八郎 さん プロフィール

  •  
八郎さん: そうだ、せんべい食べよう
ハンドル名八郎 さん
ブログタイトルそうだ、せんべい食べよう
ブログURLhttp://senbeitabeyo.net/
サイト紹介文神奈川の片隅でおっさんがせんべいを食べ続けるサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 228日(平均1.1回/週) - 参加 2017/03/09 19:30

八郎 さんのブログ記事

  • 今夜、とにかく筑前煮を食いたい【亀田製菓】ごぼう日和
  • DNAに刻まれている記憶ってありますよね。分かりやすい例で言うと、夏祭りでの浴衣や祭り囃子。ふだんは浴衣を着ることもないし囃子を日常的に聴くこともないのに、夏祭りで浴衣や囃子を見たり聴いたりすると「やっぱり日本人は浴衣だよね〜、祭りはいいよね〜」って思いません?今回はそんな感じのおせんべい。亀田製菓のごぼう日和です。  たまねぎ日和の方は前に食べたのでそのうちこっちも行こうと思ってたらずいぶん間が空き [続きを読む]
  • 柚子の風味に侘び寂びを見る【亀田製菓】柿の種 柚子こしょう味
  • 柚子こしょうってうまいですよね。 とはいえ、私がこの薬味を知ったのはすっかり大人になってからです。 九州あたりじゃ普通のものなのかもしれませんが、神奈川県民の私には全く縁の無いものでした。 父が九州出身なのに。 秘密にしていたのか、どうかは知りませんけど。 初めて味わった時は多めに入れてしまったので「!?」ってくらい辛かったのを覚えています。 少量でバッチリ効くのを知らなかったので面食らいましたね。 ま [続きを読む]
  • わさびの辛さでビール3杯はいける?【亀田製菓】柿の種 わさび
  • わさび味のせんべいも巷にはちらほらありますが、今一番メジャーなのはたぶんこれではないでしょうか。 大抵どこでも、それこそコンビニでも売っているので目にする機会も多いと思います。 それだけすでに市民権を得ているので食べたことがある人も多いでしょう。 それにしても、最初にせんべいにわさびを加えることを考えたのは誰なんでしょうね。 刺激の求め方が画期的すぎて金一封でもあげたい気分です。  実は地理に弱い [続きを読む]
  • しそ味にこだわりたいあなたへ【三幸製菓】柿の種 梅ざらめ
  • 前から店頭で見かけてちょっと気にはなっていました。 「味として、せんべいに合うのか・・・?」 と。 そりゃー企業側もいろいろ考えて開発して販売にまで至っているわけだから、変な物では無いはず。 そして、亀田製菓の「柿の種 梅しそ味」でしそ味を克服した自分ならこれを選べる。はず。 というわけでサクッとレジに持って行きました。 とはいえ、甘いせんべいはそれほど好きじゃないんですがね。 しかし避けていては何も始ま [続きを読む]
  • 黒ごまで美味しく白髪対策をしてみる【丸彦製菓】ごま好き
  • 先日髪を切りました。 私もいい歳なので少々白髪が目立つようになりましたが、髪を切ると余計にそれを感じます。 ところで、白髪はそのメカニズムがイマイチ解明されていないらしいです。 しかしこの白髪を少しは無くしたい。 できれば染めずに自力で。 というわけでなんとなく調べていたら、ごまがいいらしいんですね。 とは言ってもごまだけ摂取していもダメみたいですが、ごまの栄養価はたいしたもんなので摂取するのは間違いで [続きを読む]
  • これは形を変えたカレーライスか【亀田製菓】柿の種 CoCo壱番屋監修カレー
  • 大人のえびカリの時に「迷ったらカレーでOK」と書きました。 その気持ちは、これまでもこれからも変わることはたぶん無いと思います。 でもあまりカレー味のせんべいって見ませんよね。 カレーせんべいは大阪では普通のようですが、関東ではそこまでメジャーなせんべいでもないのです。(最近は売ってますけどね) そんなことを考えていたら見つけてしまったのがこちら。 柿の種の期間限定シリーズはココイチとのコラボレーション [続きを読む]
  • 黒糖+あげせんは、かりんとうより旨い【モミの木】黒蜜せん
  • 「疲れた時は甘いものを食べるといいよ」 こんなことが小学校の頃に見た学研マンガに描いてありました。 それ以来、なんとなく疲れた時には飴でもチョコレートでも食べておけばいいかと思ってい、食べてました。 ちょうど週末に今週は疲れたな〜なんて思っていた時、せんべいでも買って帰ろうと思い目に付いたのがこちら。 最近は甘めのせんべいも克服しつつある気がするのでちょうどいいと思い購入。 ところで沖縄ってなんか特別 [続きを読む]
