カミユ さん プロフィール

  •  
カミユさん: 創ってあそぼ
ハンドル名カミユ さん
ブログタイトル創ってあそぼ
ブログURLhttps://ameblo.jp/and-dance-waltz/
サイト紹介文イラストや小説の書き方、一歩先行く小ワザなどを分かりやすく!オリジナル小説も公開してます。
自由文最終的には、絵を描いたことがない、小説を書いたことがない。というまったくゼロからの初心者さんでも、何かを創り出せるようになることを目的としています。

・イラストや小説、漫画について勉強したことのまとめ
・イラストや小説の制作過程のログ
・知っていると役立つ小ワザやよもやま話

このあたりをメインに書き散らかしていこうかと思います。
作品公開もしてます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 221日(平均2.0回/週) - 参加 2017/03/09 16:45

カミユ さんのブログ記事

  • アタリを取るときに気をつけたいこと(立体を意識する)
  • 関連記事 絵の描き方ずいぶん久しぶりです。ご無沙汰してます。もうだいたい言い終わったかなあと思っていたのですが、思い出したことがあるのでやります! 今回は、アタリを取るときに気をつけたいことです。 詳しいアタリのとりかたは、この本がおすすめです。どうおすすめかはこの記事に書いてますので参照してもらって……。 アタリのとりかたはいろいろあるのですが、僕がアタリをとるときは、だいたい、頭を丸、身体を箱、骨 [続きを読む]
  • おすすめ本「てにをは辞典と、てにをは連想表現辞典」
  • 今日も、過去に買ったものでめちゃくちゃオススメのものを紹介します。 「てにをは辞典」「てにをは連想表現辞典」 この二冊はもう……震えました。文字書きさん必携。あまりの良さにtwitterではしゃぎまわったらフォロワさんに7冊ほど売れました笑 どういう本かといいますと。 「てにをは辞典」これは、ある単語をひくと、その単語の前後につながりそうなごくがザッと一覧として出てきます。説明するより見るが早い。 「聞く」で [続きを読む]
  • 塗り絵2「殺戮行脚・百鬼夜行」
  • 今日も塗り絵用に線画配布です!! 先日、企画に参加させていただいたときのイラストの線画です。 塗りたいかたおられたらどうぞ。著作権は放棄していないので、よろしければお持ち帰り前にコメント一言いただけると嬉しいです。塗ったあとの報告は不要です。 よろしくお願いいたします。 企画でご覧になった方もおられると思いますが、一応、こちらの線画の完成品はこれです。 塗る時は色とか背景とか自由にしてもらってダイジ [続きを読む]
  • エッセイ「見やすいページってどんなだろう」
  • 今回は、web小説という媒体においての「見やすさ」について考えます。 *** みんな〜〜〜〜〜〜!! やっほ〜〜〜!!!! 前回まで、 3回続けてイラストのメイキングをしたから 文章についての記事は ずいぶんひさしぶりな気がしますね! ***  えー、どうでしょう。上記、読みやすいでしょうか。このくらいの長さであればまあ許容範囲内かもしれませんが、小説という何千、何万もの文字がず [続きを読む]
  • 久しぶりメイキング「ミラクルくのいち」3
  • 第一回はこちら 前回、だいたいの影をいれるところまで終わりました。 影を入れ終わったのに、どうにもパッションピンクが浮いて困っていたのでした。 さて、とりあえず、線画の色を先になじませてしまいましょう。 簡単な方法は、レイヤプロパティのなかで右 「表示レイヤのコピーを結合」出来たレイヤに「フィルター→ぼかし→ガウスぼかし」でガウスをかけて、それをスクリーンモードにして線画レイヤにクリッピングして [続きを読む]
  • 雑記
  • 創作関係のなんかいろいろ呟く記事を週1にしてから、わりと動きが無いブログになってしまったので、たまに雑記書いていこうと思います。 コメントはお気になさらず。無くてダイジョウブです。 とりあえず最近描いたやつポンポコおいときますポンポコ! おるぼわーる web小説&漫画を描いてます。作品はこちらツイッター [続きを読む]
  • 久しぶりメイキング「ミラクルくのいち」2
