Suechan さん プロフィール

  •  
Suechanさん: LOVE KANSAI!
ハンドル名Suechan さん
ブログタイトルLOVE KANSAI!
ブログURLhttp://gotokansai.blogspot.jp/
サイト紹介文有名観光名所にはない自由気ままさ、客に媚びないところが面白い関西のB級観光地を紹介。英語と日本語。
自由文ガイド見習いです。有名観光地にはない面白いところがまだまだ沢山あります。全国網羅するのは大変なので、まずは自分が住んでいる関西2府4県から攻めていこうと思います。それと時々よその地域もでてくるかも?海外の方にも感心持っていただけるよう英語表記あり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2017/03/13 22:04

Suechan さんのブログ記事

  • スケッチツアー大阪城とその周辺 Sketcing & Walking tour Osaka Castle and the vicinity (3)
  • 造幣局博物館を出て桜ノ宮橋を渡って対岸へ。でもその前に、ちょっとこの不思議なブース(?)を通ってみようか?桜ノ宮橋の端っこ、造幣局側にあるこのブースみたいな建物(?)、一体これは何だ?レトロ感たっぷりで歴史(?)を感じる、意味有りげな雰囲気中はただ螺旋階段があるだけぐるぐる螺旋階段こういう意味不明な建物は面白いです。建物の雰囲気から結構大昔に建てられたんだろうけど、果たし何のために建てられたのか? [続きを読む]
  • スケッチツアー大阪城とその周辺 Sketching & walking tour Osaka Castle and the vicinity (5)
  • 極楽橋まで来ました。この橋を渡ればいよいよ天守閣です。ところで、この頃お堀を舟で一周するサービスが始まったようで…乗ってみたいような、そうでもないような…だって1回1500円もします(大阪城御座船:所要時間約20分)。御座船についての詳細はこちらこのごろの大阪城はどんどんテーマパーク化しているような…う〜ん、それって良いような悪いような…大阪城御座船余談ですが、お城の石垣は放っておくと雑草がぼーぼーと生 [続きを読む]
  • スケッチツアー大阪城とその周辺 Sketching & walking tour Osaka Castle and the vicinity (1)
  • 大阪城といえば、大阪で最も観光客で賑わうスポットの1つでしょう。でもこれからご紹介するスケッチのコースは同じ大阪城でも、にぎわいのあるコースの裏側になります。なので観光客はほとんどいません。地元の人達がのんびり散歩したり、日向ぼっこしたり、ぼんやり考え事をしたり…平日なのに慌ただしさが少しも無くて、まるで休日の昼下がりのようです。このスケッチツアーはそういうのんびりしたコースを、好きな画題を見つけ [続きを読む]
  • スケッチツアー大阪城とその周辺 Sketching & walking tour Osaka Castle and the vicinity (1)
  • 大阪城といえば、大阪で最も観光客で賑わうスポットの1つでしょう。でもこれからご紹介するスケッチのコースは同じ大阪城でも、にぎわいのあるコースの裏側になります。なので観光客はほとんどいません。地元の人達がのんびり散歩したり、日向ぼっこしたり、ぼんやり考え事をしたり…平日なのに慌ただしさが少しも無くて、まるで休日の昼下がりのようです。このスケッチツアーはそういうのんびりしたコースを、好きな画題を見つけ [続きを読む]
  • 京都を歩くツアー・清水焼の工房 Kyoto walking tour(11)
  • 豊国神社境内を槙本稲荷神社(まきもといなりじんじゃ)の側を通り、駐車場を抜けて住宅街へ入って行きます。歩きながらガイドさんが清水焼を説明してくれました。『清水焼とはその昔、清水寺へつづく清水の坂界隈に窯元があって、そこで作られた焼き物のことを清水焼と言っていました。経済産業大臣の正式な伝統工芸品としての正式名称は『京焼・清水焼』です。京都には300軒以上もの窯元があるのですが、そのどれもが小さな窯元 [続きを読む]
  • 京都を歩くツアー 東本願寺 Kyoto walking tour(2)
