あんどーなつ さん プロフィール

  •  
あんどーなつさん: 昨日よりほんの少し
ハンドル名あんどーなつ さん
ブログタイトル昨日よりほんの少し
ブログURLhttp://bochibochiikoka.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文大阪生まれの京都育ち。こてこての関西人・あんどーなつが、29年目に入った東京での暮らしを綴ります。
自由文結婚を機に京都から東京へ。
2017年、末娘の成人式をもって、子育てもほぼ終了。50代の後半がスタートしました。
7月より念願の(?)ひとり暮らしを始め、自分時間を楽しく過ごすため、日々模索中です。
※右脚・変形性股関節症温存中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 274日(平均4.7回/週) - 参加 2017/03/14 12:06

あんどーなつ さんのブログ記事

  • 自分の人生は自分で幕を下ろす〜映画《92歳のパリジェンヌ》
  • 悲しい映画だった。でも、美しい映画だった。若い頃は助産婦として働き、その後は社会活動家としてエネルギッシュに生きてきた女性マドレーヌ。高齢になった彼女は、運転中に突然車の制御が出来なくなり、ひどく混乱する。失望の中で、彼女が取り出したノート。そこには、高齢になって<自分ができなくなったこと>が綴られていた。・お風呂にひとりで入れなくなった・荷物を持てなくなった・階段を登れなくなった、、、など彼女は [続きを読む]
  • 年賀状が出来ました
  • 昨年は義父の喪中で、年が明けてから寒中見舞いを出したのですが、その際利用した業者さんで、今年は年賀状をお願いしました。おしごと工房⇒https://item.rakuten.co.jp/soho-oriental/c/0000004558/少ない枚数(4枚〜)でも注文可能で、デザインも豊富。完成後は、メール便の利用なら送料は無料で、自宅のポストに届けてくれます。記入する住所や送り主の名前などに間違いがないかのチェックもメールでやりとり出来てスピー [続きを読む]
  • ふわもこルームシューズ♪
  • ユニクロで買いました。(990円+税)ボンボンが可愛いでしょ底にすべりどめがついていて、歩きやすいです。暖かくて、、、脱げません^^; 履くと幅が広がってしまいますが(;´▽`A`` ☆昨日の記事の拍手欄にコメントをくださった方へ。私と同じ温存で過ごされているのですね。このままで行くのか、手術に踏み切るのか、そのことを考えない日はありません。でもそうですね、おっしゃるように、「まだ選択肢(置換術)があると [続きを読む]
  • 泣けてくる
  • ◎肩を揺らさず、綺麗に歩きたい◎階段をトントンと昇り降りしたい◎落としたものをスッと屈んで取れるようになりたい◎靴下履きと爪切りを自分でできるようになりたい自分の希望はこの四つ。走れなくても、スポーツができなくても(もともとしないし)全然構わない。これができるようになるには、手術しかない。手術で骨を入れ替えるしかない。わかってるけど、怖い。手術そのものも、した後も。寝ている間に終わるって分かって [続きを読む]
  • 冬暖かいリネンのスヌード♪
  • リネン(麻)は、春・夏の素材というイメージがありますが適度な保温性もあって、年中使える便利な素材。koloniコロニーのリネンワッシャースヌードは、ふんわり軽くて、暖房の効いた店内に入っても、首元がサラッとしているので快適です。リネンならではの適度な張りがあるので、適当に巻いてもサマになってくれるのが嬉しいところ。ブローチは、上の娘のお手製。ボルドーのお色に綺麗に合いました(*^^*) ※ナチュラル系のふんわ [続きを読む]
  • 「横綱らしい横綱や」
  • 仕事から帰ってくると、玄関からすぐそのままテレビに向かってスイッチを入れるほど、父は相撲が好きだった。当時は、第55代横綱・北の湖がまだ活躍中で、あまり相撲体形らしくない、筋肉体形の若手・千代の富士が注目され、人気が出ていた頃だったと思う。強くはなかったけれど、茶目っ気のある高見山などが懐かしい。父は北の湖が好きだった。愛想無しとか、ふてぶてしいなどの評価もあったが、「横綱らしい横綱や」と褒めていた [続きを読む]
  • 読書用めがねを作りに
  • 金曜日に行った眼科で、読書(パソコン用)めがねの処方箋を作成してもらいそのままめがねやさんをいくつか廻って結局、過去に購入したことのある(個人データが残っている)店で作成してもらうことにしました一本で済む遠近両用は便利そうだけれど、、、人によっては、慣れるまでに時間がかかるそうだし、用途によってかけ替える生活のほうが自分には合っているような気がします。できあがりは一週間後。目の疲れが少しでもラクに [続きを読む]
