Kaoruko さん プロフィール

  •  
Kaorukoさん: きらめきのジュエリー フィレンツェ物作り物語
ハンドル名Kaoruko さん
ブログタイトルきらめきのジュエリー フィレンツェ物作り物語
ブログURLhttps://ameblo.jp/verisic/
サイト紹介文フィレンツェ在住16年、彫金職人Kaorukoが、子育て話も盛り込みつつイタリア生活ご紹介。
自由文勤務先ジュエリーブランドのIDRUSでの出来事や、私のラインVersi Coloriの作品も多数紹介しています。
フィレンツェに留学して、職人の道に入り、結婚、子育てと盛りだくさんの出来事を綴っています。なんでもやってみたい人、海外で、夢を実現したい人のお手伝いができれば嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/03/15 15:55

Kaoruko さんのブログ記事

  • 凍てつく中の子供のテニスの試合〜〜
  • パジャマパーティーの翌日、子供たちが遊ぶ中、私は夜の忘年会に持参する一品をオーブンで料理する。長女のテニスの試合が午後からあるので、午前中に用意を終えておけば、焦らずに済む。次女の友人はお迎えが来たり軽い昼食後に送り届けたりしながらさあ、いざテニスの試合に。集合時間の13時40分に間に合うように早く家を出発して、完璧に到着したというのに、一向に試合の始まる様子はない。登録手続きをして、Barの中でカフェ [続きを読む]
  • 誰にでもある何をしても裏目にでる日の、気分の変え方〜〜
  • 何をしても裏目にでる日というのは誰しもある。そんな日というのは大体自分がひどい波動を出している時だ。食洗機は夜かけるわが家だが、全て片付けてセットしたので、最後に自分のグラスだけ入れてスイッチを入れるように主人に言って次女と眠りに行ったのに彼は仕事に没頭して忘れていた。そして、朝から食洗機をかけることに。今日はテニスレッスンの後、買い物をして、昨日のポケモンキャラチョコの続きをして翌日のお誕生会用 [続きを読む]
  • 自然療法 火傷にはグリーンクレイで対処〜〜
  • 薬を使用しないわが家は、精油やラクシュミー 優さんから教えていただいたスパジリックなどの自然療法を毎日の生活に取り入れている。ここのところ、火傷の多い私。オーブンやら鍋やらに触れてジュッとなることが頻繁だ。もっと落ち着いて、焦らなくても大丈夫〜〜一つ一つ大切に事を運ばないと、痛い目にあうぞ〜〜という天からの忠告なのかもしれない。起ることの意味を考えて、行動を正しつつも痛みには対処しなくては!大体は [続きを読む]
  • トラムに乗って検診に〜〜イタリアでも時間通りのことがある‼?
  • 乳がんの無料検診の通知が昨年よりISPRO Istituito Per Lo Studio E La Prevenzione Oncologia (腫瘍予防と研究の為の協会)から来るようになり、今年はバスではなくトラムで向かってみる。昨年はバスが渋滞で止まって間に合うかどうかひやひやした。駅までは徒歩で行き、T1careggi-ospedale行きに乗る。途中、「電気系統の故障により4分止まります。」と放送があった時には、とほほと思ったけれど、1分ほど停車しただけですぐに動 [続きを読む]
  • 新しい年へ向けて未完了事項を減らして行こう〜〜
  • 週末にはやらなきゃやらなきゃと思っていて、先送りしていることを一つか二つでも、こなしたいと思っている。なのに結局、決めていたことができなかったと落ち込む週が続いている。主人がPCに釘付けだからと人のせいにしているうちには、何事もらちがあかない。今年も最終月が、どんどんと過ぎ去っていく。未完了事項は、先に進んでいくパワーを奪い取る。何もできない自分に辟易する前に未完了事項をまずは、どんどんと書き出して [続きを読む]
  • ペルゴラ劇場の上質な音楽コンサートに次女も参上〜〜
