名越 幸(なごや ゆき)←本名ではありません さん プロフィール

  •  
名越 幸(なごや ゆき)←本名ではありませんさん: ゆきのおと Yuki's Note ♪
ハンドル名名越 幸(なごや ゆき)←本名ではありません さん
ブログタイトルゆきのおと Yuki's Note ♪
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yuki_bins35
サイト紹介文名越左源太翁(なごや さげんた)の玄孫が綴る日々のあれこれや家族の歴史☆記事・写真の転載禁止
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 211日(平均2.1回/週) - 参加 2017/03/18 01:31

名越 幸(なごや ゆき)←本名ではありません さんのブログ記事

  • 島津吉貴様のご命日
  • 本日、10月10日は島津家第21代藩主 島津吉貴様の没後270年となるご命日でございました。  延享4年(1747年)10月10日磯別邸にて死去 齢73『島津歴代略記』によると、吉貴様は、第20代藩主 綱貴様の長男 母は二階堂十郎左衛門宣行の娘お重  延宝3年(1675年)9月17日、鹿児島鶴丸城に出生、初め菊三郎。又三郎。忠竹。  天和元年(1681年) 江戸に上り、同3年(1683年) 曾祖父 光久の加冠により元服  貞 [続きを読む]
  • 薩摩藩留学生渡欧の地、串木野羽島 in 2010
  • ☆以前の留学生たちのイラストのある案内板は台風で被害を受けたため、現在のものは新たに作り直されたものだそうです。☆現在のものはこちら2010年4月17日『薩摩藩留学生渡欧の地、羽島』という日記を書きましたが、当時の懐かしい写真をmixiから拾ってフォトチャンネルを作りましたのでご覧下さい。羽島に記念館が作られる予定だと、当時テレビニュースや新聞などで目にして一度行ってみたくなり父と出かけました。気持ちよく晴 [続きを読む]
  • ブログの景色をお着替え♪
  •  いつもお読み頂き、ありがとうございます今日は久しぶりにテンプレートを新しくしてみましたずーーっと菜の花に蝶々を飛ばしたデザインだったので、気分一新テンプレートの名前は「実」色合いや葉の形から、パッと見は「オリーブみたい♪」と思ったけど、実が丸いから違うかでも明るくていい感じです右側には新たに「フォトチャンネル」も並べてみましたのでご覧下さいね今日は雨でした最近長めの投稿が続いていたので、今日はあ [続きを読む]
  • 台湾・沖縄関連の本&DVD、大人買い!
  • 先日書いた『維新のふるさと鹿児島ウォーク in 2008(2)』で「牛島満大将生い立ちの碑」についても書きましたが、改めて「牛島 満」で検索したところ、関連する本がある事が分かりました。 『沖縄決戦-高級参謀の手記』八原博通 著  『沖縄戦 二十四歳の大隊長: 陸軍大尉 伊東孝一の戦い』笹 幸恵 著 ☆Wiki 八原博通 ☆伊東孝一さんについて検索すると、『NHK 戦争証言アーカイブス』がありました。  また、キーワード「 [続きを読む]
  • 維新のふるさと鹿児島ウォーク in 2008(3)
  • ☆☆☆ 前回の「維新のふるさと鹿児島ウォーク in 2008(2)」からの続き ☆☆☆※画像はすべて、2008年当時のものです さてさて、『維新のふるさと鹿児島ウォーク in 2008』の第3段です。      (※小さい画像は すると拡大表示されます)☆ 「篤姫ウォークマップ」にも載っていなかった「田代安定誕生之碑」と思いがけず遭遇し、 「八重山や南方諸島の研究者であった方だとか。左源太さんとも重なるじゃないで [続きを読む]
  • 維新のふるさと鹿児島ウォーク in 2008(2)
  • ☆トップの写真はこのイベントの際に頂いた「篤姫ウォークマップ」☆☆☆ 前回「維新のふるさと鹿児島ウォーク in 2008(1)」より続き ☆☆☆※画像は断りのない限り、2008年当時のものですさて、松方正義像をあとにして、武之橋を渡った右手には、乃木希典夫人の乃木静子像のあった公園があります。乃木静子誕生地です。 小さい画像は すると拡大表示されます。  静子夫人、生い立ちから殉死までの年表 お守り札のエ [続きを読む]
  • 維新のふるさと鹿児島ウォーク in 2008(1)
  • ☆ 2008年012月8日作成の mixi フォトアルバムより抜粋※なので、現在とは違いが見られるところもありますのでご了承下さい'08. 11/15土曜日、JR九州と鹿児島市企画の「維新のふるさと鹿児島ウォーク」5kmコースに参加した時の写真を並べてみました。  維新に関する人物だけではなく、渋谷の忠犬ハチ公を作った安藤照誕生地や乃木静子誕生地、それに、もしかしたら祖父の小学校時代の同級生かもしれないという牛島満生い立ちの碑 [続きを読む]
  • 品川弥二郎と田中芳男、そして町田久成の関わりとは?
