つきゆり さん プロフィール

  •  
つきゆりさん: つきゆり磁器絵付け日誌
ハンドル名つきゆり さん
ブログタイトルつきゆり磁器絵付け日誌
ブログURLhttp://moonlily.tsukinouenoyuri.raindrop.jp/
サイト紹介文日本海を臨む新潟市で磁器絵付け制作に取り組んでいます。絵付けにかかわる暮らしを綴っているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2017/03/09 20:54

つきゆり さんのブログ記事

  • 生徒さん作品のプレート
  • 絵付けの生徒さん作品 音楽好きな方、アンティークの図案をもと細い線描きで。中央は竪琴から薔薇がハート形に絡んで、リムはご自分でデザイン。 オオクラのケーキプレート白磁をシリーズで絵付けされている方。薔薇の次はマイセンのチューリップ、ご自分で蝶をアレンジして。 それぞれ、ご自分の世界を素敵に展開していらっしゃいます。 [続きを読む]
  • 椿盛り
  • 沢山の種類の椿を頂いたので、和皿に盛り合わせてみる。 新潟の椿の会に入っていらっしゃっる方が、ご自宅で咲かせたものをくださった。こんなに様々な形や色合いがあるなんて、みとれて感激自分のお庭でこんなに沢山咲くなんて、いいな!! [続きを読む]
  • 古伊万里を観に行く
  • 長岡の県立歴史博物館で開催されている「粋な古伊万里」展に行ってきました。 染め付けや色絵など素敵な器が沢山で見入ってしまいました。江戸時代につくられたものが、現代の暮らしにつながるデザインの粋なこと! 展示会場を出たラウンジで「古書市」をやっていて、みつけた本 かなり昔のものですが¥500なりスイスの刺繍を思わせるような可愛いニヨンの絵付けが載っていました。 博物館のあとは、ずっと行きたかった「江口 [続きを読む]
  • スミレのミニチュアオーバル
  • 水色のラスター彩の上に小さなスミレを描いてみました。プレートの大きさは、ティースプーンくらい。 先日、友人とランチしたプレート、食せる花びらが沢山で「春」もりだくさん奥にある、人参と苺のオレンジ味サラダ、初めての美味しさ。 徒歩でいける、近所のお気に入りカフェバル「ナチュール」でも、小さなお店なので、予約しないとすぐ満席になってしまうのです・・・ [続きを読む]
  • 久々に平筆で
  • 最近、春の嵐とかで雷が多く、焼成のタイミングが難しいです。今日は穏やかな安定した晴れ 久々に平筆、下描きなしでさっくり描く、ワンファイヤーの薔薇直径13cmほどのプレート周りのドットの装飾の方が手間がかかったです・・ 制作途中のものをどんどん仕上げて、はやくオーダー8点に取りかからなければ! [続きを読む]
  • ローズベーカリーに行く
  • 先日銀座にて、アンティークレース展に行ってきました。フランス在住の店主が年に一度、日本の画廊で1週間開催してらっしゃるものです。今回は、小さく可愛いイヤリングを購入ガラス質の釉薬で焼き付けてあるようで、ざっくりした可愛いデザイン参考にアレンジして、自分でも制作したくなりました! その後、行ってみたかった「ローズベーカリー」にてランチここ、わかり易い行き方はあの銀座ユニクロビルの7Fから道路をまたぐ空 [続きを読む]
  • 春のお花3種
  • きのうまで4日間、色々用事で東京行きにて留守にしていました。盛りだくさんだったので、この話は後ほど。で、帰って来たら新潟も晴れ続きだったようで、庭のお花が次々咲き出していました。 クリスマスローズ スミレ ミニアイリス そして、秋に予約しておいた薔薇苗「カフェラテ」が京成バラ園から届きました。新潟は寒冷地ということで4月に入ってからのお届けだそうで(もう4月だった・・)これから大きなポットに植替えです [続きを読む]
  • 春の色
  • ここ数日、晴れが続いていてとても嬉しい。クロッカスも咲き出し 秋に挿し芽をしておいた紫陽花「アナベル」の枝から新芽がでていた。新芽の色はこちらまで元気にしてくれる。 梅雨の時期に真っ白い花が沢山咲くといいなあ。 [続きを読む]
