よっち さん プロフィール

  •  
よっちさん: AUDIO通信
ハンドル名よっち さん
ブログタイトルAUDIO通信
ブログURLhttps://ameblo.jp/tantandiaryblog/
サイト紹介文わかりやすい文章で話題豊富に書いています。楽しんで頂けると思いますので是非読みに来てください。
自由文エントリークラスオーディオながらも話題豊富な内容とクラシックからロックまで幅広く音楽も紹介。とにかく内容盛りだくさんです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2017/03/14 06:19

よっち さんのブログ記事

  • 軽やかな
  • クラシックの声楽、シュワルツコップのモーツァルト・アリアを聴いてみると、シュワルツコップの音像がポンと浮かび上がり、やや陰影があるが、陽性な雰囲気で、軽やかにメロディアスに歌声がしなやかにたなびく。バックのオーケストラは、EMI盤らしく、やや線が細いが、柔らかい感じで繊細なのが、好印象。全体的に軽やかに鳴るのが、聴いてると心地よい。そのあとは、フュージョンで、デニスチェンバースのドラムスコットヘンダ [続きを読む]
  • フィッシャーディースカウ・冬の旅
  • バリトン歌手のフィッシャーディースカウを聴くようになったのは、ステレオサウンドで活躍されている、柳沢先生の影響だ。お気に入りは、フィッシャーディースカウの名盤「冬の旅」だ。なんと見事な歌声だろうか。左にピアノ右にディースカウという音像配置は気になるが、右スピーカーが、ディースカウになったような、感じがして悪くない。暖かくて、伸び伸びとした歌いっぷりに惚れ惚れする。曲調は陰影のあるものだが、そのひ [続きを読む]
  • 好きな音が変化している
  • ここ最近好きな音が変化してきている。 もともとスッキリとした音が好きなのだが、 そこに明るさを求めたことはなかった。 今の音は以前のスッキリとした音に加えて、 明るさが加わった。 それはオープンな解放感と共に 明るい光を感じさせる音だ。 帯域バランス的には中高域から高域が張り出したような音で、 これは最近私が声楽を聴くようになったことと 無関係ではないだろう。 張り出した明るさと積極的なリズム感で 音楽をテ [続きを読む]
  • 理想のサウンド
  • 理想のサウンドについて 書いていくと 終わりがない。 ある意味だから オーディオは楽しいのだと 言える。 つまり、 それだけ奥が深いからだ。 私の理想のサウンドを書くのは、 簡単なようで複雑だ。 ただ、 これだけは 絶対という理想のサウンドから 外せない要素がある。 それは、 再生音と部屋との帯域バランス的な面で、 整合性があるかどうかだ。 このことについては、 オーディオ評論家の 菅野沖彦先生が力説されていて、 [続きを読む]
  • 音場感を味わうジャズ録音盤
  • ジャズという音楽には、 あまり音場感という言葉が 似合わないように感じる。 ジャズはとにかくババーンと 音が勢いよく前に出れば良い という音楽だと思うからだ。 それでも音場感を意識させる ジャズの名録音盤がある。 それが、 インパルス盤ソニーロリンズ・アルフィーだ。 この作品はビッグバンド(スモール)での演奏で、 その音場感は センターにソニーロリンズを配置して、 ブラスの音が左右のスピーカー外側までパノラマ [続きを読む]
  • エリザベスシュワルツコップ
  • ヤフオクで入札中の声楽のCD。エリザベスシュワルツコップのモーツァルトアリア集。これは、落札出来そうで楽しみだ。たぶんドイツ語で歌った内容かもしれないし、英語かもしれない。私は英語もドイツ語もわからないし、歌詞も読まないタイプだ。なので、本当の意味では何を歌っているのか理解して声楽を聴けていない。しかし、言葉を越えて伝わってくるものがある。だから、声楽を聴いてる。美声に酔いメロディーの美しさや感情 [続きを読む]
  • 理想のサウンドについて書いたみた
  • 理想のサウンドについて 書いていくと 終わりがない。 ある意味だから オーディオは楽しいのだと 言える。 つまり、 それだけ奥が深いからだ。 私の理想のサウンドを書くのは、 簡単なようで複雑だ。 ただ、 これだけは 絶対という理想のサウンドから 外せない要素がある。 それは、 再生音と部屋との帯域バランス的な面で、 整合性があるかどうかだ。 このことについては、 オーディオ評論家の 菅野沖彦先生が力説されていて、 [続きを読む]
  • 柳沢功力先生の影響で声楽を聴くようになった
