のぼちゃん1127 さん プロフィール

  •  
のぼちゃん1127さん: 那須の緑風に乗って
ハンドル名のぼちゃん1127 さん
ブログタイトル那須の緑風に乗って
ブログURLhttp://nobotyan.blog.fc2.com/
サイト紹介文那須の自然を撮りたくカメラを始めました。旅、ゴルフ、家庭菜園、アユ釣り、男の手料理などを伝えます。
自由文妻が先立ったのち、猫や犬も長寿を全うしたのか妻のもとへ。その妻は、フラダンスなど踊ることが大好きで、大空で風に吹かれながらダンスをしていると。時々空を見上げています。
鮎釣り歴40年。旅は50年。ゴルフ歴は30年(ちゃんとやり始めたのは7年ほど前)
家庭菜園15年、男の料理30年。風光明媚な那須地方に住んでいるのでカメラをはじめて、ブログもついでに昨年の9月から始めてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/03/08 12:56

のぼちゃん1127 さんのブログ記事

  • 遠く栄華の時代も去り、残ったのはこんな美しいモミジの城址 (^^♪
  • お隣の市域になりますが、家から車で30分と掛からない古い村の市街地と言った風情のところにある城址公園に行って来ました。もみじの偵察ですが、もう「もみじ祭り」と言う幟旗を立てて、地元の方々が臨時のテントを立てて、農産物や食べ物などを売っています。佐久山城址公園の「御前山公園」で、モミジの名所になっています。隣に隣接して小学校があり、女子のソフトボールの練習の元気な声が小高い城跡の丘まで昇ってきます。 [続きを読む]
  • 那須地方の平野部の市街地にも紅葉前線が降りてきましたよ (#^.^#)
  • 我が最寄りのJR駅のすぐ近く、歩いて5、6分程度の至近距離に、細長い都市緑地があります。この緑地は、明治維新時から日露戦争などの場面で登場する、鹿児島出身で「大山巌 元帥陸軍大臣」の墓所の参道になります。西郷隆盛の15歳下の従弟になり、西那須野に国葬として葬られました。「海の東郷平八郎、陸の大山巌」と言われた人物だそうです。まだ始まったばかりのようですね。墓所の方へと行く全景はこんな感じ。多分、今週 [続きを読む]
  • 秋も深まり、寒くなる前にと、おもてなしを (*^^)v
  • 秋も深まり、山の方は紅葉真っ盛り、里にも下りてきて色付き始めています。那須地方は、秋を楽しもうと観光客が押し寄せてきて週末は紅葉の名所は車の渋滞です。そんな秋の日の、まだ寒くなる前に、今年お世話になった方々を自宅に招待し、オジサンの手料理でおもてなし。お客様の都合が急遽空いて何時の時間でも大丈夫との連絡があり、ついつい早めた方が喜ぶかなと1時間繰り上げたら、今度こちらが大忙し。何せ男所帯、常に綺麗 [続きを読む]
  • ひつじ雲の朝、今日は何か良いことあるかなぁと芝刈りに (´・ω・`)
  • 一時は雨の心配もありましたが、前日の土砂降りの陽気とは違って、朝は素敵な空がおはようと言っています。朝の内に息子の昼ご飯まで作り、病院へ送るその足でそのまま山の麓のゴルフ場へと向かいました。先に断っておきますが、ゴルフのスコアは一切言いませんよ。言いたくないですよ! (≧▽≦)我が那須地方の平野部にも紅葉前線が降りてきて、色付いてきました。スタートする頃には曇天となりましたが、思いのほか温かく人によ [続きを読む]
  • 嬉しいやねぇ、有り難いやねぇ (^_-)-☆ 人の情けは温かいよ \(^o^)/
  • ちょっと秋の日の空き時間、車で少しお散歩に出ます。まあ、期待した写真は撮れないことの方が多く、でも過ごす時間は楽しく充実し、独り身の寂しさも忘れられようというものです。ぐるっと回って、麓に降りて来たら里山の畑に見知った方が農作業しています。あくまで趣味で、農家ではないのですが、かなりの上級者。軽トラックが止まっていたので間違いなく作業中なのはず。でも、停車して挨拶をするにも、何だか間違いなく野菜を [続きを読む]
  • トリあえず、トリが撮れなかったので、ふて腐れて別なもの撮った (◎_◎;)