  • いつもお読み頂きありがとうございます♪前回の『繋がるものたち』の最後に町田久成と田中芳男の因縁について「田代が上京し勤めた内務省の博物局(!!)係の局長というのが、田中芳男でした! 以前書いた通り、初代帝国博物館館長・町田久成の次に2代目館長となった人物でした!」と書きましたが、自分で検索してもこのブログ内のどこにも書いていませんでした。。よく考えるとTwitterでつぶやいていたので、こちらにも載せておきま [続きを読む]
  • 繋がるものたち
  • いつもお読み頂きありがとうございます。この頃、郷土の歴史に関連するいろんな本を読んでいると、それ自体は全く繋がりはないと思っていた書物の中に唐突に別の本のことが書かれていたり、はたまたずっと気になっていたことの答えが随分前に買った本の中にひょこっと書かれていたりする事が続いています。例えば、ブログを始めた切っ掛けなどを最初の頃に書いたのですが、2009年2月23日の「ブログに込めた思い ー 2」で「"子孫か [続きを読む]
  • 曾祖父・轟と台湾
  • 曾祖父・轟の名を台湾のサイトに見つける秋場所も始まりました。皆様、ご無沙汰しております。夏の暑さもようやく治まりつつあるこのごろ、久しぶりにブログを書いてみる気になりました。前回の記事をアップした直後、U室......>続きを読む1年前(の昨日)書いた記事です。台湾へ渡った経緯は未だにわかりませんが、ここで再度ブログに上げておこうと思います。台湾へは2度ほど父の同窓会のお伴で行ったことがありますが、今後行 [続きを読む]
  • 野津鎮雄の...?!
  • 9日の記事『佐々木 克氏監修『大久保 利通』からのあれこれ』で、佐々木 克(すぐる)氏監修の『大久保 利通』(講談社学術文庫)を読んで気になったことや気付いたことなどを書きましたが、米田虎雄(※)氏の談話の中に、「野津鎮雄(のづ しずお)」の名前が出てきます。(→26. 佐賀陣中の公 27. 沈勇なりし公) (※) 米田虎雄(こめだ とらお)…… 1839(天保十)年 〜 1915(大正四)年   熊本藩家老 長岡監物(ながおか [続きを読む]
  • あ、る、っこー♪あ、る、っこー♪(mixi日記より) 
  • 2008年6月21日のmixi日記より「あ、る、っこー♪あ、る、っこー♪」を過去日記にアップしました。☆ 新聞にあった「池之上町界隈で地元の埋もれた名所を見直してみよう!」 という記事を見つけ、 5/17(土) 池之上町 町内散策 、翌日の5/18(日) 谷山街道散策に参加したり 6/1(日) 日置市日吉町のお祭り "せっぺとべ" を初めて見たり小松帯刀の領地〜吉利街道を歩いたり  6/8(日)には 重富=越前島津家領地 島津家墓地など [続きを読む]
  • 田代安定について考える【追記あり】
  • FaceBookより名越(この方の読みは「なごし」) 護氏が田代安定を知ったのが2年前(鹿児島民族学会の2015年10月例会の講話の際)だったのは意外だった。南日本新聞に掲載された名越護氏執筆の『南島雑話の世界 名越左源太の見た幕末の奄美』の発行が今から15年前の2002年5月。 名越(なごや)左源太時行(時敏)の「(南島雑話の)下書き」が國立台灣大學図書館の田代安定文庫で発見されたと南日本新聞に載ったのが2014年4月だった。「田代安 [続きを読む]
  • 佐々木 克氏監修『大久保 利通』からのあれこれ
  • 以前から書こう書こうと思いながら、今日(書き始めは実は6日前)になってしまったのだけど、佐々木 克(すぐる)氏監修の『大久保 利通』(講談社学術文庫)を読んでいて気付いた事や、こぼれ話をいくつか綴ってみたいと思います。※ 文庫まえがきより「本書は大久保利通が遭難してから三十二年経った時点で、『報知新聞』の記者・松原致遠が、 生前の大久保利通と親しく交遊をもった人物や大久保に仕えた下僚、それに利道の実妹 [続きを読む]
  • 曾祖父・名越轟と西南戦争−2
