うおさん さん プロフィール

  •  
うおさんさん: タクシーの窓越しに
ハンドル名うおさん さん
ブログタイトルタクシーの窓越しに
ブログURLhttps://ameblo.jp/kentakanazawa/
サイト紹介文事務職から思い立って転職活動中。 第2種免許を取得して、タクシー乗務員を目指します!
自由文事務職から思い立って転職活動中。

第2種免許を取得して、タクシー乗務員を目指します!

猫 カメラ Eos kiss7 アレキサンドロス
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供211回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2017/03/12 19:07

うおさん さんのブログ記事

  • 食べるということ
  • 少し、お肉が付きました!夫が函館に行ってからというもの、白湯を口にするのも、チーズをひとかけ食べるのもやっと。それが原因で、半年も経たないうちに、体重が6kgも減ってしまいました。血液検査の結果も、筋肉細胞が寝たきりの人と同じ値ですと言われ、体調もあまり良くなく、皮の下が骨というような部分もあって、お風呂に入った時など腰掛けるのも辛くて、トイレの便座も痛くて不便。このままでは、生活にも仕事にも支障が [続きを読む]
  • ご褒美
  • 息を飲むような朝焼けタクシー乗務員の勤務は人が思う程けして楽な仕事ではないけれど普段では見られない特別なご褒美に出合う事もあってそれがあるから続けられる日々の移ろい季節の移ろい夫に送る金沢の景色忘れないでかならず帰って来て一週間でも一か月でも一年でも早くあなたに会いたいおかえりなさい#morning #sundays #朝 #朝焼け #goodmorning #sky #kanazawa #おかえり #おかえりなさい [続きを読む]
  • しあわせな未来
  • 夫の住む函館にも、ようやく本格的な春が来たよと、緑鮮やかな景色を切り取って送ってくれました。とってもきれいきっと空気も澄んで、美味しい。いつかわたしも函館に行って、隣にはちょっとおじいちゃんになった夫がいて、手を繋いで街を歩いて、大好物のラーメンを食べて、ニセコにも出掛けて、北斗駅から新幹線に乗って、そして二人で金沢に帰って来る??それはいつかはわからないけれど、それまで夫も元気で。わたしも元気で [続きを読む]
  • 引き寄せ
  • 先日の雨の月曜日。東山来教寺のご住職が、「ご自身の感じた事や思った事を日記として書くと宜しいかと思います。」そう教えて下さいました。それは最近見聞きする、引き寄せのノート引き寄せの法則この類の手法と似ているのかもしれません。けれどわたしは、その使い方を少し間違えたのか、結果的に良かったのか微妙なところですが、確かに?(負の感情を)引き寄せ?ていました。ノートに思いつくままシャープペンで思いを書き始 [続きを読む]
  • 正常値よりかなり下
  • 白とグリーンを、味気ないベランダに添えて。血液検査で、正常値以下の項目がありました。気になると言えばきになるし面倒といえば面倒だし不具合があるかと言われればあるし虫の知らせか、半年振りに実母からの電話もあって、大きい病院の検査を受ける事にしました。もう一度花を咲かせる事は難しいかもしれないけれど、シワシワに枯れてしまうのも悲しいから、ね。#CK#cpk #骨格筋 #心筋 #健康 #健康診断 #血液検査#大丈夫 #グリ [続きを読む]
  • 函館 ? 金沢 また明日
  • 涙雨こんな夜は寂しさよりも愛しさあなたに会いたいゴールデンレトリバーみたいなあたたかくてやさしくておおきなあなたを抱きしめたいおやすみなさいまた明日ね#あいたい #会いたい #抱きしめたい #ハグ #あなた #夫 #夫婦 #雨 #おやすみ #おやすみなさい #彼 #遠距離 #遠距離恋愛 #別居 #離婚 #ゴールデンレトリバー [続きを読む]