  • そう言う訳で、近所の広域公園にお出掛けして、鳥を撮ろうと試みたけど、残念ながら撮れなかったよ。でもね、結構歩いた後、多分間違いなくアカゲラに出合った。しかも結構近くでね。しか〜し、ここは公園、お散歩している人もいて近くに歩いてきたので、カメラを構えたときは飛び立って逃げてしまったね。残念、残念至極じゃぁ (≧▽≦)で、安直に秋を撮って置こうとね。里の公園も紅葉が始まっているね。少し横に目をパーンすれ [続きを読む]
  • 「早起きは三文の徳 ?」、本当かな、4時にスッキリ目覚めたよ (#^.^#)
  • 本当なの?「早起きは三文の徳」なんてね。那須オジサンは普通でも夜中に何回か起きてしまうたちで、夜明け前に起きるのも普通なんですが、今日は結構寝てスッキリ目覚めたら、まだ四時過ぎ (≧◇≦)でも、いや待てよ、結構すっきりしていてこれで十分寝たんじゃないのと着替えることに。ここで、写真でも撮りに出掛けるようなら、もう少し上手くなっているはずですが、そこは軟弱なオジサン、寒いからとベットに戻り、読書に入り [続きを読む]
  • フラれ、フラれの江戸散歩、おいらどうすりゃ良いのかなぁ (ノД`)・゜・。
  • フェルメール展も終了し、まだ昼食には少し早い時間。11時をちょっと回った時分。腰がとても痛いのでこのまま家に帰っても良いのですが、お天気も良く滅多に来ない江戸ですから、ちょっとお散歩でもと色気を出しました。ただ歩いている分には、あまり痛みを感じないので何とかなるだろうとね。思いついたのが、日暮里の蕎麦屋の「かわ村」と「朝倉彫塑館」蕎麦屋は、もう大昔になったがん治療で千葉の柏の病院へ通い始め、上野が [続きを読む]
  • フェルメール展へ、食欲の秋から、今度は芸術の秋だぞぉ  (*^^)v
  • (はじめに)数日間は、江戸散歩をお届けします。今日は日曜日、本当なら地域のコミュニティ祭りのお手伝いで出掛ける訳ですが、それも昨日の準備も行けず、今日で3日間、ほぼベットサイドで過ごしています。木曜日に江戸に行ったのですが、軽い腰痛で中止しようとも思いましたが、日時指定のチケットを一月以上も前から購入し準備していたので決行したのです。然らば、その上、何とか陽気にも助けられ、思い出の場所など頑張って [続きを読む]
  • 天高く「牛」肥える秋、那須オジサンはどんどん肥えるんですねぇ (◎_◎;)
  • 実はね、我が街は「本州」で生乳生産第1位と言うので、新幹線駅前にも看板を掲示しているんですよ。流石に北海道の桁違いの広大な農地を有するところにはとてもかないませんが、那須地方の北部は耕地面積も結構多いですし、明治期や戦後の開拓などを含め酪農が盛んです。ですから、那須地方は、【天高く「牛」肥える秋】と表現すると学校では教えています(真っ赤な嘘!)あれー!何でこんな書き出しにしたんだっけぇ?そうだガツ [続きを読む]
  • シィ―ンとした山の上の小さな沼、小さな風が吹き、小鳥も鳴いています (*^^)v
  • 平時は観光客も少なく、この紅葉時期に入っても数えるほどの人が来る、那須オジサンが大好きな場所に来ました。水辺を周回するように木道があり、その先端にデッキが、それは自然の中に設えた舞台のよう。デッキは水辺の少し入ったところで、畳十畳程度でしょうか、浮かんでいるような。那須オジサンは、この場所に多分年に十数回は来ています。今日は出遅れて着いたのはもう11時を回っています。雲が出てしまって、斑に光が景色 [続きを読む]
  • モリモリ、グビグビと毎日ね。天高く、オジサン肥える秋が到来! (#^.^#)
  • 秋の夜長、皆さんはどう過ごしているんでしょうかね。集く虫たちの鳴き声が窓辺から届いて来ると、何とも言われぬ寂寥感に襲われます。そこでポツリと声を掛ける相手が居ると居ないのでは雲泥の差、姿かたちがあれば会話などなくても目に映るだけでも安ど感が心に広がります。「生身の人」が身近にいる人は幸せです。笑顔の写真では代用しきれません。本当に秋って良いなぁと思う時も有りますが、秋って「痛い!」なぁと思う夜が多 [続きを読む]