  • 勇気を出して
  • ずっと気になりながらも、「もし何かあったら、、、」と憂鬱でスルーしていた、市の40歳以上対象の眼科検診へ、昨日勇気を出して行って来ました。「勇気を出して」という言い方は大げさかもしれませんが、ここ数年で老眼は確実に進み、近眼なのに、めがねを外さないと近くの文字は見えにくいし目の前をチラチラ黒いものが浮遊する飛蚊症はうっとうしいし、老化の道をまっしぐらなのは、自覚していましたが自覚症状が無いままに進行 [続きを読む]
  • やっと人間になってきたような
  • 二週間ほど前に再放送されたNHK【ドキュメント72時間・選】〜生地とボタンと私〜新宿にある手芸洋裁店にやってくる、様々なお客さんの姿を追ったもの。番組の後半、店の外でハギレを熱心に見ていた年配の女性の言葉が、今も忘れられない。彼女は定年まで勤めあげた後、一年前から抗がん剤治療を始めたという。「昔はこんなことしたことなかったのに、、、、、始めて見たらこんな楽しいことがあったのかと。病気になってありがとう [続きを読む]
  • もう21歳なんだから
  • 「明日〇〇の誕生日だね」昨日、上の娘からそんなメールが来るまで、忘れていました。今日が末娘の誕生日だということを、、、今月の始めには、学祭に行ったり、一緒に買い物をしたりしてちゃんと頭にあったはずなのに。ここ二週間あまり、気持ち的にも身体的にも、鬱々と過ごしていたせいか一番大事なことがポロっと抜け落ちていました。21年前の今日、産まれた末娘。「3人目だから」と油断していたわけではないけれど、この子が [続きを読む]
  • 「受け入れる」 その意味と理由
  • 生命保険会社ア〇ラックのCMは、渡辺直美さんと西島英俊さんの夫婦編や、加藤諒さんの不老不死編など、タレントさんの起用が面白いですよね。中でも、見ていてちょっと胸がつまるのが、つんく♂さんのCM。声の異常が見つかってから、声を失うまでのこと。家族への思いを述べた、つんく♂さんのエッセイが、ア〇ラックのHPにありました。『自分がなぜ病気になったか、それにもきっと意味があるんだろう。 声を失ったのにも、きっと [続きを読む]
  • 底冷えの京都の冬を想う
  • 昨日11月22日は、<いい夫婦の日>だったとか。あまり興味が無かったものの、調べてみると1988年にある財団法人が提唱したのが始まりだそう。そこそこ歴史があるんですね。知らなかった、、、そもそも何を基準とした<いい夫婦>なのか、よく分からないけれど。そういえば、今日11月23日は、亡くなった両親の結婚記念日。昭和32年に結婚しているから、何回目の記念日になるんだっけ、、、あ、私の年に4つ足せばいいのね(^^;生きて [続きを読む]
  • 雨が降る前に
  • からだの歪みが、たぶん一番大きな要因だと思うけれど、このところ、肩コリと首コリが以前にも増してしんどいです。首が凝っている時は、必ず目の上の痛み(重さ)が伴います。脚長差のある脚で、無理にバランスをとって歩いているわけだから、首や肩に負担がかかっても、不思議はないですよね(-_-;)で、ロフトでこんなの買いました前に紹介した、靴の<AKAISHI>さんのもの。靴の他にこんなグッズもあるんです。気休めかもしれな [続きを読む]
  • 家もひとも同じように年をとる
  • 今朝のNHK <あさイチ>テーマは『どうする?実家の処分』こういうテーマはついつい見てしまう。売る? 貸す? 維持?親が認知症になってしまった時の、家族信託や成年後見人制度の問題や、実家を処分したいけれど、古くて買い手がつかない。土地の境界線がわからなくて、売ろうにも売れない。遠方の実家の維持管理にかかる交通費がばかにならない。さまざまな悩みが紹介されていた。途中、空き家の再利用も提案されていたけれど [続きを読む]
  • 認めたくはないけれど
  • 50代後半。なにか良いサプリメントはないかと思い始めてみた、<ローヤルゼリー&セサミン>飲み始めてまだ3ヶ月なので、効果のほどは正直まだ分かりません^^;以前、大〇製薬の<エクエル>を試したこともありました。そう、あの大豆イソフラボン由来のサプリメントです。<ソイチェック>という、体内でエクオールが作れているかどうかというチェックも受けてみました(幸い、少量ですがエクオールは作れていました)ただ、粒が大 [続きを読む]
  • 年賀状 私の場合は
