nobukom さん プロフィール

  •  
nobukomさん: シンガポール生活リアルタイムアップデート
ハンドル名nobukom さん
ブログタイトルシンガポール生活リアルタイムアップデート
ブログURLhttps://ameblo.jp/nobukom/
サイト紹介文シンガポールで楽しく働く。シンガポールに来てからの働くお一人様の日常を徒然なるままに書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 220日(平均4.4回/週) - 参加 2017/03/13 13:59

nobukom さんのブログ記事

  • 週末旅行-インドのウダイプ-ル City Palace1
  • ウダイプ-ルはインドで2番目に大きい宮殿がある。建物が追加されて大きくなって、空からの見た目が若干、船のようなので、タイタニックのよう、という人もいる。 入り口で現地ガイドさんを雇えるので、お願いして、いざ中へ。政府が管理してるからか、いたって明瞭会計だ。5人までの案内はINR250(約500円)で、外国語(英語含む)の場合、追加でINR150(約300円)。たまたま私1人だったので、専用ガイドさんとなった。 門を入って [続きを読む]
  • 週末旅行-インドのウダイプ-ルへ
  • 週末旅行に今回選んだのはインドのウダイプ-ル。仕事の関係で来年の春まではビザをすでに持っているので、それを使うことにした。 ウダイプ-ルはラジャスタン州というデリーの左下にある都市で、デリーかムンバイから飛行機で1時間40分のところにある。ラジャスタン州は砂漠の州だというが、ウダイプ-ルは湖があり水の潤いが人々の心を優しくする云々ガイドブックに書いてある。 元々、ピンクシティと言われるジャイプールや [続きを読む]
  • 週末旅行-Udaipur, India
  • 最近、ハイペースに働いていたので、疲れも溜まったので、ストレス解消に、この週末は、水曜日の祝日に合わせ、休みを取り、ちょっとシンガポールを脱出することにした。 面積が東京の23区ほどの小さい国だと、空港まで行くのも家から徒歩と地下鉄で、45分ほど、タクシーで、20-30分とかなりラクチン。チャンギ国際空港は出国手続きもJRの改札のような素早さで、ゲ-トまでも短時間で行ける。 どなたかのブログで学んだ、TWGで [続きを読む]
  • 週末散歩 Reading Room
  • http://thereadingroom.com.sg/ 昨日のお散歩で発見したナイスなカフェを日曜の昼下がり、bubbly girl、アンリと再び訪問した。Outrampark MRTの駅近く、Hotel Dorcetの後ろくらいにある。 レトロな雰囲気を醸し出す音楽とお洒落だけど、気分落ち着く居心地の良い内装。気に入ってしまった。読書室という名前の通り、手に取って読んでもよい本がいっぱい。 ピエールエルメのイスパハンの模倣と思われるロ-ズライチケ-キ。SGD7. [続きを読む]
  • 週末散歩 街角の風景 その2
  • 近所を散歩していると、歴史がありそうな立派な建物が登場した。 説明もあるので、史跡に指定されているよう。1895年設立の中国人の社交クラブで、1920年代にはシンガポール初の中国人向けの中学校設立のために基金を集めたり、1950年代には南洋大学を設立したり、戦時日は抗日運動のための集会所になっていたとのこと。 お向かいにも古い年号が入った建物がある。 [続きを読む]
  • 女友達5人シンガポール旅行-お土産
  • 8月末に女友達が5人、シンガポールに遊びに来てくれた際の小話、番外編です。 ひょんなことから、世界はせまくって、Olivianのパ-子さんと共通の知人がいることが発覚した。異国の地に1人嫁ぎ、仕事をしながら、2人のお子さんを育てながら、今やグラフィックデザインの仕事専任になったぺ-さんを支えるパ-子さんには頭が下がります。 昨年末は今年の年賀状を作ってもらい、折々お土産に作品も購入させてもらっています。 今 [続きを読む]
  • 週末散歩 街角の風景
