いくさん さん プロフィール

  •  
いくさんさん: 無職は恥だが癖になる
ハンドル名いくさん さん
ブログタイトル無職は恥だが癖になる
ブログURLhttp://shishimong.com
サイト紹介文世界のどこかでユルくいきてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供266回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2017/03/08 11:05

いくさん さんのブログ記事

  • 牛丼について語るとき僕が語ること
  • ネオンが煌めく夜の新宿。郊外住みはそろそろ終電を意識する頃合いなのに、ふと暴力的に明るい牛丼チェーンが視界に入る。その瞬間、本能に導かれるように思考停止してフラフラと足が向いてしまう様は、さながら蛍光灯に群がる夏の虫。深夜の街を歩いていると無性に牛丼が食べたくなるのは何故なのか。この謎を解明すればイグノーベル賞くらいは取れる気がする。この世には良い牛丼屋と悪い牛丼屋がある。気を付けなければならない [続きを読む]
  • 電車が3分遅延してお詫びする都市構造が幸福を奪う
  • 昨今、日本人は年寄りに電車で席を譲らないと何かと話題になる。マナーが良いことを誇って止まない民族にもかかわらず、実際にそれを実践している人は少ないと。この点においてシンガポールは過剰なまでに席を譲る国だ。妊婦や年寄りのみならず、小学生くらいの子供にも普通に席を譲る人がいる。まぁこれはこれで席をゲットした子供が兵役に向かう青年を立たせてスマホでゲームを始めたりするのでモヤるわけだが。でも久しぶりに帰 [続きを読む]
  • フリーターで暮らせる日本は幸せか
  • 日本にも外国人が増えた。インバウンドの観光客だけでなく、日本社会を支える労働者として日本で暮らす外国人。特に都心で深夜のコンビニや牛丼屋に入ると、かなりの高確率で外国人に接客してもらうことになる。そしてそこで売っている食材を作っているのも外国人労働者たちだ。例えば実家から少し離れたところにコンビニ弁当をOEMで製造している大規模な工場があるんだけど、その周辺には桐野夏生の小説に描かれたそのままの世界 [続きを読む]
  • 東京郊外の音を聞いて郷愁に浸る
  • お散歩に行くワン!U^x^U実家で飼っている白いワン様は、家の中で用を足せない。だから朝晩必ず散歩に連れて行く必要がある。もう人間の歳では70歳を超える老犬なのに、シモの管理は今でもしっかりしたヤツだ。とは言え最近めっきり衰えて、散歩で踏破する距離がガクンと縮まった。でも僕が帰国した時は何故か知らないけど2キロ3キロと距離を伸ばす。多分犬たちは所属する群の「戦闘力」を意識している。要は飼い主のフィジカル [続きを読む]
  • 別の人間として親との関係を結び直す
  • 久しぶりに実家に帰るたび親が縮んでいる。僕は幼児だった頃は地域の子供たちに馴染めず、小学校では勉強ができず、中学校の後半や高校は素行が悪かった。そのため僕の記憶にある親というのは常に怒り狂っており、僕が彼らの期待に添えないと容赦なく制裁してくる恐怖の対象だった。無償の愛が欠如した家庭環境は僕の人格形成に深い傷を与えた。うつ病になってからも、社会にうまく溶け込めない僕を両親が理解してくれる事は結局最 [続きを読む]
  • 記憶の彼方に埋もれた日本のパラメータを更新する
  • パスポートがない!今日の昼の便で2週間日本に帰国するんだけど、渡航前は大抵てんやわんやだ。とは言えもはや毎度のこと。そんな焦る必要はない。シンガポールの外に出るときにもっていくアイテムは限られている。家も狭い。結局今朝もう一度パスポートを捜索したら、ベトナムからの帰国便で着たダウンジャケットのポケットに入ったままグニャグニャになっていた。これで祖国に帰れるぜ(=^・・^=)?ってゆうか、そのダウンジャケ [続きを読む]
  • 海外在住の元旅人なのに飛行機が嫌い
  • 海外ブロガーがアフィリエイトをする定番が飛行機のマイレージだ。マイルを貯めやすいクレジットカード情報みたいなやつ。もしそんな稼げるキーワードでGoogle検索の上位を獲得すれば、それだけでプロのブロガーとして生計を立てられるらしい。だから僕もそういうプレミアムカードを手にラウンジで優雅にビールを飲むような記事を書くべきなんだけど…ところがどっこい飛行機もマイルも嫌いなんだよね(=^・・^;=)だって面倒くさい [続きを読む]
