兵庫県労働保険指導協会 さん プロフィール

  •  
兵庫県労働保険指導協会さん: 兵庫県労働保険指導協会ブログ
ハンドル名兵庫県労働保険指導協会 さん
ブログタイトル兵庫県労働保険指導協会ブログ
ブログURLhttp://yaplog.jp/hyogokyoukai/
サイト紹介文労働保険・社会保険についてのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 187日(平均1.2回/週) - 参加 2017/03/13 16:07

兵庫県労働保険指導協会 さんのブログ記事

  • 基本手当の支給額の仕組みについて
  • 兵庫県社会保険指導協会です。今回は基本手当の支給額の仕組みについてご説明していきたいと思います。基本手当(失業手当)の支給額は以下の2つの要素によって決まります。1. 失業(退職)日直前の6ヶ月間の給与2. 失業(退職)時の年齢基本的に失業前に貰っていた賃金が高いほど基本手当も多くなります。しかし賃金が低いほど給付率は高く設定されているため、支給額に大きな格差が生じない仕組みになっています。また支給額には上限 [続きを読む]
  • 基本手当について
  • 兵庫県社会保険指導協会です。今回から雇用保険の具体的な保険給付についてご説明していきたいと思います。まずは「基本手当」についてご説明して参ります。基本手当とはいわゆる失業保険のことで、雇用保険の被保険者だった方が退職し、働く意思と能力がありながら再就職できない場合に、失業中(就職活動中)の生活を心配しないで新しい仕事を探し、1日も早く再就職することを支援するために支給される手当です。 いわゆる失業保 [続きを読む]
  • 雇用保険について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 今回から、雇用保険のご説明に入ってまいります。雇用保険とは、以下の2つを目的として雇用に関する総合的機能を有する制度です。① 労働者が失業してその所得の源泉を喪失した場合、労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合及び労働者が自ら職業に関する教育訓練を受けた場合に、生活及び雇用の安定と就職の促進のために失業等給付を支給 。具体的には、失業をしたときに受給すること [続きを読む]
  • 特別加入制度について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 今回は、特別加入制度の保険料と保険給付についてご説明していきたいと思います。◆特別加入保険料特別加入者は労働者と違って賃金というものがないので、これに代わるものとして3,500円〜25,000円の「給付基礎日額」を基礎として保険料を算定します。この給付基礎日額に365を乗じたものを保険料算定基礎額として、それぞれの事業に定められた保険料率を乗じたものになります。 (例)給付基礎日額が [続きを読む]
  • 特別加入制度について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 今回は、特別加入制度についてご説明していきたいと思います。労災保険は、「労働者」の業務上及び通勤途上の災害について補償する保険です。 社長や役員等は一般的には労働者にあたらないため、労災保険を利用することができません。しかし、労働者でない人でも労災保険に特別に加入することによって、労災保険の適用を受けることができます。 これが、労災保険の特別加入制度です。 ◆特別加入でき [続きを読む]
  • 特別支給金について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 今回は、特別支給金についてご説明していきたいと思います。労災保険法の目的は、保険給付の他被災労働者や遺族の援護のため、各種の労働福祉事業を行っています。そのうちの被災労働者等援護事業において保険給付の上乗せとして支給されるのが特別支給金です。特別支給金には、支給額(または支給率)が予め定められているものと、被災前1年間に支払われたボーナス(ここでは特別給与といいます)を [続きを読む]
  • 社会復帰促進等事業について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 今回は、労災保険の社会復帰促進等事業についてご説明していきたいと思います。労災保険では、業務災害又は通勤災害により被災労働者及びその遺族に対する各種の保険給付と併せて被災労働者の社会復帰の促進、被災労働者やその遺族の援護、適正な労働条件の確保等を図ることにより労働者の福祉の増進を図ることを目的として社会復帰促進等事業を行っています。社会復帰促進等事業は、大きく次の3つの [続きを読む]
  • 労災保険の支給制限について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 今回は、労災保険の支給制限についてご説明していきたいと思います。労災保険の支給制限は、一切支給がされない場合や一部が制限される場合など、以下の4つのパターンがあります。①労働者または特別加入者が「故意」に、ケガ・病気・障害・死亡したとき、又はその直接の原因となった事故を発生させたとき。業務上災害および通勤災害ともに保険給付は一切行われません。②労働者または特別加入者が [続きを読む]
