WAYA さん プロフィール

  •  
WAYAさん: WAYAのブラックなつぶやき
ハンドル名WAYA さん
ブログタイトルWAYAのブラックなつぶやき
ブログURLhttp://wayakikaku.blog.fc2.com/
サイト紹介文40越えのおじさんが日頃感じる事をブラックユーモアを交えて書いているだけのブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 219日(平均2.7回/週) - 参加 2017/03/12 05:29

WAYA さんのブログ記事

  • 「嘘の様な本当の話」
  • 本当なら母は既に退院している。何があったかと言いますと退院の日が決まり、実家から姉が車で迎えに来る事も決まっていた。病院に行った時その話を母から聞きもう見舞いに行かなくても良いだろうと思っていた。次の日の夕方、父から電話があり母が骨を折ったと聞いた。その日の朝、母が病院の廊下を歩いていると目眩か貧血か原因は良く分からないが急に朦朧としてその場で倒れたらしい。それで老人がコケた時に折れる事が多いとい [続きを読む]
  • 「母性本能」
  • 母は順調に回復に向かっています。近いうちに退院するでしょう。母は、家でテレビを見ながらトラやライオンに襲われそうになるシマウマの子供を「イヤーー」と子供の方を応援している。若鳥の唐揚げを食いながら。私も子供の方を応援する気持ちもありますが、狩りが成功しなければライオンは餓死するという事になるのでライオンを応援する人がいてもいいと思っています。この様な子供を応援するという人は女性に多い気がします。こ [続きを読む]
  • 「夢を追う人は素敵な人に見えるのか?」
  • ボーーッとしながらパソコンを弄っていて、ふと「夢を追うって素敵やん!」という言葉が頭の中に沸いてきた。はたして本当にそうだろうかと考えてみる。分かり易い例でいうと自分の作った歌を誰が聞いても音痴なのにギターを抱えて熱唱している人をテレビなどで見る事がある。当人はミュージシャンを目指していると言っている。音痴でも作詞、作曲をして詩や曲に良いところがあれば別の人に歌ってもらえば売れるかもしれないという [続きを読む]
  • 「空腹より、無理やり食べる方が辛い」
  • 今日ニュースで学校の先生が生徒に吐くまで給食を食べさせたというニュースを見た。私も食べさせられた派で、食が細く嫌いな物も多かった。食パンが2枚ほど出たが私は、一枚しか食べれられなかった。食べ物というのは、考え方によっては拷問にもなる。テレビの大食い選手権で苦しそうに食べる選手や、外国で昆虫などの普段日本人が食べない食材を食べるリポーターなどを見るとそれが良く分かる。先生も絶対食べれない食材が一つは [続きを読む]
  • 「看護師さんの素敵な笑顔」
  • 今日も病院に行った。看護師さんとすれ違うと皆、笑顔で挨拶をしてくれる。大変な仕事だと思うがしんどそうな顔をせずに来客にも明るく接している。と、思っていた。ある日、エレベーターが来る間に横に貼ってある張り紙を読んでみた。大きく分けて入院患者に向けてと働く職員に対しての注意が書かれていた。病院内で盗難が頻発しているという事で、入院患者は貴重品を備え付けの金庫に入れるようにという事と、職員は不審者には積 [続きを読む]
  • 「病院に行く途中」
  • 今日も病院に自転車で通う。横断歩道でどっしりとしたフレンチブルドッグ?が飼い主にリードを引かれて、信号が青になるのを待っている。私は、隣に止まるとブルドッグが階段を駆け上がった肥満気味のおっさんの様な息遣いで、早く渡りたいとリードをピンと引っ張る。横断歩道が青になって待っていた人達が進みだすとブルドッグも飼い主の合図も無しに前に歩き始めた。前から小学校低学年ぐらいの女の子が急いでいる様で走って横断 [続きを読む]
  • 「ネタ切れ+諸事情により更新出来ず」
  • 夏休みは、いつも実家に帰るが今回は8月末に帰る事にした。それは、母が病院から退院したのが8月初旬だったからだ。母はどちらかと言えば太っているは、言いすぎだがぽっちゃりとした体系だが2ヶ月近い入院で痩せてしまった。休みを遅らせたのは熱い中、母の体力が戻らないだろうと思ったからだった。私が自分で好きな物を作って食べると言っても自分が料理を作りたがり無理をするのは目に見えていた。電話でもう買い物に行った [続きを読む]
  • 「ハエ釣ってます?」
  • 家の休みのレジャーと言えば“魚を捕る”事である。川では鮎も取るがハエという魚も取る。鮎を取っている時にも網に入るが夏の時期には美味しくなく、取れても逃がしてしまう。そのハエが冬になると美味しくなるのでそれを今度は、竿で釣る。冬のハエを寒バエと言い、その釣り方は2種類あって一つは毛鉤を川に流してハエを釣る方法で、膝下まだ川に入って上流から毛鉤を投入して下流まで流す。何故か殆どの場合下流でハエが掛かる [続きを読む]
