やよい さん プロフィール

  •  
やよいさん: やよいのギャラリーブログ
ハンドル名やよい さん
ブログタイトルやよいのギャラリーブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yayoi_garari/
サイト紹介文春 夏 秋 冬 季節ごとに移ろう自然をテーマに心象画を描いています。
自由文ちょっとつらかった冬が終わり草木たちは、芽吹きの季節を迎えました。私の描きたい世界が広がります。自分の世界をめざします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 223日(平均0.9回/週) - 参加 2017/03/11 23:54

やよい さんのブログ記事

  • 記念賞を受賞しました
  • 長野県諏訪郡では 今年9月に 第70周年記念諏訪美術展が 行われました。この美術展で 私の絵が 最高賞の70周年記念賞を 受賞しました。受賞作 「にじだように F80」絵のテーマは 今年の お正月明けに 諏訪湖に 起きたふしぎな現象です。私は 時々諏訪湖に 散歩に 出かけます。その日は 諏訪湖に 薄氷が 張り まあるい 輪のような氷でした。(たぶんそれは 去年の夏 ワカサギなどの魚が たいりょうに 死ん [続きを読む]
  • アサギマダラの里をめざして
  • 南から北へと 旅する蝶 アサギマダラが たくさんいると聞き行ってみました。本当に いました。長野県宮田村です。 行ったのは 9月半ば 5日ほど前に 八島湿原に行った時には いなかったので なんでと思いました。ボランティアらしき おじさんが いたので 聞いてみました。アサギマダラは 南から北へと 旅する蝶で 気温22〜23度のところへ飛んでいくのです。だから もう秋になって しまった八島湿原には いないの [続きを読む]
  • マツムシ草咲く 八島湿原
  • この頃毎年 八島湿原に 自然を求めに 行きます。長野県諏訪郡に 住んでいる私には 自分の 車で行ける 手頃な場所だし すきなところです。9月半ば すぎてしまい 早く行かないと花も 蝶も いなくなると思い 行ってみたのですがもう 湿原は すっかり 秋、花は 終わり 蝶は 前に いた アサギマダラは もう いませんでした。花は 終わっていても 草紅葉が きれいで 初秋の空気が 爽やかで 休日でも あり [続きを読む]
  • バスで登れる日本一 乗鞍岳
  • もう 9月 夏も終わりです。この夏に 乗鞍岳へ行きました。歩かなくても登れる 高い山、日本一頂上 2702mまで 車で登れる 乗鞍岳です。山頂の畳平までは バスか タクシーで行けるのです。暑い夏には 涼しいし さわやかで とてもリフレッシュできました。でも この日は 雨ふりでした。降ったり やんだりでしたが 大勢の人でにぎやかでした。夏でも スキーが できます。畳平の バスターミナル この日は 雨降りな [続きを読む]
  • 涼を求めて 八ヶ岳富士見高原リゾート花の里
  • 猛暑の毎日です。それに 台風 豪雨とか大変なことが続きますね。以前から 八ヶ岳富士見高原は 冬は スキー場で 夏は 一面に 色とりどりの ユリの花が 咲いて きれいだと聞いて いました。リフトに乗って 足の下一面に 咲くユリを見下ろしたりまた 白樺林を背景に咲く色とりどりの ユリ、ユリの見事さはカメラマンの絶好の 被写体です。その写真は 夏の情報誌や新聞等で 諏訪地方の人は ユリ園の事は 皆さん知 [続きを読む]
  • ヒマラヤの青いケシの花
  • 先日書きましたNHK日曜美術館 入江一子画伯のつづきです。101才画伯の 最近の制作の様子が 放映されました。ヒマラヤの青いケシを描いていました。大作です。画伯が 76才の時 4000mの高地 中国四川省スウクニャン山に 自分で登り その青いケシの花を スケッチしたのです。行動力のすごさに おどろきます。その時の取材を もとに 制作していました。休んでは 描き また休んで 描いていました。その大作が 出来上が [続きを読む]
  • 101才 入江一子画伯
  • 先日の NHK日曜美術館 入江一子画伯の放映を観ての感動を 書いてみます。 私は 時々 国立新美術館に 独立展を観にいきます。そこの美術展では 技法をこらりたり、絵のうまさはもちろん、個々の 特徴が きわだっていて すきな美術展です。すきな作家も おおぜい います。でも 入江一子画伯については 独立美術の巨匠ということは すぐに 理解できました。でも なぜこのような絵を描くのか わかりませんでした。 [続きを読む]
  • 梅雨の季節
  • 野山は すっかり新緑に包まれました。今は 梅雨の季節ですが 今年は 雨の日が少なく晴れの日が 続きます。小鳥たちが ピーピー、チュッチュッ、ピジョッピジョッ、ホウホケキョ とさえずります。なかでも うぐいすホウホケキョが 一番です。こんなさわやかな季節を 感じながら 里山を 描いてみました。  [続きを読む]
  • カッコーが鳴いている