  • 二次健康診断等給付について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 今回は、二次健康診断等給付についてご説明していきたいと思います。二次健康診断等給付は、労働安全衛生法に基づく定期健康診断等のうち、直近のもの(以下「一次健康診断」といいます。)において、「過労死」等(業務上の事由による脳血管疾患及び心臓疾患の発生)に関連する血圧の測定等の項目について異常の所見が認められる場合に、労働者の請求に基づき、二次健康診断等給付として(Ⅰ)二次 [続きを読む]
  • 介護(補償)給付について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 今回は、介護(補償)給付についてご説明していきたいと思います。◆支給要件介護(補償)給付は、次の要件をすべて満たしている場合に、その者の請求によって支給されます。①障害(補償)年金または傷病(補償)年金を受けることができること。②その障害が、厚生労働省令で定める障害(1級の障害全般、2級は精神神経障害及び胸腹部臓器障害に限る)である。③常時または随時介護を要する状態にあ [続きを読む]
  • 葬祭料について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 今回は、葬祭料(葬祭給付)についてご説明していきたいと思います。葬祭料は、業務災害により死亡した労働者の葬祭を行う者に対して、その請求に基づき支給されます。なお、通勤災害の場合は、葬祭給付と言います。したがって、通常、葬祭を行う遺族に対して葬祭料(葬祭給付)が支給されますが、遺族がいない場合で会社や友人が葬祭を行った場合、葬祭を行った会社や友人に葬祭料(葬祭給付)が支 [続きを読む]
  • 遺族(補償)一時金について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 今回は、遺族(補償)一時金についてご説明していきたいと思います。◆支給事由 ① 労働者の死亡当時に遺族(補償)年金の受給資格者がいない場合。② 遺族(補償)年金の受給権者が権利を失った場合で、ほかに年金の受給資格者がなく、かつ、すでに支払われた年金の合計額が給付基礎日額の1,000日分に満たない場合。◆遺族(補償)一時金を受けることができる遺族 遺族(補償)一時金は、遺族 [続きを読む]
  • 遺族(補償)年金前払一時金について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 今回は、遺族(補償)年金前払一時金についてご説明していきたいと思います。遺族(補償)年金の支給を受ける際に、まとまったお金が必要な場合は、遺族補償年金前払一時金として、給付基礎日額の1,000日分を上限に一時金の支給を受けることが可能です。請求は、遺族(補償)年金の請求と当時に行わなければいけません。ただし、遺族(補償)年金の支給決定の通知があった日の翌日から起算して1年を [続きを読む]
  • 遺族(補償)年金の支給停止について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 今回は、遺族(補償)年金の支給停止についてご説明していきたいと思います。遺族(補償)年金は以下の事由に該当する場合に支給停止となります。①遺族(補償)年金の受給権者の所在が、1年以上明らかでない。この場合、同順位者(いない場合は次順位者)の申請によって、その所在が明らかでない間、支給停止されます。その場合、同順位者(いない場合は次順位者)が受給できます。なお、支給を停止 [続きを読む]
  • 遺族(補償)年金の受給権の消滅及び受給資格の喪失について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 今回は、遺族(補償)年金の受給権の消滅及び受給資格の喪失についてご説明していきたいと思います。遺族(補償)年金を受給する権利は、以下のいずれかに該当した場合にその人について消滅します。受給資格者についても同様に、その受給資格は喪失します。なお、受給権が消滅し、他の同順位受給権者がいないときには、次の順位の受給資格者が新たな受給権者となります(転給)。 1 死亡したとき 。2 [続きを読む]
  • 遺族(補償)年金の額について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 今回は、遺族(補償)年金の額についてご説明していきたいと思います。◆年金額遺族(補償)年金は、下記の通り、遺族の数に応じての額の年金とし、毎年2月、4月、6月、8月、10月、12月の6回に分けて支払われます。・1人:給付基礎日額の153日分、    ただし、その遺族が55歳以上の妻又は一定の障害の状態にある妻の場合は給付基礎日額の175日分・2人:給付基礎日額の201日分 ・3人:給付基礎日 [続きを読む]
