はいきゃぱ! さん プロフィール

  •  
はいきゃぱ!さん: Hi-capaとVSR
ハンドル名はいきゃぱ! さん
ブログタイトルHi-capaとVSR
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hicapavsr/
サイト紹介文ハイキャパとVSRに偏ったお座敷シューター&ガンスミスもどきの備忘録です。主にカスタム記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 224日(平均4.2回/週) - 参加 2017/03/13 21:20

はいきゃぱ! さんのブログ記事

  • ハイキャパ UAC マッチグレードハンマー組み込み
  • 新しいスチールシアーが届いたのでマッチグレードハンマーを組み込みます。シアーはAirsoft Masterpiece製です。CP系のメーカーらしく作りは良いです。いつものように加工します。軸はステンレスの別パーツになっており圧入されています。ハンマーもいつものようにハーフコックを削除してフルコックノッチも短くしました。シアーとハンマーのエンゲージは結構短めにしてみました。これでも意外と体感のトラベルは長いです。パッキ [続きを読む]
  • ハイキャパ コンペンセイター作製 2
  • 続きです。右がKMのサイレンサーストッパー。これにコンペをイモネジで固定してみたのですがブローバックの衝撃で緩んでしまうことが分かりました。なのでアダプターを塩ビ管で作りました。写真左塩ビ管の内径はM14、P1.0のネジの下穴径に丁度よいのでタップを切りました。S.A.Sフロントは14mm正ネジなので正ネジタップです。上の写真はやらせで実際は長いままタップ切ってそれから輪切りにしました。ねじ込むとこんな感じ。単に樹 [続きを読む]
  • ハイキャパ コンペンセイター作製 1
  • ハイキャパを使ってると意味もなくコンペンセイターが欲しくなりますよね?これが何の写真か分かるでしょうか?私がマズル先端につけているKMのサイレンサーストッパーですが、なんとハイキャパのスライドのバレル系とぴったり同じだったのです。中古で買ったボロいスライドを何気なく差し込んでみたらぴったりハマるではないですか。ちなみにここの寸法は18mmです。コレを利用してコンペにしようという作戦です。まずはボロいスラ [続きを読む]
  • ハイキャパ UAC マッチグレード ステンレスハンマー
  • UACのマッチグレードハンマーがほぼ未使用の半額で入手できました。左側にストラットピンのためらい傷(笑)があるくらいでほぼ新品です。新品だと6,000円近くしますが送料も込で半額以下でした。ラッキー(^^)UACは割と良品が多いですが所詮は中華パーツ。仕上げはお世辞にもきれいとは言えません。まあ実用上問題はなさそうです。軽く仮組みしてみましたが動作も問題ありませんでした。実はKMのハンマーを買う時にも候補にあった [続きを読む]
  • マルイM&P 作動性向上 プチカスタム
  • マルイのM&Pですがなんだかんだとっても気に入っています。手に馴染むし実射性能も良いし、そして何よりかっこいい。(主観です)他にも買っては売り〜のガンが過去に実はいくつもあったのですがM&Pは珍しくそんな気も起きずに可愛がっています。そんなM&P、箱出しではコッキングが硬い、トリガーが粘るなど言われてるようですが私もそう思います(笑)初期ロットはもっとすごかったらしい…。改善方法はいくつか有るみたいで私も [続きを読む]
  • マルイ パイソン トリガーの研磨
  • 先日入手したパイソン。仕上げ的な面ではそんなに気になる事は無いのですが、触る部分には多少不満があります。1番気になったのがトリガーです。マルイの亜鉛部品全般にそうですがややザラザラした仕上げで、ダブルアクションの連射をすると重いトリガープルと相まって人差し指がとても痛いのです。少しでも快適になるようトリガーの仕上げ直しをしました。まずは研磨です。指あたりが良くなるように滑らかに。鋳型の跡などもあり [続きを読む]
  • 東京マルイ ガスリボルバー コルトパイソン 6インチ
  • 某フリマにて格安でゲットしました。東京マルイの革命的24連射リボルバーのパイソンです。確か私が小学生の頃にカタログに載り始めて一体どういう仕組みになっているんだ?と気になる存在ではありました。その頃はキングコブラがアナウンスされていましたが結局発売されなかったようですね。まあさておき…中古なのでちょいとキズありですが状態はまあまあです。昔々憧れたカタログのパイソンではなく2003年だかにリニューアルした [続きを読む]