  • 大型船
  • 雨も上がって、3日ぶりの勤務。金沢港五郎島埠頭に豪華客船が入港。ワクワクしながら夫に画像を送ったら、バスもいるしねぇなかなかしょっぱいレスポンス(笑)こんな時は、やっぱり上司だった頃の、浮かれて港なんか行っても・・と言うような、夫(所長)の呆れ顔が目に浮かびます。お客様とご縁がありますように。#金沢港 #クルーズ #クルーズ船 #豪華客船 #石川県 #金沢市 [続きを読む]
  • そんな未来のために
  • 夫からの函館便りいつかいつか二人で夫と二人でこの景色を見るそんな未来禄を見るに前渓を隔つ心を労して更に迷ふことを休めよ一朝好渡に逢ふ鸞凰雲に入って飛ぶ#漢詩 #寺 #神社 #東山 #金沢 #未来 #前向き #幸せ #言葉 #願い事 #おみくじ [続きを読む]
  • 覚悟
  • 久しぶりの休日。夫のいない時間が、ゆっくりと、ただゆっくりと流れてゆきます。この街で、一人で暮らす覚悟も出来ました。ちゃんと食べてちゃんと働いてちゃんと眠る昼夜関係のない仕事の日はどうしても不規則で、三食間食コンビニで済ませ、休憩のようでそうではない客待ち時間。とても簡単な事が、本当はとても難しい事を知った48歳の春。49歳のわたし50歳のわたしわたしの横に夫がいるといいな。#夫#元気です [続きを読む]
  • しあわせ
  • 会いたい人がいるしあわせ声を聞きたい人がいるしあわせいつか行きたい場所があるしあわせいつか会える日を心待ちにするしあわせこの世は幸せで満ちている#あいたい #会いたい #声 #声が聞きたい #あなた #夫 #夫婦 #遠距離 #遠距離恋愛 #金沢 #函館 #しあわせ #幸せ #happy [続きを読む]
  • 函館に桜
  • 夫からの桜の便り函館にひとつき遅れの春今度一緒に見ようねそれを生きがいに頑張ろうそうだねきっとそんな日がそんな春がわたしたちに訪れる [続きを読む]
  • 太陽
  • どこまでも続く海に夕陽が沈むわたしに纏わるすべての事があなたへと続いているいつもどんなときもあなたを想い空を見る元気で元気で#sun #満月 #sunset #空 #そら #夕日 #夕陽 #sky #元気でね #大好き #大好きな人 #愛してる #夫 #夫婦 #遠距離恋愛 #遠距離結婚 #遠距離 [続きを読む]
  • どこまでも続く空に月が昇るわたしに纏わるすべての事があなたへと続いているいつもどんなときもあなたを想い空を見る元気で元気で#moon #満月 #fullmoon #空 #そら #sky #元気でね #大好き #大好きな人 #愛してる #夫 #夫婦 #遠距離恋愛 #遠距離結婚 #遠距離 [続きを読む]
  • 早朝のありがとう
  • 竹林 採れたて 旬筍親しくさせて頂いている先輩乗務員さん自ら手掘りの朝採れ筍彼は夫の元同僚でわたしたちが籍を抜いた事を気に掛けて事ある毎に良くして下さってそれはもう有り難く深夜勤務明け49歳一人暮らしには身に沁みます「 工藤は帰って来たか? 」夫あなたのお陰でわたしは多くの人に助けられて生きています今日もわたしはそこそこ元気です#筍 #たけのこ #深夜 #夜勤 #夜勤明け [続きを読む]
  • ひとりごはん
  • タクシー乗務の隔日勤そろそろ三カ月も経ち慣れて来たけれど慣れたら慣れたで運収を10,000、20,000と上げたくてついつい無理をしてしまうさすがに最近おつかれ気味温かい食事を身体が欲しいとねだるのでインド料理を食べに来た美味しいでもきっとメニューの味付けに一言申す小難しそうな夫の笑顔があればもっと美味しい夫今頃なにしてるかなぁ#インド料理 #カレー #ナン #ラッシー #ひとりごはん #一人暮らし #一人ご飯 #ぼっち # [続きを読む]
  • 春夏仕様
