WAYA さん プロフィール

  •  
WAYAさん: WAYAのブラックなつぶやき
ハンドル名WAYA さん
ブログタイトルWAYAのブラックなつぶやき
ブログURLhttp://wayakikaku.blog.fc2.com/
サイト紹介文40越えのおじさんが日頃感じる事をブラックユーモアを交えて書いているだけのブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2017/03/12 05:29

WAYA さんのブログ記事

  • 「老害」
  • アルバイト時代面倒見の良い50代の先輩がいた。未経験の私に良く仕事を教えてくれた。仕事を覚えてからもずっと指示を出し少し口うるさい人だなと思っていた。しかし、別の先輩と仕事をした時にこの先輩が面倒見の良い人というイメージは消え去った。別の先輩は教えるにしても口調が優しく口うるさいと感じる事はなく、先輩の言う通り仕事を進めると仕事も楽だし要領良く進む。その後50代の先輩とペアを組むと変な事にこだわっ [続きを読む]
  • 「パーソナルスペース」
  • 散髪に行った。以前にも書いたが約千円でカット出来る髪も洗ってくれない安い理髪店だ。そういう店では、いかに人数を捌くかが利益に繋がると思う。休日の夕方に行ったので既に二人のお客さんが順番待ちをしていた。その店は6席の椅子が用意されていて椅子に番号が振ってあってその番号を元に髪を切る順番が分かる。6席の椅子の1番に一人、一つ飛ばして3番の椅子に一人、私も一つ飛ばして5番の椅子に座っていた。その後一番の [続きを読む]
  • 「言葉のマジック」
  • 「最短30分」「早い!!」CMなどでこういういフレーズを聞くといかにも早く処理出来るという様なイメージを持つ。しかしこれは言葉のマジックで言い換えれば「処理するのに30分は必要」というフレーズに置き換える事が出来、それ以下の短い時間では処理できないという事を言っている。問題なのは最短30分だという事だけを言って最長を言っていないという事で言葉通りに取ると3時間でも1年後だろうと100年後になろうが [続きを読む]
  • 「待つだけの釣り」
  • 母の病気の為に中断したブログの更新だが、そう言えば子供の頃のレジャーとして行っていた“魚を捕る”話を4回書こうと思っていたのを思い出した。海での釣りと川での鮎を狙った投網と川でのハエ釣りを3日に分けて書いてきた。最後の一つが母の入院で書くのを忘れていた。その話を書こうと思うのだがその釣りは一番面白くない釣りだった。それは鯉釣りで川で行う4つのレジャーの中で一番退屈な釣りだった。釣り針に臭い臭い餌を [続きを読む]
  • 「誰か買いますか?」
  • テレビの再放送でAmazonの高額商品の話を聞いた。きっとこの一億二千万円のロボットの事だと思います。水道橋重工のクラタス・スターターキットという巨大トイロボットで人が乗って操縦出来る様です。 商品説明で両腕無しのスターターキットと書いてありスターターキッドで一億二千万円・・・現実味がなさ過ぎて笑っちゃいますね。 [続きを読む]
  • 「とんどと迷信」
  • 普通なら明けましておめでとうございますだろうが私はこの日にこれをしないといけないという決まり事が大嫌いで、そういう事をおざなりにして生きていくと世間からは変わり者と認定される。正月には年賀状を出して親戚への挨拶回り。もっと自由に生きていきたいものだと思う。親戚が嫌いな訳でも正月が嫌な訳でもなくどちらかというと正月は“休み”として好きだが折角の休みを年賀状を書いたりその他の行事で自分の時間が無くなる [続きを読む]
  • 「体育教師の教え」
  • 私が小学校5年か6年生の時に体育の時間が終わり、体育教師の指示でクラス全員で使った跳び箱やマットを片付ける様に言われ友達と私二人で跳び箱の手前に置く踏み切り台をサッサと片付けて立っていると先生が「早う片付けて」と言われたので「もう片付けました」と私が答えると先生は激怒し「そういう問題か?」と言い出し、普通なら解散だった所をもう一度クラスの皆を集めてこの一件を皆の前で話し始めた。あまり具体的な内容は [続きを読む]
  • 「自転車のカゴにゴミを捨てる犯人に告ぐ」
  • 私は、マンションの駐輪場に自転車を止めている。わざわざ、人の止めている自転車のカゴにゴミを捨てる馬鹿がいる。二日ぐらい続けて捨ててあった。道にゴミを捨てる奴が許せないというほどの強い憤りは持っていないが、わざわざ人の自転車に捨てる奴は腹立たしい。普通の良心的な人はそのまま自分のゴミとして処理をする人が多いのだろうと思う。私は、そのまま駐輪場の床に捨てる。”私が何故ゴミを処理をしなければならないのか [続きを読む]
