あんどーなつ さん プロフィール

  •  
あんどーなつさん: 昨日よりほんの少し
ハンドル名あんどーなつ さん
ブログタイトル昨日よりほんの少し
ブログURLhttp://bochibochiikoka.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文こてこての関西人あんどーなつが、武蔵野の小さな部屋から、ささやかな日々の暮らしを綴ります。
自由文大阪生まれの京都育ち。
結婚を機に京都から東京へ。
21歳〜27歳までの娘が3人。
現在、念願の?ひとり暮らしを満喫中♪
自分時間を大切にしながら、シンプルな暮らしをめざしています。
※右脚・変形性股関節症温存中(5月手術予定)です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2017/03/14 12:06

あんどーなつ さんのブログ記事

  • 出発しますm(__)m
  • 若い頃、ちゃんと勉強してこなかったんでしょうね。日大フットボールの、コーチも、監督も、昨日会見した学長も。いい歳をした大人の会見とは思えない、なんともお粗末なものでした。若干二十歳の学生を、精神的に追いつめて、誰も責任をとらない。学長に至っては、学生の就活の影響や、大学の名前を守ることばかり。(卒業生は多いけど、この大学に、もともとそんなブランド力あったっけ?芸術学部ならそこそこ有名だけれど、、、 [続きを読む]
  • お天気の良い今日のうちに
  • 誰が待っているでもない、小さな部屋ですが、退院して帰って来た時に、少しでも気持ちよく過ごせるよう、ベッドシーツや、クッションカバー、トイレマット等、お天気の良い今日のうちに朝からまとめて洗濯です。☆拍手コメントをいただいた、むらさきさんへ>股関節仲間は何故か同胞のように話が合います股関節仲間(*´ω`*)皆さん、手術を決めるまでに同じ試練を体験したからでしょうか。『脚友(あしとも)』と言える [続きを読む]
  • 人との出会い そして繋がり
  • 日曜日の入院に備えて、荷物の準備が本格化。入院自体は初めてではなく、長女⇒切迫流産 次女⇒切迫流産&切迫早産×2で、計4回の入院経験がありますが、それらは皆、痛くも痒くもない点滴中心の入院。外科手術の入院は、人生初です。術後が想像できないので、荷物の準備にちょっと悩みます。無印のトランクに、ボストンバッグが2〜3個になるかな。バッグの中身の整理に、ポーチ類が足りずにいたところ、<In Re [続きを読む]
  • よその子を怒鳴っちゃったけど
  • <今服用しているお薬で、入院中に必要なものは持参してください>ということで、入院日数分の睡眠導入剤、漢方薬をもらいに昨日、いつもの内科まで行って来ました。帰りの駅は、ちょうど下りエスカレーターが点検中「ツイてない」と思いながら、エレベーターの方へ杖をつきつき歩いていたら、、、いきなり、前から来た大学生くらいの女の子が、リュックの中を覗き込んだまま斜めに突進来て、ゾッ!!な、斜めですよ、斜め!!鞄の [続きを読む]
  • ショートカットにしちゃいました
  • 肩甲骨まであった長さの髪を、短くしました。こんなに短くしたのは、何年振り、、、?襟足が強調されたおかげで、お肉のついた首がモロに目立って自分で見てギョッとしましたが、しゃーない、、、これまでは、朝起きると最初に髪の毛をゴムで束ねてからのスタートでしたが、しばらくはそれも必要なくなりそう。結城アンナ♪さんや、桐島かれん♪さんのような長めのグレーヘアを、ゆるっとひとつにまとめるのが私の憧れ。脚が良くな [続きを読む]
  • ショートカットにしようかな
  • 小窓を開けたまま寝たら、夜中にちょっと寒くなり途中で閉めに起きました。蒸し暑かった昨日とは違って、今日は湿気も少なく爽やかな朝です。半分じゃなく、今日の空は『ほとんど全部、青い』 今日は午後から、髪を切りに行こうと思います。一か月、寝たり起きたりの生活になるので、髪の毛を気にしている余裕も無いだろうし、思い切って、ショートにしてこようかな(´-`*) [続きを読む]
  • 気分転換しないとね
  • NATURAL KITCHENで見つけた、可愛いお掃除セット。壁にかけておくだけで、ホッコリします。少し気分転換しないとね(´ω`*) ☆拍手コメントをいただいた、キッチンママさんへはじめまして。繰り返しコメントを読ませていただきました。突発性難聴を何度か繰り返されたんですね。私は、2月に突然の耳鳴りが始まり、耳鼻科で突発性難聴と診断されました。「左の低音の聴力が落ちている」とかで、出されたお薬を飲んでそ [続きを読む]
  • 私はずっと無理をしてきたんだ