  • イタリアでは12月8日無原罪のお宿りの祝日にクリスマスツリーの飾り付けをする。そして1月6日の東方三博士の礼拝の日でクリスマスが終わる。その日にツリーをしまう。恒例のツリー飾り付けは子供たちに任せる。大きくなってスイスイことが進む。あっという間に出来上がり、その後次女はミラノの修道院を訪ねたときに、そちらで購入したプレゼピオをツリーとともに飾ろうと、試行錯誤。背景に色を塗ったり、色々と工夫しているよう [続きを読む]
  • 忙しいからこそ瞬間瞬間を充実させる〜〜
  • 本日も次女の習い事、テニスの付き添い。いつもは主人が連れて行き、その間彼はジムへ行くのだが、今週は、終えなければいけない記事の用意があるようだ。あまり、焦りを見せることのない主人だが、締め切り期限が迫っているので、多少の焦燥感が感じられる。私が焦る時とは異なり、主人はもともと、ゆっくりな人だから、それほど周囲には影響はないが、それが高じて病に倒れられては困るので、私が代わりに連れて行くことにする。 [続きを読む]
  • 優雅なお茶で濃密な時間を過ごす
  • 次女を日本語教室いろはへ行っている間のぽっかりと空いた時間を、どう使うか?今日は特にショッピングする必要もない。それでは一人でゆっくりとお茶をしようと決める。その前に、2019年1月から2ヶ月ほど、行こうと思っていたフィレンツェ彫りのレッスンの手続きをしに行く。リッカルド先生がお元気かどうか?確認すると「幸運にもお元気よ!」という返事が返ってきた。今回で4回目の自己投資の時間。少しずつではあるが、技術向 [続きを読む]
  • 和洋折衷の夕食のしめは、留学当初に習ったティラミスを〜〜
  • 大根やこんにゃくが手に入らなかったので、おでんはすぱっと諦めて、前日から鶏モモ肉を漬け込む。すりおろした生姜とニンニクをたっぷり入れて醤油、白ワイン(お酒の代わり)そして卵一個を投入。これに一晩漬け込んでおけば唐揚げ用鶏肉が完了。と言っても、いちいち揚げない。もちろん揚げる時もあるのだが、お客様とお話しもしたいので、こういう時はこれに小麦粉をまぶしたものをオリーブオイルを敷いたお皿に並べて、上からも [続きを読む]
  • 思い通りにいかない時は潔く計画変更〜〜献立も⁉?
  • 家にお客様を招く時、メニューに頭を悩ませる。何度も招いている方だと、以前の時とメニューが重ならないようにしたいと思いつつ、美味しいものは好きだが、料理に全精力をつぎ込む毎日を送っていない私としては、やっぱり多少の繰り返しにはなってしまう。今回は何度も呼んでいる方に加え、日本を恋しいと思っている留学生も加えたので、できればイタリアンと和食の折衷案にしたい。と思い、しんしんと冷えるこの頃だから、一品は [続きを読む]
  • できると思えば本当にできるから不思議〜〜
  • 週末はゆっくりめに、皆が起き出してくる。私もいつもよりも、一時間ぐらい遅めだろうか。それから、いつものブログ、そして彫金作業にとりかかる。そして今日は遅めの時間からテニスの約束があったので、みんなが起き出してから、一気に動きが加速する。カッシーネ公園内にある室内コートを友人が予約していてくれたので、今日は天候の心配をすることもない。まあそんな時に限り、いいお天気だったりするが!室内コートは暖房もき [続きを読む]
  • イタリア文学作品に浸かる時
  • 久しぶりに次女をテニスレッスンへ連れて行く。自転車で行くのは寒いのでバスに乗ってみると、いつも通るサン ニッコロ橋から見るアルノ川の雰囲気が違って見える。夕暮れ時の淡い光が、緑色の水面をいつもよりも柔らかい色に見せていた。次女も高いところから眺める川に見入っていた。最初にBarで、二人でお茶をした。私は温かいミルクティーを、次女はエスタテという缶ジュース系の甘い紅茶の飲み物を飲む。それから、屋内コート [続きを読む]
  • フィレンツェオペラ劇場で椿姫を見る
  • 椿姫の開演は8時だけれど、定刻通りに始まったためしがないのが、この国イタリア!とたかをくくって、8時2分ほどに劇場に到着すると、急いで急いで、始まりますよ〜〜と急かされる。にも関わらず、トイレに行ってからパルコ席に向かうとすでに指揮者に拍手が送られているところだった。なんと!ほぼ定刻スタートである!ドレスの類は、一瞬、ティム バートンの映画、「不思議の国のアリス」を思わせるようなキッチュなデザインで、 [続きを読む]