  • 「免許の更新に行く(第二弾)」
  • 免許の更新に行った話を少し前に書いたがちょっと思い出した出来事を書こうと思います。朝バスに乗って免許センターに向かうと一人のおじいさんが誰も喋っていない静まり返えった車内でボリューム違いの音量でおじいさんより少し若そうな女性と話をしていた。そのおじいさんは足が悪く杖を持っていて連れの女性は、返事をしながら頷きながら聞いていた。70歳にはまだいっていないであろうおじいさんは、活舌が悪く見た目と比べる [続きを読む]
  • 「人に慣れた飼い猫」
  • 犬も変だが変な猫もいた。バイト帰りの夜に私の目の前を猫が横切っていた。モンローウォークの様な優雅にゆったりと歩いていた。ほんの2m前をゆっくりと歩き、人間が近づいているのに逃げる気配がないので私は”飼い猫だな”と思い普通に歩いていると猫が横切った時にはすぐ横に猫がいる状態になった。動物好きな私は、猫の腰当たりを撫でてあげた。すると猫は1mぐらい飛び上がりビックリしてビルとビルの隙間に走って行った。 [続きを読む]
  • 「犬の散歩で道路を嗅ぎまわる犬」
  • 母の入院した病院に通っていた時に犬の散歩をしていたおばさんの横を通り過ぎようとするとすると犬が急に横の方に動き自転車を漕いでいた私の前に飛び出して来た。ブレーキを掛けるとおばさんが「すいません」と謝ってくれた。その犬は後ろを通る時に下を向きずっと匂いを嗅ぎながら歩いていたので私は何か予感めいた物は感じていたのでずっと犬の動きを追いながらおばさんの横を通った。もし犬に注目していなかったら轢いていたか [続きを読む]
  • 「運転免許の更新 快適と無駄」
  • 今日、免許の更新に行った。余計な仕事は早く済ませたいタイプだが母が退院するまで待っていた。会社員の時は、休日に行っていた。人が多く何時間も掛かる。イラな私は待ち時間が大嫌いだ。まさに地獄。しかし平日に行くとほぼ待ち時間無しに終わり”あっ”という間に終わる。それは、私がゴールド免許だからだとうい事もあるのだが、講習の先生が説明していたが軽微な違反者で講習が1時間。悪質な違反者や軽微な違反を2回以上期 [続きを読む]
  • 「病院内で移動、移動、移動」
  • 母が退院しました。長い入院で私が気になった事を少しだけ書こうと思います。それは病室(ベッド)の移動の事です。一回目の入院は一部屋4人の部屋で入口側のベッドに入院していました。ある日、部屋の前に書かれている何処のベッドを使っているかのプレートで母の位置が入口側から窓側に変わっていた。母曰く患者さんが「トイレが近いので変わって欲しい」と言われたので変わってあげたそうだ。その方は足が悪く何回もトイレに行 [続きを読む]
  • 「脂を返せ!」
  • 子供の頃、母や父と買い物に行くとレジ袋を広げるのに指を舐めていた。意味が分からない。汚いし、他の人に見られるとかっこ悪い。一緒にいるこっちが恥ずかしい。歳を取ると脂の分泌が減ると言う事は分かってきたが別に唾を付けなくてもよいと思う。自分が歳を取って段々とレジ袋が指に付かずに滑り出したのに気付いた。昔は布に水を浸した物を置くサービスはほとんどなかったが今では大体の場所に置いてある。そのせいか私は指を [続きを読む]
  • 「嘘の様な本当の話」
  • 本当なら母は既に退院している。何があったかと言いますと退院の日が決まり、実家から姉が車で迎えに来る事も決まっていた。病院に行った時その話を母から聞きもう見舞いに行かなくても良いだろうと思っていた。次の日の夕方、父から電話があり母が骨を折ったと聞いた。その日の朝、母が病院の廊下を歩いていると目眩か貧血か原因は良く分からないが急に朦朧としてその場で倒れたらしい。それで老人がコケた時に折れる事が多いとい [続きを読む]
  • 「母性本能」
  • 母は順調に回復に向かっています。近いうちに退院するでしょう。母は、家でテレビを見ながらトラやライオンに襲われそうになるシマウマの子供を「イヤーー」と子供の方を応援している。若鳥の唐揚げを食いながら。私も子供の方を応援する気持ちもありますが、狩りが成功しなければライオンは餓死するという事になるのでライオンを応援する人がいてもいいと思っています。この様な子供を応援するという人は女性に多い気がします。こ [続きを読む]
  • 「夢を追う人は素敵な人に見えるのか?」