  • シーツを春夏仕様に衣替えダブルサイズの掛け布団はなかなかスムーズに収まってくれなくてバタバタと四苦八苦ここに夫がいたならば埃が嫌だとあちこちの窓や扉を開け出すんだろうなね。#衣替え #ダブルベッド #模様替え #夫 #夫婦 #換気 #窓 [続きを読む]
  • 5月はすぐそこ
  • 五月晴れ大型連休の幕開けは空はどこまでも青く樹々は鮮やかに人と車で賑わう金沢の街はとても朗らかな顔をしている「 もしもし。 」半音下がり気味の夫の声下がった目尻の大好きな笑顔LINEの向こう側の夫はとても嬉しそうだこの一年で味わった半世紀分の様々な感情がようやくここまで辿り着いたあれから夫も随分と変わった頑なだった部分が少しずつ解れ背負っていた重い荷物を降ろしたようなそんな穏やかさが伝わって来る彼を笑顔 [続きを読む]
  • 声が
  • 「 用事じやあなくただ声が聞きたかっただけ」あなたからの言葉こんなに嬉しい言葉はない。ただ ただ 愛おしいまた二人一緒になってまた二人で暮らす事をわたしたちは心待ちにしている [続きを読む]
  • 死因があるとすれば脳梗塞か膵臓疾患
  • 一人晩酌どうしても二人分になってしまうからふた皿に取り分けてラップして冷蔵庫に入れるこれは明日また一人で食べるこの生活にも慣れたけれど慣れたと言っても自分でも信じられない程のストレスに耐えていると思うこのまま一人で年を重ねて一人で生を終えるのも悪くないもしかしたら先はあまり長くないかもしれない [続きを読む]
  • ショックでした
  • 一昨日の深夜、函館に住む夫のお義母さんから、ショートメールが届いていました。翌日明け方の午前4時。何気にふと目が覚め、珍しく何気に携帯を開いて、その事に気付きました。決別したようなカタチでお別れした、お義母さんからのメール。もう二度と連絡し合う事などないと思っていた、お義母さんからのメール。眠気など何処かに行ってしまい、恐る恐るメールボックスを開いて読むと、そこには驚きの事実が書かれていました。お [続きを読む]
  • 夫からのLINE
  • 夫が切り取った今朝の函館。籍を抜き、函館と金沢で離れて暮らして、もう時期4ヶ月になろうとしている。冬の最中。始めの2ヶ月は涙に明け暮れ、それでも生きるためにがむしゃらに働いた。給料は共働きだった頃より10万円も増えた。けれど、身も心もぼろ雑巾のようになったわたしの体重は、あっという間に6kgも減り、顔も首筋も肩も手の甲も哀れなほどにやつれてしまった。そして3ヶ月。金沢の桜の蕾はほころび始め、夫を求めて流し [続きを読む]
  • 生きる意味
  • 今年の7月で50歳になる。いつのまにか、こんなにも皺だらけの、年老いた女の手。それでも最近身の回りが賑やかになって、それが少々鬱陶しくもあり、左手の指に指輪をはめる事にした。籍も住まいも別々だけど、夫とわたしの縁は今も変わりない。いつかきっと、またふたりで暮らせる日が来る。時間の無駄遣いだと言う人もいるけれど、生きていて無駄な事なんてないと思う。人生にはすべて意味がある。わたしは夫に出会って喜びも悲 [続きを読む]
  • 朝焼け
  • 何を食べても痩せてゆく身体空っぽで何も感じない心無我夢中で働いて軽口をたたいて戯けて笑って何も考えずに機械的に物事をこなしベッドに倒れこむだけの毎日つかれたそれでもまだこの朝焼けを綺麗だと見惚れるまだ大丈夫大丈夫#朝 #朝焼け #大丈夫 #疲れた [続きを読む]
  • わたしは鬼だ
  • わたしは鬼だあれからわたしはお義母さんの死を何度もなんども考えた人はいつどんな時どのようにしてその命を終えるのかと検索したりもしたけれど誰かの不幸せを待ち望むくらいならその人の幸せをただボンヤリと傍観しよう待ち人を恋い焦がれて呪いの言葉を吐くくらいならその人に愛していると呪文のように唱え続けよう漠然とした希望と失望を繰り返しながら#希望 #失望 #ねがいごと #寿命 #呪文 #恋 #遠距離 #夫婦 #彼氏 #彼 #彼 [続きを読む]