  • 不眠症になる猫背をストレッチポールで改善
  • 我輩は猫背である。名前はししもん。にゃーん(=^・・^=)?そう、困ったことに僕は猫背なんですよ。レストランで女子と向かい合った時、僕より背が低い人なのに女子と目線が同じになる。僕の背中はどんだけ丸まってるんだって話。これじゃあ印象も悪くなってしまう。猫背は百害あって一利無し。せっかく筋トレして胸筋を鍛えても、前のめりの巻き肩じゃ苦労してスタイルを改善しても台無し。背が低く見えるし、肩も凝る。前傾姿勢で [続きを読む]
  • 疲れたダルいヤル気無いって言ってるとラクな人生になる
  • 海外ブロガーには意識高い人が多くて、たまに競合サイトを巡礼するとその熱気に疲れるほど。労働意欲と向上心の塊のようなブログ主は、実際に海外で出世する人が多いと感じる。しがない現地採用だったのに本採用されて駐在員になったり、人脈を活かして独立したり、海外で起業したり。ところが社会的に成功するとブログの更新頻度が下がる。本業が忙しくなっちゃったんだろう。熱意に溢れた暮らしをしていると、同じようにアツい人 [続きを読む]
  • ADHDがギリギリセーフを狙うとアウトになる
  • 夏休みの宿題ってヤツが大嫌いだった。まぁ大好きって人もいないだろうけど…。僕が忌まわしき夏休みの宿題を嫌悪する理由は2つある。まず、一言日記とかアサガオの観察記録とか、毎日の習慣付けが必要な点。これが絶望的に苦手だ。そもそもアサガオに水をやる習慣すら無いのに、ましてその記録たるや。結局、8月末に変わり果てた姿になった被子植物にガッカリすることになる。たぶん哀れなアサガオもさぞかし僕にガッカリしたこ [続きを読む]
  • たとえ幻想でもそこに行き頑張れば報われる「希望の地」が必要だ
  • このブログを始める2年ほど前まで「退職プータイム」という場所でお下劣なこと書いていた。どのくらいお下劣かというと、あの国の女はブスだとか、この国のメシは不味いとか、まぁそういう内容だった。でもネガティブかつ攻撃的な情報は一定の層には確実に受容される。だから今でもたまに「あのブログは消しちゃったの?」と言ってくれる人もいる。最近はシンガポールについて良く書きすぎじゃない?俺はもっと嫌な体験をしたし。 [続きを読む]
  • 南国の青空が綺麗で会社をサボった話
  • 青空を見上げると落ち着く。地上には困ったことがたっぷり降り積もっているけど、あそこから見たら僕も僕の抱える悩み事も、視認できないほど小さい点に等しい。もう全ていい加減でいいや。僕が頑張ってキチンとやろうと手を抜こうと、世の中は意に介さず今日も平穏に廻っていく。だから何事も自分が満足するように受け流せばいい。空を見上げると物事がシンプルになる。特に平日昼間の青空は格別だ。「言の葉の庭」という雨の日に [続きを読む]
  • フリーランスとして自分の仕事に値段を付ける難しさ
  • 今日はシンガポールで迎える6度目の誕生日。ついに34歳になっちまった!アラサーを自称できるのもあと1年か…(=^・・^;=)今年こそは会社を辞めてブロガーとして生計を立てたいと息巻いているんだけど、それと並行してフリーランスのWeb系エンジニアを副業にしたい。具体的にはWordPressでSEOに強いWebサイトを構築する仕事。欲張りすぎな感もあるけど、僕はやっぱりコンピュータが好きなんだな。文章を書いてコンピュータをい [続きを読む]
  • フリーランスとして自分の仕事に値段を付ける難しさ
  • 今日はシンガポールで迎える6度目の誕生日。ついに34歳になっちまった!アラサーを自称できるのもあと1年か…(=^・・^;=)今年こそは会社を辞めてブロガーとして生計を立てたいと息巻いているんだけど、それと並行してフリーランスのWeb系エンジニアを副業にしたい。具体的にはWordPressでSEOに強いWebサイトを構築する仕事。欲張りすぎな感もあるけど、僕はやっぱりコンピュータが好きなんだな。文章を書いてコンピュータをい [続きを読む]
  • 勉強は出来たのに仕事でコケたら海外へ
  • 明日で僕は34歳になるんだけど、ここまで全て記憶力だけで生き抜いてきた気がする。とりあえずたくさん苦手なことがあるけれど、生きる上でめっちゃ番困るのは同時に1つのことしかできないことだ。マルチタスク機能の欠如。これは例えば音楽を聴きながら料理をすると失敗するみたいな可愛いレベルではない。まぁ新婚の新妻として大晦日に小豆を煮ながらVan Halenを聞いていたら突如ギターの練習をしたくなり、うっかり熱中して [続きを読む]