  • ボーーッとしながらパソコンを弄っていて、ふと「夢を追うって素敵やん!」という言葉が頭の中に沸いてきた。はたして本当にそうだろうかと考えてみる。分かり易い例でいうと自分の作った歌を誰が聞いても音痴なのにギターを抱えて熱唱している人をテレビなどで見る事がある。当人はミュージシャンを目指していると言っている。音痴でも作詞、作曲をして詩や曲に良いところがあれば別の人に歌ってもらえば売れるかもしれないという [続きを読む]
  • 「空腹より、無理やり食べる方が辛い」
  • 今日ニュースで学校の先生が生徒に吐くまで給食を食べさせたというニュースを見た。私も食べさせられた派で、食が細く嫌いな物も多かった。食パンが2枚ほど出たが私は、一枚しか食べれられなかった。食べ物というのは、考え方によっては拷問にもなる。テレビの大食い選手権で苦しそうに食べる選手や、外国で昆虫などの普段日本人が食べない食材を食べるリポーターなどを見るとそれが良く分かる。先生も絶対食べれない食材が一つは [続きを読む]
  • 「看護師さんの素敵な笑顔」
  • 今日も病院に行った。看護師さんとすれ違うと皆、笑顔で挨拶をしてくれる。大変な仕事だと思うがしんどそうな顔をせずに来客にも明るく接している。と、思っていた。ある日、エレベーターが来る間に横に貼ってある張り紙を読んでみた。大きく分けて入院患者に向けてと働く職員に対しての注意が書かれていた。病院内で盗難が頻発しているという事で、入院患者は貴重品を備え付けの金庫に入れるようにという事と、職員は不審者には積 [続きを読む]
  • 「病院に行く途中」
  • 今日も病院に自転車で通う。横断歩道でどっしりとしたフレンチブルドッグ?が飼い主にリードを引かれて、信号が青になるのを待っている。私は、隣に止まるとブルドッグが階段を駆け上がった肥満気味のおっさんの様な息遣いで、早く渡りたいとリードをピンと引っ張る。横断歩道が青になって待っていた人達が進みだすとブルドッグも飼い主の合図も無しに前に歩き始めた。前から小学校低学年ぐらいの女の子が急いでいる様で走って横断 [続きを読む]
  • 「ネタ切れ+諸事情により更新出来ず」
  • 夏休みは、いつも実家に帰るが今回は8月末に帰る事にした。それは、母が病院から退院したのが8月初旬だったからだ。母はどちらかと言えば太っているは、言いすぎだがぽっちゃりとした体系だが2ヶ月近い入院で痩せてしまった。休みを遅らせたのは熱い中、母の体力が戻らないだろうと思ったからだった。私が自分で好きな物を作って食べると言っても自分が料理を作りたがり無理をするのは目に見えていた。電話でもう買い物に行った [続きを読む]
  • 「ハエ釣ってます?」
  • 家の休みのレジャーと言えば“魚を捕る”事である。川では鮎も取るがハエという魚も取る。鮎を取っている時にも網に入るが夏の時期には美味しくなく、取れても逃がしてしまう。そのハエが冬になると美味しくなるのでそれを今度は、竿で釣る。冬のハエを寒バエと言い、その釣り方は2種類あって一つは毛鉤を川に流してハエを釣る方法で、膝下まだ川に入って上流から毛鉤を投入して下流まで流す。何故か殆どの場合下流でハエが掛かる [続きを読む]
  • 「思えば家族のレジャーは、魚関係」
  • 家の休みのレジャーと言えば“魚を捕る”事だった。川では鮎を捕る。父が投網を投げて姉と私が鮎を捕まえるのだ。知らない人もいるだろうが、網を投げて網を引いて鮎が網に絡み付いて捕まえると思っている方がいらっしゃると思うが殆どの鮎は、石の隙間に隠れて危機が去るまで待っている。それを私達が水中眼鏡で隠れている鮎を探し、サタンが持っていそうな三叉になった槍の先の様な道具で刺して捕まえる。鮎が逃げようと網に絡ま [続きを読む]
  • 「悪と思うと正当化される」
  • 度々書いたが家の休みのレジャーと言えば大体“魚を捕る”事。海で言えば大きく分けて堤防で浮き釣りか浜辺で投げ釣り。堤防の浮き釣りは、撒き餌を撒いて浅い場所で泳いでいる一般的には誰も狙わない様な小さい魚を釣る。普通ならリリースする魚を釣り、それをから揚げで丸ごと揚げて食べる。父は、変わり者なので他の釣り客に見られると怒られる様な小さい魚でも持って帰る。貧乏臭い釣りなのだが子供にとっては非常に楽しい。通 [続きを読む]
  • 「捻くれ者」
  • 子供の頃の夏休みは海にキャンプに行っていた。有名な海水浴場とかではなく、知る人ぞ知るみたいな場所でキャンプをしており、昼にまあまあ居た海水浴に来ていた人も夕方になると皆帰って行きキャンプをする人の方が珍しい。私が小さい頃は、母も来ていたが段々と釣りやキャンプなどには来なくなったが、まぁ何処の家族もそんな感じなのだろうと思う。小学生ぐらいになると父と姉と私の3人でキャンプをする訳だが、やる事と言えば [続きを読む]