向井 さん プロフィール

  •  
向井さん: デジ馬
ハンドル名向井 さん
ブログタイトルデジ馬
ブログURLhttp://www.dejiuma.com/
サイト紹介文デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 222日(平均2.4回/週) - 参加 2017/03/18 18:31

向井 さんのブログ記事

  • 競馬で海外帰りの出走馬をどうとらえるか
  • G1ホース3頭が顔を揃えて、エリザベス女王杯の前哨戦に相応しいメンバーとなった2017年の府中牝馬Sは、人気になったG1ホース3頭の追撃をおさえて、岩田騎手鞍上のクロコスミアがまんまと逃げきりました。クロコスミアは重賞でも善戦した経験を持っていましたが、このレースで見事に重賞初制覇を達成しました。エリザベス女王杯に向け、視界良好なのは間違いありません。またその一方、インコースで窮屈になってしまったものの、力 [続きを読む]
  • 競走馬の脚質による展開の有利不利とは?
  • 競馬を予想する時に出走馬や騎手を観ながら予想をする人も多いと思いますが、個々の馬が持っている脚質に注目をして予想をするのも面白味があるといえます。特に小回りの地方競馬や中央競馬でも福島競馬場や小倉競馬場などにみられる傾向ですが、短距離のダート戦では前に行った馬が圧倒的に有利になるなどのデータもあるほど脚質と展開というものは重要な予想ファクターになる事があります。一般的に競馬で使われる馬の脚質には、 [続きを読む]
  • 以前より増えた競馬の新設重賞の予想
  • ここ数年で、JRAの重賞体系は昔と比べて大きく様変わりしました。ホープフルSがG1に昇格したり、朝日杯FSで阪神マイルになったり、マイラーズCが阪神から京都開催になったりなどです。これらはほんの一例で、だいぶ変更しています。競馬のオールドファンからすれば「どう変わったんだっけ?」と、思い出すのに苦労することもしばしばあるようです。そんな中でも特に目を引くのは、新設重賞についてです。2009年に新設重賞として施 [続きを読む]
  • パドックをじっくり観察するのも競馬の醍醐味
  • 競馬のパドックは、ファンが馬の状態を見極めるための場所です。実際に馬がどんな状態にあるのか、パドックで判断している人はとても多いです。いくら近走の成績が良かったとしても、パドックで馬の様子に覇気を感じなければ好走するかどうかわかりません。人間でもそうですが、たまたまその日調子が悪いということもあります。馬はレースに向けて仕上げられていますので、調子の波はそれほど影響しないのかもしれません。しかし、 [続きを読む]
  • 実際に行ってみて…競馬に対するイメージが変わりました
  • もともと住んでいた家の近くには競馬場も場外馬券売り場もなく…今まで競馬とは縁遠い人生を送ってきました。そんな私が競馬に親しみを持ち始めたのが、とある動画を見てからのこと。ユーチューブで幼児が競馬場へ行き、競馬場の公園で遊んでいるところを見たのがきっかけでした。自分以上に3歳になる息子がその公園に興味を持ち、たまたまそれが義実家の近くだったので行ってみることになったんです。初めての競馬場、そこには驚 [続きを読む]
  • 夏競馬独特の傾向を掴んで万馬券的中を目指す
  • 連日暑い日が続く夏の季節は、競馬におけるオフシーズンです。GⅠレースのように大きなレースは番組に組まれておらず、有力馬たちは総じて休養するシーズンです。しかし、競馬のレースをまったく行わないわけではありません。あまり大きなレースはないかもしれませんが、中央競馬では1日12レースしっかり行われます。そして、いわゆる夏競馬をどう過ごすかが、馬券を買うファンにとっては大事です。夏競馬の開催場所は、函館、札幌 [続きを読む]
  • 競馬の魅力の源泉の馬券について考える
  • 競馬の魅力を語る上で外せないのは勝馬投票券のことです。勝馬投票券が正式な名称ですが、実際には簡単に馬券と呼ばれることがほとんどです。馬券なくして競馬を語ることはできないと言ってもいいほど、競馬と馬券は深い関係にあると言えます。もちろん、馬券を買わなくても競馬を楽しむことができますが、馬券を購入して競馬を楽しむと競馬の楽しみは二倍にも三倍にも増幅されることになります。思い出のレースなども、あの時には [続きを読む]
