青星 さん プロフィール

  •  
青星さん: さあいこう!
ハンドル名青星 さん
ブログタイトルさあいこう!
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ya9syonen
サイト紹介文野球素人の父親審判がどこまでできるか。 高校野球夏の大会派遣をめざして飾りのない活動記です!
自由文野球素人の審判奮闘記。

青少年育成、社会貢献?
いやいや、僕が審判やりたいからやっている!

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2017/03/08 18:08

青星 さんのブログ記事

  • 下手だからこそプロテクターをつける。
  • 昨日の日曜日は、小学5年生の娘のバレーボールの付添いで二つ隣の町の小学校の体育館に行きました。もっぱらバレーボールの付添いは妻がやっていることなので、僕がたまに付き添いで顔を出したところで、知らないコーチや知らない父兄さん達のなかでぽつんと人見知り状態のなのは明らかで、誰と話すこともなく、たまに試合を観たりしてふらふらと落ち着かないまま過ごしていました。しばらくして外にでると、なんと同じ学校のグラ [続きを読む]
  • 息子の最後の優しい球。
  • 息子は先日、1,2年生とのお別れ試合と、親子試合をもって引退しました。良くここまで頑張ったと思います。グランドで親子3人写真を撮りました。息子もにっこり笑って写真に納まってくれ、最後に笑顔をしてくれて、あぁ野球をやらせて良かったなぁと思いました。そして息子には感謝すべきことがあります。それは、そして息子が野球を始めてくれたからこそ、僕も審判活動というライフワークに出会えたということ!さらにその審判 [続きを読む]
  • 彼女のルーチン。
  • 先日の土曜日は、他支部の学童選抜大会の派遣で、1BUと球審を1試合ずつやらせていただきました。他支部主催の試合に派遣されるのは初めてで、遅れちゃいけないとあらかじめ聞いていた集合時間より小一時間早く着いてしまいました。他の支部へ派遣されるというのは自分の所属支部を代表して参加するのだから、身なりにしろ振る舞いにしろ、支部の代表として派遣先に向かうようにと,以前より我が審判部長より言われており、かなり [続きを読む]
  • シザーススタンス
  • 週末は中学選抜大会で2試合球審をやりました。暑さは幾分和らいでいるものの、とにかく汗だく。ボールを投手投げる時も自分の手の汗がボールについてしまう。ボールバックを二つ腰にぶら下げ、その中に入れたタオルを取り出し、イニングの合間に汗を拭き拭きやっていましたが、ふと試合中キャッチャーを見ると彼も汗だく。打席に入る打者も当然汗だく。グランドにいる選手もみんな汗だくであるわけで。でもどうして若いときらきら [続きを読む]
  • 「お久しぶり〜。」
  • 昨日は高校のオープンゲーム一試合をやってきました。おそらくこの日も気温が35度くらいまであったと思いますが、前回の高校野球とは違い、だいぶ暑さに体が対応できていて、割と楽に試合をジャッジできた気がします。試合中も楽に審判出来ていることに気づき、もしかして気温が低いのかもと思ったのですが、マスクを取って足元を見ますと、顔の汗が鼻の先からツツッと滴り落ちたのを見て、間違いなく今日も暑いやと思ったものでし [続きを読む]
  • リスペクトされる審判とリスペクトされる監督。
  • 昨日、埼玉の高校での午後からの試合中、野球部員数人が熱中症で救急搬送されたというニュースが出ていました。ちょうどまさにその時間、おそらくこちらも35度くらいの気温でしたが高校オープン戦1試合球審をやってきました。非常に熱く体に堪えました。グランドに着くとブルーのシャツとスラックスの塁審の姿が見えます。え?!今日って4審の試合なの?と思いましたが違います。この高校では、塁審をやる生徒が審判服を着るよう [続きを読む]
  • 高校野球の「リズム」とは。
  • 職場での昼休み、テレビを付けますと高校野球地方大会の準準決勝が流れていました。画面の真ん中には当然球審の姿。テレビだから目立ちます。ほとんどに人がバッターの姿を画面で見ているのでしょうが僕は球審を見ています。それにしてもテレビの画面は、彼(球審)のストライクゾーンはこれなんだと僕に隠すことなく示してくれます、見せてくれます。でも結局は際どい球でも球審がストライクと言えばストライクであるし、ボールと [続きを読む]
  • 自分に置き換えて
