ポン吉 さん プロフィール

  •  
ポン吉さん: 専業主夫、ポン吉の徒然なるままに
ハンドル名ポン吉 さん
ブログタイトル専業主夫、ポン吉の徒然なるままに
ブログURLhttp://www.syuhuponkichi.com/
サイト紹介文20年近く専業主夫をしてきたポン吉の備忘録のようなブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2017/03/14 16:51

ポン吉 さんのブログ記事

  • 日本学生支援機構の奨学金申請が少し変わった
  • 奨学金の申請方法は二通り日本学生支援機構の奨学金の申請方法には大きく分けて2つある。一つは、大学入学予定の前年に事前に申請しておく予約採用。この場合の申請は在学中の高校が窓口になる。ちなみに予約採用に申請していて大学に進学できずに浪人生になった場合はもう一度申請し直せば大丈夫だ。この場合の浪人生の申請窓口は出身高校になるので注意が必要だ。もう一つは、大学入学後に申請する在学採用。この場合は入学した [続きを読む]
  • アドセンスの自動広告が突然表示されなくなった
  • アドセンスの調子がおかしいポン吉は毎日1度はアドセンスのマイページでブログのPVと広告表示回数と 数を確認している。 数は微々たるものなので収益額も低空飛行のままだ。ポン吉のブログの場合、平均するとページビューの4倍ほどの広告表示回数になっていた。しかし、5月4日以降、ページビューはいつも通りなのに広告表示回数が激減していた。ブログの設定を変えたわけでもないし、アドセンスの設定は自動広告 [続きを読む]
  • 火災現場を撮影する野次馬
  • バーベキューの消し忘れ?娘の友達が泊りで遊びに来てバーベキューをしたので、その後片付けをしていると、なんだか焦げ臭いにおいがし始めた。ちゃんと炭火の火が消えてないのかなと思い、水を持って火を消しに行った。しかし、そこには火の気配はなく完全に消えていた。それでもまだ焦げ臭いのであたりを見渡すと、ポン吉の家の斜め前の家から煙が上がっていた。尋常じゃない煙の量だったので、すぐに消防署に119番通報した。す [続きを読む]
  • リストラ候補でも大丈夫かも、働きアリの法則
  • 先日、昔からの知り合いの退職パーティというものに出席した。ポン吉が退職パーティの主人公である彼と初めて会った時、彼は営業部長だった。体も大きく、声もでかいし態度もでかかった。仕事に対しては即断即決するタイプだった。今だったらパワハラと思われるような言動もよくあった。リストラ候補バブル崩壊後、そんな彼の営業部にもリストラの波が押し寄せた。彼の部の営業成績は決して悪くはなかったが、人員を一人減らさない [続きを読む]
  • 伊藤園 お〜いお茶 新俳句大賞を受賞
  • ポン吉の娘の学校では冬休みの宿題に俳句を詠むことを課題として出されていた。冬休みの宿題だから季語は冬なのかと思いきや、そういう縛りはなく、テーマも自由だった。優秀作品には賞金が出ると娘が言うので、随分と気前の良い先生がいるんだなあと思っていた。1番になれば何十万円か貰えるよ、と言うのでいったいどういうことかとよくよく聞くと、宿題として生徒が提出した俳句を学校が取りまとめて、伊藤園のお〜いお茶 新俳句 [続きを読む]
  • 事態改善の手段としてのアンガーマネジメント
  • ポン吉だけかもしれないが、「アンガーマネジメント」という言葉をしばしば見聞きするようになった。少し気になったので調べてみると、アンガーマネジメントとはアンガー(怒り)をコントロールすることのようだ。目的は怒りを抑えることではない怒りをコントロールするということは、お寺の和尚さんや教会の神父さんのようにいつもニコニコと大きな心ですべてを受け入れるというのをイメージしてしまう。なるべく怒らないように怒 [続きを読む]
  • ビーチコーミングと仮想通貨
  • 立春の日は天気が良かったので、奥さんと海岸を散歩した。ビーチコーミング海岸を散歩する目的の一つに、自宅の観葉植物の支柱として流木を探すというのがあった。適当な流木が1本あれば持ち帰ろうと思っていた。海岸を歩き始めてすぐに、支柱によさそうな長さと太さの流木があったので、とりあえず1本確保した。もしもっといいものがあれば、今確保したものは捨てて新たな1本を持って帰るつもりだった。そのことを奥さんに伝え [続きを読む]
  • LIXIL PARTS SHOP にないサンウェーブの修理部品
  • お風呂のドアの調子が悪くて開け閉めがうまくできなくなってきた時の備忘録。ポン吉の家のお風呂は10年以上も前のもので、最近ドアの開け閉めがうまくいかず修理を頼もうと思っていた。ユニットバスによくある二つ折りのドアで、ドアの下の部分の滑車がうまく回っていないようだった。修理を頼もうと知り合いの業者に連絡したら、ドアを取り替えたら結構な値段がするので、もし部品交換が自分でできるのならば部品をメーカーから直 [続きを読む]