  • 一日の中で、明け方近くの耳鳴りが一番辛いです。「ああ、また今日も一日、この音をずっと聞きながら眠りに落ちる瞬間までを過ごすのか」と、、、それはもう、絶望感に近いです。今朝、からだを起こすまでのあいだ、ベッドの中でいろんなことを考えました。前の街を出た時のこと。そのきっかけになった出来事。慌ただしかった引っ越し。そこからまた一人で暮らすための引っ越し。結婚以来、進級進学などで子供の環境が変わることは [続きを読む]
  • 心のそばに いつも本が
  • 心に重いことや、悩みごとがあるとき、本屋に行くのが、若い頃からの癖でした。「今の自分に、何かヒントをくれるものはないだろうか」「光を届けてくれるものはないだろうか」たくさん並ぶ背表紙の列から、ピンと感じたものを抜き出す時。その瞬間が、本と自分との出会いでした。どちらかというと、小説よりも、作家の視点や考え方が分かる、エッセイの方が好きでした。京都の実家を処分した際、棚いっぱいにあった自分の本も処分 [続きを読む]
  • やらなくちゃ 辛くても
  • 二週間後の入院に備え、準備しなくてはいけないものがいろいろあります。病院とリハビリセンターを入れて、一か月の予定なので荷物の量もそれなりです。Tシャツやスエット等の衣類は、手持ちのものに加え、後はユニクロで。リハビリで使う上履きは、楽天で購入しました。荷物を少しでも少なくするために、病院ではレンタルのパジャマを借りようかな。あとは、美容院に髪の毛を切りに行かなくちゃ。一番気になるのは、なんといって [続きを読む]
  • 傲慢だったなあと思います
  • 2月の初診から3ヶ月。病院では、医師や看護婦の説明のたびに、同意書にサインを求められます。手元に控えがあるものだけを記すと*輸血/血漿分画製剤使用に関する説明・同意書*人口股関節置換術についての説明・同意書*日本人工関節登録制度に関する同意書*身体抑制に関する説明・同意書*麻酔説明・同意書*周術期口腔機能管理計画・同意書最悪の事態が起こった時に、病院側・医師側が責任を負わないためのものだと思います [続きを読む]
  • 心もからだも いっぱいいっぱい
  • 2回目の術前検査から帰ってきました。朝9時の診察からはじまり、すべてが終わったのが夕方の5時半。家にたどり着いたのは、もう7時半近くになっていました。*自己血の貯血*I先生の診察(手術の説明)*麻酔科の説明と診察*入院手続きの説明*看護婦さんとの面談*口腔科のレントゲンと診察麻酔科で説明ビデオを見た際、たまらなく恐怖感が湧き、混乱して自分が何故ここにいるのかが、急に分からなくなってしまいました。そ [続きを読む]
  • 術前検査 2回目
  • 明日は、2回目の術前検査です前回と同様、今日の午後から病院の近くのホテルに前泊し、明日朝9時からの診察に備えます。今回のメインは、麻酔科の診察と、自己血の貯血。片足なので、400?(牛乳瓶2本分)。貯血した分の水分を補うため、3,40分かけて点滴を受けるそうです。″耳鳴り″があるのに、そんなに血液採って大丈夫かなますます具合が悪くなったらどうしようI先生からの具体的な手術についての説明(怖)と [続きを読む]
  • 長女の誕生日に
  • 今日は長女の誕生日。28歳になりました一時、婚活に取り組んでいた時期もありましたが、いろいろありまして、ただいま花?の独身です(´ω`*)教育関係の仕事に就いていますが、大学時代、私がどんなに家庭教師のバイトを薦めても無反応だったのに(^^;まわりまわって今、子供達を指導する仕事に就いている娘を思うと、人にはそれぞれ、その子に合う仕事、その子の性分を生かす仕事に自然とめぐり合うようになっているの [続きを読む]
  • 「検診のお知らせ」がきたけれど
  • 先週、子宮頸がん検診のお知らせが来ました。実施期間は、5月〜10月。市からのお知らせなので、費用は無料です。50代、60代が子宮頸がんの好発年齢ということなので、検診の必要はとても分かるのですが、お知らせの裏面を見て、ちょっと「、、、?」検診のメリットだけでなく、デメリットが記載されているのですが、そのデメリットのほう*病気であっても見つからない場合があるため、 異常なしという結果に安心して、自覚症状な [続きを読む]
  • 憂鬱
  • 雨と風の音で賑やかだった明け方。晴れてきたけれど今日は蒸し暑くなりそう。連休が終わり、来週の貯血が終わったらボチボチと入院の準備かな。ああ憂鬱ああ億劫、、、(-_-;) [続きを読む]
  • 話せることは 話せるうちに