  • ハイキャパ 特に意味無くスライド作製
  • 最近ハイキャパのカスタムも一段落した感じがあるので特に買い物もしてません。暇つぶしにいつ使うかもわからない次のスライドを作り始めました。今回は縦穴系スライドです。なんとなく実銃にありそうな感じを目指します。近年のレースガンはハイブリッドコンプが当たり前のように付いていたりするのでこのような肉抜きのされ方が多いようです。本来はバレルに空いた穴に合わせて切削するのですが、トイガンでは全く関係ないのでデ [続きを読む]
  • M&P マガジンメンテ&毛虫もどき組み込み
  • M&Pのマガジンをバラしました。まずはリップを外します。ボトムはハイキャパのようにネジで止まっていないのでピンを叩き出して外しました。噂ではこのタイプはガス漏れしやすいそうですね。今のところ問題ないですが。ボトムを外したら気密を取っている大きなOリングを外します。そしたら画像のラバープロテクタントにゴム部品を全部漬け込みます。バルブ類もOリングがたくさんついているので一緒に漬け込みます。ラバープロテク [続きを読む]
  • VSR オイルフィニッシュ ウッドストック 組み込み
  • オイルフィニッシュが終了したストックを組み込みました。先日行なったべディングにも狂いがなくすんなり終了。写真の通り木目の違いから右側面の色が薄いのが分かるかと思います。ちなみに買った時の色は↓濃いな!ホワイトバランス設定が違う事もありますが大分色は薄くなりましたね。薄くても木目がしっかり出ているので以前よりメリハリが効いていていかにもウッドな感じが出たと思います。これから手垢やなんやらで黒ずんでい [続きを読む]
  • ハイキャパ ディンプルグリップ ハイグリップ加工
  • 我慢出来ずディンプルグリップもハイグリップ加工しちゃいました。今まで全てのグリップでハイグリップ加工をしていたのでやはりコレが無いと慣れません。ハイグリップ加工って実はグリップアングルも変わるのでやるならやる、やらないならやらないと一貫した方が良いかも。トリガーガードのハイグリップ加工をするとグリップアングルがより立ちますのでグロック系は更に違和感を覚えるようになります(笑)グリップアングルってと [続きを読む]
  • ハイキャパカスタム エクステンションマグキャッチ
  • ディンプルグリップにした事で4.3タイプのマガジンキャッチでは親指が更に届き難くなりました。グリップ横方向にボリュームがあるので…。5.1のマガジンキャッチに変えようかとも思いましたが4.3デュアルステンレスのメッキタイプが1番スムーズなのでこれは譲れないのです。ですので一昔前のレースガンに見られたエクステンションボタンを付けられる用に加工してみました。見づらいですがM3のタップを切りました。実銃でもこのタイ [続きを読む]
  • VSR ピストンOリング交換
  • ストックを塗装中なのでVSRのメンテをしています。以前シリンダーを開けた時にピストンOリングの傷みを発見していたので丁度よい機会ですので交換します。シリンダーを開けます。既にメクラピンは除去してあるので自作のオープナーで回すだけです。用意したのはせっかくなのでカスタマイズパーツです。低摩擦のOリングです。その気になればオイルレス運用できるらしいです。確かに低摩擦のようでOリングのクセにパッケージをシャカ [続きを読む]
  • VSR ナカヤ ウッドストック オイルフィニッシュ1
  • べディングが終わったのでストックを塗装します。ストックでは定番のオイルフィニッシュという塗装方法です。木肌を生かしたまま木の表層に硬化性のオイルを浸透させるという方法です。硬化するオイルというのがミソなので当然ですがサラダ油等ではできません。古来からある方法は亜麻仁油を使う方法です。実銃のストックでも使われてきました。今回はDIY用として圧倒的なシェアを誇る「ワトコオイル」という商品を使います。これ [続きを読む]
  • ハイキャパ B.W.C. ディンプルグリップ
  • オークションで美品中古が出ていたので買っちゃいました。何が魅力ってグラスファイバー入りの強化樹脂製だということです。他にはシューターズデザインとかタニコバの例の奴とか数社しか出していません。レースホルスターで使うとグリップの摩耗が結構激しい事に気づきます。特にトリガーガードのみで保持するタイプはそうだと思います。この前純正を加工したABSグリップは早くもトリガーガードが削れてきています。本家STIのグリ [続きを読む]
