ukmba さん プロフィール

  •  
ukmbaさん: MBAホルダーが語る英語学習のすべて
ハンドル名ukmba さん
ブログタイトルMBAホルダーが語る英語学習のすべて
ブログURLhttps://english-mba.info/
サイト紹介文TOEIC500点台の30歳から独学で英語開始し5年後に英国MBAに留学。40歳の今明かす秘訣
自由文30歳から独学で英語開始し、5年後に思い立って英国MBAに留学。MBA取得後もまだまだ英語が完璧とは思えません。果てしなく遠い道のりです。しかし10年前とは全く景色が違う。人生も変わった。ここまでの軌跡やここにきて抱く、日本人と英語学習への感慨。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2017/03/15 10:19

ukmba さんのブログ記事

  • iKnowは単語力とリスニングを一気に鍛える最強ツール
  • 英語学習に真剣に取り組んでる人なら、iKnow! という英語学習アプリを聞いたことあるのではないかと思う。これは確かPCのWeb版として、2006〜2007年ごろにベータ版として登場したのではないかと記憶している。まだiPhoneが登場する前で(直後に登場したと思う)スマホなんて誰も持ってなかった時代。これは自分の英語力増強の点で欠かせないプログラムだったので、紹介したい。 出会った頃はTOEIC600点台もう10年以上前なのだけど [続きを読む]
  • iPadとapple penはMBAに必須かもしれない
  • 最近、iPadを買った。というのもapple pencilに結構関心を抱いていたのが、対応するiPad Proは少し高め。しかしこの前出たiPadも対応していて、値段が格段に安くなっていたので買ってみた。そこで、手書きで色々対応できるノートアプリなどを見ていたのだけど、「これって、MBA当時、あったらいいなと思っていたアプリそのものだよなあ」と思ったので、この9月からMBAに留学する人に検討してもらいたいと思う。Apple製品は日本で買 [続きを読む]
  • 幼児英語教育に関して思うこと。林修氏の主張は正しいのか?
  • これって、喧々諤々のテーマで、非常に難しいテーマだと思う。以前も、林修氏が「低年齢の英語教育は思考力形成を阻害する」といった持論を展開していた。同時に「特に英語耳を鍛えられるのは幼児期までで、ある年齢を超えると難しい」というのも定説で、このテーマに関しての意見というのは割と極端に分かれているような気がする。自分はそんな中で「どっちも一理あり」という立場で、正直難しいし、子供の個人差も大きい、と考え [続きを読む]
  • 英語で「日常会話」をこなすには想像以上のボキャブラリーが必要
  • 今、日常的に英語を話すようになって言えるのだけど、語彙力というのは、食事の席での気楽な会話、といったことでも非常に重要なのである。昔、大学受験の英語というのは難しくて、ネイティブだって使わない英語だ、みたいなことが高校生とか一般的な人の間でかなり信じられてたような気がする。今はどうなのだろうか。でも、かなり英語の試験が難しいと言われる大学に必要な語彙だって、まともな大人の会話には全く足らないくらい [続きを読む]
  • TOEIC500から700まで上げるのに即効性があるのは?
  • 自分はTOEICに特化した勉強というのは、本当に英語力を上げることに関してはあまり効率的とは思わないのだけれど、これを読んでくださってる方の中には、「とにかく今、TOEICのスコアを上げることが必要」という人もいるだろう。就職活動、転職活動に役立てたいという人、会社で求められている人など。自分もそうだった。前に英語耳ドリルやこんな本を繰り返しやって基礎固めしたと書いた。当時は会社勤めだったから、一日正味で2 [続きを読む]
  • MBAは留学して「英語」でやるのがいいと思う理由。
  • 自分は国内MBAに何の反対感情もないのだけど、あえてこういうテーマで書いてみたいと思う。MBAの意義MBAは、そもそも経営学の大学院修士課程、ということになるのだけど、他の修士課程と決定的に違うことは、原則として社会経験のある人が、経営者、もしくはマネージャーとしての経営ノウハウを身につけるために来るってところである。だから年齢層も違って、例えば自分の通ったビジネススクールでは色々他にも専攻があったのだけ [続きを読む]
  • ある程度のレベルに達したら、”なりきり”で英語は上達する
  • 初心者から中級程度までは、どうしても地道な反復練習が必要なのだけど、そこは「英語絶対に上達するぞ」という意気込みで乗り切ってほしい。だけど、TOEICも750点を超えるくらいになって、英語に抵抗ない感じになってきたら、むしろ楽しみながら英語を勉強するとどんどん上達すると思う。それはオンライン英会話とかでもいいし(ネイティブキャンプ、ラングリッチ、英会話のENGLISH BELL、など)、洋書読んだり、日本語習いたい人 [続きを読む]
  • 本当の意味で、英語の底力になっていると今でも思う大学受験で使用した本