  • 都内の外科クリニックに通うため、昨日の夕方から、夫が部屋に立ち寄っていました。夫は2か月前、電車を降りる際にふらつき、バランスをとるためについた指の置き所が悪かったのか、薬指の腱を切ってしまい、その手術と治療のために赤坂にある、手の外科専門のクリニックに通っていました。昨日、ようやく指に入っていた金属を抜き、今朝の診察後、「指が伸びるようになっていた」との連絡が。金属を抜いた後に、指が伸びるかどう [続きを読む]
  • パフォーマンスで終わりませんように
  • 板門店での南北首脳会談が、予想外の進展を見せ、核実験中止を表明したり(ほんまかいな?)これまでとはうって変わって、平和路線に転換した(かのような)北の態度。気持が悪いと言えば気持ちが悪い。今回はまた、「日本といつでも対話する用意がある」とも述べたそうで。これまで何度も、進展するかに見えては落胆の繰り返しだった拉致被害者の問題。制裁網を解かんとするための、単なる北のパフォーマンスに終わらないことを願 [続きを読む]
  • 「被害者」という言葉に感じる違和感
  • 別に、ファンでもなんでも無いので、某グループのメンバーの起こした件に関して、どうこうは無いのだけれど、ただ感じるのは、あそこまで男の側を、晒し者にして、犯罪者扱いしなきゃいけないものなのか?ということと、何よりも不思議に感じるのは、相手の女子高生を「被害者扱い」していること。例えばこれが、帰宅途中の女子高生を無理やり連れ込んで、、、とか、相手に選択の余地が無い状況で起こったことなら、まさしく「被害 [続きを読む]
  • お薬をもらいに
  • 明日から大型連休というところが多いようですね。お休みのあいだの薬の相談もあって、午前中内科へいってきました。睡眠導入剤を一錠から半錠にして、一日でも早く薬を止めたいのが私の本心ですが、、、(・・;)先生の指示に従い、入院までは今のまま続けることになりました。耳鳴りの漢方薬も、今日から種類が変わりました。上の娘が生後4か月のある日、最初に向かった病院が休診で、その時、紹介してもらったのがこの医院。<〇 [続きを読む]
  • 『実家を片づけてみませんか?』を見て思うこと
  • 昨夜放送された、TBSの番組『実家を片づけてみませんか?』汚部屋、ゴミ屋敷を面白半分に取り上げた番組があるなかで、家族の歴史や人生にも触れた、比較的真面目な?ものでした。紹介されていた6件のケースは、どの家も、「いったい何故?」というほど物が多い。でも、物自体が勝手に増殖するわけではないので、「片付けられない」「片付けない」という一番の要因は、そこに住む人の性格や意志が、大きく関係するとは思うのです [続きを読む]
  • 30回目の結婚記念日
  • 30年前の今日、4月24日。夫の実家(山梨のお寺)で、指輪の代わりに数珠を交換する、仏式の結婚式を挙げました。お寺の奥さんになるのが、当たり前だと思っていたのに、長い夫婦の歴史の中で、いろんな経緯や事情が生じ、今私たち夫婦は別々に暮らしています。結婚記念日を、ささやかにお祝いしたり、一緒に食事に行ったりするご夫婦はきっと多いのでしょうね。30年という節目を、夫婦で一緒に過ごすことができないのは正直とても [続きを読む]
  • 娘がくれたアロマ
  • 昨日、部屋に来た上の娘が、アロマオイルを持ってきてくれましたアロマは、以前から興味があったものの、オイルの値段もまちまちで、お店で手にとってはみるものの、香りの組み合わせや、効能などまで考えると、今ひとつ選ぶのに自信(こんなことに自信はいらないか(^^;)がなかったというか。エッシェンシャルオイル(精油)と、アロマオイルの違いも良く知らなかった私。ローズマリーは、集中力や記憶力を高め、ラベンダーとオレ [続きを読む]
  • 同じ女性として恥ずかしい
  • 財務省のセクハラ問題を受けて、野党の女性議員達が、「#MeToo(私も被害者)」と書いたカードを掲げて、抗議していましたね。私はもともと、この<#MeToo運動>が嫌いですが、昨日のニュースを見て、ますます嫌いになりました。セクハラがあったかなかったか、については、もはや弁解の余地は無いし、この事務次官を擁護するつもりもありませんが、私はどちらかというと、揃いも揃って黒の服を着て、自らが被ったことでもないこ [続きを読む]
  • すれ違う時にわかる、そのひとの人間性
  • 道の途中やお店の通路などで、向かい側から来る人と、どちらが先に行くか、立ち止まるかで、ほんのちょっとした間ができることって、よくありますよね。そんな時は、「自分の身を守るため=転倒を避けるため」というのが一番の理由ですが、「どうぞ」と相手の方に先に通ってもらうことが、習慣になっています。でも、当たり前のように、何も言わないでずんずん進むひともいればこちらの気配を察して、軽く会釈して通るひと。「すみ [続きを読む]