  • もともとオーディオでは、 セリーヌディオンやフィリッパジョルダーノにエンヤなど ポピュラー系の再生に夢中になっていた。 思わず過去形で書いたけれども、 今でもセリーヌディオンは好きだし、 今井美樹や岡村孝子に小比類巻かほるも好きだ。 そんな私が声楽の魅力にハマった。 聴く割合はポピュラー系女性ボーカルと半々ぐらいの割合で聴いている。 好きな声楽歌手は、 フィッシャーディースカウ・バーバラボニー・ナタリーデ [続きを読む]
  • オーディオの音における評価の視点
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。オーディオシステムの音を決めるのは何だろう?それは、ケーブルではない。電源でもない。インシュレーターでもない。確かにそれらのアクセサリーや調節で、音は変わるが、オーディオの音がそれで決まるわけではない。オーディオには電源が重要だというのもわかる。ケーブルが大切なのも [続きを読む]
  • コンクリートブロックスピーカースタンド
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。●読者の方へお知らせです●更新は20時に更新していましたが、次回から23時に更新しますので、宜しくお願い申し上げますスピーカースタンドにはコンクリートブロックを使っています。コンクリートブロックをスタンドにしていることには恥ずかしい気持ちがあるが、それは見た目である。 [続きを読む]
  • 原音忠実再生について
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。オーディオ愛好家の人で「原音に忠実な音」という言葉でオーディオ装置の音を評価したりすることがある。「あのスピーカーどうですか?」「あれは原音に忠実ですよ」といった会話をオーディオ愛好家とかわしたことがあったが、返事に困ったものだ。多いのがスピーカーの評価でも、原音に [続きを読む]
  • 経験を通じてオーディオで大切なことがわかった
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。今までに数回オーディオ装置を買い換えてきた。最初に買ったKEFのCresta2は7年ぐらい愛用した。それ以降は、フォステクスの20cmフルレンジ1発とか、10cmフルレンジ1発、JBLの38cmウーファー+ホーン等々。再生方法でもDSPアンプを導入して8chSSS再生をしていた時期もあった。このように [続きを読む]
  • 改めて考えるオーディオの良い音
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。諏訪内晶子によるベートーヴェン・バイオリンソナタ7番9番を聴いていて、オーディオの良い音とはなんだろう?と改めて考えた。この作品はバイオリンとピアノによる小編成の音楽だ。ロックやポップスと異なり、低音が出て良い音だとか、高音が出て良い音だとか・・そうしたオーディオ的 [続きを読む]
  • ボーカル録音について私の好み
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。私は幅広く音楽を聴くタイプで、特にクラシックの声楽からJ-POPでも女性が歌った作品を好んで聴くことが多い。そうした中で唯一の例外はペットショップボーイズだろうか。さて、話しは本題に入る。ここ最近サラオレインを聴くことが少なくなってきた。サラオレインさんは素晴らしい歌唱 [続きを読む]
  • 良い音と装置の値段は関係ない
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。今回の記事タイトルは随分思いきったタイトルだ。まず、この記事における「良い音の定義」をしておこう。良い音とはオーディオ装置の使い手の人柄が現れた音だと定義する。その考えを掘り下げると、音に人柄や性格が感じられる音であり、実際のその人の人柄や性格とズレのないオーディオ [続きを読む]
  • 帯域バランス考察・低音と中音の関係性
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。ここ数日プリメインアンプのトーンコントロール機能のBASSのみでバランスの調節をしているが、低音の調節だけで、全体の音の印象や音楽の表現性が改善するのは面白い。過去にイコライザーで帯域バランスを調節してきたなかで、「音の基本帯域はどこか?」みたいなことを考えたいた時期が [続きを読む]
  • 家庭オーディオ論〜個人的な経験を交えて