  • 受験生の宿泊、ホテル予約が困難なら「えきねっと」
  • ポン吉の子供が自宅から遠いところの大学を受験するので、ホテルを予約してあげることにした。ホテルの空室がない受験の1カ月ほど前に大学の近くにあるホテルの空室をネットでチェックしてみたが、どこも試験日前日から予約でいっぱいだった。どの予約サイトで調べてみても空室がなかなか見当たらない。まだ願書の受付期間前だったにもかかわらず、空室がないということはみんなかなり早い段階でその大学を受験するしないに関わら [続きを読む]
  • 初詣で金運アップを祈願する神社10選
  • ポン吉の初詣は地元の氏神様のいらっしゃる小さな神社に行くことが多い。たいていは家内安全を祈願するのだが、ここのところというか、ずうっと金運から見放されているので、金運アップで有名な神社に参拝してみようかと考えた時の備忘録。金運アップの正しい作法神社を参拝するには、礼儀作法が大切になってくる。神様の恩恵を受けるためには、太陽の明かりに照らされてよい気が放たれている日中、できれば午前中がいい。たくさん [続きを読む]
  • 頭の中をリセットさせる脳断食
  • 見えるところと見えないところの大掃除ポン吉は専業主夫として一応は年末の大掃除らしきものはすることにしている。とは言っても、目に見える範囲のものをかたずけたり、綺麗にするだけだが、家の中がリセットされたようで清々しい気持ちになる。パソコンの周りを掃除していると、裏側の配線が集中しているあたりの埃がすごかった。最近パソコンの動きが遅くなってきたのは、この埃のせいかもしれないと思ったので、通気口は入念に [続きを読む]
  • ドコモオンラインショップでiPhone7が約5000円
  • 高校生の娘と息子は中学の頃からガラケーを使用していた。別にスマホが欲しいとは言ってこなかったが、ポン吉と奥さんがすでにスマホを使用していて、二人合わせても毎月のデータ使用量が1GB未満なので、シェアパックプランの最小容量の5GBのうち4GBは繰り越すのだが、それも結局は使用しないので、毎月4GBは使わずじまいっだった。それだとなんだか損した気分になっていたので、娘と息子2人もシェアパックに入れようと思い、 [続きを読む]
  • 国語を勉強してプレゼンテーション能力向上
  • 子供が中学受験をするに際にいろんな学校を訪問していた時、ある学校の国語の先生が「なぜ国語を勉強するのか」というようなタイトルで保護者に対して講演してたので、ポン吉も拝聴した。講師の先生の話小学校の国語の授業では、どうしても識字率を確保することが必須なので、同じ字を何度もノートに書き写す授業や宿題が多い。しかし、中学生以上になると、国語の授業はもっとレベルが高くなる。その際に国語を学ぶ意義の一つとし [続きを読む]
  • 自分でできる不動産相続登記申請
  • ポン吉の父が亡くなった際の不動産の相続登記の備忘録。金はなくても家があった父が亡くなるまでは、ポン吉の父母は2人で持ち家に住んでいた。ポン吉には弟が1人いるがすでに結婚していて両親とは違う場所で暮らしていた。父が亡くなった時点で、相続人は母、弟、ポン吉の3人ということになった。ただ、父は相続税が発生するような財産は残していなかった。だからポン吉は相続に関して何も手続きする必要はないと思っていた。葬儀 [続きを読む]
  • 男子校の文化祭、肉食女子健在
  • 先日、ある男子校の文化祭に行く機会があった。ポン吉は4人の子どもをそれぞれ違う高校に通わせたので、文化祭には何度も言ったことがある。経験上、高校の文化祭の来客は、だいたいその学校に通う生徒の保護者や友達、そしてその学校を受験しようと考えてる小中学生とその保護者、あるいはその学校の卒業生が多いように思っていた。ところがポン吉が先日行った男子校の文化祭は少し違った。無邪気な獲物を狙う狩人たち学校の中に [続きを読む]
  • 飲食用には水道水を使わないのが常識
  • スポーツドリンク以前、子供の部活に保護者が当番で差し入れをするというのがあった。差し入れと言ってもペットボトルに入ったスポーツドリンクを持って行くだけだった。いつもはそれだけだったので、あとは子供の練習や試合を見物しているだけだった。しかしある時、ポン吉がスポーツドリンクを持って行くと保護者らしきお母さんが困った顔をしていた。ポン吉がいつものように組み立て式のテーブルの上にスポーツドリンクのペット [続きを読む]
  • ソラシドエアで長崎くんち
