ますみ さん プロフィール

  •  
ますみさん: 統合失調症の母とうつ病の私
ハンドル名ますみ さん
ブログタイトル統合失調症の母とうつ病の私
ブログURLhttp://w-nursing.net/
サイト紹介文75歳の統合失調症の母の在宅介護をしています。私もうつ病と診断され、日々の奮闘を綴っています。
自由文75歳の統合失調症の母の在宅介護をしています。私も体調を崩してしまいうつ病と診断されてしましました。主に母との生活を中心に苦悩や葛藤、気付き、経験などを綴っています。同じ境遇の方と触れ合える機会が多くなれば私も気持ちが楽になるかなと思い始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 224日(平均3.8回/週) - 参加 2017/03/08 11:25

ますみ さんのブログ記事

  • 認知症は正式な病気の名前ではないことに驚き
  • 認知症は正式な病名ではない、という話題を見ました。あまり詳しいことはわからなかったのですが、認知症という名前は病気の正式名称ではないのです。何気なく口にしている病名ですが、詳しく分類すると見えてくるものがあるようですね。高齢になるほどリスクが高まる認知症。他人事ではありません。今回も認知症について考えてみましょう。 認知症は正式な病名ではない認知症は正式な病名ではないというブログを読みました。認知 [続きを読む]
  • 脳にもある廃用症候群
  • 人間の体、筋肉や内臓、髪や皮膚などはどんどん老化します。年と共に内臓の機能が低下すると、それが原因で部病気になるケースも。病気にならなくても廃用症候群と呼ばれる状態になると、自由に外出できなくなる、自宅でつまづくことが増えるなど弊害も。ところが「脳にも廃用症候群の症状がある」と医師に指摘されました! 脳にも廃用症候群がある人間の脳も老化することは以前から知っていましたが、脳にも廃用症候群があり実際 [続きを読む]
  • 老年期うつ病について
  • 認知症と(老人性)うつ病との差はどこにあるのでしょうか? 認知症は脳が老化し(「認知症は脳の老化現象が原因である)は精神科医師や専門家がしっかり指摘しています)、脳全体が委縮してしまう病気です。ところがうつ病で脳が目に見えて大きく委縮することはありません。同じ脳の病気でありながら、何かが違うようです。 精神科の医師の講演会から先日、私の主治医ではないのですが大分県内で主に認知症患者を診察・治療して [続きを読む]
  • 老人性うつ病と認知症について
  • 「老人性うつ病と認知症の区別がつかない」というケースが多々あるそうです。認知症の症状のなかには意欲低下があり、この症状が老人性うつ病と勘違い、または老人性うつ病なのに認知症と勘違いされてしまう危険性があります。どの病気なのかはっきり分からないと的確な治療が受けられません。「おかしい」と思ったら医療機関を受診しましょう。 老人性うつ病、そして認知症とは?うつ病は親族の死や失業、災害に見舞われて将来に [続きを読む]
  • 特養老人ホームは安い費用で入居できるのがメリット
  • 高齢になり介護が必要な状態になったとき、まず思い浮かぶのは「特養老人ホーム」です。地方など老人ホームの少ないエリアでは、要介護者の入居できる場所と言えば特養老人ホームでした。月額利用料が安く、民間の老人ホームに比べて割安な費用で住めるのが大きな魅力です。ところが人気があるため、入居には時間がかかるケースが多くなっています。 特養老人ホームは入居費用が安い特養老人ホームは日本全国にあり、まず要介護の [続きを読む]
  • 認知症になるとこのような経過をたどる
  • 最近、認知症について調査しています。母の発症した統合失調症と認知症は、病気の質に違いはあれども脳の病気であることに変わりありません。認知症になるとどのような経過をたどるのか、正直良く分からない面もありました。でもこちらの記事を読み「なるほどな」と思いました。是非参考にしてください。 認知症になるとどうなるの?参考にさせてもらった記事によると、まずその方の祖母の生活態度が急変したことが「おかしい」と [続きを読む]
  • 認知症予防も睡眠が重要なようです
  • 睡眠時間とうつ病とは関連があることが分かっています。うつ病を発症した方の中には、睡眠障害に陥った方もいてかくいう私もうつ病発症前は睡眠障害になっていました。入眠出来ない上に朝早くから覚醒してしまい、昼間にうとうとすることに。ところが認知症と睡眠との関連もあるようですね。 人は眠っている間に脳内のお掃除を行っている認知症のなかでも「アルツハイマー型認知症」(精神科の先生は「アルツ」と呼んだりもしてい [続きを読む]
  • 魚を食べるとうつ病になりにくいって本当ですか?
