TenkaraBeginner さん プロフィール

  •  
TenkaraBeginnerさん: 入門!てんからビギナーず
ハンドル名TenkaraBeginner さん
ブログタイトル入門!てんからビギナーず
ブログURLhttps://tenkara-beginner.net/
サイト紹介文これからテンカラ釣りを始めたいと思っている方の第一歩を応援するブログです。
自由文シンプルな釣りとして現代流行しつつあるテンカラ釣りです。それでも、まだやったことのない人にとっては敷居の高い釣りの一つだと思います。これから始めたい方が、渓魚1尾を手にするまでに必要な情報を、わかりやすく簡単にご紹介するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2017/03/12 12:13

TenkaraBeginner さんのブログ記事

  • のほほん雑魚釣りのつもりが・・・!2018/05/04
  • テンカラ釣りの対象魚は主にアマゴ、ヤマメ、イワナなどの渓流魚、トラウトですよね。しかし、それ以外にもオイカワやカワムツなど、その他の魚も釣れ、これが以外に簡単でとても楽しい釣りです。今回はこの雑魚釣りをテンカラで楽しんで・・・のつもりが、最後の最後で良い魚が掛かりました。去年の魚達も元気庭にあるちょっとした溜め池には、ちょうど1年前のゴールデンウィークに釣った魚たち(カワムツ、アブラハヤ)も数は減 [続きを読む]
  • 撚り馬素ラインの振り心地!和竿がポッキリ・・・
  • なんとか馬素を使ったテーパーラインの自作に成功し、次は実釣です。緊張の釣行です。昨年製作した竹竿と組み合わせて、現代テンカラとは一味違った釣りを。いざ試し釣り。撚り馬素の投げ心地はいかに自作の撚り馬素ラインの振り心地まずは乾燥した撚り馬素ラインを、川の水に浸して柔らかくしてから、竿に取り付けます。丹精込めた自作和竿水に浸してから使うこれは糸クセが取れるのと、柔軟性が増して破断しにくくなるのではない [続きを読む]
  • 「沈む毛鉤」で粘りのテンカラ釣行記2018/5/2
  • この連休中に試そうと思って作ったタングステン毛鉤、先日の釣行で反応のあった大きな淵にリベンジマッチ、朝の限られた時間で。淵のポイントへ直行時間も限られているので、淵までのポイントはスルーしました。バシャバシャと反応のあったポイント先日と同じようにまずは普通毛鉤で水面をチョンチョンと誘ってみます。すると、パシャと反応がありました。しかし、先日とは少し様子が違っていました。魚が小さいようでした。手前側 [続きを読む]
  • 丸一日!テンカラ漬けの釣行記2018/04/29
  • 前日には良い魚を一尾掛けて、気持ちよく眠りました。朝、4時に起きて、一緒に釣りに行く父を起こして、軽く朝食と温かいコーヒーを飲んで。まだまだ、朝は寒い。いざ、出発です。実績のある川へ朝一はまだ日も出ておらず、ほんのり明るくなり始めた頃に開始。水量は多少多いものの、水は澄んでいて、とても良い雰囲気です。が、魚の方はあまりご機嫌がよろしくなく、中々、反応がありません。深い淵になっているところに来ると、 [続きを読む]
  • 久々!小手調べのテンカラ釣行2018/4/28
  • いよいよ、待ちに待った、ゴールデンウィークの始まりです。この連休を利用して、実家に帰省してきました。ほとんど毎日のように、釣りをする夢を見ていたくらいです(笑)帰省当日で、夕方の2時間ほどですが、小手調べに渓にて竿を振ってきました。ようやく、「てんからビギナーず」に釣行記を載せることができます。キャスティングの勘を取り戻すたまに、早朝、誰もいない土手でキャスティングの練習をしに出ることはあるものの [続きを読む]
  • テンカラ用仕掛け巻きの自作に挑戦
  • 先日、馬素を撚って、テーパーラインを自作しました。市販の樹脂製の仕掛け巻きに巻きつけておくのは何となく風情がありません。そこで、毛鉤を取り付けた状態の仕掛けが巻ける仕掛け巻きを自作してみることにしました。材料直径65mm、厚さ15mmのヒノキ材を楽天で購入しました。溝の両端をノコギリでラインを引くラインを巻きつける部分となる溝を掘っていきます。そのガイドラインとなる両端をノコギリで切り込みを入れておきます [続きを読む]