  • 息子は中学三年生の最後の夏を迎えています。高校野球もやるのであればこの中学三年生の夏を「最後の夏」とは言わないのでしょうが、高校で野球をやらないと明言している息子ですから、「最後の夏」になります。子どもって可能性が無限ですよね!僕の今までの人生も、自分が興味の向くものを自由にやらせてもらってきたように思います。そりゃ彼には高校野球をやってほしいという気持ちもありますが、これからは自らいろいろな可能 [続きを読む]
  • 「ベースまで」の意味
  • 7月に入りました。梅雨も明けたというのに今月は稼働がありません。審判配置がありません。僕の息子も中学最後の夏を迎え、息子の試合を見に行けるようにという配慮を部長がしてくれてのことですが、やはり審判活動がないのは困ります。審判活動をして審判のモチベーションを上げていく僕にはきつい一か月と言えます。そんな自分を慰めるため、昨日も学童支部予選手伝いに朝からグランドに詰めていました。朝方はまだ雨が残ってお [続きを読む]
  • 基本の大切さ。
  • 今日は名古屋に出張で、新幹線の車内で競技者必携を読みながら過ごしています。改めて再確認することが多く時間潰しにはもってこいですね。先日テレビで、歴代のプロ野球OBに対してそれぞれのカテゴリーで活躍している現役の投手が対戦しているのを見ました。その対戦模様も非常に見所がありましたがやはり気になるのはアンパイア。球審の方は見たことがあるワッペンを付けていて、関東で活躍されているある審判組織の方なのがすぐ [続きを読む]
  • クイックリターンピッチとは
  • 先日の中学の試合ではこのようなことがありました。息子の中学の打者は、バッターボックス内でのベンチとのサイン交換が長めで、僕も球審をしながらそれが気になっていました。始めはこうでした。打者はバッターボックス内でベンチを見ながら手で投手を制してサインを見ています。それから構えます。投手は打者が構えたのを見て、それからセットに入ります。なにも問題がありません。しかしそれが、いつからか投手が投げ急ぐような [続きを読む]
  • 息子の柵越え放物線。
  • こないだの日曜日は、息子の中学で2試合球審をやりました。中体連が近いですがあまりチームとしては雰囲気が良くないかなぁ。声が出ていない、グランドでも下級生が動いていない、そしてその動かない下級生を指示できる上級生がいない。そして先生もそれを黙認。僕はこのチームの父兄でもありますが、他の父兄の方もそういう危惧を感じているようでそんな話を良くしていますが、僕はそれを監督に言ったりはしません。当然です。父 [続きを読む]
  • 高校野球塁審デビュー。
  • こないだの土曜日は母校(高校)の文化祭の日。文化祭に合わせた招待試合(N高校との定期戦)で1BUとしてジャッジをしました!文化祭なのに野球の試合をするのですね、体育祭じゃないのに。でも、「学園祭」と考えれば不思議じゃないか。この文化祭に母校が招待試合をしているのは知っていました。数年前にたまたま妻と娘と文化祭を見に行った時、ふとグランドへ出ると試合をしていており、妻と娘が校舎内を見ている時、僕だけ [続きを読む]
  • パンチアウトを推奨。
  • 僕は、職場のソフトボールチームには半ば強制的に入れられている状態です。春から夏前にかけて集中的に練習をし、しょっぱなから県大会。そして県大会を勝ち進むと全国大会へと進みます。あ、会社内の大会です。全国大会となるとプロ野球の試合をやるような大きなスタジアムで大会をやるようです。しかし僕は審判活動がライフワークのため、毎週末のソフトの練習には、今年度ほとんど顔を出せないでいました。先日ようやく今シーズ [続きを読む]
  • ホックが外れる。
  • ハイシーズンながらなかなか審判活動ができない日々が続いていました。体調不良や土日の出張や会社のソフトボールチームの練習、地域活動、そして家庭の事情。ようやくこないだの日曜、社会人野球を2試合やることができました!1試合目は2BU、2試合目は球審です。実は新しい塁審用シューズを買っていて、そのシューズのデビュー日でもありました!イニングの合間の投手版のハケ掃除や、外野飛球時のゴーアウトなど、塁審は非常 [続きを読む]
  • 病み上がり
  • 野球(審判)のハイシーズンです!!とはいえ4月は仕事が昼夜問わず休日も忙しく、審判ができないままずっと疲れを感じていたのですが、ようやく日程が合い塁審として出た社会人野球の後に、思いがけず39度台の熱が出てしまいました。疲れが出てしまったようです。病院へ行くと風邪ですねと言われたものの、薬を飲んでも効かず変わらず39度台の熱が出るものですから、こりゃ間違いなく季節外れのインフルだと思い、セカンドオピニ [続きを読む]
  • 球2つ分外れてる。
