ndkstk さん プロフィール

  •  
ndkstkさん: ひっそりと灘・開成・筑駒に合格した記録
ハンドル名ndkstk さん
ブログタイトルひっそりと灘・開成・筑駒に合格した記録
ブログURLhttps://ameblo.jp/ndkstk/
サイト紹介文初めての中学受験。 手探りで灘・開成・筑駒に合格するまでの道のりを備忘録として綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2017/03/08 11:40

ndkstk さんのブログ記事

  • 脱線記事・受験生をもつ友人へ
  • アメンバー申請頂いている皆様以前お伝えしました件※お詫びとご連絡(アメンバーの皆様へ)で、アメンバー承認まで少しお時間頂戴している状況です。状況が変わりましたら、追ってご報告させて頂きます。メッセージも頂いておりますのに誠に申し訳ございません。 過去記事の再掲について ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※脱線記事です。 親しい友人の子が受験生で、この時 [続きを読む]
  • 過去記事の再掲について
  • 寒くなってきました。受験生の皆様は忙しい毎日を送られていることと思います。疲れも出やすい時期かと思いますが、無理を重ねて心身が弱ってしまうと復調まで時間がかかります。疲れたら早めに休むことを心がけると良いと思います。 先日お伝えさせて頂きましたアメンバー様の一時解除の件では、大変ご迷惑をおかけしております。先にもお伝えした通り、現在確認作業をお任せしており、アメンバー様の承認等いつ頃から通常通りに [続きを読む]
  • 御礼
  • 前回の記事では、多くの方にご心配を頂きましてありがとうございます。温かいお言葉を頂戴しまして大変感謝しております。 今回のことは私自身は当初はさほど気にしておらず、もしこの記事の内容がお役に立てるのであれば、むしろ多くの人の目に触れることになるので「まあいいかな」ぐらいに思っていました。(ビジネスではないので。呑気すぎると知人に叱られましたが・・・) しかし、ルール上の問題もありますし、今後同じこ [続きを読む]
  • ※お詫びとご連絡(アメンバーの皆様へ)
  • ブログをご覧頂きましてありがとうございます。またアメンバーの皆様、また申請を頂いている皆様、いつもありがとうございます。 突然のお知らせになってしまうのですが、実はとある媒体の中に、このブログの内容が転載されているのではないかというお話を頂きました。 調査に必要とのことで大変申し訳ないのですが、一旦アメンバーを解除させて頂いております。 いつもご覧頂いてるアメンバーの皆様、申請を頂いている皆様には [続きを読む]
  • 脱線記事・「その子にあった受験を」③
  • 前回の続きです。 例えば、「途中式をきちんと書かない」の場合。その子にとって必要な途中式とはどこまでを指すのでしょうか?また本人は途中式の書き方と必要性については理解しているでしょうか? 途中式は何のために書くのか。計算ミスが多い子。計算の過程で間違える子には有効かもしれません。解法の途中で彷徨ってしまう子。立ち戻って見直すには有効かもしれません。 しかし、書くことで間違えている子もいるはずです。解 [続きを読む]
  • 脱線記事・「その子にあった受験を」②
  • 前回の続きです。 細かい方向への、子供自身が今考えている姿をみた時の「その子にあった」を考えます。 例えば、算数の点数が伸び悩んでいる時。その原因を考えると、 ・字が汚い・整理して書かない・途中式書かない・問題文の大事なところに線を引かない・見直しをしない・自分の解き方に固執する などがよく挙げられると思います。 塾の先生に相談したり中学受験についての書籍などでも、これらの対処法として、 「途中式をし [続きを読む]
  • 脱線記事・「その子にあった受験を」①
  • お手伝いさせて頂く中で、気付いた事についていくつか記事を続けたいと思います。 中学受験についての情報は、ネットなどを含めいたるところから入ってきます。 冷静なつもりでも、お子様の受験について不安なことがあれば、そこを解消してくれるような話は信じてしまいがちではないかと思います。 しかし、中学受験はあくまで子供自身が取り組むものであり、心も体も成長の速さが異なる小学生が取り組むことですから、最も大事な [続きを読む]
  • 脱線記事・中学受験と躾と
  • 以前にもお伝えしたかと思いますが、何人かの小学生のお子さんの受験のお手伝いをひっそりとさせて頂いています。勉強を教えるのではなく、お子さんにあった学習について、親御さん以外の客観的な視点についてご相談を受けている、という感じになるかと思います。 そこでいくつか気付いた事をお伝えしたいと思います。 お子さんが学習している様子が見える場所で、お母様とお話をしていた時のことです。(これは私の友人ですけれ [続きを読む]