  • スミレのミニチュアプレート
  • 新潟はようやくクリスマスローズが蕾を持ち上げて来ました、桜はまだです。スミレのミニチュアプレートが完成、直径5cmほど。 今日は友人宅にお邪魔、茶葉とスパイスをブレンドして丁寧に作ってくださったチャイ友人は先日、インドに行っていたので、本場の味をご存知なんです。とても美味しかった!人が入れてくださったお茶は、なんと美味しいのでしょう! [続きを読む]
  • 週末、剪定やモースの楽しさ
  • 先日の土曜日は、薔薇会の実践指導をうけるべく寺尾公園に行ってきました。春の陽射しがとても暖かい晴れた日、この公園は海も美しく見えます。 薔薇会では、この公園内の薔薇剪定を行います。まっっったく素人の私でしたが、会の大御所先生方がとても丁寧に教えてくださりました。それこそ、剪定ハサミのもちかたもわからなかった、ということがわかった(笑)くらいで。「剪定ハサミは、こちらの刃をまな板と考えて動かさず、包 [続きを読む]
  • 生徒さん作品 
  • 今年に入ってからの大雪で、我家までレッスンに通って下さっている生徒さんにも随分ご迷惑をおかけしました。ですが、ようやく春らしくなり、お天気を心配せずに予定通り行える季節となってきました! K様の作品 お手持ちの大倉のケーキプレートにアンティークなマイセンの薔薇と蝶をアレンジして。6枚セットで、今はチューリップと朝顔を制作中です。 U様の作品学ばれたスクラッチをもとに、オリジナルデザインで作られた作品大 [続きを読む]
  • 桃色の小鳥
  • 7.5cmほどの小さなプレートに小さな小鳥を描く少し盛り上がるガラス質の多い和絵の具と、コーラルピンクの普通絵の具を羽部分に重ねて小鳥の色をつけてみた。けれど写真にはうまく写らなかった・・ この絵の具の重ねはお花にも応用できるかな。 [続きを読む]
  • 白絵の具のカバー力
  • 磁器絵付けの色付けは、どこか透明水彩に似ています。絵の具を重ねると、下の色と響きあい、白い部分は紙の白さを活かす。時々、油絵のように下の色に響かないハイライトの白が欲しい時は、水彩だと不透明なガッシュやポスターカラーを使います。 はて、磁器絵付けで「盛り」でなくカバー力の強い白色はなにかしら?で、手持ちの白絵の具でプレートに実験 色でパディングした上やその色と白磁(これはあえてアイボリー色を使用しま [続きを読む]
  • 新潟「酒の陣」にいく
  • 今年も行ってきました、「新潟酒の陣」県内にある85の酒蔵が出展していて、入場券とお猪口を入り口で交換この猪口で酒蔵が出しているお酒が無制限に頂けます。 この他にも沢山の種類があります。 旨し、美味し、楽しとそろったイベントおつまみ等のコーナーも有料ですが年々充実のどぐろの唐揚げなんていうのもあります。 1/3くらいの蔵元は制覇したでしょうか。その中で私が一番美味しいと思った物はこれです!〆張鶴の「純米吟 [続きを読む]
  • 黒の上に白
  • ミニチュアプレート黒にスクラッチして一度焼成したあと、中央の円部分に白でパディングレースの明度に変化をつけてみる。 これから白ぬきの部分にスミレを描く。白のパディング部分と同時焼成なので、はみ出さないようにしなくちゃ! [続きを読む]
  • 半魚人の映画
  • どうにも英語や横文字が苦手な上に加齢で「シェイプオブウォーター」ってすぐ出て来ない 先日観た映画、今イチだと思ってたらアカデミー賞とってたので少し意外。ビジュアル的にはスゴく美しい、奇麗。主人公の女の子が住んでいる部屋もとっても素敵。水滴やバスタブ、部屋いっぱいの水など、どれも美しく心地よく画面に溶け込める。エイリアンみたいな半魚人も最後にはそれなりにカッコ良く見える。 でも脚本がぬるい。様々な伏線 [続きを読む]
  • 春の小鳥の帯留め
  • 小鳥の帯留めができあがる。小鳥のキミドリと梅のピンクは盛りで、花中央のしべは金彩で描いた。他の線は九谷赤大きさ3cm×4cmくらい。 背景の布は、ゴッホの絵のプリントゴッホは浮世絵に影響されて和のお花など美しく描いてる。 [続きを読む]