かぴ さん プロフィール

  •  
かぴさん: 卒婚・あたらしい夫婦のかたち
ハンドル名かぴ さん
ブログタイトル卒婚・あたらしい夫婦のかたち
ブログURLhttp://sotukon.com/
サイト紹介文40代働く主婦。離婚も考えたけど、先の事を考えて「卒婚」します。収入激減の中、住宅ローン返済中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2017/03/06 17:03

かぴ さんのブログ記事

  • 不機嫌オーラに屈しないために
  • たまにいるけど不機嫌なオーラを出してまわりの人をコントロールしようとする迷惑なタイプの人。あれって無意識に「不機嫌が通じる相手」を選んで出してるんですよね。自分の家族(父・母・姉)が完全にこのタイプだったので子供の頃からビクビクして育ったもんだから今では立派な「通じる人」になってしまってます。友人や同僚や・・なぜかお店の店員さんにまで不機嫌オーラを出されるとつい遠慮してしまうのをもうやめにしたい。 [続きを読む]
  • 「お盆玉」の強制
  • たまたまその期間中に親戚の集まりなどで小さな子供に遭遇してしまったらしぶしぶながら渡すもの。日本全国共通の「お年玉」。それがどういうわけだかお盆にも徴収されるようになったとか?先日のブログに書いたように鬱屈とした気分を抱えて世間がレジャーだ帰省だ渋滞だというのを横目に見ながら仕事をしてましたがこういうときに突然現れて『人並みの付合い』を要求してくるのが普段は交流のない親戚 と呼ばれる人達。叔父叔母 [続きを読む]
  • 生きるのが心からめんどくさいとき
  • 世間はお盆に突入しましたが我が家はいつもと変わらない日常です。私はお盆進行の仕事が終らず編集さんにブツブツ言われながら締切を延ばしてもらいました。毎日パソコンに向かう日々に身体も心も疲れてきた気がします。。新しくオープンしたお菓子の店や家庭の不用品ワーストランキングを知ったところで誰かの人生の何かを良くすることなどないのでしょう。誰にも役にたたない無為な雪かき仕事。それはまるで自分の人生そのものの [続きを読む]
  • そういう事に救われたりする
  • ↓↓自分にも似たようなことがあった。しばらく学校に行ってなくて毎日ぼんやり暮らしてたら担任に言われたんだかたまたま何かの連絡があったのかなんとなーく電話してきた同じクラスの子と気がついたら2時間話してて翌日からなんとなーく登校してそれから癖みたいに通って気がついたら卒業してた。時には難しい事じゃなくてこういう成り行き的なことが誰かを救いあげたりするのかも。アホな事を一緒にしてくれる人愚にもつかない [続きを読む]
  • あたらしい最低賃金
  • 10月から適用される全国最低賃金が発表されました。900円を超えているのは前年同様、東京神奈川大阪だけ。最低は鹿児島の761円。地方は地方なりに生活にお金がかかる気もしますが…相変わらず開きがありますね。最も多い上げ幅でも一時間あたり27円。月給にしたら5000円も変わらないのでは?給料がほんの少し上がっても保険料や年金支払いも増えて手取りはほとんど変わらないと思いますし。夫の会社のパートさんはもう一律1000円に [続きを読む]
  • 夫の父にパシリ扱いされる
  • →義両親がスープの冷めない距離に引っ越してくる本格的に引っ越して来た夫の両親たち。もっとも以前の住まいはまだ売却しておらず義母はあまり乗り気じゃないのでこちらへ来るのはほとんど舅だけになります。現在の彼等の家はあちこち手直しが必要で舅は数日前から1人でその作業に没頭していたようでした。かなり大がかりな修繕も必要そうだったので業者に頼んだほうがいいと私も夫もすすめたんですが「業者は信用できない!」「 [続きを読む]
  • 眞子様と小室圭さん、会えない時間で何が育つのか
  • ずっと注目していた小室圭さんと眞子様の婚約騒動。小室さんの留学先であるフォーダム大学に宮内庁から「婚約者ではない」通達をされて事実上の婚約破棄か?と憶測されていましたがアメリカへ出発する前に小室さんは秋篠宮様ご夫妻にお会いして何らかのお話合いを持たれたようです。正式な婚約とされる「納采の儀」を行うにはまだ準備が整っていないという結論だったようなので今後の先行きはまだ不透明といったところでしょうか。 [続きを読む]
  • 「貯まる家」と「貯まらない家」
  • 収入は増えず支出ばかりが増える一方という同じ状況でも貯蓄に差が出るのはなぜか。楽天市場 夫婦のお財布調査2018によると決済方法に大きな違いがあるとあります。「貯まる家」はキャッシュレス決済「貯まらない家」は現金決済両者の金融資産の差額はおよそ670万円あるとか。確かにクレジットカードなどキャッシュレス決済の方が支出の管理が見えやすいしポイントなどの有効活用もできるでしょう。ですがこの調査による最大の「貯 [続きを読む]