  • 受験生の夏
  • 夏休みも後半になりました。 受験生の皆さんは疲れが出やすい時期ではないでしょうか。学校が始まるとより忙しい日々になろうかと思います。体調を整え充電する日を設けることもとても有意義なことだと思います。 夏休み後半のこの時期は、お子さんが予定通りに勉強できたと安心できる方は少なく、出来ていないところばかりが目についたり、他のお子さんはもっと頑張っているのではないかと感じたり、焦りのような感情を持ちがち [続きを読む]
  • 中学受験の勉強から学べること①
  • 今日の東京も猛烈な暑さです。受験生の皆さんはこの暑さの中、体調管理が大変なことと思います。休息も充分に取り、どうぞ健康にこの夏を乗り切って頂きたいと思います。 ブログの更新も滞っておりましたが、メッセージの返信はもっと滞ってしまっております。※申し訳ございません。少しお時間を頂戴したいと思います。 夏休みの学習や過ごし方について多くのご質問を頂いております。その中で少し気になったことがありますので [続きを読む]
  • 国語と算数と〜中学受験に求められる力
  • 前回の「ひっそりと第二章」の国語の取り組みについて、まだ続きがあるのですが(長いですね、すみません)ちょうどこの記事の主旨に関わるご質問を頂いたのでご紹介させて頂きます。 「国語についての記事が多いような気がしますが、中学受験は算数の方が重要というお話しについてはどう思われますか?」という内容のご質問を高学年の親御さんから頂きました。 ちょうど夏休みを迎えるにあたり、何に重きをおいて学習すべきか高 [続きを読む]
  • ご連絡(メッセージを頂いた方へ)
  • アメンバー申請頂いた皆様、メッセージを頂いた皆様 頂いたメッセージは先程全て返信させて頂きました。 (かなり長い時間お待たせしてしまった方、申し訳ございません) もし、メッセージを頂いたのに返信がないという方がいらっしゃいましたら、恐れ入りますが再度ご連絡頂ければと思います。 送受信で不具合なのか行き違いなのか、これまでも何度かこのようなことがありました。 こちらの不手際でご迷惑をおかけしている場合に [続きを読む]
  • 国語の力をつけるために⑤(ひっそりと第二章)
  • 前回の続きです。 こちらの教材を使って学習しました。 論理エンジン小学生版3年生 読っかい・作文トレーニング [ 出口汪 ]1,404円楽天 音読で引っかかるところに注意をしながら、正しく一通り文章を最後まで読みます。 次に設問にうつりますが、この教材は設問に関わる文章が設問と同じページに抜き出して掲載されていて、設問について読み込む箇所が限定されています。 最終的には「この設問に関する記述はどこに書かれているか [続きを読む]
  • 国語の力をつけるために④(ひっそりと第二章)
  • 前回の続きです。 具体的な取り組みについてです。 まず一旦今の問題集の取り組みをお休みし、下記の問題集を取り組みました。定番ですのでお持ちの方も多いかもしれません。 論理エンジン小学生版3年生―読っかい・作文トレーニング1,404円Amazon 上記は3年生となっていますが、学年は気にせずにレベルのあったところから始めると良いと思います。 取り組みとして、まず文章を音読してもらいました。文字は大き目で比較的音読し [続きを読む]
  • 国語の力をつけるために③(ひっそりと第二章)
  • 前回、前々回の続きです。 国語の読解問題で低学年のお子さんが具体的に取り組んだ方法についてです。 これはあくまでもこのお子さんに合わせた方法であり、既に身についていることが多いお子さんが取り組んでも無駄な面もあるでしょうし、また性格や考え方によっても何が最適かは異なりますでの、一例としてということでお願いいたします。 このお子さんは学習を習慣スケジュールを決めて取り組んでいていました。 国語は毎日漢 [続きを読む]
  • 国語の力をつけるために②(ひっそりと第二章)
  • 前回の続きです。 低学年の国語では、まずは「しっかりと読み内容を正しく理解することが大切」というお話についてです。 読み取れているかどうかをまず確認しその上で設問に答えていく、という事が読解の学習順序としては大切なことだと思います。 しかし、多くの設問を解く中でその本筋とは離れた問題を解くことになると、読めているかどうかの大切な力の見極めがぼやける事も多い気がします。 そもそも同じシリーズの問題集で [続きを読む]
  • 国語の力をつけるために①(ひっそりと第二章)