  • お辞儀のはなし、予備校の話のあと地下商店街を抜けて地上に上がると目の前にお寺。東本願寺です。ちなみに東本願寺の真後ろあたりに西本願寺があります。階段を上がるとスグ目の前にお寺の屋根山門をくぐると、なんとまあ境内の広いこと、広いこと。そしてお寺の建物の大きい事、大きい事!!所々を金で縁取った重厚な屋根。そしてその屋根を支える、太く長い黒い柱の数々。黒光りさえしている木造の階段。仏教の総本山の威厳、そ [続きを読む]
  • 京都を歩くツアー 念珠の老舗 Kyoto walking tour(3)
  • 東本願寺には視聴覚ホールというところがあります。本堂をず〜っと奥へ、奥へ、お土産売り場の方面へ向かうと辿り着きます。さてそこの地下2階には『火焔太鼓』(写真参照)が設置してあります。以下は東本願寺のHPより『(前略)鼉太鼓(だだいこ)は、三鼓(さんこ)の一つで舞楽台の左右に設置された大型の締太鼓です。鼓胴の周縁に燃えさかる炎を表す巨大な装飾が施される事から火焔太鼓とも呼ばれています。(中略)鼓面には [続きを読む]
  • 京都を歩くツアー 扇の老舗と豆腐屋 Kyoto walking tour(4)
  • このあたりは何代にも渡って受け継がれた老舗が並びます。しかしなんの気取りもないのは下町のせいでしょうか?看板の文字をよくよく見ると、江戸時代に始まった…いやもっと前から始まった老舗がゴロゴロしていました。その中の一つ京扇堂さんと豆腐の並河商店さんを訪れました。向かって右側に扇の老舗『京扇堂』まずは京扇子の老舗・京扇堂さん。一言で『扇』と言っても、色々な用途があります。舞扇、扇子、檜扇…などなど。で [続きを読む]
  • 京都を歩くツアー 文子天満宮 Kyoto walking tour(5)
  • お豆腐屋さんからしばらく住宅地を歩いて文子(あやこ)天満宮へ。その途中、ちょっと素敵なお庭があったのでちょっとパチリ。雨上がりの植物はいつもより生き生きとして見えます。文子天満宮がすぐ目の前…というところでお地蔵さんのお社発見っ!ガイドさん曰く・・・「このお社の中に石の像のお地蔵さんがいます。お地蔵さんは子供の神様です。正しくは地蔵菩薩といいます。仏教では親が死ぬ前に子の方が先に死ぬ事は親不孝とさ [続きを読む]
  • 京都を歩くツアー 茶筒と高瀬川と交流館 Kyoto walking tour(8)
  • 市比賣神社の後は高瀬川沿いの元赤線・青線地帯へ。そしてひと・まち交流館。でもその前に、通り道にある開花堂で茶筒を眺めて行く・・・開花堂は高瀬川へ続く細い道の途中にあります。そんなに派手な店構えではないので、注意しないと見落としてしまうかも・・・開花堂は創業明治8年(1875年)の日本で一番古い歴史の手作り茶筒の店。塗装をしない茶筒は、銅、ブリキ、真鍮などでできています。この開花堂は茶筒に装飾を一切施す [続きを読む]
  • 京都を歩くツアー 鍾馗さん Kyoto walking tour(6)
  • さて京都の町家を歩く時何気に屋根を見上げてみて下さい。何か土偶…のようなものが見えませんか?それは鍾馗さんと呼ばれる魔除け・厄よけ・学業成就の神様です。ガイドさん:『ぱっと見がまるで閻魔大王さんに似ていますが閻魔さんではありません。うんちくですが、唐の時代、第六第皇帝玄宗が病で伏せていた時です。夢の中に1匹の小さな鬼が表れ、玄宗の玉笛と楊貴妃(妻)の匂い袋を盗もうとしました。鬼の手が玄宗に届こうと [続きを読む]
  • 京都を歩くツアー・豊国神社(とよくにじんじゃ) Kyoto walking tour(10)
  • 和菓子の老舗を出た後は、参道を歩いて豊国神社へ。ガイドさんいわく・・・『外国人の皆さんがよくおっしゃることの一つに、お寺と神社の違いがよくわからない・・・というものがあります。確かに、建物を見る限りでは大きな違いがありませんね。ただ、神社の場合は朱塗りの建物が多いです。朱はその昔、建物に塗る防腐剤の色でした。また朱には、人間の血、太陽の赤の意味があり、それはすなわち『生命』をあらわしています。お寺 [続きを読む]
  • 京都を歩くツアー・市比賣神社 Kyoto walking tour(7)
  • 鍾馗さんのいる通りを抜け、公園を抜け、そして大通り沿いにてくてく歩いて行くと目の前に『←市比賣神社』の看板アリ。その通りに左に路地の方へ曲がるとそこは普通のマンション。が、よっお〜〜く見てみると一階はガレージのように突き抜けていて、その奥に、目指す神社がありました。上がマンション、下が神社。正に1階部分をくりぬいて作ったかのような市比賣神社なんだか人集めだけのために即席に作られたっぽい神社にみえる [続きを読む]
  • 京都を歩くツアー お辞儀と予備校 Kyoto walking tour(1)