  • VSR ナカヤウッドストック べディング
  • 先日購入したナカヤのウッドストックですが、べディングがイマイチだったのでパテを使って再べディングをしました。パテ作業中は写真を撮ってる暇などありませんので出来上がりのみです。大まかな工程はべディング部にシリコンを多め塗布、ストックに大まかに厚みを決めたパテを当てて機関部と合体。ネジを締め込む。これだけです。不必要な部分は完全に硬化する前に切り取ります。まずはレシーバーが乗る部分。私の個体は逆への字 [続きを読む]
  • エマーソン IPSCベルトとお手軽シューティングギア
  • 以前に激安レースホルスターを紹介しましたが、まともなベルトを持っていないので真価を測れずにいました。と、いうわけでちゃんとしたシューティングベルトを買いました。中古で出ていたエマーソンギアのIPSCベルトです。Mサイズとの事ですが明らかに外国人のMサイズですね(笑)私には長すぎます。もちろんインナーベルトもついています。IPSC系の道具は大体38mm(1.5インチ)のベルトに対応するように作られています。ホルスタ [続きを読む]
  • VSR  ナカヤ ウッドストック購入
  • 前から交換したいとは思っていましたがいよいよ木製ストックを買っちゃいました。購入したのはナカヤのプロスナイパー用の物です。現在割りと品薄で既に二種類しか生産もされていないみたいなので廃盤にならないうちにと思いまして。結構角張ったデザインのタイプです。Gスペック用はもっと丸みのあるデザインになってますね。そちらでも良かったのですがこちらのタイプの方が幾分か安価ですので…。とりあえず箱出しのクローズア [続きを読む]
  • 久しぶりにブルズアイを撃つ 反省会
  • ハイキャパのサイトチェックも兼ねて久々にAPSのブルズアイ練習をしました。結果から言うとダメダメでしたね(笑)いつものハイキャパとAPS-3で6回ずつ撃ちました。A4にブルズアイを実寸で6個印刷したターゲットを壁に2枚並べて、1回ずつ銃を持ち替え交互に撃ちました。撃ち順は1~6の数字の通り。計12回ブルズアイを撃った事になります。結構腕疲れるんですよねぇ。おまけに銃が毎回違うのでフォームも安定しません。結果は以下の [続きを読む]
  • APS-3  集光サイト改良
  • ハイキャパに使った大径集光アクリルが余っているのでAPS-3のサイトも大径化しました。APS-3は銃自体がかなり長い上に片手で手を伸ばして撃つので余計にドットが小さく見えます。APS-3にこそちょうどいい太さでした。集光アクリルの写真って難しいですね(^_^;)そしてサイトピクチャーの写真はもっと難しい。実際はこんなにクリアランスは無いですね。 [続きを読む]
  • ハイキャパ ブロック型集光フロントサイト作製
  • 最近集光フロントサイト研究にハマっています。今回は集光アクリル棒ではなく集光アクリル板を用いたサイト試作してみました。似たようなサイトを自作されている方がおりまして参考にさせて頂きました。用意したのは3mm厚のアクリル板です。断面をこちらに向けることで集光サイトになります。切り出して整形しました。2つあるのはアクリルの向き違いです採光面を上に向けるか横に向けるかの違いです。結果から言うとどちらもそんな [続きを読む]
  • ハイキャパ ロング集光アクリルサイト(ジョーク記事です)
  • 先日作製した大口径アクリルサイトですがちょいとイマイチだったのでシャレでこんなの作ってみました。スライド先端からはみ出すロングアクリルサイトです(笑)実銃だったらコンペから出るガスで一瞬で溶けるでしょうね。エアガンならではの工夫です。コンペがある事で長くしても何処かに引っかかる事もないのでこんなのもありかなと(^_^;)後退すると面白い絵面に。長くしただけあって明るさは満足行くレベルになりました。グリー [続きを読む]
  • ハイキャパ CQCホルスター ローライドアダプター製作
  • ハイキャパ用に愛用しているブラックホークタイプのホルスターですが、本来コンシール用なのでライド位置がかなり高いのです。写真の通りグリップがほぼベルトの上に来るので密着していても抜きやすいという利点はあります。但しかなり腕を曲げて引き抜かないといけないのでスピードシューティング向けではありません。今回はスピードシューティングを意識して少しライド位置を下げたアダプターを作ってみます。材料はMDF板。アウ [続きを読む]