キャット さん プロフィール

  •  
キャットさん: 中学受験のぼやき2019
ハンドル名キャット さん
ブログタイトル中学受験のぼやき2019
ブログURLhttp://boyakicat.blog.fc2.com/
サイト紹介文娘は転塾歴あり、四月から小六になります。ぼやき、気がついたことなどを書いていきます。
自由文娘は転塾歴あり、四月から小六になります。ぼやき、気がついたことなどを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2017/03/17 14:54

キャット さんのブログ記事

  • 市進政治教材(社会雑記)
  • いよいよ政治の授業が始まった。四月下旬から夏期講習直前にかけてやるようだ。市進の政治の教材は以下の通り。▽必修シリーズ▽ホームタスク・演習問題 この二冊はこれまでと同じ。▽政治サブノート これは授業でどうやって扱っていくのかな……にほんブログ村 [続きを読む]
  • 過不足算・差集め算(算数雑記)
  • 過不足算・差集め算で面積図を使うか否か……サピックスでは面積図を使うが、転塾後の教材では教えていない。「下剋上算数 難関校受験編」(攻略本でない方)の馬渕教室による解答例を見ると、面積図は使ってない。典型的な「鉛筆を1人6本配ると□本足りず、1人4本配ると△本余る」だと、面積図で解くと速いと思う。しかし「リンゴとナシがたくさんあり、皿にリンゴを6個ずつ乗せると□皿余り、同じ枚数の皿にナシを4個ずつ乗せる [続きを読む]
  • 入試問題の実物を見て(勉強方法雑記)
  • ある中学の入試問題の実物のコピーを手に入れて気がついたが……選択問題の「当てはまらないものを選べ」の「ない」に下線を引いてなく、太字にもしていない。たしかセンター試験では、下線か太字で強調していたはず。市進の教材で、なぜ「ない」を印刷時に強調していないのか気になっていたが、そもそも中学受験の入試問題では(学校にもよるのだろうが)強調してなかった……少しでもホームタスク等を速く解かせるため、わざわざ [続きを読む]
  • 「中学受験国語の読解鉄則」を読み進める(国語雑記)
  • 以前買った「中学受験国語の読解鉄則」(エール出版社)を少しずつ読み進めている(娘でなく私が)。昔、自分が高校生の時に買った、代々木ライブラリーの「田村の現代文講義」という題名だったか、それとコンセプトが似ている。当時それに取り組んだが、「この本に書いてあることをしなくても、文章は理解できるのにな」と感じ、また成績に反映されなかった。また、予備校の現代文の授業に出席したが、これもあまり効果がなく、国 [続きを読む]
  • 速さの問題で「●」「○」を使う(算数雑記)
  • メモより。反比例の問題。「A、Bがそれぞれ一定の速さで移動する。ある通過点をBが先に通過し、その20分後Aが通過する。さらに40分後、AがBに追いつく。A、Bの速さの比を求めよ」この問題を解説するには、A、Bいずれも、「Bが通過点を通過した時刻における位置」を「●」、「追いついた時刻における位置」を「○」とする。同じ時刻における位置の記号を「●」「○」と、同じ記号でそろえるのである。A ●ーー|ーーーー→○B ーー [続きを読む]
  • 「まんが学習シリーズ『日本の歴史』(全15巻)」(角川)
  • 四年生から五年生夏にかけて少しずつ買って読ませてきたのが、この「まんが学習シリーズ『日本の歴史』」(角川)。全15巻。サピックスに通わせているとき、五年生の秋から勉強量が多くなる、と言われてきていたので、五年生秋から歴史が開始することをふまえて、「売り上げNo.1」のコピーにも引かれて前倒しで買い、そこそこ気にいって息抜きに読んでくれた。実際には、五年生夏に転塾させたのだが……これを与える前に、集英社の [続きを読む]
  • 「塾技100」「メモリーチェック」「知識のまとめ」(理科雑記)
  • 妻が麦茶を準備していた。自動販売機でも見かけるようになった。もうそんな季節か。……理科は「知識のまとめ」を五年生から断片的に覚えさせてきたので、それを繰り返すことにした。しかし、「電流」等「体で覚えさせる」ものは「知識のまとめ」にはないので、それは「メモリーチェック」でカバーすることを始めた(続かないかも)。また、「知識のまとめ」を覚えさせる時に、対応する「塾技100」の左ページの解説を一緒に読み( [続きを読む]
  • 択捉(社会雑記)
  • 今朝は寒かった。出勤時の乗り換え時にマックでホットコーヒーで暖をとった。……メモより。「四科のまとめ」を解かせているとき、「択捉」を「捉択」と娘は逆に書いてしまう……「択」は「えらぶ」、「捉」は「とらえる」だから、「えとろふ」は「択捉」となる。「捉える」で、「足」が「つくり」になっているのを説明するとき、私は(「下剋上受験」の表紙の桜井親子のように)向かって座っている娘の足を、自分の足で挟んで引っ [続きを読む]
  • 顕微鏡の明るさ調節(理科雑記)
  • 自分の通勤カバンのファスナーの調子が悪い。そろそろ買い替えたいのだが、その暇がない。……メモより。顕微鏡の使い方の問題。プレパラートをステージに乗せクリップで止め焦点をあわせる等の作業の前に、反射鏡で視野を適切な明るさにする、というのが問われる。なぜか考えて、とりあえず、こう娘に説明した。小学校の授業では、顕微鏡を出しっぱなしにはしないので、棚から出したら、席が変わる等の理由で自分の座っている場所 [続きを読む]