  • 京都を歩くツアーに参加してきました。…と言っても日本人向けではなく、外国人向けのようです。通訳案内士の方がガイドしてくださいます。訪問先は有名な観光地ではありません。観光地を巡る…というより、日本人ってどんな生活しているの?京都ってどんな街?…を知るツアーです。途中お昼ごはん休憩は特にありません。なのでツアーが始まる前に、コンビニかどこかでサンドイッチやおにぎり、ジュースなどを買っておく事をお勧め [続きを読む]
  • 面白い体験・なんちゅうムスコやねん!? Romance Scam(2)
  • さてさてGメールからハングアウトに引っ越ししてチャットを始めたけど、内容は至って世間話オンリー。たわいもない話で昼飯に何食べた?とか晩飯は何食べた?とか、今日は何した?とか。ところがチャットしている内に話のパターンに気がついた。私の行動を知ろうとする割に自分の行動を話さない。たまに私が『今日は何したの?』と聞くと、『いつもと同じdutyさ』と言う。いつもと同じとは基地内のパトロールとか基地から離れたと [続きを読む]
  • 面白い体験・クロだった! Romance Scam(3)
  • なんだかんだとアルバートとのチャット生活が2週間ほど経った。すると話の流れで『君にボクの側に生涯いてほしいんだ。意味がわかるね?』と尋ねて来た。もちろん言わんとする事はわかる。アホじゃないので。しかしなあ・・・・前から気になっていた事がある。彼が送って来てくれた写真の中にアメリカの基地(?)らしいところで訓練している様子のスナップ写真が1枚あった。戦闘服とヘルメットには階級のエンブレムやら所属部隊の [続きを読む]
  • 面白い体験・舐めたらアカンで Romance Scam(4)
  • 1日の内にアルバートとチャットする時間は、大体一回目は午後3:30〜4:30ごろ(日本時間)、2回目は10:30〜11:30(日本時間)ごろ。1日2度のチャットは仕事などの都合で出来ないときもあるけど、それでもかならず1日に1回はチャットする。さて、プロポーズを承諾した夜のチャットから翌日の夜チャットまでの間にだいぶん時間があるので『置き手紙』を残しておく事した。通常置き手紙しておくと、なんらかのタイミングでアルバー [続きを読む]
  • あとがきとして Romance Scam
  • これで私の『国際ロマンス詐欺』事件は終った。お金は一銭も送ってないし、自分の個人情報(電話番号や住所)は教えていない。チャットに私の画像を1枚貼付けたくらい。それはセクシー画像ではもちろんない。あとは風景写真だけ。ところで少し気になるのが写真を無断で悪用された軍人さんだ。画像検索で分かった実名で、改めてヤフーで検索かけたら沢山の画像が出て来た。仲間で写っているものもあるが、圧倒的に単独で写っている [続きを読む]
  • 面白い体験・出会い Romance Scam(1)
  • 2017年の12月8日ごろから始まった奇妙なやり取りのお話。相手はアメリカ陸軍の軍人を名乗る『アルバート・リックス』という、49歳の白人男性で、20年近い軍歴のいわゆる職業軍人。彼のプロフィールは以下の通り・・・。トランプ大統領が就任後3ヶ月目にしてアフガニスタンに派兵。派兵されてそろそろ9ヶ月目になる。今年(2018年)の3月に任期が終って、晴れてアメリカに戻れる。出身はカリフォルニア州オークランド(サンフランシ [続きを読む]
  • 二条城金魚アート Nijo Castle Kingyo Art (2)
  • 様々な形をした水槽。どの水槽も七色に光が変化する。変化する度に中の金魚達の色合いも変わり、なんとも不思議な世界観がある。『花魁』という水槽は伝統的な金魚鉢を少しアレンジしたもの。立方体の金魚鉢の上に乗っていて、他の鉢が見劣りするほど豪華。※花魁:吉原遊郭の遊女で位の高い者をいう。現代風に言えば高級娼婦、高級愛人にあたる。18世紀の中頃、吉原の禿(かむろ)や新造などの妹分が姉女郎を『おいらのところの姉 [続きを読む]
  • 二条城金魚アート Nijo Castle Kingyo Art(1)
  • 京都の二条城で開催の大政奉還150周年記念イベントのキンギョを見て来ました。しかしまあ、見事な光の演出でキンギョ達がとても幻想的で綺麗・・・というより美しかったです!!二の丸御殿の屋根をバックに金魚このイベントは『アートアクアリウム城』とよばれ、独自の世界で人々を魅了するアートアクアリウムアーティスト木村英智氏が創り出す、世界遺産を舞台にした唯一無二の酸い族アート展覧会です。屏風と金魚400年以上の歴史 [続きを読む]