いくさん さん プロフィール

  •  
いくさんさん: 無職は恥だが癖になる
ハンドル名いくさん さん
ブログタイトル無職は恥だが癖になる
ブログURLhttp://shishimong.com
サイト紹介文世界のどこかでユルくいきてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供270回 / 353日(平均5.4回/週) - 参加 2017/03/08 11:05

いくさん さんのブログ記事

  • 安価な雑貨は意識の雑音を増やすので買ってはいけない
  • 無印良品とユニクロとダイソーのコンセプトをパクったと話題になった「メイソウ」。ダイソーよりは高く、無印良品よりは安い。そんな価格帯の雑貨がカジュアルに並ぶ。開店当初は大陸のバッタモン屋って感じだったけど、最近は本家を凌ぐクオリティの商品も見かける。ってゆうか、今や「メイソウ」がオリジナル。メイソウを丸ごとパクったカジュアル雑貨がアジアで爆増していて、その勢いたるや最早メイソウが哀れなくらい。まずは [続きを読む]
  • 2日目にしてサイゴンの街と此処に暮らす人々が好きになった
  • 12月は売れ残ったクリスマスケーキ、1月は値引きシールが貼られたおせち料理の具材、2月は投げ売りされる恵方巻。こんなお勤め品を買い占めて冷凍庫にブッ込んでおけば、かなり安く冬を乗り切れるのではないか。僕の思考はどうしても貧乏な方向に向いてしまう。頑張って働いて収入を増やすんではなく、できるだけ節約して支出を減らしつつ、できるだけ働きたくない。極端に貧乏なわけでもないのに、より多く稼いで有意義な消費 [続きを読む]
  • 民族意識と国家運営が別々に機能するシンガポールのスピード感
  • 旧正月3日目の早朝5時45分。日本ならそろそろ夜空が白んで来る頃だろうに、赤道直下のシンガポールはまだ完全な闇夜に包まれている。シンガポールの日の出は遅い。国が定めた標準時ってヤツは、地理的というより政治的だ。地理的にはインドネシアなどと同じグリニッジ標準時+7時間、日本と時差ー2時間のはずなのに、無理くり1時間早めてグリニッジ標準時+8時間、日本と時差ー1時間となっている。有名な都市伝説では香港 [続きを読む]
  • 海外就職先としてシンガポールが向いているのはこんな人
  • 春節2日目。よく晴れた今日はブログ仲間のWellaさんとお茶した。彼女とはずっとコラボして記事を書こうと計画していたんだけど、結局何も行動せず年を越してしまった。同じテーマを違う視点で書くと面白い。でもなかなか丁度良い共通のテーマが浮かばないんだよ。僕のは発達障害ブログ、彼女のは教育や女性の生き方について書かれている。…共通点ないじゃん(=^・・^;=)唯一カスるのはシンガポールに住んでいることくらい。まぁと [続きを読む]
  • ラノベの英語翻訳版は洋書を読む第一歩になる
  • 学生の頃は受験英語で読み書き能力を求められ、社会人になるとTOEICでリスニング能力を求められ、海外就職を目指してスピーキング能力を求められた。英語力。こいつには人生で3回苦しめられた。っていうか今も現在進行形で苦しめられている。実際海外の外資企業で働いてみると、圧倒的に足りないのは英語で読み書きする力だった。1周回ってまた振り出しに戻ってきた感じ。まず毎日大量に流れてくる業務メールを消化しないといけ [続きを読む]
  • ADHDが旅の準備で忘れ物を減らすには
  • ADHDの気がある人は、旅の準備が苦手だと思う。かつて一緒に旅した友人などとらのあなのビニール袋にパスポートやら図書館で借りたるるぶをグッチャにぶっこんで、しかも遅刻して空港に登場した。それじゃバックパッカーじゃなくてビニールバッカーじゃないか(=^・・^;=)僕も僕とて同じようなもん。小学生の頃から「明日の準備」が出来ないので、ランドセルには常に国数理の教科書とドリルがズッシリ入っていた。この三教科は宿題 [続きを読む]