  • このブログを始めて、前々回、前回とAmazonで書籍を紹介させてもらって、ふと目についた本が非常に懐かしかったので、改めて紹介したいと思う。それはこちらの本。このブログでは、社会人になって30も近くなってからTOEICを受けてみたら500点足らずだった、というようなところからMBAに留学し、そこからまだ英語も伸びてきたという経緯を綴っているのだけど、30前でそんなスコアを取ってしまったとはいえ、正直なところをいえ [続きを読む]
  • なぜリスニングできない?それは英語への反射神経が鈍すぎるから
  • 大学受験の時には得意とさえ思っていた英語だけど、30歳前にTOEIC495という情けない状態だった英語。前に紹介したように、英語耳ドリルを繰り返しやって、何となく英語の「音」そのものには慣れてきたかな、と思った頃。とりあえずリスニング力ついたかなと思ってインターネットに出ていたTOEICのリスニング練習問題をやってみる。・・・・・・・・・・・・・・・。あれ?やっぱりできない(汗) 音は聴き取れている。なのになぜ「 [続きを読む]
  • これをやらなかったら、もしかすると一生発音は悪いままだった
  • 30歳も前に、大学生の時以来に受けて見たTOEICが500点足らずだった。「自分は英語が難しいと評判の大学に入って、英語喋れるのかと聞かれると、少し、なんて言ってたのになあ」と落ち込んでしまった。英語が得意、というのは学生時代のささやかなプライドで、しかし大学の時に帰国子女やら、高校留学してた連中の滑らかな英語を目の当たりにして、同時にコンプレックスになってたと思う。そんな自分が社内のIPテストの案内を見て、 [続きを読む]
  • 英語を趣味とするのか、英語で人生を変えるのか
  • 成人英語学習者には2通りある社会人になってから英語学習をコツコツとしている人は大きく分けて2通りあると思う。一つ目は、海外旅行で英語で困らないようにしたい、映画をもっと聴き取れるようになりたい、とにかく英語を喋れるようになりたい、という趣味型タイプと、TOEICのスコアをもう少し上げて海外事業部への転属を認めてもらいたい、転職活動に役立てたい、MBA留学したい、起業家として国際的に展開したい、という英語で [続きを読む]
  • MBA留学して、人生は良い方向に変わったのか?
  • これに関して、私ははっきり言える。YESであると。それは自分がそう思ってるからだ。自分の人生が良いか悪いか、それは私が決めることなのである。私はこれが大きな収穫の一つだと思う。自分のことに関して、自分の主観に絶対の自信を持ってもいいのだと。日本にいては、社会の中でどう自分は思われるのか、ということの方が重要だった。私は今、日本の友人や知人と話していて、ここにすごく違和感を覚えるようになった。しかし自 [続きを読む]
  • 勉強法を研究ばかりするな、今すぐやれ
  • これは何も英語の独学をしている社会人にだけ言えることではなく、大学受験生とか、全ての「何か目標に向かって勉強している」人に言えることである。一番効果的なのは、とにかく情熱的に勉強することである。英語(なり、勉強しなければならないこと)に興味があって、それを日々覚えていく楽しみさえわかれば、それが一番効果的なのである。 なぜ、自分の趣味にはそんなに詳しいのか、を振り返ろう。もしかしたら全くの無趣味で [続きを読む]
  • 英語できるようになって気づいた、世界の中の日本。
  • 日本人にとって、英語ができるできないで、全く見える景色が違ってくるということを主張したいと思う。何故なら、情報の間口の広さが全く違うからだ。そして複数の文化的発想が理解できるかできないか、ということでもあるのだ。MBAを皮切りに、私は今、海外生活をするようになった。そこで家族でも友人でも元同僚でも、海外生活についても国際情勢についても、色んなことを言ってくる。その度に、私はよく戸惑ってしまう。日本語 [続きを読む]
  • 筆者がMBA留学を思い立った日(2)
  • 前回からの続き。アメリカMBA帰りの同僚の英語力と、彼のキャリアを考えてみても、どうも自分に不可能ではなさそうだと思い始めた自分は、ついに色々とリサーチを開始するに至った。リサーチといってもネットで検索し、いろんなブログを読み漁るだけ。しかし、MBAって楽天の三木谷社長のようなエリートしか行けないということはない、というのは確信した。もちろん彼の行ったハーバードや、英国でいうならLBS(ロンドンビジネスス [続きを読む]
  • 筆者がMBA留学を思い立った日(1)
  • MBA、これにあなたはどんなイメージを持つだろうか。私は自分の留学をきっかけに、自己紹介の際にMBAに触れることが多くなったわけだけれども、反応は様々で、中にはピンと来てなくて「何だろう、それ?」という顔の人もいれば、「すごいですね!」という反応の人もいれば、「それで?MBAを取ってどうなった?」とやや好戦的な態度になる人もいる。私の場合は、どちらかというと3番目に近くて、2000年くらいまでならいざ知らず、M [続きを読む]