  • 10年に一度の【銀だこ】88円の日
  • 8月8日は銀だこが先着100人に88円で販売されてました。10年に一度のセールだったみたい。開店して30分ほど並んだらあっさり買えました。ちょうど台風にぶつかって人が少なかったのもあるけど銀だこの店舗が入ってる近所のショッピングモールは普段から人が少ないです。オープン当初は駐車場待ちするぐらい並んでたのに。クシの歯が抜け落ちるように空き店舗が増えてきました。来るたびにショッピングモール自体が閉店してしまわな [続きを読む]
  • 親の信託基金で生きてる人
  • 高校生の頃に交換留学生で日本に来ていたアメリカ人と今でもSNSで繋がってます。彼の両親はかなりお金持ちで(海外のお金持ちってケタ違いですよね)食品事業で成功して早いうちから悠々自適生活。彼には18歳から始まる信託基金が用意されていました。いわゆる"人生上がっちゃってる人"です。毎年多額のお金が口座に入るので労働意欲なんて生まれるわけもなく留学で日本に来ていた頃から「どうせ働く必要ないから学ぶ意味がない」 [続きを読む]
  • 主婦という名のタダ働き
  • 浅学の蛙@immature_frog_家庭における料理は主に女性が担当するものであり、男性がやろうものならば偉いと言われる。しかし、職としての料理は主に男性がするものであり、特に職人と言われる世界では女性は疎まれる始末。賃金労働としての料理は男性の物であり、無賃労働としての料理は女性の物。これほど歪な構造もあるまいよ2018/07/17 12:22:22↑昔からなんで女性の寿司職人さんがいないのか不思議でした。主婦の料理は素人レベ [続きを読む]
  • 初めて経口補水液を飲んだ
  • 屋外で開催されてるイベントの取材に行ったら頭が割れそうな頭痛がしてヤバいと思い日陰に逃げてしばらくしゃがんでたら滝のように噴いてた汗がピタッと止まりやけに身体が冷たくなって熱さの感覚がなくなってきた。しゃがんでるのもツラくなり最終的には寝転んで足の下にカバンを入れて貧血防止姿勢に。これは救急レベルかも?屋外の取材に出るときは必ず携帯するようにしてた経口補水液を初めて飲みました。15分ぐらいで再び汗が [続きを読む]
  • 猫でいいのでは?
  • ↑ホントにそう思う。ずっとずっと猫と暮らしたくてでも夫が動物嫌いで諦めてたけどそもそも夫じゃなくて猫で良かったのかもしれない。実家にいた頃はいつも猫が居て学校から帰るとベランダに干した布団の上で猫とじゃれ合いながら日向ぼっこするのが楽しみだった。特別性格の良い猫でもなかったけど気まぐれに甘えてきて身体を触られるのを嫌がらなかった。私が1人になりたい時は近づいてこない勘の鋭さもあって一緒に暮らしてス [続きを読む]
  • 夫のつくるごはん
  • 一般的には夫が台所にみずから立って夕食を作ってくれる事は歓迎されてるみたいですが私はぜんぜん歓迎しない。すでに夕食メニューを考えてあるのに突然「今日は俺がつくるよ」と言い出す夫。言い出したら思い直すことはありません。すごくマズイとかキッチンが汚れるとかそういうことはないんですが・・・・とにかく、量が多くてこってり。昨夜はそうめんにする言ってたので天ぷらを添えるぐらいかと思ってたんですが麺つゆがわり [続きを読む]
  • 猛暑日の部活で少年死亡。「演技だろう」と蹴りをいれた教師
  • 2009年の夏の猛暑日。高校の部活中剣道部のキャプテンだったK君は当時の男性顧問から炎天下での打ち込みを命じられて1時間半もの間練習を続けさせられた。水分補給も許されず熱中症でフラフラになるK君に「演技じゃろうが!」と言って蹴りを入れる男性顧問。崩れ落ちるK君に馬乗りになり「これが熱中症の症状じゃない事は知ってる」などと言いながら顔面に平手打ちを加えた。K君は嘔吐して反応がなくなりその夜の内に亡くなっ [続きを読む]
  • 歳を重ねるごとに少なくなる友達
  • 友人と呼べる人が年々少なくなってる気がします。学生時代であったり前の職場の同僚であったり30代前半までは増えていく一方だった人間関係がある時期を境にして急速に減っていくんですよね。。女性の場合は特に結婚・出産による環境の変化で疎遠になっていくことが多いようです。もうこの年齢になってくると「なんでも話せる友達」みたいな存在は作れないだろうなあと思いますがしんどい事が重なったり人に話したくなるぐらい嬉 [続きを読む]
  • 今月の収入 (2018年7月)
