家庭内暴力の末に実の娘を自殺に追い込み、妻妾同居で、妻に地獄の思いをさせ、小さな事業をやれば、従業員の日本人を罵倒していじめ抜く。しまいに全財産を北朝鮮に寄付する。まことにすさまじい在日朝鮮人の陰惨な生活を描いた映画である。 [続きを読む]
  • 慰安婦問題の起源ノート
  • 挺隊協創始者の尹貞玉は1943年に梨花女子専門学校1年生。1950年、朝鮮戦争中に米国に留学して帰国後、53年梨花女子大英文科講師に就任。この時代にこのような学費が可能だったとすれば、親日のかなり裕福な家の娘だった。尹貞玉は、嘘をついて「裕福な独立運動家の牧師の娘」と言っている。尹貞玉は1945年、始めて慰安婦が存在した事に気付き、二年前、17歳だった時に「看護婦になりなさい」と奨められた [続きを読む]
  • スペイン内戦からスターリンの対日戦争計画まで
  • ソ連はヤルタ協定の日本に関するルーズベルトとの密約、およびポツダム会議におけるこの密約内容の再確認をしたことを正当化の根拠にして、「連合国に味方した」とソ連国民に説明。(チャーチルはこの密約が米国国民に知らされないままソ連の対日参戦に口実を与えたことから、協定に加わった事を恥じた。が、いずれにしてもそれは、ルースベルトの不祥事であり、当時の英米の国力差からして、ルーズベルトを強引に叱責できる者など [続きを読む]
  • 日本終戦史録
  • 1944年7月 サイパン陥落 東條英機総辞職小磯国昭内閣「聖戦完遂」「制空権を奪われる」1944年7月ホノルル司令部「ルーズベルト・マッカーサー将軍・ニミッツ提督フィィリピンを奪回せよとマッカーサーがルーズベルトに3時間説得。10月10日 ニミッツ、マッカーサーの沖縄周辺諸島攻略開始。1945年2月6日 マッカ―サー、ほぼマニラを奪還2月19日、ニミッツ、タラワ・硫黄島。などで激戦。日本軍に [続きを読む]
  • 日本の戦争とは何だったのか 2
  • 「広島の原爆慰霊碑の碑文「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」について作者の広島大学教授雑賀忠義は「この過ちの主体は広島市民」「広島市民が軍国主義、戦争に加担するという過ちをして、反省し、死者に謝罪したのだ」と明言した。 (日本を経済封鎖した米国ルーズベルト政権が日米戦争の責任者だというパール判事への反論として) この雑賀忠義の考えは間違っている。戦争責任というのは、政府最高決定会議 [続きを読む]
  • 日本の戦争とはなんだったのか
  • 昭和12年7月7日 シナ事変対米英開戦決意は、ドイツがソ連共産主義を危機に陥れた後である。その後、日本は蒋介石が米英に支援されていることを知りながら、あえて蒋介石をつぶしにかかる。つまり、蒋介石政権との交戦が長期化すればするほど、英米との対立が深刻化することを知りながら、蒋介石政権との対決を深刻化させて行った。※産経新聞「正論」元編集長上島嘉朗は「中国大陸の不拡大方針を軍部が無視して戦線拡大に走っ [続きを読む]
  • 「許されざる者」と慰安婦問題
  • 許されざる者1992年 米国 アカデミー賞作品賞受賞作品この作品の主人公は「登場しない人物」であるという点で非常に特別な脚本である。わたしはそう見たのだが、意外に、他の鑑賞者の感想文を見ているとその点語られていないので、書き記しておこうと思う。 見巧者の町山智浩なら、言及しているかもしれないと思って確認してみたが、やはり言及してはいなかった。  イングリッシュ・ボブという高名な賞金稼ぎのドキュ [続きを読む]
  • 戦後民主主義とリベラルの敗北
  • 1955年までは日本の産業構造は農業水産業中心であったから、実際には農林水産業従事者は、共産主義思想、政府転覆思想を理解する素養自体がなく、同時に「快楽消費に対する渇望」がなく、ある程度村々の中の生活に充足していた。そのため、普通選挙は、むしろ、現状追認の保守政党が政権を取る結果となった。 高度成長に入ると、それはそれで農林水産業から第二次産業に移動した人々には、それなりに希望が生まれ、豊かさへの [続きを読む]
