よっくま さん プロフィール

  •  
よっくまさん: Dream of Blue Lover -CNBLUE妄想小説-
ハンドル名よっくま さん
ブログタイトルDream of Blue Lover -CNBLUE妄想小説-
ブログURLhttp://bluelover571.blog.fc2.com/
サイト紹介文CNBLUEのメンバーをモデルにした恋愛小説です♪大学の先輩ヨンファ×貴女?の恋のお話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供278回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2017/03/12 20:40

よっくま さんのブログ記事

  • <番外編> My Baby U ・あとがき
  • 本編・続編に引き続き、続編番外編まで読んでくださった方、ありがとうございました!当初の予定より長くなってしまいました。パラレル設定のジフン君編…。あっさり書こうと思っていたんですが、やたら長くなってしまいました。文才のなさです。(っω・`。)夢オチ設定ですが一応、夢かも?夢じゃないかも?な終わり方なので、どちらでもお好きなほうで解釈していただけたらと思います。(夢オチを意識して、ジフン君sideのみだった [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 37
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。…予告しておきますがこの物語は完全にお遊びです!エッ!? な結末でも怒らないでください…ね。笑|ω・`)ヤバい。とうとうこの時がきてしまった。それはもうずっと待ち望んでたし、俺としてはいつでもOK!な状態ではあったけど。思わぬタイミングで訪れたこの状況に、俺の期待と緊張と興奮が入り乱れてる…。彼女の家のバスルーム。心地よ [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 36
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。彼女の親友の結婚式の、その夜。俺はいつもより遅い時間に会社を出て、急いでタクシーをつかまえて彼女のうちへ向かった。早く会いたい。今日ほど早く会いたくてたまらない日はないくらいだ。俺はタクシーの中で走り出したいくらいの気持ちだった。頭に浮かぶのは、昼間の彼女…。息も止まるほどのキスをして、俺の腕の中でフラフラになって [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 35
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。俺は…なんだかものすごく久し振りな気がする彼女の姿を前にして、胸が急激に熱くなるのがわかった。1週間くらい会ってなかっただけなのに。何年も会ってなかったみたいだ。彼女の顔を見ただけで、めちゃくちゃホッとして、なんか泣きそうなくらい…。「ヘギョから聞いてびっくりしましたよ。どうしてここへ来たんで…」彼女が言い終わる前 [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 34
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。俺はタクシーを飛ばし、カン・ミニョクの結婚式が行われている郊外の聖堂に着いた。聖堂の裏門で急いでタクシーを降りると、そこには屈強な体格の警備の男と、その隣に仁王立ちして腕組みしているヘギョがいた。「ヘギョ!」俺が駆け寄ると、ヘギョは思いきり俺を睨み付けて舌打ちをした。「…あんたねぇ!」「マジで、ほんとにごめん!ほん [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 33
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。…俺達がコーヒースタンドで待ち合わせする時、いつも俺がカップに書いていた英語のメッセージ。彼女はいつもその意味をスマホで調べては、解読できるとちょっと恥ずかしそうに俺に微笑みかけてくれた。そして必ずメッセージを写真に残してくれた。これからもずっと。こんな風に、俺の思いを彼女に伝え続けたい。彼女のスマホに溜まっていく [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 32
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。俺は会社に戻る道を歩きながら、ポケットからスマホを出した。画面には、ついさっき彼女から掛かってきた不在通知…。…この前の夜から。俺は彼女の電話にも出ずに、メッセージは見てもいない。なんでそんな事をしたのか…自分でもわからない。彼女にもしかしたら別れを告げられる予感から逃げていたのかもしれないし、俺の気持ちを無視して [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 31
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。俺が君に初めて会った時。なんだか、ずっと前から知っていたような、そんな感じがした。すごく懐かしくて…なぜか少し胸が切なくて…やっと出会えたって、ホッとしたんだ。だけど俺は、君の事となると とにかくいつも焦ってた。早く、君に近付きたくて。早く、君の心を手に入れたくて。そうしないと、君がどこかに行ってしまいそうな気がし [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 30
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。俺は元気のない彼女を促して、彼女の部屋に入った。ここに来るのは2回目だけど、相変わらず部屋は綺麗にしてある。「お茶、入れますね」それまでぼんやりしていた彼女は思い出したように、急いでキッチンに入った。俺は こんな時でも 気を使っている彼女がちょっともどかしくて、それを目で追ってからため息をついた。……何か、言いたいこ [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 29
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。ある日の朝。俺は日課のジョギングに出る前、ふとサイドボードの上に置いてある観葉植物に視線をやった。こまめに土や葉の状態を見て世話をしているからか、観葉植物は朝日を浴びていきいきしていて、心なしか成長しているような気もする。俺は穏やかな気持ちでそれを見つめ…スマホで1枚写真を撮ると、彼女に送信した。『おはよう』のメッ [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 28
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。惚れた方が負けだって言うけど…ほんとにそうだ。俺が何をしたって、どれほど悩んだって…君の一言には敵わない。君はほんの少し心を開いて俺に近付いてきてくれた。ただそれだけのことでも…俺は君のもとへ走り出さずにはいられないくらい、心が揺さぶられたんだ。俺は すぐにタクシーを呼んで、彼女の家へと向かった。時間はもうすぐ10時 [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 27
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。俺の部屋の片隅に置かれた小さな観葉植物。それは俺の部屋の新しい住人として不思議な存在感を放っていた。観葉植物と一緒に買った本を見ながら、日当たりや温度なんかを気にして ここでもない、あそこでもないと悩んで、俺は鉢の場所を決め、書かれた通りに育て始めた。仕事から帰ってきた時、朝ジョギングに行く前。一応チェックするよう [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 26
