すばる さん プロフィール

  •  
すばるさん: すばるのブログ
ハンドル名すばる さん
ブログタイトルすばるのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/threehoroscopes/
サイト紹介文西洋占星学研究。アリス・ベイリーの秘教占星学も取り扱います。神秘学の解説や講座案内も行います。
自由文占星学に関する新しい技法、有効な技法を研究、紹介するブログです。アリス・ベイリーの秘教占星学、七光線占星学も取り扱います。秘教占星学初級講座を開講しています。

神秘学の解説、講座案内も行います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供409回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2017/03/15 19:02

すばる さんのブログ記事

  • 秘教占星学では三つのホロスコープを用いるのが基本です。
  • 西洋占星術では通常、一枚のホロスコープ(出生図)を元にして、チャートを読んでいくことになります。アリスベイリーの「秘教占星学」では、DK大師がしめしたように三つのホロスコープを見ることで、人間存在のありようを、より深く理解することができます。三つのホロスコープは三つとも出生図です。しかし基準となる視点が異なるために、三つに描き分けます。三つは、過去、現在、未来を象徴しています。過去に対応するホロ [続きを読む]
  • アラン・オーケン氏の『魂中心占星学』について
  • アリスベイリーの著書の「秘教占星学」に興味がある人の一部に、アラン・オーケン氏の『魂中心占星学』に準拠した考え方の人がいました。ごく簡単にこの本を説明すると、基礎ができていないのに、神智学的な用語をちりばめた本を書いてしまった例です。「七光線」やその他、アリスベイリーの著書に出てくる概念の単語が多く含まれています。いくつか問題点を書きますと以下の通りです。1.未発見の惑星について、未発見の惑星ヴ [続きを読む]
  • 明日の占星学講座について
  • 明日の占星学大阪教室は、9月23日13:00からです。場所が通常と異なりますので、注意してください。占星学初級講座 大阪教室日時:9月23日(日曜)13:00〜 占星学初級講座 第6講義場所 :大阪市立青少年センター KOKO PLAZA 別館3F 多目的室JR新大阪駅から徒歩4分住所 :大阪市東淀川区東中島1-13よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • アリスベイリーの秘教占星学の理解のために
  • アリスベイリーの秘教占星学の理解のために、特に重要な記事のリンクをまとめました。秘教占星学の基本https://ameblo.jp/threehoroscopes/entry-11800071476.htmlアスペクトのパターンは内奥の魂の方向付けを表示します。https://ameblo.jp/threehoroscopes/entry-12355323674.html占星学初級講座では、天地人の三盤(三つのホロスコープ)の作成方法を扱います。https://ameblo.jp/threehoroscopes/entry-12355570213.html「エ [続きを読む]
  • 人間の三つのセンターと惑星
  • 人間の三つのセンターには惑星が対応しています。個人ごとのホロスコープと結びつけて、センターの重心のありかを見つける方法について、講座の中で解説しています。センターの中で、特に特別な位置にあるのは、中央に位置するハートのセンターです。位置的には、中央ですが、魂との結びつきのカギを握るセンターですので、上の頭のセンターよりもセンターの発達のためのテクニックには、注意が必要です。 [続きを読む]
  • 「七光線占星学入門編」講座の予定
  • 「七光線占星学入門編」について、以前に告知した内容をもう一度まとめます。今のところ、暫定で以下の通りです。日程:2018年12月22日(土曜日)午後13:30〜16:30場所:大阪市内概要:前半は、AABの七光線論の紹介です。後半が実際の個人への光線論の適用です。テキスト:当日配布します。参加費に含まれています。テキストは、B5版でページ数は160ページほどあります。製本された状態で、提供します。魂の光線の作用と [続きを読む]
  • アトラスとガイアの交流
  • ヘラクレスの12の労役のひとつ、黄金の林檎を持ってくるという仕事について、以前、いくつ
    か記事を書きました。https://ameblo.jp/threehoroscopes/entry-12397550023.htmlhttps://ameblo.jp/threehoroscopes/entry-12398