  • 前回の続きです。 なんだかんだあってキャラの色を決めて、下塗りまで終わりました。 ちなみにですが、下塗りは丁寧にやると良いと思います。不透明ロックするにしてもクリッピングするにしても、穴だらけだと汚く見えるので、見落としないよう埋めていきたいです。 クリスタだと、「隙間なく囲って塗るツール」というのにとてもお世話になっています。こういう感じで、線の下までシュッと濡れます。 下塗りの次は、影をつけていき [続きを読む]
  • 久しぶりメイキング「ミラクルくのいち」
  • 今日はメイキングやります。 使用ソフトはラフから仕上げまで全て「CLIP STUDIO PAINTEX」使用ツールは「Cintiq 13HD」 最近、忍者についてのエッセイをちょっと書いてみました。 そのナビゲーター用に作った新キャラ「ミラクルくのいち」です。 このイラストのメイキングを何回かにわけてやろうかなと思います。 まずデザインについて。 このキャラの設定として ・パッションピンクの忍び装束を着ている・好きな人から強奪したふ [続きを読む]
  • 企画参加「百鬼夜行」
  • kimkimさん主催のイベント 「百鬼夜行企画」の参加記事です。 同じ日の同じ時間に、参加者で一斉に妖怪に関連する記事をアップしようという企画です。妖怪は ・オリジナルでも二次創作でもOK・既存キャラが「妖怪のコスプレをしている」もOK 参加方法は ・小説、イラスト、写真、等々なんでもOK というもの。 というわけで、オリジナル小説「そしてふたりでワルツを」から、 ゲツエイ というキャラクターに、 天狗のコスプレを [続きを読む]
  • 小説を書いてみよう「物語内の時間の調節」
  • (第一回はこちら) 物語のつくりかたについては、こちらのカテゴリで 今日メッチャ大事だと思うこと言います!!! 物語を書くときに気をつけたいことのひとつ。メリハリです。 物語を書くときに、必要なものと必要でないものを取捨選択しますね? 主人公が朝おきて、ベッドで上体をおこし、両手をうえにあげてあくびをしてからベッドから這い出して、パジャマのボタンをはずしシャツに腕をとおしてボタンをはめて、洗面台へいっ [続きを読む]
  • 塗り絵1「硝子の森と霧の夢」
  • 先日、ブロ友の桔梗さんにとある線画を「塗り絵だよ〜」とお渡ししたら喜んでもらえたので、線画の配布って需要あるのかな? と思いたち、ちょっと配布してみようと思います。 塗りたいかたおられたらどうぞ。著作権は放棄していないので、よろしければお持ち帰り前にコメント一言いただけると嬉しいです。塗ったあとの報告は不要です。 よろしくお願いいたします。 先日出したところなので「もう見た!」って方もたくさんお [続きを読む]
  • キャラクターをつくろう その16(明度、彩度について)
  • 第一回はこちら  前々回、前回、とで、だいぶんキャラクターに乗せる色は決まったかなあと思います。 では最後にもうひとつヒント。だいたいのデザインは決まったのに、なんだかしっくりこない。そんなとき。 明度と彩度をいじってみると良いかもしれません。 明度:色の明るさ彩度:色の鮮やかさ です。 たとえば、一口に「青」と言っても、いろんな青があります。 これ、全部、青です。カラーサークルのスライダーうごかしてま [続きを読む]
  • 小説を書いてみよう「一文の長さに気をつけよう、変化をもたせよう」
  • (第一回はこちら) 物語のつくりかたについては、こちらのカテゴリで 突然ですが、こちらの文章をお読みください。 *** 昔々あるところにおじいさんとおばあさんがいて、おじいさんは山へ芝刈りに行ったので、おばあさんが川で洗濯をしていると、川上から大きな桃がどんぶらこどんぶらこと流れてきて、おばあさんはその桃を家に持って帰って、おじいさんと一緒に包丁できると、そのなかから元気な男の子がうまれて、二人はその男 [続きを読む]
  • キャラクターをつくろう その15(サブカラーに迷ったら)
  • 第一回はこちら  前回、デザインにおける配色の比率の話をしました。 今回は、色の選び方について少し詳しくやろうと思います。 メインカラーについては、「色が与える印象」なんかを参考にしたり、あとは、単純に好きな色で決めたとして。 サブカラーやアクセントをどうしましょうか。これも「絶対これ!」なんてものは無いので、基本的には好きな色にしてもらったらいいのですが、迷ったときのためにちょっとしたヒントを置きま [続きを読む]
  • たまにはなんでもないあれこれ