  • こないだの日曜日は、社会人Aクラスの二試合、3審制で、二試合目の1BUと三試合目の球審でした。3人制はその動きの勘が戻るまでに、試合が始まってからだいぶ時間がかかりますね。「なるべく外野飛球を追わないようにしよう」、なんて話がミーティングで出たりしますが、今日は社会人ということで外野フェンス直撃の飛球も2つあり、しかも打球が速いのでそうも言ってられませんでした。どこまで自分の足でその打球を追えるか試 [続きを読む]
  • 悪送球時にも、「ボール-ベース-自分」。
  • こないだの土曜日は、息子の中学の練習試合で、父兄審判として1BUに立ちました。息子の野球部の顧問の先生はこの4月で異動になりました。とっても良い指導者の先生でしたが、若い先生ということもあり、数年に一度の異動は避けられないよう。新しい顧問の先生はまだ20代でしょうか、やさしい感じの先生で、聞くと2年連続で息子の担任の先生とのこと。我が息子は野球ではパッとしませんが、学校活動では生徒会やら人前で話した [続きを読む]
  • 打撃妨害が見えない。
  • こないだの日曜日は学童大会支部予選でした。僕は第一試合の球審をやらせていただきました。この日は気温があがるのがわかっていたので、お父さん塁審さんたちはブルゾンを着てグランドに出ましたが、半そでのアンダーシャツを着て試合も一人だけ半そで。審判というのは見た目が(も)大事だと思います。見た目元気な審判がジャッジする試合だから、選手も元気にプレイするのだと勝手に思っています。特に学童の試合ですから日頃か [続きを読む]
  • 落ち着くためのルーチン。
  • こないだの土曜日は高校野球春の大会を近くの球場に観に行きました。もちろん審判の動きを観に行くためでもあります。この日はF先輩が3BUとして出る試合でした。試合の動きの中で気づいた点をその場でF先輩のLINEに打ち込み送ります。もちろん先輩はグランドにいますから試合が終わった後に目を通してくれます。僕とF先輩はほぼ同じ時期に審判をやり始めたということで、日頃、お互い審判の動きで気が付いた点は遠慮なく [続きを読む]
  • 世界につながっている
  • こないだの金曜日は、UDCの講習会が近くであるのを知り、参加させていただきました!会場入りするとやはりPON様が来ていらっしゃって、隣の席に座らせていただきました。講習会は、主に2018年度の改正事項の詳細と、審判講習会に臨む際の心構えや問題点、そして、もし自分が審判講習会を企画するならとの内容でした。また、スクリーンを使って大リーグのシーンを見たり、大リーグ審判養成学校の様子を見たりしました。途中、 [続きを読む]
  • 「自分に酔える」自分へ。
  • 昨日は審判講習会(昇級試験)で、一日青空の下で講習を受けたためかなり日に焼けました。この時期に日に焼けているのは異様ですよね(笑)。明けて今日月曜日、仕事場でもお客さまにも焼けているねぇと言われ、少し嬉しかったりします。毎年この時期に行われる審判講習会。その講習会が嫌でなくなったのはいつからでしょうか。審判講習会は昇級試験でもあり、この日の講習を受ければ何事もなければそのまま準1級になるのですが、 [続きを読む]
  • にじみ出る人間性。
  • もっと審判として視野を広く持ちたい、もっと審判を通じて人間を成長させたい。こないだの土曜日は、息子の中学遠征で、となり町の中学校へ行きました。野球人口の減少が言われています。朝グランドでこの中学校の父母会長さんと話をしたら、この中学校では、男子の運動部が野球部と卓球部しかないとおっしゃっていました。こないだもらった新しい野球規則の走り書きのページでも、高校野球人口が昨年から数千人減った?ということ [続きを読む]
  • 観客席のつぶやきに思う
  • 4月に予定している中学の同窓会の幹事まがいのことをやっています。参加者を探し呼びかけるため、多くの同級生とFB経由やラインやらで連絡を取り合う中で、中学では一度も会話したことがないものの、息子さんがシニアで野球をやっているということで、その同級生と初めてラインで野球について会話をしました。息子さんはこないだまでシニアチームでエースで活躍し、当然高校でも野球をやるということでしたので、これからまだま [続きを読む]
  • おろしたての硬式ボールの白さ
  • 我が家は巨人ファンだったので、僕が小学生のころ後楽園球場で買ったお土産は中畑のサインボール。つるつるピカピカのボールに直筆のサイン・・・そう思っていたのですが、ボールはほんとの硬球ではなくサイン用の物、サインも直筆ではなく印刷だと分かった時には少しだけがっかりしたものでした。今日は高校野球審判デビューの日。両チームのキャプテンがこちらに来てメンバー表交換。二人のキャプテンから球審の僕は硬球を二個ず [続きを読む]