みーな さん プロフィール

  •  
みーなさん: み〜なのブログ(間質性肺炎2016年発症)
ハンドル名みーな さん
ブログタイトルみ〜なのブログ(間質性肺炎2016年発症)
ブログURLhttp://kanshitsuseihaien.blog.fc2.com/
サイト紹介文特発性間質性肺炎です。2016年12月にKL-6が2700もありましたが、今は元気です。
自由文特発性間質性肺炎です。
C型肝炎が完治したと思ったら、今度は肺です。
ステロイドが効いて元気でいます。
25ミリではじまり今4ミリのんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 222日(平均4.6回/週) - 参加 2017/03/12 00:09

みーな さんのブログ記事

  • 昨日のレントゲン画像とKLー6のグラフ
  • しばらくパソコンでのメール送受信ができなかったのが、やっとできるようになりました。同じアドレスでスマホを使っているのでそれほど不便はなかったのですが、スマホで撮った画像をパソコンに送ってブログにアップすることができなくなっていました。パソコンでメールを送信しようとしたら「パスワードが違う」とパソコンに言われてしまいました。パソコンの言葉って生意気というか偉そうです。むっとしました。どうして突然そん [続きを読む]
  • 10月の検査結果
  • 大学病院での診察の日でした。レントゲンと血液検査をしました。一番ドキドキしたKL−6は少し下がっていました。前回2098、今回1888(末広がりのぞろ目、いいかも)欲を言えば500位ど〜んと下がって欲しかったけれど200でも下がったからいいことにしましょう。他の検査結果の主なものは以下の通りです。ヘモグロビンA1cは6.8 (前回6.3) ちょっとまずいです。又、エクアを飲もうと思います。レントゲン画像では先生 [続きを読む]
  • パソコンもスマホもしない友達
  • 昨日は、中学1年の時の同級生で、それからずっと親しくしている友達と会いました。大学の頃は一緒にお料理教室に通ったり休みの度にあちこち旅行したりしました。中1からの友達ということはお互いの生まれ育った家庭も、結婚後の家庭もよく知っているということになります。たまたま同じ頃に結婚し同じ頃に子供が生まれました。出産予定日が1週間違いでした。3月の末予定のYちゃんは遅れて4月になり、4月初め予定の私が先に [続きを読む]
  • 「私のブログを読んでくれない?」と言われたら
  • 去年の12月に「間質性肺炎」と診断されて、あちこち調べたのですが「間質性肺炎」に関する情報があまりにも少ないのに驚きました。それで「私が調べたことや体験などをブログに書けば誰かの役に立つかもしれない」と思いました。ブログについては何も知識がなく、始め方もわからなかったのですが、あちこち調べてどうにか始めることができました。ブログというのは「ウエブ上の記録を意味するウエブログの略で、個人の日記形式の [続きを読む]
  • 連れ合いの睡眠薬騒動
  • 連れ合いは、眠りにつくのに時間がかかります。ずっと前から睡眠薬を常用していますが、薬を飲んでも「なかなか眠れない」と言って何度も起きて来ます。夜の9時半頃にはとても眠いようです。「眠いからもう寝るよ」と言ってから、睡眠薬を飲んで、それから本を読むのです。すぐに目をつぶって眠りが来るのを待てばいいのにと思うけど「本を読む」というのが彼なりの睡眠前の決まりごとなのでしょう。多分ウトウトしていると思うの [続きを読む]
  • バナナマン日村か出川哲朗か?(そんなおなか)
  • 体重がかなり増えたことはよ〜く知っていましたが、あちこち分散して太ってきたのだと思っていました。昨日、急に寒くなってきたのでコートを出して着てみたら、コートの前のおなかのあたりのボタンがはまりません。殆ど全ての衣類が着られなくなっているけどコートは着られると思っていました。ハーフコートも長めのコートもおなかのあたりが大問題!この前、試着してオーケーだったジャケットも数週間で着られなくなりました。前 [続きを読む]
  • パスポートの更新(切り替え)に必要なもの
  • 引き出しの整理をしていたら、パスポートを見つけました。「期限は?」と思ってみたら、よかった〜〜〜 来月の初めに期限切れでした。有効期限は10年あるので油断していました。多分、もう外国に行くことはないでしょう。でも娘一家がアメリカに住んでいるので、いつ必要になるかわかりません。長年「いつでもアメリカに駆けつけることができるようにしておきたい」と考えていました。でも万一、娘が怪我でもして家事ができなく [続きを読む]
  • 体調は絶好調、なぜだろう?