  • 遺族(補償)年金について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 今回は、遺族(補償)年金の受給権者についてご説明していきたいと思います。遺族(補償)年金は、受給資格者すべてに支給されるわけではなく、受給資格者のなかで最も先の順位の人(受給権者)にだけ支給されます。 なお、順位が同じ受給権者が複数人いる場合には、等分した額がそれぞれの受給権者に支給されることになっています。 ◆受給権者の順位について順位は以下の通りです。順位1: 妻又は6 [続きを読む]
  • 労働者が死亡した場合の保険給付の種類について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 今回からは、労働者の死亡に関する保険給付についてご説明してまいります。今回は労働者が死亡した場合に支給される、保険給付の種類についてご説明していきたいと思います。業務上または通勤により労働者が死亡した場合に、その遺族の請求に基づいて、「遺族(補償)給付」が支給されます。遺族(補償)給付の対象となる遺族は、配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹のうち、亡くなった労働者に [続きを読む]
  • 障害(補償)年金差額一時金について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 本日は、障害(補償)年金の受給権者が早期に死亡した場合に遺族に支給される一時金についてご説明していきたいと思います。障害(補償)年金を受ける権利を有する者が死亡した場合に、その者に支給された障害(補償)年金の額および障害(補償)年金前払一時金の額の合計額が、障害等級に応じた額に満たないとき、遺族の請求に基づいて差額に相当する障害(補償)年金差額一時金の支給を受けること [続きを読む]
  • 障害(補償)年金前払一時金について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 本日は、障害(補償)年金の前払い制度についてご説明していきたいと思います。障害(補償)年金を受給することになった場合、生活の再出発や住居のリフォーム等一時的にまとまった資金が必要となるケースが多く発生します。そのため、障害(補償)年金の受給権者からの請求に基づいて、限度額の範囲で一時金を支給することができます。これが障害(補償)年金前払一時金です。請求できるのは1回のみ [続きを読む]
  • 加重障害について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 本日は、障害の程度が重くなった場合(加重障害)についてご説明していきたいと思います。加重障害とは、既に障害のある労働者が業務上または通勤による傷病により、「同一の部位」に障害の程度を重くした場合をいいます。加重障害となる場合は、重くなった後の障害等級となります。この場合、新たに支給される障害(補償)給付の額は、以下3つのパターンに分かれます。①加重前と加重後がともに第7 [続きを読む]
  • 障害等級について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 本日は、障害等級についてご説明していきたいと思います。障害等級は、厚生労働省令で定められている障害等級表に障害をあてはめることによって決定します。障害等級の決定は、医師が作成する診断書に基づいて行われます。また、障害等級1級〜7級に該当して年金給付を受給する者は、その受給者の生年月日に応じて毎年「定期報告書」を提出することになっています。その「定期報告書」において障害の [続きを読む]
  • 障害給付について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 本日は、障害に関する保険給付の内容をご説明していきたいと思います。障害(補償)給付は、業務上および通勤途上の傷病が治ったときに、身体に一定以上の障害が残った場合に支給されます。障害の程度により「障害(補償)年金」と「障害(補償)一時金」の2種類があります。 労災保険で言う「治ったとき」とは、傷病の症状が安定し、医学上一般に認められた医療行為を行ってもその医療効果が期待できなく [続きを読む]
  • 傷病(補償)年金について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 本日は、傷病(補償)年金の内容をご説明していきたいと思います。傷病(補償)年金とは労災事故による療養のために働くことができず、療養開始後1年6ヶ月を経過しても治っていない場合に支給される年金です。 給付の概要と手続きは下記のとおりです。 (1)支給事由と給付の内容 傷病(補償)年金は、下記の要件を満たすときに、労働基準監督署長の決定により(労働者の請求は必要ありません)、そ [続きを読む]
  • 休業(補償)給付について
  • 兵庫県労働保険指導協会です。 本日は、休業(補償)給付の内容をご説明していきたいと思います。労働者が業務上の事由、または通勤による負傷や疾病のために、労働することができず、そのために賃金を受けていないという3つの要件を満たして休業した場合、その第4日目から労働者の請求によって、休業(補償)給付と休業特別支給金が支給されることになっています。休業の初日から3日目まではこれを待期期間(継続しているか断続か [続きを読む]