  • つい最近、魚を多く食べる人はうつ病になる可能性が低くなるという記事を読みました。偶然かもしれませんが、私はあまり魚をたくさん食べる方ではありません。なぜ魚を食べるとうつ病になりにくくなるのでしょうか?そこにはEPAやDHAと言った脂分が影響してくるようです。魚の脂分は脳内神経伝達物質に良い変化をもたらすのです。 魚を食べるとうつ病の発症リスクが抑えられる「魚を食べると頭が良くなる」というお話しを聞いたこ [続きを読む]
  • 佐賀市の老人ホームは大きな道路沿いが便利
  • 佐賀市は佐賀県の県庁所在地であり、面積がかなり大きなエリアとなっています。何度も合併を繰り返してきたため、かなり大きな市域になってしまったのです。そんな広いエリアの佐賀市ですが、民間の有料老人ホームは少なめです。老人ホームの数自体もそれほど多くないため、気に入った老人ホームが見つかったら早めに見学しておくと良いです。 佐賀市の民間運営有料老人ホームは少なめ佐賀市内には約90か所の老人ホームがあります [続きを読む]
  • 水虫を放っておくと大変なことになるかもしれない話し
  • 水虫と言うと、とくに若い女性にとっては「何となく恥ずかしい皮膚疾患」ですが、高齢者にとって水虫はかなり怖い病気になっています。「たかが水虫、されど水虫」ですね。ではなぜ水虫が高齢者にとって怖い病気になっているのでしょうか? 調査してみました。 水虫が怖い理由① なかなか完治しない水虫は白癬菌と呼ばれる細菌が足に付着し、その菌が皮膚に棲みついてしまい増殖している状態です。白癬菌自体は感染力が弱いので [続きを読む]
  • 統合失調症の薬で副作用が出るケースとは?
  • 統合失調症の治療薬には「ジプレキサ」や「エビリファイ」などの薬がありますが、調べてみると「ルーラン」や「リスパダール」などさまざまな薬が処方されています。母の場合ジプレキサとエビリファイ、そしてリスミーを処方されていますが、とくに副作用は出ていません。ところが中には副作用が出てしまうケースもあります。 統合失調症の治療薬にある副作用とは?どのような薬を飲んでも、何かしらの副作用が起きる可能性はあり [続きを読む]
  • 看護師が常駐する老人ホームは安心なの?
  • 老人ホームの中には、看護師が常駐する施設があるそうです。どのような老人ホームに看護師が常駐しているかと言えば、まず挙げられるのが医療法人の運営する老人ホームです。運営母体が病院なので、医師や看護師など医療スタッフが派遣しやすいわけです。さらに病院内にある老人ホームも医療ケアがしっかりしています。 統合失調症の母はやはり看護師常駐の施設が良い母はずっと統合失調症を患い、毎月服薬・通院を続けています。 [続きを読む]
  • 精神病患者はつねに生きづらさを抱えている
  • 精神病(うつ病・統合失調症など)の患者は「つねに生きづらさを抱えている」という言葉を、先日、精神科医の先生から聞きました。「生きづらさ」……そうなんです。その言葉、本当にその通りだと思います。私の場合、うつ病は寛解したためそこまで生きづらいとは思わないのですが、やはり統合失調症を発症している母は生きづらいと思います。 統合失調症の幻聴・妄想が患者本人を苦しめる普段はジプレキサやエビリファイなどの薬 [続きを読む]
  • 統合失調症相談可能な高知の老人ホームはどこにある?
  • 高知県には県内に約300か所もの老人ホームがありますが、それぞれの老人ホームにさまざまな個性があります。公的な老人ホームもあり、民間運営の老人ホームもあり費用もそれぞれ違います。でも統合失調症の母をもつ私としては統合失調症患者受け入れ可能な施設があるのかどうかが気になります。調査してみました。 高知県内には統合失調症患者受け入れ可能な施設はあるの?高知県にある老人ホームのうち、統合失調症患者の受け入れ [続きを読む]
  • 介護施設で起こる虐待事件……統合失調症の母は大丈夫?