  • 主人の誕生日におつまみを作りさてオペラに行けるのか⁈
  • 誕生日前日から体調の芳しくない主人と、実は誕生日当日に、オペラ椿姫を聴きに行くことになっていた。しかし前日から、家で寝ているので、公演には長女と行くことになるのかなぁ?と思いながら、それでもその予定に向けて観劇前の時間に家でアペリティフをしてお誕生日のささやかなお祝いをしようと準備に取り掛かる。子供の送り迎えやら、自分のテニスレッスンやら盛りだくさんの午前中を終えて、ようやくである。その前のドタバ [続きを読む]
  • 二転三転 でもそれを楽しむ〜
  • 予定が変更変更のここのところだけれどあまり動じていない。成り行き任せに動いて、全てまあるくおさまっている気がする。主人の誕生日の前日、主人が体調を壊した。いない間に用意しようと思っていたことができず、全て後手後手になる。まあ、それも良いではないか!とできる範囲で、なるようにと、流れに任せる。次女を学校に送り届けてからメルカート(市場)へ行き、今晩の夕食用の野菜と、お花を買う。そして猛ダッシュで家に帰 [続きを読む]
  • 全てが結局予定として組み込まれていたこと〜〜
  • いつも予定を決めて過ごしていても、予定外のことがスケジュールに入ってくる。先日のメキシコ人の友人との夕べもそう。15年ぶりに再会したメキシコ人の友人とトリュフ三昧〜一瞬ペースが崩れそうに思いつつも、その時にやらなければならないこと、やりたいことをパッと受け止めてさっさと行動に移す。そして、それ以外のことを少しだけずらす。母のプレゼントのフィオル ダ フィオーレには、12月の誕生石のトルコ石を入れたかった [続きを読む]
  • 15年ぶりに再会したメキシコ人の友人とトリュフ三昧⁉?
  • 出勤中にWhatsapp のメッセージを受け取る。「フィレンツェに着いた〜〜今晩アペリティフどう?IDRUS の後」昔のIDRUS の同僚でもあるメキシコ人イザベルからだった。現在ロサンゼルス在住で、二児の子育て中の彼女はゴージャスなジュエリーをデザインしている。彼女のサイトはIsabel Herrera Jewelry「相変わらずいきなりだよ!」これまたいつものことなので、別に驚かないけれど、あらかじめ前日に予定を聞いてくれていたらオー [続きを読む]
  • 思いを込めると、思いが溢れ出した〜〜
  • 鋳造の不具合と、私のチェックの甘さが引き起こしたがっかりする状況から、切り替えて、その日の夜までに翌日は彫りに入れる状態まで持って行った。その記事はこちら。再び起こったことの意味と母の思い〜〜落ち込み後に、しっかり切り替えて立ち直れた自分を誇らしく思いながら、子供たちと日本のテレビ番組をユーチューブで見ながら、夕食を食べる。主人は、アンコーナという街で出版記念会とダンテ講演会があって不在だったので [続きを読む]
  • 再び起こったことの意味と母の思い〜〜
  • 昨日の記事でも、起こったことの意味を自分に問うということについて書いたけれど、今日は疲弊するというよりもずしんと落ち込むことがあった。昨日の記事はこちら。起こったことの意味を考えながら向かったブラックフライデー主人や娘のお誕生日ラッシュが迫っていて、色々なプレゼントを買い集めているところだったが、母の誕生日も近かったことに気づく。毎年、作品を送っていたが、ここ数年、他の物を送ることが多くなっていた [続きを読む]
  • いつくしんで身につけてもらえることの喜び
  • FBで友人の素敵な記事が上がっていた。質の良さが写真でも手に取るように分かるブラックシルクサテンのセットアップ。(Foto by analoggally Nami Tajiki)そして彼女の聡明な雰囲気と、温かな笑顔。この天然素材を用いて作られている洋服ブランドWarmieのイベントで、ランウェイもされたようだ!おお美しい!と思ってコメントしたところ、私のジュエリーも一緒につけてくださっていた。(Foto by analoggally Nami Tajiki)ささやかな [続きを読む]