  • 「思えば家族のレジャーは、魚関係」
  • 家の休みのレジャーと言えば“魚を捕る”事だった。川では鮎を捕る。父が投網を投げて姉と私が鮎を捕まえるのだ。知らない人もいるだろうが、網を投げて網を引いて鮎が網に絡み付いて捕まえると思っている方がいらっしゃると思うが殆どの鮎は、石の隙間に隠れて危機が去るまで待っている。それを私達が水中眼鏡で隠れている鮎を探し、サタンが持っていそうな三叉になった槍の先の様な道具で刺して捕まえる。鮎が逃げようと網に絡ま [続きを読む]
  • 「悪と思うと正当化される」
  • 度々書いたが家の休みのレジャーと言えば大体“魚を捕る”事。海で言えば大きく分けて堤防で浮き釣りか浜辺で投げ釣り。堤防の浮き釣りは、撒き餌を撒いて浅い場所で泳いでいる一般的には誰も狙わない様な小さい魚を釣る。普通ならリリースする魚を釣り、それをから揚げで丸ごと揚げて食べる。父は、変わり者なので他の釣り客に見られると怒られる様な小さい魚でも持って帰る。貧乏臭い釣りなのだが子供にとっては非常に楽しい。通 [続きを読む]
  • 「捻くれ者」
  • 子供の頃の夏休みは海にキャンプに行っていた。有名な海水浴場とかではなく、知る人ぞ知るみたいな場所でキャンプをしており、昼にまあまあ居た海水浴に来ていた人も夕方になると皆帰って行きキャンプをする人の方が珍しい。私が小さい頃は、母も来ていたが段々と釣りやキャンプなどには来なくなったが、まぁ何処の家族もそんな感じなのだろうと思う。小学生ぐらいになると父と姉と私の3人でキャンプをする訳だが、やる事と言えば [続きを読む]
  • 「私の精神力では絶対出来ない仕事」
  • 母は退院し、姉が田舎から車で迎えに来て帰って行きました。当初、インターンの先生から「大分、良くなっていますよ。この分ならあと一週間ぐらいで退院出来ますよ」という話を母から伝え聞いていた。主治医の先生ではないので話半分で聞いていたが、1ヶ月の検査入院と入院前から聞いていたので“丁度、1ヶ月ぐらいか”と私は思っていたが、結局1ヶ月と2週間近く入院していた。しかしこのインターンの先生を「いい加減な事を言 [続きを読む]
  • 「更新を目的とした近況報告」
  • 今、私は母が検査で入院している病院に行ける時は行っている。病院まで自転車で30分という所だ。梅雨なので大雨が降ったりしたら行かないのだが、晴れたら晴れたで暑くて辛い。タクシーを呼んで毎日通えば破産である。自分の甲斐性がないと諦めよう。検査入院と言いながら体の中に管を通して悪い物を出している様で、それが終わって内視鏡で検査して腫瘍のような物が無ければ大きな手術も無く(体に管を入れている時点で大きな手 [続きを読む]
  • 「忘れよう、いい意味で」
  • 書きっぱなしも良くないので母の件を書きますと、実家から離れた大きい病院に行き、検査を受けました。結果は、検査入院をする事になりました。順番待ちなのか入院は1ヶ月後ぐらいになるとの事。昨日も書きましたが母は、ずっと寝込んでいるとかそういう悪い様な状態ではなく、すぐに入院ではないという事は症状もそんなに悪くないとも言えます。私は、母の事を聞いてから集中力が落ちた事を感じており、心配事が1ヶ月伸びたと言 [続きを読む]
  • 「マザコン」
  • 数日前、実家から電話があり母が手術をするとかしないとか連絡があった。詳しくは、大きな病院で診てもらわないと分からないらしいが、気になって何事も集中出来ない。心が中に浮いた感じがする。別に今、実家で寝込んでいるとか死に至る病気でもないらしいが、身体を切る事自体可哀そうというか、失礼ながら田舎の医師の勘違いであって欲しいと思う。母を大事にする息子を気持ち悪いという風潮があるが、男女問わず母は特別な存在 [続きを読む]
  • 「支配階級に都合の良いシステム」
  • 私は就職活動をする時は正社員、派遣社員、アルバイトとある中で派遣社員の求人は見ない。個人的には極悪なシステムだと思っている。もちろん一時的に人が足りないという事が起こるだろうがそれは、アルバイトというシステムで事足りると思う。昔、松下さんか本田さんだったか忘れたがどんなに会社が厳しくなっても社員が宝として決して社員の首は切らなかった逸話がある。社員達もその事を恩に感じ、会社を立て直したのも首を切ら [続きを読む]
  • 「心の芝生」