  • こんな言葉を掲げた家が一軒でてきた。中国語の先生に後から意味はなんですか、ときくと、”レストランの名前かな?願いごとを壁に掲げる家もあるよ。”とのことだ。 記憶は普通の一軒家だったように思う。真相は藪の中だが、”Life is beautiful.”か”美しい充実した人生を。”というところだろうか。 [続きを読む]
  • 週末散歩 Blair Road
  • そしてNeil Roadから測道を左に曲がると一本後ろの道がBlair Roadだ。 プラナカンハウスの並ぶ風景がこの道沿いに楽しめる。カトンのプラナカンハウスの通りと比べると人々の日々の生活がそのままある感じで、とても静かだ。 目の前を中国服を着て、髪を綺麗にアップした女性が、ひらひらと蝶の羽のように裾をはためかせながら歩いていく。 レストランのウェイトレスさんかな、と思ったら、街角で撮影が始まった。どうやらモ [続きを読む]
  • 週末散歩 Neil Road
  • わりと家から近いところでカトンのようなプラナカンハウスの街並みが見れるというので、週末の朝、散策してみた。 地下鉄Outram Parkに近いNeil Roadをチャイナタウンとは反対方向に歩いて行くとEvertonのHDBが切れた後くらいから風景は始まる。 やっぱり歴史的建造物として保存されているようだ。 お隣はdouble happinessのシンボルが立派な門になっている邸宅。 こちらは予約すれば時間と人数限定で中を見学できるBaba Ho [続きを読む]
  • プラナカン料理 Guan Hoe Soon Restaurant
  • シンガポールの妹分、フェリ子との久しぶりの食事は結局、カトンのプラナカンレストランになった。 私はミシュランガイドに載ったコスパよしタイ料理でもよかったのだが、フェリ子が、今度、リトルタイを案内してくれるというので、今回は彼女の希望に沿った。 前回、このカトンのJoo Chiatにあるプラナカンレストランに行った時、目と鼻の先に2軒並んでいたのだが、前回はロ-ルキャベツのあるなしで、Chili Padiに行った。今 [続きを読む]
  • プラナカン料理 ブルージンジャー
  • シンガポールに帰ってきて、初めての週末。早速フェリ子から連絡があり、夕飯を一緒に食べることになった。彼女は夏休みでアメリカへ、私は一時帰国で東京に帰っていたので、会うのは久しぶりだ。 ちょっと前に買った今年のミシュランガイドを何を食べようかと眺めると、なんと、私とフェリ子のお気に入りプラナカンレストラン、ブルージンジャーが載っているではないか。 星はついてないけれど、コスパのよいプラナカンレス [続きを読む]
  • Pasta Brava- お誕生日ランチ
  • 私のロ-カルお友達には、天使のようなアンリがいる。とある教会の遠足のようなoutingアクティビティで知り合ったのがきっかけで、かれこれもう1年強のお友達付き合いだ。 年齢的には一回り以上年下だが、いつも”Nobuko-san”(目キラキラ)と寄ってきてくれて、なぜか懐かれているので、フェリ子の次くらいに仲良くしている。英語でいうところのbubbly girlだ。英語のbubblyとは日本語の成金のような意味ではなく、泡が弾けるよ [続きを読む]
  • Sunday Studio Marble Pattern できました。
  • 10日間ほど一時帰国。週末は実家でミシンと向き合い、せっせこ裁縫にいそしんだ。裁縫なんて、高校の家庭科以来ちゃんとならってないので我流だが、以前に染めたハ-ト模様の布はト-トバックのポケットにし、アクセントにしてみた。 3匹の姪っ子にピアノレッスン用のカバンかト-トバック、というのが義理の妹の希望だったので、ユザワヤで帆布を選び取っ手のコ-ドを選び、できたのは以下の通り。 モコナモコナにも好評でした。 [続きを読む]
  • 女友達5人シンガポール旅行-Day3 最後の晩餐
  • 最後の夕飯はタンジョンパガのプラナカンレストラン、ブルージンジャーへ。 サンボルソ-スやアッサムグレービ-等、新しい味を体験してもらいたいと思ったからだ。 大人数でくると、色々な料理を試せて楽しい。多分に主観的な感想だが、オタオタ(美味)、チャプチェ(普通)、オクラのサンボルソ-ス炒め(美味)、海老のアッサムグレービ-(大変美味)、ホタテ(普通)、イカ(美味)をみんなで分け合って食べた。デザートはチェンドルと [続きを読む]