  • 前回記事にしましたが、学習のお手伝いをさせて頂いてるお子さんの取り組みで気づいた点など可能な範囲でお伝えしていけたらと思います。 我が子以外のそれぞれの個性をもつお子さんの、それぞれにあった学習法を一緒に模索しています。これから受験の皆様のご参考になればと思います。 (読んで頂きやすいように新たにテーマを設けました)※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ [続きを読む]
  • [脱線記事] ひっそりと関わる中学受験
  • 関西にお住まいの皆様、大変な地震でしたがご無事でしょうか。通勤・通学時間の出来事でしたので、より心配だったのではないかと思います。被災された皆様に心よりお見舞い申しげます。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 息子の中学受験が終わり1年半が経とうとしています。中学受験に関しては、ひっそりとこのブログを続けるのと同時に、こちらもまたひっそりと、知人や親 [続きを読む]
  • 親の関わりについて②[過去記事一部再掲]
  • 前回の続きです。 中学受験において親にできる事というのは、「子供にはできない事」をしてやることなのかなと思います。 それは客観的に子供の状況を見ることなのではないかと考えていました。 模試の成績が下がっても、本人が理由がわかっていればそう困ることもないでしょう。しかし、多くの子供は模試の結果というものは相対的な評価だということを理解しきれていないので、自分がどんなに頑張ったつもりでも、周りの子がそれ [続きを読む]
  • 親の期待に応えたい気持ち
  • 中学受験を通して知り得たことを、少しでもこれから受験の皆さんのお役に立てたらとはじめたブログで、あまり個人的なお話や意見は記載しない方向で考えていたのですが・・・ ニュースで5歳の女の子の事件でご両親にあてた手紙の内容を知り、その精一杯の思いと、頑張って覚えたひらがなをまさかこういう形で用いることになるなんて、、と悲しみでいっぱいになりました。 日頃ニュースなどの報道の内容をすべて真に受けることは [続きを読む]
  • 小学生の受験の難しさ(その3)
  • ※アメンバーの方から、「アメンバーが解除されている」というご連絡を頂いております。こちらからはどなたも解除したことはございませんので、何か不手際があったのかシステム上のトラブルなのか今の所理由がわかっておりません。もしアメンバーが解除されている方がいらっしゃいましたらご連絡頂けます様、宜しくお願い致します。 前回からの続きです。 次に、苦手教科があり取り掛かってからエンジンがかかるまで時間がかかっ [続きを読む]
  • 小学生の受験の難しさ(その2)
  • 前回の続きです。 中学受験というものに焦点を当てて考えると、なぜ今頑張る時だとわからないのかと悩ましく感じることもあるかもしれませんが、少し引いて考えてみると成長期真っ只中の小学生が臨む受験ですから、子供にとっては「成長過程の中に受験がある」ということなのだと思います。 集中力ややる気の問題は多かれ少なかれどの子にもあるはずで、「それも含めた現段階でのその子の姿に、最適な方法を模索しながら進めてい [続きを読む]
  • 小学生の受験の難しさ(その1)
  • そろそろ運動会というお子さんも多い時期ではないでしょうか。気温もだいぶ上がってきて、特に6年生は疲れやすい時期ではないかと思います。受験生ではありますが小学生としても最高学年であり、学校行事等では中心的な存在になるかと思います。どうぞその経験も大切にして頂きたいと思います。 ご相談の中で、「ついガミガミと叱ってしまう」「本人の意識が足りずにイライラしてしまう」というものをよく頂いていました。 これ [続きを読む]
  • ご質問のお答え(開成志望Aくんの話 その2)
  • (前回の続きです) 一学期の時点での国語の成績は、開成を目指すには程遠いものでした。 ただ、某大手塾の開成模試(この時が国語の平均点が確か10点か20点台)で、消しゴムのあとがたくさん残しながら、濃く力強い字で欄外にはみ出るほどに答えを書いていた答案を見て、「この子は開成合格に必要なものを持っている」と確信しました。点数はつかないけれど、読み外していない。問われていることも理解している、と感じさせる内容 [続きを読む]
  • ご質問のお答え(開成志望Aくんの話 その1)
  • 頂いているメッセージにもなかなか返信が追いつかずご迷惑をかけております。アメンバー申請につきましては、メッセージと共に申請頂いた方には承認させて頂きましたので、ご確認ください。 メッセージを下さる方の中で、「友人の子の開成志望Aくんの結果はどうでしたか?」というものを多く頂いています。 多くの方は合否結果に興味本位でお尋ねになっているのではなく、受験までの過程を経て受験終了までの道のりを参考にしたい [続きを読む]