  • 慰安婦・夫婦別姓・福島瑞穂。日本共産党・ソ連
  • 日本共産党はソ連と闘ってきたと嘘をつくが、1949年総選挙で日本共産党は4議席から35議席へと躍進。1946年のベストセラーがソ連のスパイとして処刑された朝日新聞記者尾崎秀実の妻との書簡集であったから、この頃、共産党支持者の日本人はソ連に通謀する日本人を英雄視していた。 ノーベル文学賞作家スベトラーナ・アレクシエービッチさんは、「小さき人々」と呼ぶ民の声を発掘し、チェルノブイリ原発事故被災者の苦悩 [続きを読む]
  • 朝鮮総連コネクション
  • 朝銀信用組合 略称 朝銀北朝鮮の国防省に相当する機関として民族保衛部偵察局があった。韓国に潜入して韓国国内の労働組合、市民団体を北朝鮮支持に誘導する工作を行っていた。情報工作機関の「党文化部」は、朝鮮総連を担当して「指導」し、また帰国事業の帰還者を教育した。金日成総合大学卒業のエリートのひとりが、朝鮮総連を指導した。党文化部の工作員が日本に潜入して、朝鮮総連の幹部家族の素行調査をしていた。それら調 [続きを読む]
  • なぜ米国は原爆を使えなくなったか
  • 広島、長崎の原爆投下、都市部無差別爆撃についての見方都市部無差別爆撃も原爆投下もほぼ同じ構図でとらえられていると言ってよい。どんなふうにか。 平成9年3月の本島等元長崎市長が「広島は戦争の加害者」「広島の第五師団は狂暴なる殺人集団」「最重要軍事基地が最大の爆弾攻撃を受けるのは当然」という見解を表明したとき、産経新聞の平成16年9月号「正論」編集部は、これを日本が悪いという自虐史観だというようにと [続きを読む]
  • 朝日新聞が避けて通ってきた慰安婦の実態
  • 慰安婦の本質 1 行政的扱い酌婦許可書というものがあり、「酌婦」として「許可手続き」が取られていた。朝鮮生まれの民間性風俗業者が「警務部保安課の営業係に「稼業婦就業許可手続き」をとることによって、許可されていた。軍人が「慰安所」と通称するものを「経営者」側は「倶楽部」と呼び、同業組合もあった。慰安所の実際の呼び名慰安婦の就業場所は、「倶楽部」「慰安所」たとえば「金泉館」「一富士楼」「勘八倶楽部」 [続きを読む]
  • 二度と過ちを繰り返しませんという広島の犠牲者への誓いを破った日本
  • 500年にわたるヨーロッパのアジア・アフリカ搾取1840年 アヘン戦争1860年 東学党起こる(キリスト教に対抗する土俗宗教)1864年 東学党創始者 処刑1894年 甲午農民戦争(東学党の幹部が指揮)日清戦争 創始者の後を継いだ全ボンジュンを井上馨は命を助けようとするが、朝鮮政府が処刑。1898年 米国、スペインと戦争、フィリピン、グアム、プエルト・リコを奪取キューバは独立するが、1901年米国 [続きを読む]
  • 中国、韓国現代史 一巡り
  • 500年にわたるヨーロッパのアジア・アフリカ搾取1840年 アヘン戦争1860年 東学党起こる(キリスト教に対抗する土俗宗教)1864年 東学党創始者 処刑1894年 甲午農民戦争(東学党の幹部が指揮)日清戦争 創始者の後を継いだ全ボンジュンを井上馨は命を助けようとするが、朝鮮政府が処刑。1898年 米国、スペインと戦争、フィリピン、グアム、プエルト・リコを奪取キューバは独立するが、1901年米国 [続きを読む]
  • 石川啄木 東海の小島の磯の白砂に
  • 石川啄木 東海の小島愛知県知多半島近辺にある小さい島に啄木が行った時のものという説函館の大森浜が「磯」という説では小島とは函館のことなのだろうか。しかし函館は島ではない。太平洋に浮かぶ小さなこの日本という島の函館大森浜の磯ということだろうという解釈もある。※太平洋ではなく、シナ・ロシアのある大陸の東の海と解釈する人もある。まるちゃんという啄木研究ブログ白い砂浜に続く磯を島と見立てたという解釈もあ [続きを読む]