  • たまには最近描いたものなんかを展示してみます。 僕は外部サイトにて個人創作で小説を書いているのですが、そのつながりで知り合った方の作品のキャラクターをたまに描いてプレゼントしています。気が向いたとき限定で笑 その中からいくつか紹介したいと思います。 キャラクター「香梅(シャンメイ)」作品「梅の芳香、雨の音色」 この作者の方とはネットで親しくしていただいてて、僕の作品に二次創作をたくさん書いて送っても [続きを読む]
  • 小説を書いてみよう「世界観の説明 その2」
  • (第一回はこちら) 物語のつくりかたについては、こちらのカテゴリで 前回、世界観の説明をどこでするか、という点についてお話しました。 では、今回は、「どのようにするか」について話そうと思います。 漫画や小説や映画、そういったものを手にとって、まず最初にダラダラとひたすら説明が続くとどうだろう。「面白くなさそう」と感じで眠くなってしまうのではないでしょうか。まずはこちらの文章をお読みください。*** 僕が [続きを読む]
  • キャラクターをつくろう その14(配色の数と比率)
  • 第一回はこちら  前回、色の持つ印象についての話をしました。 では、その印象を利用したりしなかったりしてキャラクターに色を置きたいわけですが。(今回はピクシブで公開している別講座を再編してます) とりあえず、やってみます。ドン。 うーん。なんか……センスねーな……。好き勝手やっちゃうと、なんだか目がチカチカしませんか。 では、ちょっと統一感を意識してみます。ドン。 どうでしょう。少し、まとまりました? [続きを読む]
  • 小説を書いてみよう「世界観の説明 その1」
  • (第一回はこちら) 物語のつくりかたについては、こちらのカテゴリで 世界観。 物語にはかならずつきもの。しかし、その説明って、意外と難しいのである。 フィクションを描く場合、必ず「世界観の説明」が必要になります。まったく何の差もなく現実と一緒なら必要は無いですが、一つでも「自分が考えだした何か」がある場合はそれを読者に説明しなければなりません。 魔法がある世界なら、その魔法の源は? どうやって使うの? [続きを読む]
  • キャラクターをつくろう その13(色が与える印象)
  • 第一回はこちら  前回、つくったキャラクターに服を着せました。よっしゃこれで立ち絵つくれる!って言いましたが、まだ白黒ですわなあ……。 キャラクターに色をつけるにあたって、どんな色にすればよいのか? というわけで、色が与える印象の話をします。 といっても、色彩心理学の分野っていうのはまだあんまり確立されていないらしく。「多分こう」みたいな推測はたくさんあるんですが、実際「なんでそうなのか」がわからなか [続きを読む]
  • 小説を書いてみよう「5W1H」
  • (第一回はこちら) 物語のつくりかたについては、こちらのカテゴリで 物語を表現するときに大切になること。漫画でも、小説でも、なんなら日常会話でもとても必要になること。 それが「5W1H」。 あなたが今書いている(描いている)話は、 ・いつ・どこで・だれが・なぜ・何を・どのように  する話ですか? これが分からないと、読んでくれる人を置いてけぼりにしてしまいます。 たとえばこの文章を読んでみて下さい。 *** [続きを読む]
  • そうは言ってもいろんなポーズも描いてみたい
  • こちらの記事で、「とりあえず立ってる人を描いたら良い」なんてことを言いましたけれど。 そうは言っても、いろんな構図やポーズを試したいという気持ちは分かる。分かるよ。 骨格や筋肉を学び、きちんとあたりをとって、描く。基本からコツコツやるのが一番大事。最終的にはそれが一番の近道。で、アタリの取り方が詳しくのってる本を先日紹介したわけですが。 何もないところからいきなり練習は難しい。アタリをとることすら難 [続きを読む]
  • 創作に使えそうな雑学(心理実験と脳科学)
  • ひさしぶりにやります。小説でもイラストでも活用できそうな雑学シリーズ。(小説家になろうの活動報告で書いたエッセイの改変ですのでそちらで見た人はすみません) 心理実験と脳科学 「アイヒマンテスト」という有名な心理実験があります。めちゃくちゃ端的に言うと、「偉い人に『やれ』と言われたら、人は良心の呵責とどこまで戦えるのか」みたいなテストです。 「あなたがスイッチを押すと、隣の部屋の人に強い電流が流れます [続きを読む]