のぼちゃん1127 さん プロフィール

  •  
のぼちゃん1127さん: 那須の緑風に乗って
ハンドル名のぼちゃん1127 さん
ブログタイトル那須の緑風に乗って
ブログURLhttp://nobotyan.blog.fc2.com/
サイト紹介文那須の自然を撮りたくカメラを始めました。旅、ゴルフ、家庭菜園、アユ釣り、男の手料理などを伝えます。
自由文妻が先立ったのち、猫や犬も長寿を全うしたのか妻のもとへ。その妻は、フラダンスなど踊ることが大好きで、大空で風に吹かれながらダンスをしていると。時々空を見上げています。
鮎釣り歴40年。旅は50年。ゴルフ歴は30年(ちゃんとやり始めたのは7年ほど前)
家庭菜園15年、男の料理30年。風光明媚な那須地方に住んでいるのでカメラをはじめて、ブログもついでに昨年の9月から始めてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/03/08 12:56

のぼちゃん1127 さんのブログ記事

  • 那須は今日は雨、那須オジサンも夜明けの頃から年甲斐も無く涙の雨を (;^ω^)
  • 昼頃は強い雨脚になっています。那須オジサンは、遊びと地域行事のお手伝いなどに合わせ加齢のせいもありお疲れモード。昨夜の内から、天気予報も雨模様とあったので、何にもしないで家に籠ろうと決めていました。(今日の写真は、「転調」のために入れるので文章とは特には関係ないです)「月見堂  籠って雨遣る  わらべかな」(nobotyan詠む)今日は10月11日、昨夜から雨。6時頃目覚め。そのままベットから出ず、タブレ [続きを読む]
  • 小糠雨(こぬかあめ)が、ちょっと休めと言っているよ (◎_◎;)
  • 先日のことです。(この記事、色々あって下書きしておいたまま登載時機を逸してしまったようなのですが、破棄するのはそれも寂しいので今日載せましたね)雑草との格闘をしているのですが、猛暑の疲れと遊びなどの疲れのせいなのでしょうか、ちょっと動いただけでガクッと体が重くなります。そんな那須オジサンに気付いたのでしょうか、お天気の神様は、昨夜半から小雨を降らせ続けています。オーヤンフィーフィーの「雨の御堂筋」で [続きを読む]
  • 家の周りも、那須地方のお空も、秋日和に成って来たねぇ (^^)v
  • そろそろ那須地方も、お山の高い方から紅葉前線がゆっくり降りてくる時期になる10月初旬です。本格的には11月ですからそう慌てる必要も無いのですが、ぼちぼち出掛けては秋を味わいに家に籠らずとしますかね。勿論、お腹の方はほどほどに、お目目の方から入る秋の方だけで良いのですね。まあ、出掛けなくても、ちょっと目を転じれば秋はそこに有りますがね。コスモス畑のような観光地では無く、道路の脇に数本咲いているだけで [続きを読む]
  • 警報!、警報!体重が右肩上がりですよ〜 (-_-)/~~~ピシー!ピシー!
  • 那須オジサンは、年がら年中食欲旺盛なのですが、特に秋は世の中の動きに同調するように、益々食欲モリモリ、飲酒グビグ〜ビになります。痛風持ちで薬を飲んではいますが、体重増加が原因か尿酸値の上昇が悪さをしているのか、どうも足首から甲の辺りが鈍く痛い感じです。那須オジサンの痛風の発作は足首に出るのが相場なので少し心配です。悪化したらとても立っているどころか、寝ていても毛布1枚の重さにも耐えられない状態にな [続きを読む]
  • 那須地方、秋は北からではなく、山の上から降りてきますよ (*^^)v
  • 那須地方、山のかなり高い方は別にして、錦秋の秋は10月後半から11月中旬までです。まだ慌てる必要も無ければ、ゆっくり猛暑のこの夏の疲れを癒してから、お出掛け頂ければ嬉しいです。でも、地元に住む那須オジサンも、今年はどうなっているの?と偵察に出掛けました。家から2、30分車を走らせると手近な高原に辿り着きます。つとに有名になってしまったカメラマンに人気の滝や渓谷めぐりの場所とは、途中から別れて進みま [続きを読む]
  • 夕食は、出来れば秋の味覚といきたいねぇ。また頂いちゃったよ〜 \(^o^)/
  • 那須地方は今日も快晴 \(^o^)/それこそ緑風が吹き渡る初夏のような気温の25度。家の中にもレースのカーテンと遊びながら吹き込んできます。今日は、ゆっくり起きて車を車検に出し、11時頃から菜園に出ました。しばらく前に畝を作ったところにもまた雑草の芽が出始めています。これを鍬で掻き散らし、丁寧に再度均して種まきなどしましたよ。出遅れ気味ですが、まあ秋雨と雑草に阻まれ今になりました。初めてのニンニク、定 [続きを読む]
  • 我が那須の菜園は、際限なく雑草に負け続けるのでしょうか ? (◎_◎;)
  • 旅のレポートを少し休んで、那須オジサンもたまにはちゃんと頑張っている所を見せないとね。いよいよ、近所、友人知人からの冷たい視線を強く感じて、放置してしまっている菜園とその周りの自分の空き地の雑草に向き合いました。これ以上放置していては、明治期の開拓以前の荒野へ戻す気か!と叱責を受けかねません。いきなり強豪に戦いを挑むのは得策ではないと、まずは実質の畑の部分から。まあ、少しはましな方なんですよ。でも [続きを読む]