明石暁充 さん プロフィール

  •  
明石暁充さん: true colorsカウンセリング&感情ヒーリング
ハンドル名明石暁充 さん
ブログタイトルtrue colorsカウンセリング&感情ヒーリング
ブログURLhttp://healing-ao.com/
サイト紹介文潜在意識の感情を解放し、思い込みを書き換える。臨床心理士によるカウンセリングと感情ヒーリング
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 314日(平均0.8回/週) - 参加 2017/03/10 13:57

明石暁充 さんのブログ記事

  • 【進撃の巨人】考察。現代の神話が映し出す「壁の中」は現代社会
  • 進撃の巨人は「世界と人間についての普遍的な物語」である かつて、評論家の中島梓は、物語とは母親の胎内から「楽園追放」された人間が、世界を理解し、世界との一体化を求めるうえで必要とするものであり、さらに人類という種、その普遍性に回帰する(平たく言えば「みんな同じ人間である」と知る^^)ための呪文である、というようなことを書いた。わが心のフラッシュマン (ちくま文庫―ロマン革命) 進撃の巨人はまさに、この [続きを読む]
  • いわゆる高次元を利用したヒーリングと科学の接点について
  • もしも、ヒーリングとか高次元とか、あるいはこの世界は何次元?とか、そういうハイパーな問題が好きな変わった方は、以下をちょっと読んでみてください。要するにヒーリングと科学って、まだ相入れない印象が強いかもしれいけど、ほんとにそうなのか?を考える材料の一つです。 大好きなオレンジャーのブログから「5次元宇宙の存在2 」より 古の時代から、宗教、精神世界の聖者、指導者達は、 絶対的な力を持つもの(神、サムシ [続きを読む]
  • 魂は究極の成長を目指して生まれてくる、を実感した日々
  • 久しぶりの更新です。このところ、しばらく自分の体調に異変(味覚が薄い、など)があり、まずはその解消のため、&ヒーリングの勉強もかねて、新たに講座に参加しながら自分の内側を見つめなおし、癒す時間をとっていました。その中で、いかに自分の中にまだ癒されるべき感情が残っていたか、が分かりました。親子・家族関係、今世でのいろんな経験、過去生から来ているもの・・。体の違和感を通して内側を調べていくと、クリアに [続きを読む]
  • 体癖ごと偉人の名言から、人生の「マインドセット」を学ぶ
  • 体癖ごと偉人の名言集です 体癖についてはこちらをご覧ください。ここでは、体癖ごとの偉人の名言をまとめてみました。体癖による特徴のちがいもよく分かると思います。ただ同時に、偉人の言葉にはその違いを越えた共通点も多くあります。体癖が個性の色合いだとしても、それが分かるだけではダメで、ではその色合いの光を発するためにどうするか、が大切になります。個性を越えて多くの人にインスピレーションを与えてくれる偉人 [続きを読む]
  • 自分を支えてくれたもの②−マンガと本たち
  • やはり大学時代だったと思いますが、いろんなマンガや本に助けられました。フィクションもそうでないものも、「物語」の持つ力というのは相当なものだと思います。いろいろありますが、マンガでは、吉田秋生の「カリフォルニア物語」や清水玲子の「竜の眠る星」。本では、中島梓の「わが心のフラッシュマン」など。かなり年齢が知れる というか、中島梓は別としても、マンガも若い人はほとんど知らないでしょうね。しかし一部の名 [続きを読む]
  • true colorsのコンセプト
  • 「心身のエネルギー状態を読み取り調整します」みなさん、ヒーリングというと何となくあいまいで分かりにくいイメージはないでしょうか?true colorsでは、人間のエネルギーのポイントである、チャクラのエネルギーを中心に読み取りを行い、エネルギー状態から分かる今のあなたの状態と可能性を把握し、共有した上でヒーリング、カウンセリングを行います。病院に例えると、レントゲンや検査によって状態を判断して治療を [続きを読む]
  • 「チャクラ」の意味とは?開くとどうなる?|本気で開き整えるために
  • あなたの心身の状態のみならず人生の状態を反映し、それゆえに自分の可能性を知り、人生を豊かに生きていく助けとなる「チャクラ」。ヨガでご存知の方もいるかもしれません。多くのヒーリングの伝統の中で知られてきたものです。近年、チャクラの意味はヒーリングに関しては、少なくとも日本より西欧でのほうが注目され研究されている観があります。ただネットの情報の中には、「超簡単にチャクラを開く」とか、霊的なことにかたよ [続きを読む]
  • 自分を支えてくれたもの①ー音楽(鈴木祥子さん)
  • 僕は大学時代に精神的な危機を経験したのですが、その時に人間の作った創作物‥音楽、マンガ、本など自分を支えてくれたものがあります。ものは違っても、多くの人がそういう経験をされていると思います。自分も、とくに多感な?若いころ、いろいろなものに助けられました。その中で、ミュージシャンの鈴木祥子さんについて(この記事は完全に100%趣味です)。 当時(もう20数年前ー)、FMラジオもやっていてそれも好きだったの [続きを読む]