タンキュウ さん プロフィール

  •  
タンキュウさん: ドッグ&フード|犬の健康と食べる喜び探求!
ハンドル名タンキュウ さん
ブログタイトルドッグ&フード|犬の健康と食べる喜び探求!
ブログURLhttps://dog-and-food.blogspot.jp/
サイト紹介文とびきりゴキゲンなトイプードルとの果てなき探求!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 159日(平均3.4回/週) - 参加 2017/03/06 18:04

タンキュウ さんのブログ記事

  • ドッグフードの危険な原材料|「体に悪い添加物」編【完全版】
  • ※このページは『添加物の分類と主な用途|ドッグフードへの使用例』『危険性の高い「酸化防止剤」|ドッグフードの添加物』『「保存料」の危険性|ドッグフードの添加物』『なるべく避けたい「甘味料」|ドッグフードの添加物』『百害あって一利なし「着色料」|ドッグフードの添加剤』『隠れた添加物にも要注意!|ドッグフードの添加物』以上の6つの投稿をまとめ、追記を加えた添加物の【完全版】になります。ページが重い場合 [続きを読む]
  • 隠れた添加物にも要注意!|ドッグフードの添加物
  • Photo by ????? ???? - Wheat-flour(2014) / CC BY-SA 4.0『添加物の分類と主な用途|ドッグフードへの使用例』では一般的にドッグフードで使用されている添加物の分類や用途、実際の使用例について記述しましたが、今回はその中で少し触れた「隠れた添加物」について詳しく解説していきたいと思います。隠れた添加物?原材料表に記載されている添加物が全てではありません。ドッグフードの添加物の中で見 [続きを読む]
  • 百害あって一利なし「着色料」|ドッグフードの添加剤
  • Photo by NASA/Donald Pettit - Food coloring(2003)『添加物の分類と主な用途|ドッグフードへの使用例』では一般的にドッグフードで使用されている添加物の分類や用途、実際の使用例について記述しましたが、今回はその中の「着色料」について詳しく解説していきたいと思います。着色料、百害あって一利なし個別名称主な健康への影響と概要赤色2号タール色素に分類される合成着色料で、別名アマランス (Amaranth)アメリカでは [続きを読む]
  • 百害あって一利なし「着色料」|ドッグフードの添加剤
  • Photo by NASA/Donald Pettit - Food coloring(2003)『添加物の分類と主な用途|ドッグフードへの使用例』では一般的にドッグフードで使用されている添加物の分類や用途、実際の使用例について記述しましたが、今回はその中の「着色料」について詳しく解説していきたいと思います。着色料個別名称主な健康への影響と概要赤色2号タール色素に分類される合成着色料で、別名アマランス (Amaranth)アメリカでは食品への使用が禁止さ [続きを読む]
  • なるべく避けたい「甘味料」|ドッグフードの添加物
  • Photo by Nachovfranco - Sucrose crystals(2013) / CC BY-SA 4.0『添加物の分類と主な用途|ドッグフードへの使用例』では一般的にドッグフードで使用されている添加物の分類や用途、実際の使用例について記述しましたが、今回はその中の「甘味料」について詳しく解説していきたいと思います。なるべく避けたい甘味料個別名称主な健康への影響と概要ショ糖別名スクロース虫歯の原因となり、口腔内の細菌がスクロースを材料と [続きを読む]
  • 「保存料」の危険性|ドッグフードの添加物
  • Photo by Claudio Pistilli - Sodium salt of dehydroacetic acid(2015) / CC BY-SA 4.0『添加物の分類と主な用途|ドッグフードへの使用例』では一般的にドッグフードで使用されている添加物の分類や用途、実際の使用例について記述しましたが、今回はその中の「保存料」の危険性について詳しく解説していきたいと思います。極力避けたい保存料個別名称主な健康への影響と概要デヒドロ酢酸ナトリウム防カビや殺菌効果が [続きを読む]
  • 危険性の高い「酸化防止剤」|ドッグフードの添加物
  • 『添加物の分類と主な用途|ドッグフードへの使用例』では一般的にドッグフードで使用されている添加物の分類や用途、実際の使用例について記述しましたが、今回はその中でも危険性が高い「酸化防止剤」について詳しく解説していきたいと思います。特に危険性が高い酸化防止剤個別名称主な健康への影響と概要亜硝酸ナトリウム別名亜硝酸ソーダ毒物及び劇物取締法で「亜硝酸塩類」として劇物に指定されていて、人間の推定致死量は0. [続きを読む]