  • 昼メシもせんべいも迷ったらカレーでOK【岩塚製菓】大人のえびカリ
  • 数年前の話。 出先で昼食を取ろうと店に入った時、メニューで迷ったことがありました。 するとそれを見た私の後輩が、 「迷った時はカレーですよ。カレーは大体どこでもハズレが無いです。」 と言いました。 何てことのない一言なのに、なぜかものすごい納得してしまいましてね。 カレーを嫌いな人はあまりいない。 そして 激烈にまずいカレーというのも、たぶん無い。 というわけで彼の言葉を聞いて以来、注文で迷った時はカレー [続きを読む]
  • その辛味と味わいにあの麺を思い出す【亀田製菓】 柿の種 旨辛ラー油味
  • 食べるラー油のブームも落ち着きましたが、あれ以降ラー油が一目置かれるようになった気がします。 私も試したことがありますが、確かに美味しいですよね。 おかずが無くてもあれで1杯いけそうな感じです。 さて、亀田の柿の種期間限定シリーズ。 今回は「旨辛ラー油味」です。 かくいう私も、辛さに強く無いわりにラー油は好きです。 かける料理であれば辛くない程度にかけますね。 「花椒がふわっと香り、」と書いてありますが [続きを読む]
  • だしの味を噛みしめる 【亀田製菓】しゃり蔵 だし塩味
  • やっぱり歯ごたえって大事ですよね。 麺類だってのびのびだと、たとえスープが美味しくても「うん、イマイチ」と思ってしまいます。 せんべいも歯ごたえが大事。 うす焼きにはうす焼きでもちろん大好きですが、しっかりした歯ごたえのせんべいを食べたくなる時もあります。 店頭でなんとなく眺めてみた時に 「あら粒仕込みのザクザクした食感!」 という文章が目につきました。 最近うす焼き系を食べることが多かったし、 「お、今 [続きを読む]
  • 味のバリエーションに期待を持てる【ホンダ製菓】さっぱり塩味
  • 前回ほたて揚げせんを食べて以来、ホンダ製菓の揚げせんにちょっとハマってしまいました。 せんべい自体の軽いけど軽すぎない歯ごたえが気に入ってしまいましてね。 ホンダ製菓の揚げせんは他にもいくつか種類がありますが、一番シンプルな塩味を食べてこそ他の味もより分かるってもんですよ。(たぶん) 今後ホンダ製菓の揚げせんを食べる時はこれを基準にして考えてみよう。 というわけで塩味を購入。 いろいろな味を旅しても結 [続きを読む]
  • 胡椒の香りに溺れたくなる【ホンダ製菓】うす焼き黒胡椒せん
  • 辛いものは苦手だけど、辛さにも種類があります。 唐辛子の辛さは苦手だけど、コショウの辛さは好きですね。 というよりも、「辛さ+香り」が好きなんでしょうね。 もしかしたら、半分くらいは香りを食べているのかもしれません。 というわけで購入したのがこちらの商品。 唐辛子の辛さが前面に出される少し構えてしまいますが、コショウが前面に出されているとなぜか俄然興味が湧いてくる。 不思議なもんです。 あの香りには脳を [続きを読む]
  • 梅+しそは最高のコンビネーション【亀田製菓】柿の種 梅しそ味
  • あなたは子供の頃、梅干しが好きな子供でしたか? 私は「別に好きでも嫌いでもない」といったところですかね。 あれば食べるけど、積極的に食べるほどでもない、くらいの位置付けでした。 ところが大人になってくるとこれがなんとも美味しいし、大好きなんです。 特に梅干しの酸味であるクエン酸は健康にもいいですし。 そして何より、お酒を飲んだ後や翌日にはよく効きます。これが一番の理由ですけどね・・・。 そんなわけで今で [続きを読む]
  • うねりの歯ごたえを侮るな【ひざつき製菓】えびせべい
  •  これまでにタコやウニのせんべいをこのサイトに載せてきて、ふと思いました。 「海産物はせんべいに合うのでは?」、と。 えびのせんべいも、もはや味の中では定番と言えますね。 せんべい自体はもともと香ばしいものです。 そこにえびを合わせることを最初に考えた人は誰なんでしょうね? せんべいの「香ばしい」+えびの「香ばしい」でさらに美味しい。 見事な味の相乗効果ですね。最初に考えた人に金一封でもあげたいところで [続きを読む]
  • 飽きの来ない味こそ最強【亀田製菓】ソフトサラダ
  • たまには定番を食べようかなと思ってせんべいを買いに行ったところ、まず目に付いたのがこれ。 もう定番中の定番ですよね。 そして長年疑問に思っていることがあります。 「なぜサラダなのか?」 サラダ要素ゼロなのに、なぜ「ソフトサラダ」なのか? 「ソフト」は分かる。でも「サラダ」はどこから来ているのか? というわけでちょっと調べてみたら、亀田製菓のサイトにちゃんと書いてありました。「サラダ味」の「サラダ」は [続きを読む]