  • いつもお読み頂き、また気がつけば「いいね!」も頂いて、本当にありがとうございます?     ☆☆☆さて、今年5月に『曾祖父・名越轟と西南戦争』と題してほんの少し記事を書きました。その後、そのままになっていたのですが、6月にFaceBookを始めたところ、最近参加させていただいた「鹿児島の歴史を学び、語り、伝えよう」というグループでとあるサイトを紹介していたことを切っ掛けに、また書いてみようと思い立ちました [続きを読む]
  • 出来事別インデックス<自分用
  • ※こちらも自分用です。これまでに撮りためた写真をチェックしながら主な事柄を思い返してみます。《事柄は随時追加・作成途中です》☆父と同窓会参加で2度目の台湾・台南へ………2004年6月14日前後☆名山堀・易居町界隈を父と散策(父の思い出の不断光院近く)‥‥2009年6月15日☆母の10年祭(引き寄せで)………2009年6月27日☆かごしま探検の会に参加「団地ツアー」へ………2009年7月11日☆指 [続きを読む]
  • 2008年 2/1~2/3 金魚、雨、いろいろ。(mixi日記より)
  • 2008年2月4日のmixi日記より「2/1~2/3 金魚、雨、いろいろ」を過去日記としてアップしました。タイトルじゃ何のことかわかりませんよねW!2008年2月1日から3日にかけての記録で中学時代の元女子バスケ部部員の集まりに参加したことや黎明館で開催された『「島津氏一門家の雅と由緒」 ー重富(越前)島津家資料展ー』を父と一緒に雨の中、見に行ったことなどを書いています。☆ よろしければ、ご一読・ご笑覧下さいませ [続きを読む]
  • 歴史探訪時系列インデックス
  • ブログを初めてもう10年ほど経ちますが最近殊に、「あそこに行ったのは何年前?‥‥いつだったかなあ‥‥?」とか、「あの記事を書いたのは‥‥このブログじゃなかったかなぁ‥‥?」などと自分が書いた記事なのに、探し出すのに手間取ることが多いのでこんなものを作ってみました。《付記》過去日記を見返してみて気付いた!このブログ始める前の出来事で、mixi日記のみに留めていることが多々あることに‥‥。例えば、2008 [続きを読む]
  • 乃木静子夫人銅像、再び
  • 6月30日のツイートにあるように、乃木静子夫人奉賛会のページを目にした事から、翌7月1日には早速父とともに、昨年11月27日に再建立された銅像を観に行きました。NHKの「ひるまえクルーズ」で「船魂神社」の六月燈の紹介を見て調べてみたら色々繋がった→https://t.co/hsEGlNkt77ここからさらに→船魂神社https://t.co/hK9xQAm4nK→乃木静子夫人奉賛会のページへhttps://t.co/sChKrqZvWc https://t.co/BoRnoVdQAM― Kuro- [続きを読む]
  • 西郷南洲顕彰館と竹公園
  • 桐野利秋の直筆文書が昨年末に見つかり展示されていると、ツイッターフォローしている方の投稿を目にして数年ぶりに顕彰館へ行くことにしたのは先月も末5月26日のことでした。《遠矢浩規さんのツイート ↓↓》南洲墓地に隣接する西郷南洲顕彰館も見てきた。個人的には、昨年見つかった桐野利秋の西南戦争時の豊後方面探索指示の書状が気になった。桐野が戦況に応じてどこで誰にどんな指示を出していたのかもっと知りたい。なお [続きを読む]
  • 名越左源太のお墓は?
  • 名越左源太没後135年今日は名越左源太(なごや さげんた)の命日。明治14年(1881年)に亡くなって135年になります。と言って、別段何もないのですけど。亡くなった時は「泰藏」でした。数え......>続きを読む去年はこんな記事を書いていたのですが、左源太の命日の今日、直系の子孫のお宅のお墓を御参りしてきました。墓石には「先祖代々」とありましたが、以前、時成さんの娘さんの子孫の内村氏が纏められた冊子にあったように直 [続きを読む]