  • ADHDを疲弊させるアタマの多動について
  • 2月はブログがバズって僅か1週間で11万PVを達成!なおも新記録を更新中。開設13ヶ月目だけど益々絶好調だぜ(=^・・^=)!それなのに…中の人である僕はここ3週間ほど絶不調。毎日更新を目指しているのに頭が働かず、最近は記事を落とす日も多い…。それだけじゃなく本業の生産性や正確性も急降下している始末。僕は仕事をクビになると住む国まで失うのでこれは死活問題。なにもかも、ADHDの多動のせいだ。脳の多動がツラいAD [続きを読む]
  • 獲得したスキルの値段を知りブラック企業を駆逐しよう
  • Udemyというオンライン学習プラットフォームにハマっている。ここでは得意分野について自分の授業をビデオに撮れば、誰でもそのコンテンツを学びたい人に売ることができる。つまり誰でも先生になれるわけだ。例えば僕が習っているウェブデザインや機械学習についての講習で言えば、その道で実際に働いている人から直接ノウハウを学ぶことができる。Udemyを始めて驚いたのは、講座のジャンルを問わず、今から学ぶスキルをどのように [続きを読む]
  • 足りない自己肯定感は努力で人生を変えて満たす
  • 小学校からの昔馴染みが結婚した時、式に出られなかったことを今だに後悔している。もう10年前になるけど、僕は当時うつ病で人生のどん底にいた。自己肯定感が壊滅している時に、他人の幸せを心から祝福することは出来ない。自分に自信がないと、他人と無意味に比較して嫉妬したり、オドオドしたり、何気ない会話でもバカにされたと被害妄想に陥る。式の招待を受けた時も、順調に人生のコマを進める昔馴染みに「妬ましい」という [続きを読む]
  • シンガポールのインド人街に集まる男たちの日曜日
  • なんちゃって糖質制限を実践中なんだけど、運動したあとは無性に炭水化物を食べたくなる。具体的にはシンガポール風中華餡掛け麺「フォーファン」をどうしても食べたい。。。僕は誘惑に弱い。にんげんだもの。昨日もテニスの練習の後で居ても立ってもいられなくなり、瑞春(スィチュン)という点心レストランへ足が向いちゃった。瑞春は地元に愛される昔ながらの店で、気取らない値段で本場の味を楽しめる。僕の家から瑞春に行くに [続きを読む]
  • 流動する東南アジアの広大な交友関係
  • 狭い小さいと言われてしまうシンガポールだけれど、経済成長著しいタイ、ベトナム、インドネシアまで飛行機でわずか2時間。お隣のマレーシアに至っては路線バスで行ける。従ってASEANのこの地域を股にかけてビジネスをしている人は多い。まるで東京から大阪へ行くような感覚で国境飛び越え、自由に人々が行き来している。そんな移動が活発な地域でヒキコモっている僕は、地の利を完全に無駄にしている。でも、そんな僕にも今朝は [続きを読む]
  • チェーン店が多い活気のある商店街が好き
  • 「それでも町は廻っている」という東京下町の商店街を舞台にした日常系マンガが好きで、何度も繰り返し読んでいる。作者の石黒正数先生が「人間関係の教科書」と紹介なさっているように、人付き合いがツラい時に読むと癒やし効果がハンパない。お犬様・おキャット様だけじゃなく、ちゃんと人類と関わっていこうという勇気が湧いてくる。なお、主人公の女子高生が何となくADHDっぽい。公式にそんな設定は無いけどね。遅刻魔。何か思 [続きを読む]
  • 協調運動が苦手な発達障害が当事者目線でスポーツを語る