  • 喪中はがきがポツポツと届く季節になった。毎年この時期になると、「年賀状をいつまで続けようかな」という気持ちになる。 時々、50代〜60代くらいの人の「年賀状をやめました」という話を聞く。これまでの人間関係を整理して、残りの人生をシンプルに生きようという思いからなんだろう。毎年欠かさず出してきた年賀状。高校時代の友人とのやりとりは、かれこれもう30年以上になる。文字通り、年賀状だけのお付き合いではあるけれ [続きを読む]
  • ふわりとまた観たくなる映画
  • 久しぶりに、映画《めがね》を観た。登場人物同士のセリフは少なめで、むしろ素っ気ないような感じさえ。特別な出来事が起こるわけでもなく、淡々とした風景と海の美しさが、隙間を綺麗に埋めている。道に迷わずに、引き寄せられるひとだけが訪れることのできるこの場所。こうでなければいけないことは、ここには何も無いけれど、ここに居るには、ある種の「才能」がいるらしい。サクラさんのちょっと奇妙でコミカルなメルシー体操 [続きを読む]
  • 寒い朝のお風呂&ほうじ茶ラテ
  • 今朝も冷えました。おまけに肩こりもひどくて、肩から首がパンパン(>_こんなときは、やっぱりお風呂で温まるのが一番。小窓から外の光がほんのりさして、朝のお風呂って気持ちがいい。こんなことができるのも、ひとりの気楽さなのかも。ゆっくり温まった後は、冷やさないよう厚めの靴下を履いて。冷えは股関節の痛みに大敵なので、これからの季節は特に神経をつかいます。そして温かいほうじ茶ラテカップに牛乳とほうじ茶のティー [続きを読む]
  • こころが決めたことを「よし」として
  • 昨日は、学祭が終わって一息ついた末の娘と買い物に行き、遅めのランチを食べて過ごしてきた。過去記事にも書いたけれど(記事はこちらに)靴選びに時間がかかる娘は、今回も相当数の靴を試着し、ようやく足に合う1足と遭遇(^^;予算はちょっとオーバーしたものの、娘の満足そうな顔を見るのは親として嬉しい瞬間だ。こんなふうに、末の娘と買い物に出かけるのは、私がひとりで暮らすようになってからは、初めてのこと。いろんな事 [続きを読む]
  • おしゃれな靴はもう履けない。でも、、、
  • 右脚の変形性股関節症の私。以前紹介した、<AKAISHI>のコンフォートミュール(記事はこちらに)がとても具合が良かったので、同じデザインの色違い(今度は黒)をもう一足購入しました。毎日同じ靴ばかり履くので、靴の痛みが早いです。交代で履くとモチが違いますよね。楽に履けて、楽に安定して歩けて、楽に脱げる。この三つを揃った靴を探すのは、結構大変。おしゃれなカッコいい靴が履けないのは悲しいけれど、自分のからだ [続きを読む]
  • どうせ誰かとつながるのなら
  • 東日本大震災をきっかけに、『絆』『つなぐ』という言葉が人々に広く浸透するようになったのは、まだ記憶に新しい。計画停電やお店の品薄など、被害が直接無かった場所でも、暗い空気になりがちだったけれど、「東北を応援していこう」という、人々の善意や優しさが感じられた年でもあった。あれから6年。スマホがすっかり浸透し、SNSが生活の主流となった今。便利になったその一方で、ちょっとしたことでも拡散したり、相手の顔を [続きを読む]
  • ZUCCAのふわふわキルティングバッグ
  • 【大人のおしゃれ手帖 12月号】表紙は中谷美紀さん♪ショートカットは勿論、トレンチコートのマニッシュな着こなしが素敵です。何年か前のドラマ<仁>で、花魁の役をされていたのが、とても印象的でした。付録はZUCCAのキルティングトートバック少し長めの持ち手なので、肩掛けもOK。中は勿論、全面にもポケットが。お色もブルーがかったグレーで、洋服にもあわせやすそう(*^^*)今日は、このバッグと一緒に、下北沢まで脚の施術に [続きを読む]
  • 末娘の大学祭へ♪
  • お天気に恵まれた昨日、末娘の大学祭へ行って来ました。学内奥のやぐらステージでは、メインとなる3年生達が精一杯の演奏を披露。来年は就活の年となる3年生にとっては、この学祭の舞台が、大学でのいわば最後の思い出。この日のために、毎日夜遅くまで練習に明け暮れ、当日を迎えるまでには、メンバー同士の揉めごとや、ぶつかり合いも幾つかあったと聞きます。娘は、ボーカル、キーボード、そして大学から始めたベースと、忙し [続きを読む]
  • ″ニトリ″ 東急・吉祥寺店オープン
  • 先月末、東急・吉祥寺店の7Fに″ニトリ″がオープンしました。オープン当初の人込みを避け(たつもり)で、昨日初めて覗いてきたのですが、平日にもかかわらず、フロアはすごい人次から次へとレジに人が並び、デパートにとって、集客の強力な助っ人になることは間違いなさそう。品揃えの豊富さに圧倒されながら、店内をぐるっとまわり、とりあえずはフェイスタオルを二枚だけ買ってきたのですが、確かにお値段はお安い( [続きを読む]