  • ふと気がつきました。この頃、咳がでません。息苦しくなることもありません。酸素飽和度は、安静時に以前は93でしたが、この頃は96か97もあります。殆ど正常ということですね。ステロイド10ミリで完全におさえこんでいるのでしょうか?ここまでおさえてくれるとは期待していませんでした。本当にうれしいです。でも安心はできないのでしょうね。「いつ裏切られるかわからない」と不実な恋人がいるような気持ちです。私は大 [続きを読む]
  • 新しいかかりつけ医
  • 今までのかかりつけ医が8月末で閉院となってしまったので、近くに新しいクリニックを探して、今日はじめて行ってみました。とてもご立派な経歴です。40才の女医さんで学歴は桜蔭、千葉大医学部、東大大学院医学部、職歴は日本赤十字センター、都立広尾、都立墨東、東大病院、丸の内クリニック、その他産業医資格は認定内科医、認定循環器専門医、認知症サポート医。「私の町のお医者さま」としては立派すぎないかなあ?私の家か [続きを読む]
  • 命は選別されているのですか?
  • 又、映画を見てきました。映画というのは不思議なもので見始めるとどんどん見たくなります。頭の中に予告編が残っているからでしょうか? 映画館の雰囲気を思い出すからでしょうか?是枝裕和監督の「3度目の殺人」を見てきました。いやぁ、おもしろかった!すごく良い映画だと思いました。久々に「いい映画をみた」と思いました。でも一般受けはしないのかもしれません。「むずかしい」と言っているコメントがありました。でもむ [続きを読む]
  • 骨塩定量検査(DIP法)しました
  • 今「骨塩定量検査報告書」をみつめてムッとしています。ブロガーの方にアドバイスされたこともあり「ステロイドをのんでいるので骨密度の検査をしないといけないな」と思っていたのを実行してきました。近くの整形外科でレントゲンの骨塩定量検査(DIP法)による簡易測定で測りました。骨の中のミネラル(主にカルシウムやマグネシウム)の量を測定する方法です。一番被曝が少なく簡単なので一般的に使われ、スクリーニングにも使 [続きを読む]
  • 肺がん末期のAくんとの9月会
  • 丁度1年前に、肺がん末期で「余命数ヶ月」と告げられたAくん、主治医の予想を超えて今も元気でいます。7月に集まった時は、全然食べることができず、やせ衰えて顔色も悪く「もうダメなんだろうな」と皆が思いました。別れる時はひとりひとりぎゅっと長く握手して手を離そうとしませんでした。私も彼の目を見て手を握っていたら泣きそうになりました。小学校1年生からの仲良しなんです。8月の集まりの日を決めましたが「もう会 [続きを読む]
  • メトホルミンと丹参について(ある呼吸器科医のホンネ)
  • 最近ブログで話題になっているメトホルミンと丹参について「元教え子の呼吸器科医に聞いてほしい」という依頼があったので聞いてみました。あくまでも一人の呼吸器科医が個人的意見を聞かれて私に返信しているものだということをご理解頂ければと思います。なんらかの参考になれば幸いですががっかりする内容であったらどうかお許しください。〜〜〜〜〜〜〜〜メトホルミンに関してメトホルミンは比較的古い薬になります。日本では [続きを読む]
  • どうしても眠る気になれない
  • 夜遅くなっても全然眠くならないので困っています。ステロイド10ミリのせいなのでしょう。以前は導眠剤のハルシオン1錠で眠れていたのですがこの頃は1.5錠にしても眠れません。眠れないというより「さあ、寝よう」という気にどうしてもなれないのです。じゃあ何をしているかというとパソコンであちこち見たり本を読んだりしていることが多いです。昨夜は吉本ばななのエッセイ「人生の旅を行く3」を読んでいました。昔「キッチ [続きを読む]
  • 血糖値を自分で測りました(メディセーフフィット)
  • ステロイドをのみだしてから血糖値がとても気になっています。病院では過去1ヶ月のことがわかるヘモグロビンA1cが以前は5.5だったのが6.8とか6.5になっています。病院で測る時の血糖値は大体、空腹時なのに基準値をかなり超えています。前回160でした。糖尿病そのものより目などの合併症がこわいです。ずっと前ですが、血小板の病気でステロイドをのんだ時に、糖尿病の詳しい検査をしたことがあります。正常と糖尿病の境目であ [続きを読む]
  • みため>自覚症状>画像>数値
  • 先日のCTを送った娘婿から、彼の診断がきました。「12月と比べて8月のCTは進行していない、むしろ良くなっているようだ」とのこと。「ステロイドが効いているのであろう」と。彼が医者になりたての人によく言っていることに「数値ではなく患者を見なさい」ということがあるそうです。つまり「症状と数値が一致していない時は症状を信じるべきで、数値にこだわるべきではないということです。「KL-6が高くても元気ならそれでいい [続きを読む]
  • 映画「関ヶ原」見てきました
  • 今日は映画「関ヶ原」を見てきました。昨日は1日台風の影響による雨で家でゴロゴロしていたので、少しは身体を動かそうと「歩きましょう」ということで、隣の駅のシネコンまで歩いて行きました。坂道を避けて少し回り道をして行ったので片道6000歩程度です。急に真夏の暑さで33度の中少しきつかったのですががんばりました。ゆるい坂道でも私はすぐ苦しくなるので連れ合いが考えてくれた割と平坦な道です。ステロイドで太っ [続きを読む]
  • 「ステロイドなんてやめちゃえば」と言われた
  • 今日はまたプレドニン、ステロイドについて考えました。ジムで知人につかまって、隣に座り込まれ、あ〜だの、こ〜だの。ジムではごく仲のいい人と、しつこく聞いてくる人だけに病気のことを話してあります。この人は「しつこく聞いてくるタイプ」で病気の話をしたことがありました。「ねえ、本当に病気なの?」「なぜ元気なの?」などと聞かれて「元気になる薬をのんでいるから」と、ついステロイドのことを話してしまいました。( [続きを読む]
  • 「掃除の神」が降りてきた!