  • 添加物の分類と主な用途|ドッグフードへの使用例
  • 食品添加物には様々なものがあり、その用途や使用する物質など、多岐に渡ります。ドッグフードに使われる添加物はその一部と、さらに動物飼料用の添加物があり、人が食べるものへの使用が禁止されている添加物もあります。現在ごく一般的なドッグフードの原材料表に見られる食品添加物は下記の通りです。添加物の分類と主な用途添加物の種類主な用途と概要ドッグフードへの使用例甘味料甘みをつけるために使われる天然甘味料と合成 [続きを読む]
  • 犬の歴史|イヌの起源、人との関わり、古代・中世そして現代
  • ※このページは「いぬわーるど」に掲載していた内容を転載し、追記を加えています。現代の犬の歴史観とその考察全ての動物の中で私たちヒトの生活に最も近い動物、犬。ペットとして人間の暮らしに寄り添ってくれる大切な存在であるのはもちろんのこと、時には積雪地帯での人の移動や物資の運搬をサポートする労働力として、あるいは家畜の誘導や狩猟の助手として、番犬として、古くからヒトの発展に重要な関わりを持ってきた動物で [続きを読む]
  • ドッグフードの危険な原材料|「正体不明の動物性油脂」編
  • Photo by Fotoos Van Robin - Tallow-beef suet after rendering(2007) / CC BY-SA 2.0『ドッグフードの原材料の見方|5つのポイント』で記述した5つのポイントのうちのひとつ、「正体不明の動物性油脂」についてもう少し詳しく解説します。「動物性油脂」は「動物性脂肪」とも言われますが、動物の脂肪から取れた油のことですね。動物の油は古くから人に利用されてきました。食用以外としての用途は主に石鹸と燃料(ろ [続きを読む]
  • ドッグフードの危険な原材料|「実は恐ろしい肉類の内容」編
  • 『ドッグフードの原材料の見方|5つのポイント』で記述した5つのポイントのうちのひとつ、「実は恐ろしい肉類の内容」について、さらに詳しく解説していきたいと思います。いまいちわかりにくい肉類の内容について理解を深め、普段ワンちゃんが食べているドッグフードのラベルと照らし合わせてみて下さい。ドッグフード選びの基準が変わるかもしれませんよっ!AAFCOの定義肉類の分類はAAFCO(Association of American Feed Control [続きを読む]
  • ドッグフードの原材料の見方|5つのポイント
  • 皆さんはドッグフードを選ぶ際に何を重要視しているでしょうか。パッケージデザイン?メーカーの謳い文句?ドッグフードを選ぶ際に重要なのはそのどちらでもありません。パッケージデザインは中身の良し悪しには一切関係なく、メーカーの謳い文句もさして重要ではありません。ドッグフードを選ぶ際に見るべきは原材料表示と成分表示です。でも原材料表示と成分表示などどれも似たり寄ったりでどこをどう見ればいいのか、何が良くて [続きを読む]
  • ペットフードに関する法律|法的効力と自主的な規制について
  • ドッグフードは人間用の食品と比べると規制が緩い部分があり、安全基準、ラベルの表示方法やルールなども若干異なります。このため、世の中には低品質なドッグフード、犬の体にとって良くないドッグフードが存在し、それが普通に店頭に並んでいるのが現状です。では、ドッグフードに関する法律や規制は、一体どのようなものなのでしょうか?ペットフード安全法日本では愛がん動物用飼料(ペットフード)の安全性の確保を図るため、 [続きを読む]
  • ドッグフードの種類|4つの分類プラスアルファ
  • Photo by Jeffrey O. Gustafson - A pet food aisle(2007) / CC BY-SA 3.0ドッグフードにはいろんな種類があり、製造方法や形状・特徴なども様々です。一般的には大きく分けて以下の4種類に分類されます。分類定義ドライ 製品水分10%程度以下のフード。加熱発泡処理された固形状のものがほとんで、カビの発生などを抑えるために水分含有量を12%以下に保つ必要があり、安全性に配慮して多くは水分含有量10%以下となっ [続きを読む]
  • ドッグフードの歴史|発祥から現在
  • ワンちゃんの毎日のご飯、ドッグフード。今日では多くの飼い主とワンちゃんにとって、ドッグフードはなくてはならないものになっています。では、私たち飼い主やワンちゃんにとってとても身近な存在であるドッグフードは、一体いつから存在したのでしょうか?1860年にイギリスにおいてドッグフードが世界で初めて事業化されたのですがその前に・・・古代から存在した犬専用フード古くから人間は犬の給餌に際して、単に残飯を与える [続きを読む]