  • 全人類に3人以上で会話できない呪いをかけたい
  • やっと来た金曜日!やっと来た17時!ビールを目指して一目散に会社を飛び出すっ!…のかと思いきや、僕はいつも5分くらい経ってから会社を出る。デスクでTwitterをやっていることもあれば、トイレで音楽を聴いて時間を潰すこともある。帰り道で同僚と出くわすのが嫌なのだ。だからオフィスから一斉に吐き出された人たちがバスや電車で遠くへ運ばれていくまで時間をあける。これは全員必ず定時退社できる職場の思わぬ弊害だ。駅 [続きを読む]
  • 痛み分けを理解しないまま海外で白黒つけると交渉に負ける
  • 僕が海外で暮らすようになって6年。その間に大小いろんなトラブルに巻き込まれたし、日本人vs現地人の対立もたくさん見てきた。もちろん犯罪に該当する事件に巻き込まれたらどこの国でも警察沙汰。でも些細な利害をめぐって現地人とトラブると、大抵は1対1の交渉になる。そんな時に相手から有効な譲歩を引き出せず、結果として被った損害に泣き寝入る日本人の多いことよ。日本人は交渉事に弱いと感じる。この原因は揉め事を「解 [続きを読む]
  • 親の世代が出来ないことで成功を狙いに行く
  • 子供の時はウダツが上がらないオトナの象徴だった「クレヨンしんちゃん」の父ひろし。ところがいざ自分が彼の歳になった時、その存在に到底及ばない事実に驚愕する。35歳で郊外に庭付き一戸建とセダンを持ち、専業主婦の奥さんに子供が2人犬1匹。その家計を支える650万円の年収。そもそも35歳の係長で650万円貰えるということは、お勤めの商社ってのも中堅以上なんだろう。時代を言い訳にすることは出来る。バブルを経 [続きを読む]
  • IT業界での経験を武器にアジアをゆく、なぐもさむさん
  • 海外現地採用を経験を引っさげて、現在は日本で活躍している方々にスポットライトを当てるこのシリーズ。3人目にご登場頂くのは、タイとマレーシアでインフラエンジニアや技術サポートをなさっていたなぐもさむさん!なぐもさんは日本のIT業界でウツ病になってからの海外就職ということで、僕の人生とシンクロ率が半端ない。海外就職を目指す上で有利な職業というのがあって、IT系のエンジニアもその1つ。今日はそんな「手に職」 [続きを読む]
  • 気楽で強気な人生には逃げ足の速さが重要
  • やりたくない事をゼッタイにやらない。うつ病になって以来、僕はこの「生きる方針」を徹底している。朝起きて会社に行くのがかったるい。まぁこのくらいは我慢しないと何の仕事にも就けないだろう。でも「今日は絶対に会社行きたくない!」と思う朝もある。そしたら僕は迷わず休暇の連絡を取って1日引きこもる。どうしても嫌なことを心を殺して我慢すると、そのうち本当に心が死んでしまう。そしたら何のために生きているのかわか [続きを読む]
  • 学生時代に戻れるなら英語でインターンして新卒海外就職したい
  • 日本は空前の人手不足らしく、今年の就活生の中には既に内定をゲットしている人もいると聞いた。毎年お祈りメールを晒したり何十社も落ちたと悲壮なTweetが溢れる中、今年の就活戦線は比較的異常が少ないように感じる。ところがそんな恵まれた年にも内定を取れない就活生はいる。まぁ学生時代に勉強せず遊び呆けてた人はしょうがない。それにフランス文学とか天文学とか、イマイチ職業に結びつかないロマンチック系専攻にも関わら [続きを読む]
  • 苦労してでも成功したい人、苦労しないのが成功という人
  • 仕事。起きている時間の殆どを「仕事」に捧げるのが現代のライフスタイル。誠に遺憾だ。だから自分にあった仕事に就けるかどうかは、人生の幸福度を左右する最大のパラメータだ。じゃあ自分にあった仕事って何よ!?って話になる。ところが職選びは人生で最も重要な決断にも関わらず、この世にどんな職業があってそれぞれどういう人が向いているのかを誰も教えてくれない。学校で国語算数理科社会を勉強する際は、その知識をどうや [続きを読む]
  • 最低賃金がない社会の方が仕事の心配が少ない
  • 海南チキンライス、ラクサ、ホッケンミー。定番のシンガポール料理がお手頃価格で食べられる屋台村、ホーカーセンター。貧乏バックパッカーとして初めてシンガポールを訪れたときはその安さと美味さに驚いたものだ。でも1番驚いたのは食べ終わった食器を放置して良いこと。最近でこそ下膳カウンターが設置されてセルフで戻すようになってきたけど、当時は食べ終わったタイミングで食器を残してただ席を立てばよかった。ホーカー屋 [続きを読む]