  • 住んでいるマンションで毎年の排水管清掃がありました。台所、洗面所、洗濯機、浴槽の排水管の清掃です。そのためには、台所下、洗面所下、洗濯機まわり、浴室などにものがないようにしておかなければなりません。先日の衣類の断捨離や冷蔵庫内の掃除の続きで「そのうち台所」と思っていましたが、私の意志ではなく、なかば強制的に掃除をすることになりました。排水管清掃はマンションの部屋ごとに日時が決められているので、その [続きを読む]
  • KL-6がずっと高い、どういうこと?
  • ずっとKL−6が気になってしかたがありません。気にしたからってどうにかなるものでもないのですが、気になってしまうのです。私の間質性肺炎はいつはじまったのかわかりません。去年の11月末、自覚症状は全くなかったのですが、かかりつけ医の定期的な検診での聴診器で異常がみつけられました。先生が思わず聴診器をはずすほどの大きな音(捻髪音)がしたのだそうです。すぐにレントゲン、CTをとって、「間質性肺炎です」と言わ [続きを読む]
  • Sweet Sixteen
  • アメリカでは女の子が16才の誕生日を迎える時、盛大に祝う風習があります。法律上の成人は殆どの州で18才ですが、昔は16才が大人の階段を登る特別な年齢とされてきました。運転免許を取得できる年(州ごとに違いますが)両親からの自立、大人への仲間入りということでお祝いしているようです。100人もの招待客をレストランに呼ぶような大パーティから家族と親しい友達だけの集まりまで色々あります。 ア [続きを読む]
  • 豪快オトコ飯(3回目)肉まん
  • 連れ合いの「男性だけのお料理教室」3回目がありました。「今日で終わりだ!」とイソイソ出かけて行きました。連れ合いよ、私をわかっていないのね、今日で終わりではないのよ! ちゃんと「来月からの3回」も申し込んであるのよ、ウフフ こんなに良いことをやめるはずがないでしょう!娘が「いつ、それを言うの?」と聞いてきました。来月のお料理教室の間際に言おうと思います。多少の抵抗があっても「キャンセル料がか [続きを読む]
  • 若き呼吸器科医のセカンドオピニオン
  • 以前5月頃に「若き呼吸器科医」という記事を書いたことがありました。昔の教え子が医者になって交流があって嬉しいということを書きました。医学部めざしてがんばって勉強していた彼が「お医者様」になり、しかも私の病気と関わりのある呼吸器内科が専門でした。お祖父さんが間質性肺炎で亡くなられたことで呼吸器科を選んだそうで、間質性肺炎にとても興味があるのです。私の間質性肺炎にも「積極的に関わっていきたい」と言って [続きを読む]
  • 断捨離をはじめた私(ステロイド10ミリのおかげ)
  • ステロイド10ミリをのむようになり、かなり「元気」や「やる気」がでてきました。昔、私のまわりにいた「すごく元気な人たち」はこういう具合だったのかな、と思っています。私はもともとすぐに疲れてしまったり、頭が痛くなったりして無理のきかない身体でしたが、いつも「疲れない人もいるんだなあ」と羨ましくみていた人たちがいました。生まれつき「ステロイド10ミリなみの元気な人」いいですね〜断捨離の一部として、クロ [続きを読む]