  • 長崎の友人に会いに行こうと思ったのは3ヶ月以上前だった。どうせ長崎に遊びに来るなら、くんちを見においでと言われたので、10月の7日に長崎に行って8日の午前中にくんちを見ることにした。くんちは毎年10月7・8・9日に開催される。今年はちょうど土日祝日の3連休と重なった。長崎での宿泊先はどこもくんちの時期は予約で一杯だったが、友人に頼んで宿泊先を確保してもらったので助かった。ソラシドエアのオーバーブッキング飛 [続きを読む]
  • フレッツ光からドコモ光にしてプロバイダ変更
  • フレッツ光からドコモ光にガラケーからスマホに変更する際に、ドコモショップの店員さんにフレッツ光からドコモ光に変えた方がいろいろと割引もあって今までより毎月の負担が安くなると言われた。フレッツ光でひかり電話とひかりTVにも契約していたが、こちらもそのままドコモ光に引き継ぐことができ、電話番号やルーターなど使用器具の変更も必要なかった。手続きはドコモショップで簡単にでき、途中、電話でNTTの担当者といくつ [続きを読む]
  • 人生の設計図
  • 学生時代の夏休みにリゾート地の泊まり込みのアルバイトをしたことがある。リゾート地の別荘が建ち並ぶ一角にあるレストランでウェイターとして働いた。仕事がない日は、テニスをしたり、BBQをしたりして、まさにのんきな学生生活を謳歌していた。目的をもって生きてる人は違うバイトが終わって食事をしていると、衝撃的なニュースがテレビで報じられた。乗客数百人を乗せた日本航空機が墜落したらしいと、どこのテレビ局も大騒ぎ [続きを読む]
  • 「エイリアン:コヴェナント」を観る前に
  • ポン吉の息子が映画「エイリアン:コヴェナント」を観に行くと言っていたのだが、その前に観ないといけないものがあるらしい。「エイリアン」と「プロメテウス」すでに「エイリアン:コヴェナント」を観た友人がポン吉の息子に、「コヴェナント」を観る前に「プロメテウス」と「エイリアン」を観た方が良いとアドバイスをくれたようだ。そこで息子はその2本の映画のDVDをTSUTAYAで借りてきた。ポン吉はどちらも映画館で観ていた。 [続きを読む]
  • 間違って手紙を出してしまった
  • 暑さもやわらぎ秋の行楽日和になってきたので、友人数人と1泊2日の小旅行に出かけることになった。たまには手書きの手紙で連絡たいていの連絡はメールでやり取りするのだけれど、たまには手紙でも書こうかと思い、当日の予定表と共に一筆書き添えることにした。30年以上も前からの遊び仲間で、しかも全員が男なので手紙の内容は少しばかり下世話な話を盛り込んだ。ここのところ話題にあがっていた不倫問題を、手紙の受取人の元カノ [続きを読む]
  • 20世紀以降最大の出生率減少、意外な原因とは。
  • 子供の頃、ポン吉の育った町では、一つの公立小学校に1000人以上の生徒がいるのは当たり前だったので、1学年に少なくとも5クラスはあった。中学になると二つくらいの小学校の生徒がが一つの中学校に集まるので、1学年は小学校の2倍近くになっていた。高校になるとさすがに全員が進学するわけではなかったし、私立高校もあったので、中学の倍にはならなかった。とは言ってもポン吉の通っていた公立高校は1学年に500人以上いて12クラ [続きを読む]
  • ストックホルム症候群は特別なことではない
  • ストックホルム症候群1973年にスウェーデンのストックホルムで起きた銀行強盗で、犯人は銀行にいた多数の人を人質にして立てこもった。突然強盗事件に巻き込まれた人質たちは死の恐怖におびえ、犯人の許可がなければ何も行動することはできない状況に置かれた。しかし、食べ物やトイレの許可などを犯人からもらったりするといつしか人質たちは犯人に対して感謝したり好意を持ったりし始める。おまけに警察が手を出さなければ犯人は [続きを読む]
  • 物持ちが良いとミニマリストになれない?
  • 子供を連れてポン吉の実家に行った際に、子供たちがポン吉の高校生の時のアルバムを見て笑っていた。物持ちが良い30年以上も前の父親の姿は今と全く違うので、たしかに面白いだろう。子供たちが一番驚いていたのは、ポン吉の水着姿だった。と言ってもポン吉の若かりし肉体ではなくて、水着そのものに驚いていた。その水着は30年以上経った今も、現役で活躍している。ポン吉が今でもその水着を着ているのを子供たちは知っているので [続きを読む]
  • 不倫をすると仕事で責任を取らされてしまうのか
  • ポン吉は専業主夫なので奥さんや子供が仕事や学校に行った後、後片付けをしながらテレビでワイドショーを見ることがよくある。ワイドショーは毎日不倫ショー昔からそうだが、男女関係のいざこざはワイドショーの十八番だ。最近も不倫疑惑の芸能人や政治家が話題になっている。コメンテーターの中には、不倫は家庭内の問題であって仕事に関係ないので仕事上で責任を取る必要はない、と言う人もいる。家族公認の愛人たしかに、ポン吉 [続きを読む]