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。家庭オーディオとは以前の記事から書いているように、オーディオ以外に家具がない部屋より、普通の家庭的な雰囲気の部屋のほうが、定在波や響きなどの面で、良い音は専用ルーム的な部屋より得られやすいというものだ。ここに音の面とは別の気持ちの面というか気分のことも考えたい。家庭 [続きを読む]
  • オーディオにおける人の価値の重要性
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。実は10日ほど前にONKYOのデジタルプリメインアンプを中古で購入した。オーディオのブログをされている方なら、すぐにブログでそのことを写真付きで載せる。しかし、私は新しくプリメインを購入したのに10日間もブログではそのことは書かなかった。理由は3ある。1.そのこと以外に書き [続きを読む]
  • YAMAHAの音場補正機能YPAO
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。YAMAHAのネットワークレシーバー・R-N803にはYPAOという機能が搭載されていると、ステレオサウンドで紹介されていた。それを読んだ私は嬉しくなったので、今回の記事を書くに至った。何が嬉しいのかと説明すると、このYPAO機能は音場補正機能ということで、スピーカーを音的に好ましくな [続きを読む]
  • トーンコントロールを活用しよう!その2
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。オーディオで大切なことは帯域バランスだ。音場や音像に鮮度や解像度など追求する前に、帯域バランスを整えるほうが、良質な音楽再生への近道だ。帯域バランスを整えることに集中すれば、音場や音像に解像度などの改善は後から付いてくる。そのことは筆者も経験済みである。その帯域バラ [続きを読む]
  • トーンコントロールを活用しよう!その1
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。アンプのトーンコントロール機能を使っている人は、雑誌やネットを日頃からチェックしていると、ほとんど見かけない。グラフィックイコライザーには否定派の人がいるので、アンプのトーンコントロールともなると使う人は多いようには思えない。オーディオをされている人で、トーンコント [続きを読む]
  • 家庭オーディオ論
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。以前、数回にわたり家庭オーディオについて記事を書いた。今回はその家庭オーディオについて更に詳しく掘り下げたい。家庭オーディオとはなんだ?と思われるかもしれないが、これは当たり前に普通の一般家庭でオーディオをすることを意味している。誰だって家庭の生活空間の中でオーディ [続きを読む]
  • フジ子ヘミングさんのピアノを聴いて
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。クラシック・ピアニストのフジ子ヘミングさんのピアノを聴いていると、私は自分の音楽に対する想いを改めたいという気分になる。この人のピアノはちょっと他では聴けない、いや、感じることが出来ない豊かさを内に秘めている。聴いていると、ピアノの1音1音が心の中に静かにその響きが [続きを読む]
  • 低音の性質と良質な低音に必要な考え
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。初代AudioLike(1)の頃から低音について書いた記事は多かったように記憶している。こんな低音が好き、あんな低音が好きと、その時々で色々なことを書いていた。オーディオ装置でも、スーパーウーファーをステレオ2台使い(左右で1本ずつ使う)など色々なことをして、更にはSSS再生によ [続きを読む]
  • 音がキツイ原因〜帯域バランスについて
  • 本日もAudioLike2をご覧頂きましてありがとうございます。皆さんのオーディオマインドを刺激する記事を硬派に発信です★よろしくお願いします。オーディオをされている方の悩みで多いのが「音がキツイ」という悩み。音がキツイのは辛いもので、私もそのキツイ音には、随分ストレスを感じながら、オーディオをしていた時期があった。音がキツイとはどのような音かというと、その殆どが、耳を刺すような刺激的な高音だ。クラシックの [続きを読む]