kokusai さん プロフィール

  •  
kokusaiさん: 大事なことはすべて国際結婚のなかで学んだ
ハンドル名kokusai さん
ブログタイトル大事なことはすべて国際結婚のなかで学んだ
ブログURLhttp://kokusai-rikon.com/
サイト紹介文国際結婚、離婚、その後の生活から得た日本、そして世界の見方や生き方についていろいろ変化がありました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2017/03/09 21:26

kokusai さんのブログ記事

  • 咳がとまらない
  • 風邪症状がないのに、咳が続いています。東洋医学の観点とか、整体とか、心理的な問題とか。様々な点から解釈できるとおもうのですが、とりあえず何か新しいことをする体力がないので(しばらく咳&微熱が続いている)やれることを試してみようと思います。暖かいところにいるとラクになるので、「冷え」は関係するのだと思います。・ひえとり靴下などで冷え取り対策・少し落ち着いたら半身浴(今はめんげんがあると困る環境なので [続きを読む]
  • 体調不良?めんげん?
  • やっとやりたいことや、今までの諸々を活かす時期が、と思いつつも、どうしても問題となるのは、体調の問題。もちろん、共生の部分も必要。でも、いったんできることは向き合ってみようと思っています。今年の夏はずっと微熱。かといって、体が重いわけではない。その前はずっとリンパが腫れていた感じ。秋に入って、咳が続いてます。これは毎年のことなので、いずれは解決したいですが、とりいそぎ通例として置いておいて。問題は [続きを読む]
  • 踊れる体になりたい。一からの体作り。
  • あまりいろんな欲はないほうなのですが、ずっと何を選択するにもついてまわる「体調不調」。もうそろそろ、自由に心配せずに動いてみたい。しっかり向き合う時が来たと感じています。まずは、踊れるようなしなやかな体力をつけたいのです。そして、その前にそれを始められる状態にしなくては。たぶん、急にやれないこともないでしょうが、CFS気味のところから筋肉痛とは違う痛みや脱力で、やったあと寝込むようだと続かないので、 [続きを読む]
  • シンプリスト的働き方改革。
  • マンガでわかる シンプリストのためのことばの魔法Vol.2あまり物欲がありません。旅支度レベルのものがあるほうが落ち着きます。かといって、ミニマリストのように、ゼロに近いところまで求めるかというと、アジアの散らかった雑多な感じも嫌いじゃないし、「余白」ってあったほうがいい。となると、シンプリスト的なのですね。で、そんなにものほしくない。家も欲しくない。快適であれば狭い部屋でいい。インテリアとかもこだわり [続きを読む]
  • 頑張れど頑張れど楽にならず。どこまで行ったら普通?
  • 境遇として、かなり頑張っているほうではあると思うのです。そりゃ、たまにはコンビニで節約放棄して買う日も。そこで反省したりして、次の日からまた頑張ったりします。でも、例えば、安定した生活しかしたことないおうちの人とか、コンビニで買うのが「普通」な人はそこで罪悪感を感じる必要はないわけですよね。批判しているのではなく、それがその人の「普通」であるから、反省する材料とはならないっていう意味で。たまたま、 [続きを読む]
  • 「ニートの歩き方」を読みました。
  • こちらの本を読みました。ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法ダブルケアや、過労からの社会復帰など「頑張れる」ことは頑張り続けてきたからこそ、「なぜ、頑張ってない環境だけが恵まれていた人より、環境が恵まれなくてすでに頑張っている人が頑張り続けなくてはならないのだ」という長年の疑問。そろそろ、楽してもいいんじゃないだろうか、と思い始めたところに目についた本。働きたく [続きを読む]
  • 本当に学歴は関係ないの?