  • 今月の夫婦の収入です。2月、8月はあまり忙しくないのが夫の業界の常ですがまだ7月なのに、もうヒマらしい。熱いからやる気が出ないとか熱射病になったかもとかなんだかんだと理由をつけて比較的早い時間に帰宅してきます。たまった書類仕事でもしれればいいのに。。そんな感じなので少額だけど割のいい仕事がいつもより少なく夫の今月の給料は業者への支払いを考えて減額。150000円 です。この中から住宅ローン148000円を引く [続きを読む]
  • 【卒婚準備】二世帯住宅はムリでも・・・
  • コメントをいただいた中でとても良いなあと思った二世帯住宅。もちろん義両親との生活もセットなので色々と気を遣う場面も多いと思いますが。将来的に夫婦だけになったときに同居しつつもほぼ別の生活を送るのに非常に適した環境だと思います。今の自宅は変にデザインチックであまりドアがなく仕切られた空間や部屋が少ないんですよね。。オープンな家庭なら暮らしやすい間取りなんでしょうがひきこもれる場所がないと仮面夫婦は何 [続きを読む]
  • 小室圭さん、婚約者じゃない認定
  • →眞子様と婚約中の小室圭さん、長期留学で事実上の婚約破棄か今月初めにブログに書いてずっと注目していましたがなしくずしどころかキッパリハッキリと眞子様と小室圭さんの婚約は無かったものとされてるようです。(宮内庁は小室さんの留学先であるフォーダム大学に小室圭氏は眞子様のフィアンセではないと通達)ネットをたたけばどんな情報でも取れそうな現代なのにこんな顛末になってしまったのは宮内庁側の調査不足だったんでし [続きを読む]
  • コンプレッサー式除湿機を一週間使用した結果
  • 連日の猛暑と熱帯のような多湿状態に体調を崩しそうだったので除湿機の購入を考えていました。一般的な家庭用除湿機は【コンプレッサー式】【デシカント(ゼオライト)式】【ハイブリッド式】とありますが以前使っていた象印のゼオライト式除湿機は室温が上がってしまうので夏には不向きでした。今度購入するならコンプレッサー式にしようと思っていて各社の商品の機能や価格を比較検討していたんですが・・・数日前に夫がいきなり [続きを読む]
  • 「NEWSな2人」が放送再開
  • 毎週金曜日の深夜に放送されている「NEWSな2人」が放送再開になりました。例の小山さんの未成年飲酒の件でしばらく放送休止になっていましたがわりとディープなテーマも扱うこの番組。特に2人のファンではありませんが内容に興味がある物が多く毎週楽しみにしていたので放送再開が嬉しいです。放送再開1回目のテーマは以前に放送された「ポリアモリー生活」を送る家族のその後の生活を追ったもの。ポリアモリーとは関係者全員の [続きを読む]
  • 友達夫婦が仮面夫婦になるまで 4 おわり
  • →友達夫婦が仮面夫婦になるまで 3→友達夫婦が仮面夫婦になるまで 2→友達夫婦が仮面夫婦になるまで 1現在は仮面状態が普通になったのである意味関係性が落ち着いたというか。。金銭関係の危機を2人で話合ってギリギリで乗り越えた事も何度かあり今は普通に日常会話をするようになりました。と言っても好んで遊びに出かけたり一緒に行動することはないですが。結局この状態を続けていくには必要以上に干渉せずある程度距離 [続きを読む]
  • 友達夫婦が仮面夫婦になるまで 3 
  • →友達夫婦が仮面夫婦になるまで 2→友達夫婦が仮面夫婦になるまで 1外ではほぼ完璧に「ナイスな夫婦」を演じていたので周囲の人達からは夫婦仲の良さを羨まれていました。もちろん人目を離れた瞬間に声のトーンも変わり「さっきの言い方はダメだ」「そっちこそ〇〇さんにもっとアピールして仕事に繋げないと」などとダメ出しをし合いお互いの姿を見るのも嫌になって別々に帰宅したりしていました。この頃は家の中の冷たい空気 [続きを読む]
  • 友達夫婦が仮面夫婦になるまで 2
  • →友達夫婦が仮面夫婦になるまで 1「金持ち喧嘩せず」と言いますが本当にそうだと思う。夫の会社がうまくいかなくなって坂道を転がり落ちるように収入は激減。今までは経済的な面はそれほど気にせずお互い自由に好きなことを楽しんでいられましたがそういう自由はなくなっていきました。今までは気にしなかった日々の食費や電気代など細かい数字を気にし始める夫。一方で私は最初から反対していた身分不相応な住宅ローンがさらに [続きを読む]
  • 友達夫婦が仮面夫婦になるまで 1
  • 恋愛的な感情よりも友情に近い結びつきで夫婦になった「友達夫婦」数年もすれば色あせていく一般的な夫婦よりも穏やかな関係が築けて長く仲良し夫婦を続けられそうと思っていましたが意外とそうでもない気がします。最初から「男女」としてお互いを気に入る場合とそうでない場合とでは慣れ合いの果てに行き着く感情が違うみたい。恋愛的要素がほとんどないとお互いの自由を尊重しすぎていつの間にかすれ違いが増えてきてしまうよう [続きを読む]