  • もう6月 山や木々は すっかり新緑に包まれました。たまあに 藤とかアカシアなど花が 咲いている木もありますが。我が家のまわりは 山や 原野で 自然に囲まれています。最近 カッコウの声がよく聞こえます。いよいよ初夏になったんだと思います。芽吹きの頃には ウグイスの美しい声が 聞こえました。本当に 自然の中だなあと思います。  初夏を迎える山々の印象を描きました。 http://store.shopping.yahoo.co.jp/mper [続きを読む]
  • 草間彌生 ステキ!!
  • 先日 国立新美術館で 草間彌生展を 観ました。ミュシャ展も 同時開催していたので 観ました。今回は 草間彌生展について書きます。草間彌生は 長野県松本市の出身で、今から15年前に 松本市美術館が 建てられた当時から美術館の看板の様に 展示されていたので よ... [続きを読む]
  • 新緑の原野
  • 季節の移り変わりは 早く、もう木々は 若葉をつけています。一番過ごしやすい季節です。桜の花は 散ってしまいましたが、我が地元では 八重桜が 満開です。また 山桜も きれいです。つつじもきれいですし 里も山も花盛りです。家の近くの 原野の草木の新緑が 新鮮... [続きを読む]
  • 若葉の木々
  • いよいよ桜の季節が 終わり春本番となりました。待ちに待った春です。花粉症とか いろいろと大変なことがありますが、 私は、この季節が 一番好きです。いろいろの花々が 咲き 木々も 花を咲かせ一年で もっとも美しい季節だと思います。花でなくても 若葉も 新鮮... [続きを読む]
  • 新緑の木
  • 諏訪湖畔へ たまに 散歩に行きます。一年中で、今が 一番気持ちが良い季節です。柳は 若葉を付け、新鮮な黄緑です。桜の花は 散ってしまいましたが、花芯が残っていてまだピンクです。でも、すぐに 若葉色に なります。手前の生垣は、黄色の花が 満開です。この季節... [続きを読む]
  • 春の芽吹き
  • 今は、春真最中桜は、満開となりました。でも 今回描いたのは、もみじの芽吹きです。公園のもみじの枝先が ピンク色で ツンツン出ていて今しか見ることが できない新鮮な姿だと 思ったからです。 [続きを読む]
  • 桜並木が見える湖畔
  • いよいよ待ちに待った春になりました。桜の開花宣言が あっちこっちで聞かれます。でも長野県諏訪湖では、まだつぼみで開花には、10日ほどかかるとおもいます。春の湖畔を散歩しますが、一年で一番さわやかで気持ちが良い季節です。子供からお年寄りまで それぞれのスタイ... [続きを読む]
  • 芽吹きの季節
  • もう4月木々や植物たちは、芽吹きの季節 一年で一番美しい季節です。私は、湖畔を散歩するのですが、柳の芽 桜のつぼみ みんな芽吹いて春風でそよぎます。私は、この季節が 大好きです。http://store.shopping.yahoo.co.jp/mperxejnuajm72vax7qtnkgrlu/ [続きを読む]
  • 諏訪湖に現れた宇宙
  • 2月23日に「厳冬の湖に現れたふしぎな円」という記事を書きましたが、もっと自分の感じた世界を表現したいと思い、また描いてみました。もう春なので 木々の芽吹きを描きたいのですが、この諏訪湖に薄氷が張った時に現れたふしぎな現象を見た時の印象を表現したいとこれから... [続きを読む]
  • 芽吹きを待つ松林
  • 寒い冬が終わりもう3月、家の向こうの松林も芽吹きが、近いと思いながら 描きました。林には、一年中緑の赤松、葉が落ちてしまうカラマツ、等色々あります。向こうには、ちょっと春ぽい山があります。http://store.shopping.yahoo.co.jp/mperxejnuajm72vax7qtnkgrlu/ [続きを読む]
  • シュクラメンが満開
  • もう3月、冬の寒さは なくなり、春になったと思うこの頃ですが、この冬 心暖かくしてくれたシュクラメンを描きました。窓の向こうには 雪をかむった庭木があります。この花が 華やかなピンクで またいっぱい花を咲かせてきれいです。http://store.shopping.yahoo.co.jp/... [続きを読む]
  • 諏訪湖の白鳥
  • 諏訪湖には、毎年冬になると白鳥が 渡ってきます。休んだり 遊んでいたり 氷の上でこけたりして見ていて楽しいです。観光バスなどで 訪れるお客様も多いです。しかし近年は、白鳥の飛来数が減り また滞在期間も少なくなり心配です。http://store.shopping.yahoo.co.jp/m... [続きを読む]
  • 厳冬の湖に現れた ふしぎな円
  • 長野県諏訪湖では、昨年夏に ワカサギ フナ 鯉 など魚が 大量に死んで浮かんでいました。異常気象を感じました。なお今年のお正月明けには、薄氷の張った湖面に今まで見たことがないような不思議な円が現れました。ガスの発生ではと 言う事らしいのですが、その円に薄... [続きを読む]
  • 春を待つ木々
  • 私は、ちょっと町から山の方へ上り となりに原野が広がるところに住んでいます。数日前に 降った雪で 野は、真っ白、でも木々には、雪はありません。この春を待つ木々を 描いてみました。背景に 常緑樹の林が ひろがっています。空には、青空が ちょこっと顔を出して... [続きを読む]