  • 正方形の一辺を短くしもう一辺を長くする問題で悪戦苦闘(算数雑記)
  • 少し前のことだが、市進のベーシックより。著作権が気になるので、改題して掲載。正方形があり、縦を12 cm長く横を4 cm短くすると面積が224 cm2大きくなる。元の正方形の一辺はいくらか。娘に解かせると、適当な数をあてはめて、うまくいくかどうか試し、答を出せず……□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ [続きを読む]
  • 後醍醐天皇(社会雑記)
  • 後醍醐天皇は、やっていることがコロコロ変わったようだ。その後建武の新政が短期間で失敗した。やっていることに一貫性を、とはよくある戒めである。といいたいところだが……最近、自分が仕事の関係上受けなくてはならない講習のため出かけた時に見かけた、ある個別指導塾が気になって、ネットでいろいろ調べていると……日曜日にあけないと無駄だからあけろと本部から指示↓あけてみると、生徒があまり来ず、日曜closeと本部か [続きを読む]
  • 春期講習算数の解き直し(算数雑記)
  • 春期講習期間は授業時間が多く、算数の勉強時間があまりとれず。勉強時間は算数が4割(もしくはそれ以上)とよくいわれるが、春期講習期間は理科も社会も時間がかかり、算数が2割5分くらいになってしまった……ホームタスク一周のみしかできず、演習問題解き直しの時間がなく、講習最終日の定例試験は算数が悪かった。そのため、この期間の算数の演習問題解き直し・ホームタスク×問題を少しずつしていくことにした。「*」問題は割 [続きを読む]
  • 加比の理で悪戦苦闘(算数雑記)
  • メモより。市進の教材より改題。「A君はB君の3倍のお金を持っていました。A君もB君もお金を使いましたが、A君はB君の5倍のお金を使ったので、残りは2人とも400円になりました。(1)もし、A君がB君の3倍のお金を使ったとすると、A君の残りのお金はいくらになるでしょうか。(2)A君が最初に持っていたお金はいくらだったでしょうか。」この問題で使うのが「加比の理」。例えば、2 : 6 = 3 : 9 = (2+3) : (6+9) = 5 : 15これを使う [続きを読む]
  • 「日本の歴史人物伝」(くもん出版)
  • 「世界の歴史人物伝」とともに、娘が愛読してきた。著者のムロタニツネ象氏は、自分が小学生のときに読んだ「なぜなに」シリーズ(小学館)でも挿し絵をかいていた、と記憶している。家の近くの図書館に、同氏の世界史の全十五巻くらいの漫画がおいてあって、今は絶版のようだが、娘が三年生の頃、少しずつ借りてあげた。そこそこ読んでくれた記憶がある。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 社会の音読(勉強方法雑記)
  • 社会の「ホームタスク」の第1問は、初出事項の回では歴史のストーリーの文章の穴埋めをさせる問題だが、それをコピーし赤で解答を転記したものを音読させ、それから暗記とさせることにしている。ストーリーを把握させ、かつ国語の学習として音読させるのである。気分転換にもなると思う。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「陽」「湯」と「易」/書き順/学校の漢字テスト(国語雑記)
  • ためてきたメモを、まとめて記す。▽「陽」のつくりを「易」としてしまう癖がある……「陽」は音読みで「ヨウ」、「湯」は「トウ」。「易」は「エキ」で、字の成り立ちからして全く違うから音読みも全く異なる……「専」(セン)と「博」(ハク)も同様。……▽書き順はあまりテストでないが、ホームタスクに出てきた。「右」「有」のように、横棒が長く左払いが短いのは、左払いを先に書く。「左」は横棒が短く、それは先に書く。 [続きを読む]
  • 六年生四月合不合を今日受けてきた
  • 「本番での雰囲気を味わうために外部の試験を受けたほうがよい」などの目的で合不合を受けさせた。それも、最寄の校舎でなく、某私立中学の校舎で。妻が付き添いに行ったのだが、待ち時間に四谷大塚と、その私立中学それぞれが、説明会を行なったそうだ。社会で公民が出たが、それ以外は市進で学習したことしか出なかったようだ。市進の定例とは異なり、わからない問題をとばして、時間は四教科とも余ったらしい。あくまでもわから [続きを読む]
  • 六年生四月合不合まで理科社会一問一答できたこと
  • 昨夜は気温は良く、窓を開けて寝たかったのだが、強い風だった。今日は夕方小雨で、通塾が大変。……明日は合不合で、早めに寝させた。受けるごとに、五年生秋から理科社会の一問一答をどこまで進めたか記すことにする。▽理科市進の「知識のまとめ」→「人体」の途中まで、「気象・天体」の大半、「気体と水溶液」全部、「地層」全部、「植物」の一部、「おもりの動きとはたらき」全部。「メモリーチェック」→「体で覚える」のが [続きを読む]
  • Eテレの地理の番組(社会雑記)
  • 娘は明らかに歴史より地理が苦手。市進の先生によると、女子はこのパターンが多いらしい。その先生にすすめられ、Eテレの地理の番組録画したのを妻が適宜娘に見せている。たまに自分も一緒にみるが、たしかに出来がよく、ためになる。にほんブログ村 [続きを読む]