  • 中学3年生の2学期で、高校進学の運命が決まる。内申点という、無能教師が荒ぶる生徒を無力化するための現代の奴隷制度だ。僕の体育の成績は5段階で「4」だった。悪くない。僕は走るのと泳ぐのだけは速くて、学年で1番だったこともある。テニスも筋トレも楽しいし、33歳の今でも心肺能力は低くないと思っている。ただし、僕はある特定の動きが極端に出来ない。例えばリズムや音楽に合わせて身体を動かすダンス。チームの動き [続きを読む]
  • 成功者を真似て個性を出していく
  • シンガポールではシェア自転車ってのが流行ってる。街中にバラ撒かれた安っぽい造りの自転車を見つけたら、スマホでバーコードをスキャンするだけで鍵が外れ、格安で借りることができる。そして目的地に着いたら施錠した時点で課金が止まり、どこでも乗り捨てられる。本当は公共の駐輪場でしか停められないルールなんだけど、大学生の飲酒みたいなもんで誰も守ってない。その結果、駅前やショッピング・モールの周りには乗り捨てら [続きを読む]
  • 行き先を迷ったら多様性が高い方へ足が向く
  • 昨日まで造作もなく出来ていたことが、より多くのエネルギーを注入しないと捗らない。昨日まで覚えていたはずなのに、薄い霞の奥に隠れてぼんやりとしか思い出せない。脳にブレーキがかかっている。何かがおかしい。東京で務めていた時、僕は人生で初めて精神科のドアを叩き、予想通り「抑うつ状態」という診断を頂いた。でも結局、精神安定剤とSSRIが列挙された処方箋を薬局に持っていくことはなかった。本当は助けてほしくてしょ [続きを読む]
  • 発達障害的な体調不良は会社を休んで寝て治す
  • 昨日は朝から調子が悪く、急きょ午後休を取って家帰って寝た。僕の少ない対人関係エネルギーが枯渇してしまったのだ。調子悪い時は周りの人達にさり気なく調子悪いと伝えると少しラクになる英語の挨拶「Hey, how are you?」ってのが嫌い。「やぁ、調子はどうだい?」これはたいてい朝の挨拶だ。発達障害の...最近調子にのって人に会いすぎた。みんな素晴らしい人たちで、僕のように一風変わった人にも優しい包容力をもって接してく [続きを読む]
  • 「〜しないとダメだ」っていう助言的な虚言は無視していい
  • 発達障害だと自認する遥か前、小学校に入る前の幼児の頃から、人付き合いが苦手だった。団地で育ったのに近所の子たちに混ざれず、また、混ざる必要性も理解できなかった。独りで黙々とLEGOや泥団子を作る方が、何を言ってるのか理解できないニンゲンの幼体と行動を共にするより、よっぽど喜びがある。それがカクテルパーティ効果が効かない発達障害の特徴だと僕が気付くのは、優に20年後になる。。。「お友達をつくらないとダメ [続きを読む]
  • 社内の評価にロックインされないように機械学習を勉強している
  • 「どんな仕事してるの?」英語の自己紹介でこの質問に出くわした時、勤務先の会社名を答える日本人の多いことよ…。オフィスワーカーとか、パートタイムとか、労働形態を答える人もいる。でも英語で職業を聞かれた時、答えるべきは専門分野なんだよね。不動産の営業してます、老人を介護してます、プログラム書いてます、牛丼盛ってます、などなど。ひとつに、自分の仕事内容を英語で説明できる日本人が少ないってのはある。僕もそ [続きを読む]
  • 発達障害は習慣化できるルーチンワークなら仕事続くかもしれない
  • 僕は全てを習慣に落とし込んでサラリーマン生活を乗り切っている。風呂で手脚背中を洗う順番や、湯船に浸かるタイミングが決まっている人は多いだろう。あらかじめ手順が決まっているから、何も考えなくても自動操縦で風呂を済ませられる。あらかじめ手順が決まっているから、多少酒に酔っても自動操縦で駅から自宅までの帰り着くことが出来る。こういう動作の手順化は、多かれ少なかれ誰しもやっていることだ。ところが僕は一事が [続きを読む]