  • 大東亜戦争と朝日新聞 その3
  • 憲法9条は、次のようないくつかのタイプの知識人によって支えられているといってよいだろう。日本自身の武力放棄が他国の攻撃性を和らげて、武力侵攻を思いとどまらせると本気で信じ込んでいる非常に純真無垢な世間知らずでそれでいて弁護士、医師などになるような知識人である人。あるいは国民に影響力を持つ芸術家、俳優、小説家、音楽家、映画監督、芸能人など。吉永小百合、お笑い芸人の何人か、村本日本自身の武力放棄が他国 [続きを読む]
  • 大東亜戦争と朝日新聞 その2
  • 昭和21年3月6日に憲法草案が発表されるとその翌日の社説で、米国人の憲法観では、「国民の憲法」「国民の権利」であるところを、強引に「人民」の総意と言い換えている。「画期的な平和憲法」 狡知に長けた朝日新聞主筆は、米国および日本政府の資本主義連合が中国、ソ連、共産化した朝鮮と対立した場合にソ連にとって脅威にならないように、武力放棄の憲法をほめあげてみせる。ソ連は本国を離れて朝鮮、中国に強い影響力を行 [続きを読む]
  • 大東亜戦争と朝日新聞 その1
  • 1945年まで毎日新聞編集主幹であった高田元三郎は、「奥村信太朗ー日本近代新聞の先駆者」の中で、次のように述べている。「ひとたび戦争になった以上戦争に協力することが国民の義務であって、責任を問われるべきことだとは思わなかったが」 こうした戦時中第一線の記者の言い分は、「会社」と従業員の生活を優先して国家の運命、国民の犠牲を軽んじるものだった、と1943年生まれの元毎日新聞記者、前坂俊之記者に評され [続きを読む]
  • 戦後左翼の思想の原点 朝日新聞敗戦直後三大社説
  • 戦中戦後の(早合点バカ)昭和20年8月15日弁護士正木ひろしは、ガリ版個人誌「近きより」に「中世以後において日本ほど愚昧にしてかつ悪徳の国があったろうか」と書いた。韓国、北朝鮮、ナチドイツ、蔣介石国民党、毛沢東共産党、ソ連、米国、英国、フランスの狡知残虐も知らない無知蒙昧の手前勝手なアホの夜郎自大。戦後左翼の原点 朝日新聞三大社説その1昭和20年11月7日、「政府批判を怠った戦時中を謝罪、反省」 [続きを読む]
  • 韓国のライダイハン 徴用工
  • ライダイハン 徴用工2017年9月12日、英国の民間団体「ライダイハンのための正義」が設立された。主な参加者は労働党重鎮、フリージャーナリストなど。彼らはベトナム女性の告発と謝罪要求に呼応して、ベトナム女性は一切賠償請求など求めてはいない、韓国政府は謝罪せよ、と要求している。そして、韓国の慰安婦騒ぎを意識してか、ライダイハンにちなむ銅像を在ベトナム韓国領事館の前に置くことを予告している。 これは、 [続きを読む]
  • 戦後の朝日新聞はどのように出発したのか
  • 戦後の朝日新聞は、「新聞はいかなる国民を代弁し指導するのか。支配者層ではない、工場、職場、農山村に働く国民だ」と日本は国民が支配される者として存在する、と規定。その上で、毛沢東の文化大革命を賞賛したのである。これは、日本の多党制、言論の自由を破壊しようという思想を意味した。 昭和20年8月15日朝日新聞は「君国の直面する新事態について同胞相哭し、大君と天地神明とに対する申し訳なさで一ぱいである。 [続きを読む]
  • 北朝鮮動向 2017年9月までのまとめ
  • 2017年4月から6月 中距離弾道ミサイルムスダン 6回2月12日 中距離弾道ミサイルMRBM北極星2型発射9月4日 韓国F15K戦闘機による空対地精密誘導ミサイル米韓合同訓練※ 9月3日核実験への翌日対応2017年9月6日自民党の一部からは北朝鮮のミサイルが発射された後に撃墜することは困難なので、ミサイル発射台を先制攻撃する敵基地攻撃能力を持たなければならないと見解が現れてきた。特に米国のトマホー [続きを読む]