  • 愛されるより、愛した方が良いみたいな言葉があるが私は、愛される方がいい。人から聞けば何かカッコいい言葉の様に聞こえるが、どのぐらいの人が愛す方がいいという人なのだろうか?私は、末っ子で家族や親戚の皆さんに幼少期から可愛がって貰った。その経験からか上の様な考えがある。だから、女性を口説く様な感じの人間ではなく、待ちの人間になってしまった。特に魅力的な人間でもないので女性から言い寄って来る様な事もなく [続きを読む]
  • 「見てるだけで面白い」
  • 昨日、自転車で買い物に行った。家に近いスーパーではなく、安く売っている店まで行くので2つの公園の横を通る。そこで子供に関する印象深い事を沢山見たので書いてみる。道路で3人の小学生の低学年の子供達がウロウロと歩いていた。危ないのでゆっくりと通ると子供の一人が「影は、10秒まで?」と言っていた。どうやら日向だけを歩いている様だ。私も子供の頃やっていたなと懐かしく思ったが、道路でやりながら帰るのは危ない [続きを読む]
  • 「自称発明家のテレビでの役割とは?」
  • ドラえもんのタケコプターは、頭に付けて体を持ち上げるのだから頭皮に自分の体重分の力が掛かるから65kgの体重の人なら同じ分の力で上に引っ張られる。髪の毛を引っ張ったら痛い様に65gの力で頭皮を引っ張ったら皮膚が千切れて空に飛んで行く事だろう。漫画では、首を曲げ四つん這いに近い格好で飛んでいる。本当だったら体が真下に引っ張られて人形の様に吊られて飛んで行くのが正解だ。頭の重さが正確に何キロかは知らな [続きを読む]
  • 「虚弱体質だが健康」
  • お腹が痛い。私は、お腹をしょっちゅう壊す。だが、ここ数年調子が良く、大きくお腹を壊した事はない。それがお腹がぷっくり出てきた原因だろう。私は、動いた分だけお腹が減るタイプで今肉が付いてきたのは、走行距離以上に燃料を入れた日を多く過ごしてきたからだろう。普通食べ過ぎるとお腹を壊すのだが最近では、お腹を壊す事が少なくなってきたと思う。子供の頃から虚弱体質ではあったが大きな病気や骨を折った事はなく、何故 [続きを読む]
  • 「テレビで紹介か自慢か?」
  • 私は、芸能人が自分の住んでいる豪華な自宅や持っている高価な物をテレビで紹介しているのを見ると“これは何の為に見させられているのだろう”と思う。自慢にしか感じない。見ている側は憧れてもしょうがないし、こういう商品があるのかと知らせる目的があったとしても到底買えない。番組の意図が分からないし、その企画を受ける芸能人の意図も分からない。その芸能人の生活を知りたい一部のファンは、嬉しいかもしれないがその他 [続きを読む]
  • 「日本賞賛番組」
  • 今日の昼、日本の職人が他の国に行き、壊れている物を直して人助けする番組を見た。昼にやっていたのだからどこぞのテレビ局の再放送だと思われる。この番組は、そう思わなかったが最近日本賞賛番組が多い気がする。日本人に向けて“こういう日本の文化がありますよ”と再発見する様な作りなら良いが、外国人に向けて“日本の技術はすごいだろう”感が強いと私は、少し不快に思う事がある。それは、芸能人が自分の住んでいる豪華な [続きを読む]
  • 「テレビっ子のテレビ信仰」
  • 街で芸能人を見る事と同様に知り合いがテレビに出ている所を見るとテンションが上がる。ある日、祖母にその娘、私の叔母から電話があったそうでテレビのコーラスコンクールに出たから見るようにと電話があったらしい。私も見たが、その時初めて知り合いがテレビに出ている所を見た訳だがテンションは、特に上がらなかった。それは、叔母が嫌いだからとかではなく、街で偶然芸能人を発見したとか不意に見付ける事に意味がある。自分 [続きを読む]
  • 「知り合いが有名人と言うリスク」
  • ・・・前回の続きコンサートなどには行った事はないが5、6歳の時に球場にプロ野球を見に行った事がある。その時有名人を初めて見たと言えるかもしれないが、まったく誰を見たとか記憶がまるでない。覚えているのはその帰り道に父が交通違反で捕まったという記憶だけで人に「初めて見た有名人は?」と聞かれてもこれを入れる事は出来ない。その後会社の行事で一回だけ球場に行ったエピソードは、このブログの何処かで書いた気がす [続きを読む]
  • 「芸能人を見るという事」
  • 街で芸能人を見るとテンションが上がる。女子学生の様にその場で飛び跳ねたりしないが心は、躍っている。しかし、女性が嬉しい時に飛び跳ねる心理学的な仕組みとは何なのだろうかと思っている。私は、芸能人を見ても心の中で“おぉ〜”と思うだけで飛び跳ねたりしない。女性特有の物なのか男性も本当は飛び跳ねるのが生理的に普通なのだが、人の目を気にして抑えているだけなのだろうか?芸能人に会う(見る)というのは、二種類あ [続きを読む]