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。「先輩の元彼?」彼女の家に行った次の日の夜。俺は友達と飲みに出た帰り、仕事帰りのヘギョとばったり会った。それで家まで帰る道で、どうしても引っ掛かっていたことを聞いてみることにした。「どんなやつだったか、お前知らない?」「さぁ…よくは知らないけど」ヘギョは彼女の元彼についてはほんとに詳しくは聞いてないみたいだった。彼 [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 25
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。彼女と出会ってから、それなりに色々心は乱れたりもしたけど…この時感じたそれは、初めて感じる痛みだった。振り返った彼女が、俺に気付いた時。彼女は本当に…見られたらまずいものを見られたって、そんな顔をした。「…あ、び、びっくりしました。いたんですね」そう言って下手な笑顔を浮かべる彼女を見たら…。不安と…ショックと…苛立 [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 24
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。初めて入った彼女の部屋。「散らかってますけど…あ、ソファに座ってください」俺は 部屋をぐるっと見回した。散らかってますけど……って。全然散らかってない。普通このパターンだと「ちょっと片付けるから」なんて外で待たされるかと思ったのに、あっさり入れてくれたし…。日頃からちゃんと暮らしてる女の子の部屋って感じ。ほんと、性 [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 23
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。「来月、うちで有名人の挙式を請け負ってるんですよ」「えっ、そうなの?誰?」店に入って一時間ほど。いい感じに酒も入って、皆リラックスし始めた時にヘギョが少し声を潜めながらそんな話題を出した。「実は…」「ヘギョ、ちょっと…」「大丈夫ですって、先輩。大きな声ではいいませんから」彼女がたしなめようとするのをヘギョは手であし [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 22
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。彼女と付き合い始めて1週間。まるで少し遅れてきた春みたいに、俺の生活は一気に彼女一色に華やいでいった。それはもう、ほんとに…バラ色の毎日だった。彼女に毎日送るたくさんのメッセージ。眠る前に電話越しに聞く、耳を溶かすような彼女の可愛い声。時期的に彼女の仕事が忙しくてゆっくりデートできない代わりに、コーヒースタンドで会 [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 21
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。彼女が…俺の‘彼女’になった。俺の…俺だけの……!!「……正直、最初は絶対どうにもならないって思ってたけどさ。ほんとに先輩と付き合うことになるなんて…あんた、やるわね」コーヒースタンドで彼女からOKをもらった日の夜、ヘギョに彼女と付き合い始めたことを報告すると ヘギョは心底感心したようにそう言った。「って言うか、あん [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 20
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。俺は帰宅して自分の部屋に入ると、ジャケットを脱いでネクタイを外して… ソファに無造作に掛けた。そしてシャツを脱ごうかとボタンに手をかけ、数個外したところで指がもつれた。……あ、ヤバい。ドキドキとまた不意に心臓が高鳴り始める。さっき彼女と別れ、家に帰るまでもまるで夢の中みたいに足がフワフワして、時々思い出したように胸 [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 19
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。ずっと見えていなかった彼女の気持ち。ささいな出来事で一気に離れてしまった気がした彼女との距離。でもそれは違った。彼女の一挙一動に俺が喜んだり不安になったりするように、彼女も俺のことで心が揺れ動いていたんだ…。「……ジフンさん」強く抱き締めた腕の中で、彼女が小さく身じろぎした。だけど俺は一度捕まえた温もりを簡単に放す [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 18
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。「ジフン?ジフンよね?」「………」少しはしゃいだ声を上げながら、先の方から俺に駆け寄ってきた若い女。思いきりよく丈が短いワンピースから しなやかな長い足が伸び、すれ違う男達の視線を集めている。夜の通りでもキラキラと光を集めるような白い肌にしっかりしたメイクが映えて、周りの空気までピリッとさせるような…そんなちょっと [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 17
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。仕事が終わった俺は、いつものコーヒースタンドで彼女を待った。カウンター席に座ってしばらく通りを眺めていたら、店の窓にそっと近づいてくる彼女を見つけた。俺を見て、彼女は窓越しに いつものように笑って小さく手を振って…俺もいつものように、彼女に手で合図をした。‘すぐ出るよ’って。最近、ここで待ち合わせる時はこんな風にな [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 16
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。俺と彼女の距離。それは手が届きそうで届かない、月や星みたいなものなのか。それとも、いつの間にか すぐ近くに寄り添っている春のように… すぐそばに君はいるんだろうか。彼女とその友達に偶然に会った夜。その日を境にして…俺と彼女は毎週のように会うようになっていった。彼女は週末休みが取りにくいから、仕事終わりにご飯を食べに行 [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 15
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。「……友達、酔ってた?」「い、いえ。妊娠してるので、お酒は飲んでません」「…あ、そうなんだ」何気ない会話をする振りをしながら…。ヤバい。変な笑いが込み上げてくる。この上なく、気まずそうな彼女の表情が 可愛くて堪らない。「さっきの友達、仲良いの?」「…はい。学生時代からの親友なんです」「俺のこと、話してたんだ」「ご、 [続きを読む]
  • <番外編> My Baby U 14
  • ※このお話は続編の番外編です。 ジフン君と主人公(貴女)のお話♪ 続編はコチラから。 彼女と初めて二人で食事に行った日から。いや、彼女と初めて『デート』した日から。俺は 吹っ切れたように、毎日彼女に他愛もないメッセージを送りはじめた。昼飯を食べに行くときも、休憩中も片時も俺がスマホを手放さず、ニヤニヤしてるもんだから、さすがに同僚達にはすぐに突っ込まれた。「ジフン!お前さては女ができたな?!」会社の [続きを読む]