    104440.htmlhttps://ameblo.jp/threehoroscopes/entry-12397908300.htmlこの話は天のアトラスと地のガイア、その間に
    入る人間、ヘラクレスの三重構造の話です。リンゴはガイアがアトラスに与えて、アトラス [続きを読む]
  • 秘教瞑想と色彩
  • 日曜日に、アリスベイリーが存命中に、メッセージを学んでいたグループの間で、行われていた行法についての解説を東京で行いました。ジュワルクール大師からの指定によって、秘教瞑想の前には、必ず唱えるマントラムがあります。そのマントラムは色彩の視覚化、形体の視覚化とセットになっています。言葉による力と、色彩によって、特定の力を呼び込むのです。色彩は、まずはマントラムと並行して使用する色彩と、その他、金色と [続きを読む]
  • 七光線と色彩
  • アリスベイリー著 秘教瞑想に関する手紙 の中の1920年8月27日付けの手紙に七光線の色彩について書いてあります。しかし、これはブラヴァツキーがあげた色彩と一致していません。アリスベイリーは秘教瞑想のなかで、ブラヴァツキーがあげた色彩と一致していないのは二人が目隠しをつかっているからであると述べています。光線の色彩の対応の差異はサイクルのことや基本原理をもう一度、見なおすことが必要です。三原色の原理、光線 [続きを読む]
  • 根拠、ロジックは占星学上の判断にとってきわめて重要です。
  • 根拠、ロジックは占星学上の判断にとってきわめて重要です。先日書いたウソボシ、ウソ光線を主張する方々に共通することの一つは、ロジックがなく、直感で、適当なことを言うことです。この場合の直感は、まともな直観機能でなく、単なるその人の思い付きです。土星だから悪いとか、そんなレベルの話です。「学園」のマークを盗用し、自分自身の拠点に掲げていた人物も自分は直感力があり、占星学の具体的な技術・理論など、自分 [続きを読む]
  • 土曜日・日曜日は東京での講座です。
  • 土曜日・日曜日は東京での講座です。以下の通りです。1.占星学初級講座 東京教室  9月15日(土曜)13:30〜16:00 占星学初級講座 第7講義  場所:東京都中央区八重洲1−9−8 八重洲藤山ビル 4階(東京駅のちかく)2.特別講座 東京開催『視覚化行法 特別講座 天地人三才の架け橋行法』   ーーアリスベイリーのグループによるグループ瞑想と浄化のテクニックーー  日時:9月16日(日)1 [続きを読む]
  • 三つのセンターとCFM
  • 人間は特性の異なる三つのセンターを霊的に持っています。それは頭(ヘッド)のセンターと胸(ハート)のセンターとハラのセンターです。人によって、このセンターの活性化の度合いが異なります。CFMでその度合いを示せば、以下のような組み合わせが考えられます。ヘッド、ハート、ハラC   F   MC   M   FF   C   MF   M   CM   C   FM   F   Cホロスコープによって、 [続きを読む]
  • ハーモニックス占星術
  • 占星学のなかには、ハーモニックス占星術という分野があります。西洋の占星学ではイギリスのアディがこの分野を研究していました。この技法の淵源はインド占星学(ジョーテッシュ)です。ジョーテッシュでは通常のチャートの横にほとんどの場合、9次調波(ナバムシャ・チャート)が併せて示されています。ハーモニックス占星術は基本的にサインに対しての調波を出します。調波の数(4次、5次、6次、7次、8次、9次)によっ [続きを読む]
  • 霊体の調律のための音楽と身体的エクササイズ
  • 「秘教」を教えながらも、エーテル体、身体の調律、さらに高次の諸体の調和のための音楽と身体感覚、運動機能とを関連させた体系を、具体的に提示していないケースが多いです。運動機能と霊体のありようは関係しているのです。ここでエーテルの訓練の重要性がかかわってきます。心あるひとの指導は、感性、音楽、身体的エクササイズを統合的に扱うものです。そういうものが秘教学校には存在します。また秘教占星学を標榜しながら [続きを読む]
  • 「知ったからには、責任がある。」
  • 「知ったからには、責任がある。」これはあるNPO法人をたちあげた人の言葉です。土曜日にお話を聞きました。より広い見地に立てば、より広く深く問題・課題が見えてきます。個人の範囲に限られた意識から、グループ意識に移行すれば、より多くの社会的な問題に気が付くことができます。今社会にある問題・課題について、知ってしまったからには、今自分の位置からできることをふり変えるのが、まともな心を持つ人の反応でしょ [続きを読む]
  • シャンバラが示す大目的、ハイラーキーの大計画、そして人類