  • 沈む毛鉤の水中姿勢について
  • 今回、初めて、タングステンビーズを使って毛鉤を巻いてみました。毛鉤を巻きながら、毛鉤の水中姿勢について考えさせられることがあったので、ブログに綴ります。沈む毛鉤は邪道なのか何となく、毛鉤を沈めるのも流れに乗せて沈める技術を身につけたいという妄想や、毛鉤にはこだわらないとする仮想美学から、錘付きの毛鉤は避けてきました。しかし、魚が釣れる!という甘い言葉には飛びつかざるを得ません。魚が釣れるというのも [続きを読む]
  • 「撚り馬素」テーパーラインの自作に挑戦
  • 昨年はテンカラ用の和竿作りに挑戦しました。そして、なんとか、その和竿で魚をかけることができました。今年は、さらに、いにしえの知恵に寄り添うべく、古くからラインの素材として使われて来た「馬素」を使って、「撚り馬素」作りに挑戦です。まずは練習からこれまでナイロンラインで撚り糸を作って、テーパーラインを作った経験はありました。その時は、どうしても手で撚ると不均一な部分ができてしまうので、料理用のハンドミ [続きを読む]
  • 毛鉤で釣れた!ポイント写真集2017
  • まだまだ経験不足な私ですが、実際に魚が毛鉤に反応したポイントであれば、皆様にご紹介することができるかと考えています。釣行回数は少ないですが、2017年の釣行で写真に納めた、魚のいたポイントをまとめていこうと思います。2017/4/30釣行極小アマゴがかかりました2017/4/30朝のポイント2017/4/30可愛いアマゴ取り込み失敗するも毛鉤に反応したポイントランディングネットの編み目からスルッと逃げてしまった悔しい思い出です [続きを読む]
  • ダイワ パワーウェーダー の商品レビュー
  • 2017年は、テンカラ界の大御所、榊原正巳師匠、石垣尚男先生との遠征釣行のため、地元で使っていたヒップウェーダーはまだ使う予定ですが、遠征用に掲題のウェーダーを新たに購入しました。ワンシーズン使ってみての感想をまとめていこうと思います。商品の機能性 ブーツ部は紫外線に強いPVC一体成型。新型ブーツで機動性向上。かかと部は脱ぎやすいキックオフ構造 様々な釣り場に対応するために開発されたグリップ性に優れたキ [続きを読む]
  • 鮎の友釣りに挑戦2017/9/30
  • 場所は我が地元の揖保川です。鮎の友釣りが盛んな川で、漁協も力を入れて放流を行っています。幼稚園だか小学生の時に、稚魚の放流体験をしたことを覚えています。 早朝のテンカラを終えて、一時帰宅。漁協の情報、朝の冷え込みで活性は・・・ [続きを読む]
  • 針研ぎに挑戦!タナゴ釣行記2017/9/26
  • 釣り場が少し遠いので、中々通えないでいるのですが、これまで、何度かタナゴ釣りに挑戦してきました。いよいよ、タナゴの研ぎ鉤に挑戦です。果たして、釣果に違いは出るのでしょうか? 鉤研ぎの初挑戦から、その研ぎ鉤を使っての釣行ま・・・ [続きを読む]
  • ハゼ釣行記2017/7/9・10
  • 週末と重なった大潮 海釣りでは特に大潮が良いと言われたりします。もちろん、場所や魚種によっては全く逆のことが言われたりもします。ハゼに関しても潮の動きで釣果が変わると言われます。一般的には大潮、つまり、干満の差が多く潮が・・・ [続きを読む]
  • タナゴ釣行記2017/6/24
  • ポイントに到着 子供2人と妻の4人で出発、タナゴ釣りでは有名な水元公園です。妻にはあらかじめ、キレイなタナゴを子供たちに見せてやりたいから、と釣りをする言い訳はしてあります。とはいえ、どのくらい時間が持つか…。 昼前につ・・・ [続きを読む]
  • テナガエビ釣行記2017/6/11
  • 出逢い 子どもと一緒に布団に入った時は、大抵早く目が覚めます。そんな日は、土手に出て、テンカラのキャスティング練習をしたり、散歩をしたりするのですが、その日はたまたま自作したルアーのテストをしようと、竿を持って、近くの河・・・ [続きを読む]