  • 結局、いろんな分野を仕切っているのは学歴がある人 世の中が変わりつつあっても、いまだに仕切っているのは学歴持ちが多い。現場でよく物事を知っていたとしても、結局仕切る立場が回ってくるのは○○卒や資格持ち。もちろん、なんらかでスキルや技術を証明することは必要だから、資格や学歴を敵視しているわけではない。でも、日本の風潮的に、スキルのある現場の人 < 資格・学歴持ちの使えない人材がまだまだ残っているから [続きを読む]
  • タイトルを変えてみた。
  • ブログの書き方指南によると、あまりタイトルを変えるのはよくないようだが、なんかしっくりこないので、変更しました。国際結婚、離婚のお役立ち情報ブログのつもりが、その時期に関連する「仕事や病気、ライフスタイル」が関わってしまうので、だんだん何を求めて生きてきたかを振り返るような作業になってきてしまいました。離婚=ダメなこと、大変なこと、つらいねー。国際結婚=騙されてる? 大変だねー。という一般のイメー [続きを読む]
  • 今、必要な「物」。
  • 基本的にものに固執するタイプではないのですが、生活していくと増えていきます。必要最低限何があったら今のところ心地よいのか。家電・リビング・キッチン ・冷蔵庫(あまり活用されてない気も)△・冷凍庫 (体調悪いとき保存用に結構重要)〇・トースター 〇・電子レンジ (落ち着いたら不要にしたいけど、体調不良時に活躍するので今は保持)〇・カウンターテーブル、ハイチェア (普通の低さが腰にダメなので高さ必須、 [続きを読む]
  • もう頑張りたくない
  • 安定するために、落ち着いた生活のために人より難しい環境で頑張るのには、エネルギーが必要。正直、ポジティブな言葉や計画をしていても、気持ちとは裏腹に、もう「頑張れない」が正解。かといって、何もしたくない無気力状態とは違う。もう、「頑張らずにやる」方向に行かないと無理になってきたということ。本当は社会がもっと住みよくなればいい障害でも、家庭環境でも、貧富も優劣も、ほんとはもっと社会が多様で、住みやすけ [続きを読む]
  • 体調不良に思うこと。
  • 時々起こる体調不良は、過去に引き戻される今でこそ、たまに「すごい体調不良」。それ以外は気にすれば、まだまだ体調不良、感情をOFFにすれば、そこそこ生活できるくらい。特に、無理をしない場合でも、天候などで時々体調不良がやってきます。貧血とか、頭痛とかわかりやすいものではなく、「動けなった時期の体調と同じ感じ」は、実際の体調の良しあしよりも不安を引き起こします。また、あの時代くらいに動けなくなったらどう [続きを読む]
  • 翻訳を仕事にするためにできる50のこと その4&5
  • よく翻訳を仕事にしようとするときに、すぐに大きな翻訳講座に申し込む人がいます。目的をしっかりと考え、申し込むのとは別に、「とにかく始めてしまいたい」という焦りから申し込むと大抵、仕事まで行きつかないことが多いです。理由はいくつかあると思いますが、・いつまでも「生徒」側でいたいマインドがある・中身を知らずに始めてしまうことで、自分の特性に合わないことにあとで気づくというのが主にあると思っています。い [続きを読む]
  • 慢性疲労症候群 症状編
  • 私が長い間、健康ジプシーだったのは、根本がわかってなかったこともありますが、・数値は正常・症状が様々すぎて方向性が絞れないということもあり、病院に行っても治るもの、どころか、何なのか「診断」してもらうところまでいかない、という点もありました。一番、はっきりとした症状っぽいパニック障害でさえ、きちんとした心療内科のかたに、「少しPDと違うところもあるんだよなー」と言われたこともあります。化学物質過敏症 [続きを読む]
  • 私が引きこもり起業にこだわる理由
  • 新しいことや、キャッチーなことがしたいからか。そりゃ、こういう働き方がもっとしやすく、一般的になったら、苦労する人は減るだろうから、いいなとは思う。でも、外でバシバシ、を中心にして稼ぐのは、私自身にとって逆にリスクだから、あえてなるべくなるべくエネルギーを消費せずにできる方法を模索するのです。外でできることを中心にしてしまったら、外に出られなくなったとき、中心から崩れてしまう。そういう恐怖感がいつ [続きを読む]
  • 翻訳を仕事にするためにできる50のこと その3