  • アリスベイリーが伝えた瞑想に関する教えの中に以下のようにあります。「あなた方はほとんど認識していないかもしれないが、人間が行うこれらの瞑想、つまり集中した思考の表現はすべて、望むものを明確に想像するのである。」先日の『視覚化行法 特別講座 天地人三才の架け橋行法』のなかでは、上位の存在と下位の存在との間に位置する人間の位置について、説明しています。シャンバラが示す大目的、ハイラーキーの大計画、そ [続きを読む]
  • 『視覚化行法 特別講座 天地人三才の架け橋行法』のフォロー
  • 『視覚化行法 特別講座 天地人三才の架け橋行法』のフォローに少しだけ、ポイントを書きます。(来てない人にはわからない話です。伝わる人にだけ書いてます。)体感的に、頭のてっぺんの頭蓋骨がなくなったぐらいにスースーしたように感じたら、それはいい傾向です。あの「気流」は上から下に流れさるのがポイントです。逆方向をどうにかする必要は、全くないです。最後に板書した東洋のマントラムは日本語発音で十分ですが、 [続きを読む]
  • 「我々の仕事と人生は我々の物質界を霊化することである。」
  • 「我々の仕事と人生は我々の物質界を霊化することである。」『真理の書』林鐵造編 180ページより先日の『視覚化行法 特別講座 天地人三才の架け橋行法』のなかでも説明した通り、上位の存在から地球のなかにまで、エネルギーを伝える役割が、人間にあります。地球で人間が占める位置とは、特別な行法の時だけでなく、日常自体がそもそもその位置であるということであり、この言葉はそういったことの一つの表現です。  [続きを読む]
  • 形と色彩の心理学
  • ブラヴァツキーから再復興し、アリスベイリーを経由して伝わった秘教のながれは、多くの人に影響しました。その流れの歴史の一部は書籍として出版されています。今年は日本でも、その流れに大きく共鳴する絵画展が京都で開催されました。形と色彩の心理学は今でも、そして今後も秘教の重要なファクターです。今年日本で開催されたことは意義深いことです。秘教占星学は1910年代から研究され、今まで多くの文献が発行されています [続きを読む]
  • ホロスコープの基準点
  • アヤナムシャの選択は重要です。アリスベイリーの秘教占星学の初めの部分でも、しし座の位置について、時間のスケールによって、示しています。K.N.ラオ氏が探求の中で出会ったヴェルミー氏は特定のアヤナムシャを用いた方法で、成果を上げており、ヴェルミー氏はそれ以外のアヤナムシャをベースにしたホロスコープでは、成果を出すことができませんでした。ヴェルミー氏は自分自身でチャートは作成しています。しっかりした [続きを読む]
  • 9月におこなう講座の予定をまとめました。
  • 9月だけ、占星学大阪教室は第2日曜日ではなく、9月23日13:00からです。さらに、場所が通常と異なりますので、注意してください。1.占星学初級講座 大阪教室  9月23日(日曜)13:00〜 占星学初級講座 第6講義  場所 :大阪市立青少年センター KOKO PLAZA 別館3F 多目的室      JR新大阪駅から徒歩4分  住所 :大阪市東淀川区東中島1-13-13   ※神秘学講座(大阪)は次回は10月です。2. [続きを読む]
  • 人間の精神に制限をかけることは、かなり問題です。
  • 自己流で、改めない人の話を土曜日の記事に書きました。その人は「なんちゃってマスター」の関係者なんですね。さもありなんですが。この人は、PCに関しては全く自分勝手な決めつけをして、PCの動作条件を守らず、多くの人の手を煩わせました。うまくいかないのは、自業自得なのですが、責任のない人まで巻き込んで、手間を取らす態度はどうかと思いました。自分の非は認めないというのもなかなか、印象的な人でした。占星術 [続きを読む]
  • アグニヨガシリーズの2冊目「モリヤの庭の木の葉 Ⅱ」(1925年)より
  • アグニヨガシリーズの2冊目は「モリヤの庭の木の葉 Ⅱ」(1925年)です。その第5章の5に以下のようにあります。「アラハバットの星が道を教えてくれた。それで我々はサーナスとガヤを訪ねた。どこに行っても我々は宗教の世俗化を目撃した。帰り道に満月の光に照らされながら、キリストの忘れがたい言葉を聞いたのである。夜の行進の間に、案内人は道に迷ってしまった。しばらくすると、わたしは月光あふれる砂を見つめながら、 [続きを読む]
  • アストロロジャーのモラル・倫理観
  • 講座をやっていると、受講生の中には、全く自分勝手な世界を作り上げてしまう人も出てきます。聞いたことを実行しないで、別のことをやり、思い通りにならないと、言ってくる人がいます。占星学的には、我流なことしかしていませんでしたが、指摘されても直すわけではないという人がいました。PCに関しては、機械相手ですから、誤った操作には誤った結果しか返ってこないので、自業自得ですが、この人が人間相手にでたらめな鑑 [続きを読む]