  • 犬は肉食?オオカミとの摂食行動の違い
  • Photo by Tambako The Jaguar - Eating white wolf(2011) / cc by-nd 2.0犬の祖先はオオカミ、でも・・・犬の祖先はオオカミなので、野生のオオカミと同じく肉を食べていればいいんだ、といった考えもありますが、これは正しいようでいてそうではないというか、全ての犬に当てはめるには少し無理があるように感じます。ポイントは家畜化犬は家畜化以来途方もなく長い時間を人間と共に過ごしてきました。少なく見ても1万数千年以上 [続きを読む]
  • 四国の夜間診療・救急対応の動物病院
  • 四国の夜間診療・救急対応の動物病院を紹介します。四国で暮らしている方はもちろん、帰省や旅行で愛犬とともに四国を訪れている方にもお役立て頂けると幸いです。今後四国に行く予定のある方も、もしもの時の備えとして、事前に確認しておくと安心ですね。一覧を表にして掲載していますが、わかりやすさを優先しているため、必要最低限の情報だけしか記載していません。ご利用の際には必ず一覧の下にある「ご利用にあたっての注意 [続きを読む]
  • 九州の夜間診療・救急対応の動物病院
  • 九州の夜間診療・救急対応の動物病院を紹介します。九州で暮らしている方はもちろん、帰省や旅行で愛犬とともに九州を訪れている方にもお役立て頂けると幸いです。今後九州に行く予定のある方も、もしもの時の備えとして、事前に確認しておくと安心ですね。一覧を表にして掲載していますが、わかりやすさを優先しているため、必要最低限の情報だけしか記載していません。ご利用の際には必ず一覧の下にある「ご利用にあたっての注意 [続きを読む]
  • 関西地方の夜間診療・救急対応の動物病院
  • 関西地方の夜間診療・救急対応の動物病院を紹介します。関西で暮らしている方はもちろん、帰省や旅行で愛犬とともに関西を訪れている方にもお役立て頂けると幸いです。今後関西に行く予定のある方も、もしもの時の備えとして、事前に確認しておくと安心ですね。一覧を表にして掲載していますが、わかりやすさを優先しているため、必要最低限の情報だけしか記載していません。ご利用の際には必ず一覧の下にある「ご利用にあたっての [続きを読む]
  • 中国地方の夜間診療・救急対応の動物病院
  • 中国地方の夜間診療・救急対応の動物病院を紹介します。中国地方で暮らしている方はもちろん、帰省や旅行で愛犬とともに中国地方を訪れている方にもお役立て頂けると幸いです。今後中国地方に行く予定のある方も、もしもの時の備えとして、事前に確認しておくと安心ですね。一覧を表にして掲載していますが、わかりやすさを優先しているため、必要最低限の情報だけしか記載していません。ご利用の際には必ず一覧の下にある「ご利用 [続きを読む]
  • 東海地方の夜間診療・救急対応の動物病院
  • 東海地方の夜間診療・救急対応の動物病院を紹介します。東海地方で暮らしている方はもちろん、帰省や旅行で愛犬とともに東海地方を訪れている方にもお役立て頂けると幸いです。今後東海地方に行く予定のある方も、もしもの時の備えとして、事前に確認しておくと安心ですね。一覧を表にして掲載していますが、わかりやすさを優先しているため、必要最低限の情報だけしか記載していません。ご利用の際には必ず一覧の下にある「ご利用 [続きを読む]
  • 北陸・信越地方の夜間診療・救急対応の動物病院
  • 北陸・信越地方の夜間診療・救急対応の動物病院を紹介します。北信越で暮らしている方はもちろん、帰省や旅行で愛犬とともに北信越を訪れている方にもお役立て頂けると幸いです。今後北信越に行く予定のある方も、もしもの時の備えとして、事前に確認しておくと安心ですね。一覧を表にして掲載していますが、わかりやすさを優先しているため、必要最低限の情報だけしか記載していません。ご利用の際には必ず一覧の下にある「ご利用 [続きを読む]
  • 関東地方の夜間診療・救急対応の動物病院
  • 関東地方の夜間診療・救急対応の動物病院を紹介します。関東で暮らしている方はもちろん、帰省や旅行で愛犬とともに関東を訪れている方にもお役立て頂けると幸いです。今後関東に行く予定のある方も、もしもの時の備えとして、事前に確認しておくと安心ですね。一覧を表にして掲載していますが、わかりやすさを優先しているため、必要最低限の情報だけしか記載していません。ご利用の際には必ず一覧の下にある「ご利用にあたっての [続きを読む]