  • 子供が生まれる前に、小さいうちは家で子育てをしたかったので、今ほど在宅勤務がいろんな分野になかったので、翻訳は視野には入れていました。生まれる前にある程度、勉強して、と考えていましたが、妊娠中にいろいろいろいろあったことで、すぐに大黒柱に戻らなくてはならなかったこともあり、保育園に入れる月齢にこどもがなってすぐ、普通の派遣を探すことになります。ここはとっても悔やんでいて、もっと早めにやっておけばよ [続きを読む]
  • 翻訳を仕事にするためにできる50のこと その2
  • 英語環境になかったか、といえばそうでもありません。でも、必ず意外がられて、英語力のときと同じようになぜかこちらが申し訳ない気持ちになるのが、「海外渡航経験がない」ということです。残念そうな顔をされても、こちらが困るというようなことが度々あります。日本というある程度安定した国にいて、「留学をしなければ英語には触れられない」ということはまずありません。・英会話学校・各地の国際交流団体・外国人がよくいる [続きを読む]
  • 翻訳を仕事にするためにできる50のこと その1
  • 国際結婚と聞くと、ハーフの子への質問と同じように「英語ペラペラなんでしょ?」と言われることが多く、それなりに話せるのに相手の期待通りにはペラペラじゃないことにこちらが、なぜか罪悪感を感じる、といった不思議なやり取りを毎度経験します。世界、といっても「英語」の国ばかりじゃないし、外国人といっても「欧米系」ばかりではありません。そして、仕事というと翻訳・通訳できてあたりまえ、のイメージもある気がします [続きを読む]
  • フィシオエナジティックを独学で その1
  • 学びたいのだけど、都心で学ばなければならないのは持病ありシングルマザーにはハードルが高いし、金額も高い。結局、払う覚悟とか以前に、覚悟しなくても払える人がさらにハイレベルな資格を身につけれる現代社会なのだから、いつまでたっても社会格差は変わらない。が、しかしもちろん資格をとるには実技が必要だったり、公開しちゃいけない講座もあると思うので仕方ないと思っています。ただ、概要やどんなことをやっているか、 [続きを読む]
  • 離婚した相手に再会したらどうする? 10年経って思うこと
  • 離婚後 第1段階 恐怖の時期 DVとかで、というわけではなく、いろいろな問題やすれ違いで疲れてしまうと、相手との時間、相手と会うことに「恐れ」を抱くようになってしまいました。会う前に「疲れる」「揉める」が想定できるからだと思います。なので、離婚後、連絡先も知らないし、教えてもいないのに、もし遭遇したら、と考えたときに恐怖を感じ、怯えていた時期がありました。SNSでもニックネームなどでしか登録できないもの [続きを読む]
  • なぜ稼ぎたいか? 貧困からの脱却のモチベーション。
  • 社会の不条理を感じて、「持たざる側」が「持てる側」になる難しさ、子供のいる環境、持病のある状態のままステップアップがさらなる過労をもたらす現実に、一生懸命やっても無理なら、失敗はもとより、だし、やってみよう、という今。結局、いろんな問題は社会の問題だということがわかってきて、資格や受験のための勉強じゃなくて、いろいろな学びをしたいという気持ちが強くなってきた。それは、子育てが終わってから、という昔 [続きを読む]
  • 無謀起業したらどうなるか。実験1・2週目。
  • 税金的には、開業届けを出さなくてはいけないと思いますが、収入がゼロの段階では、「今日から〇〇やさんします!」それも起業といえる。ということで、そんな感じでやっても、安定した生活まで行きつくか、身をもって体験してみたいと思います。2週間ごとに、目標を決めて進んでみます。1・2週目(3/13 〜3/27 )☆サービスのホームページを作る☆振込口座もしくはpaypalなどアカウントを作る☆イベントに設置するためのサービス [続きを読む]
  • 作りたいかたちが見えてきた。無力シングルマザーの起業
  • 当事者が必要なものが見えていないサービス提供者たち いつの時代もそうですが、持っている側(環境・資金など)は、何が本当に必要なサービスが見えてないことが多くて辟易する。無力な自分は、起業とか夢見ちゃいけないという自己評価の低さをもってしても、あまりの的外れなサービス展開に、「資金・環境のムダ使いだから、こっちに任せろ!!」って口だししたくなります。実際に経験、もしくは意識的に経験しようとしなければ [続きを読む]