  • 介護施設では、これはごくごく一部の介護スタッフが起こすことであると理解はしているのですが、利用者に対する虐待が起きるケースがあります。もちろんほとんどの介護スタッフは優しく、丁寧に利用者に接しているであろうとは思いますが、本当に残念なことです。ここで一つ心配なことが……統合失調症の母は大丈夫なのかということです。 介護施設で虐待を受けやすい認知症患者介護施設で虐待を受けやすいのは、認知症の方が多い [続きを読む]
  • 統合失調症患者の服用する薬について
  • 母の統合失調症の治療は、主に服薬によるものとなっています。最近は主治医の先生が多忙でなかなかお話しをする時間がありません。また母の病気の症状もかなり落ち着き、また就労支援施設で作業も始められるようになりました。母の症状がここまで良くなったのはやはり薬の影響があったのではないかと思います。統合失調症の薬について書きたいと思います。 幻覚や幻聴に悩まされていた母統合失調症を発症した当初、私は母が統合失 [続きを読む]
  • 介護保険とは一体なに?
  • 介護保険の話は良く耳にするのですが、結局のところ、介護保険とは一体何なのか良く分からないというのが本音です。そこで今回は厚労省の資料を基に介護保険のことを調査してみたいと思います。 介護保険開始前の高齢者医療の問題点介護保険サービスが開始される前の高齢者福祉には、さまざまな問題点がありました。それをまとめてみたいと思います。 市町村がサービスの内容を決めるため、利用者個人の意思や希望が反映されなかっ [続きを読む]
  • 統合失調症の母にしてはいけないこととは?
  • 統合失調症は幻覚や幻聴が大きな症状になりますが、本人は大きなストレスや不安、悲観などで心が疲れた状態です。そんな患者を前にして「もっと頑張れ」「もっとしっかりしなさい」と叱ることは、本人をますます絶望させストレスを増大させます。心がクタクタになった統合失調症患者にしてはいけないことをまとめました。 本人を否定するこれは統合失調症患者だけではなく、すべての方に共通することかもしれません。統合失調症の [続きを読む]
  • 高知の老人ホーム利用料は高い?安い?
  • 高知県は県全体の総人口が約76万人で、人口自体が少ないにも関わらず高齢化率は約30%となっています。超高齢化社会となっている高知ですが、その老人ホームの実態はどうなっているのでしょうか? 今回はその月額利用料を中心に調査してみました。 高知の老人ホームの平均月額は○○万円高知全体での老人ホーム件数は約300件ですが、そのうち三分の一に当たる100件が高知市内にあります。どこもそうですが県庁所在地には多くの老 [続きを読む]
  • 認知症は精神病の一種だと言われて蔑まれた時代があった
  • 認知症は現在、その発症のメカニズムや治療法(ただし根本治療は不可能)などがある程度確立しています。ところが今から30年前は「認知症は精神病の一種」とされ、患者は「家の恥」として外に出すこともできない時代がありました。30年前、認知症患者はどのような扱いを受けていたのでしょうか? 「呆けた家族は家の恥」私にはアルツハイマー型認知症になった(母方の)祖母がいました。発症して亡くなるまで約5年。本当にあっとい [続きを読む]
  • うつ病に効果のある食べ物はあるの?
  • 認知症患者には、魚やオリーブオイルをたっぷり使った地中海式料理や海藻、大豆、コーヒー、緑茶が症状の進行を抑えると言われていますが、うつ病の場合はどうなのでしょうか? うつ病の効果のある食品についてまとめています。 うつ病に効果のある食品とは?うつ病になっているとき、脳内には脳内神経伝達物質であるドーパミンやセロトニンなどが不足していると指摘されています。減少してしまったこれら神経伝達物質を補う必要 [続きを読む]
  • 寝室が明るいとうつ病を発症しやすいことについて
  • うつ病を発症する方は睡眠不足になっているという指摘があります。私もうつ病を発症する前は不眠(睡眠不足)になっていました。今はとくに問題ないのですが、睡眠不足はうつ病の発症と関連があるようです。最近チェックした記事によると、寝室が明るいとうつ病を発症しやすくなるそうですが、果たしてどうなのでしょうか? 寝室が明るいと眠れなくなる?明るい寝室で眠るのと、暗めの寝室で眠るのとでは睡眠の質が変わってくるの [続きを読む]
  • 社会保障と高齢者
  • 高齢者を支えるおもな社会保障には「年金」「介護保険」「健康保険」、また収入の少ない世帯では「生活保護」などの種類があります。現在、日本は超高齢社会を迎えており、このままでは高齢者の社会保障が維持できなくなる危険も。どのような問題があるのかまとめてみました。 75歳から支給開始が検討されている年金年金は20歳になると皆さん加入されているかと思います。会社員になると、給与から自動的に厚生年金の払込金が天引 [続きを読む]