  • 競馬場の大歓声は内に眠る感情を湧き起こしてくれます
  • 競馬をやるのであれば、やはり自宅のテレビで観るよりも実際に観戦に行くべきでしょう。何故なら、あの臨場感は画面を通してでは絶対に伝わってこないからです。確かにG1競走ともなれば、多くのお客さんが競馬場内に入っている姿を見ることはできます。しかし、あくまでもそれは多くの人間がいるという状況を見ているにすぎず、あの熱気を感じ取る事は出来ないのです。それでは競馬場の熱気とはどれくらいのものなのでしょうか。ま [続きを読む]
  • 競馬の魅力と馬券の魅力
  • ほとんどの競馬ファンは競馬だけを楽しんでいるのではなく、馬券の購入も同時に楽しんでいると思われます。もちろん、私自身も競馬の魅力というよりも馬券の魅力にハマったので、競馬を続けていると言ってもいいのかもしれません。競馬にハマってしまったのは、30年以上前に初めて購入した馬券が、まぐれでにも的中してしまったことが大きな原因となっています。私が初めて馬券を購入した頃には馬券の種類は単勝、複勝、枠番連勝 [続きを読む]
  • 競馬における操縦性の重要度について
  • 最近の競馬において特に重要な要素として、操縦性の良さというものがあります。いくら能力があったとして、逃げや追い込みといったある一定の競馬しかできなかったり、そもそも気性が悪くて言うことを聞かない馬などは、大きなレースではそれが災いして勝てないのです。ひと昔前なら馬と馬との実力差がかなりあったので、そういった極端な競馬しかできない馬でも勝つことができました。ですが最近は調教の技術が全般的に上がってき [続きを読む]
  • 競馬にどっぷり浸かっていた頃の体験談
  • 数年前競馬にどっぷり浸かっていた頃は、いつも「早く土曜日にならないかな」と思っていました。土曜日の10時近くになれば、中央競馬の第1レース出走の時刻を迎えます。そこから、最終レースの行われる16時台まで、競馬の予想にずっと没頭することができます。そのころは、1日36レース近く予想していた時期でした。中央競馬で3場開催をすれば1場12レースが3場ですので、合計で36レースになります。自分でもあきれてしまいますが、 [続きを読む]
  • 競馬のレースで注目したい仕掛けのタイミング
  • レースのどこで仕掛けるか、競馬ではそのタイミングがとても重要になってきます。仕掛けのタイミングは、早過ぎても遅過ぎてもいけません。ちょうど良いところで仕掛けるのが、勝つためには必要です。そして、仕掛けのタイミングを正確に掴んでいる騎手は、勝ち星を量産していきます。競馬における仕掛けの適切なタイミングは、まず競馬場ごとに異なります。例えば直線の長い東京競馬場で仮に向こう正面からもう仕掛けていたら、た [続きを読む]
  • 馬主と調教師はジョッキーを育てる義務があるのでは
  • 最近の競馬を見て強く感じるのは、外国人ジョッキーの活躍です。ミルコ・デムーロとクリストフ・ルメールの両名の活躍はやはり目を見張るものがあります。日本の競馬も、世界レベルになってきたことは以前から感じていましたが、サラブレッドが世界レベルになっても、ジョッキーが世界レベルにならなければ、日本の競馬界全体が世界レベルに追いついたというわけにはいかないでしょう。もちろん、武豊ジョッキーのように世界レベル [続きを読む]
  • 競馬で大事なのは馬の能力?それとも騎手の能力?
  • 競馬で予想をする時には、競馬ファンそれぞれのさまざまな視点から予想をすると思いますが、中には馬の能力だけで判断をする場合や、一方で騎手のみで馬券を購入しているという人もいます。もちろん、これらの買い方も正解のひとつだと思いますし、自身が納得をしているのであれば、なにも問題はありません。ここでは、競馬予想で馬や騎手の能力についての影響などを考えてみます。競馬予想で馬券を的中させるには、なにをおいても [続きを読む]
  • 藤澤調教師が悲願を達成した日本ダービーの感想
  • 各個人で考え方はそれぞれ異なるのかもしれませんが、競馬の中で最高峰のレースを問われたとき、ダービーと答える競馬関係者は大勢います。競馬関係者にとってダービーは他の大レースとは違う存在感があり、誰もが憧れています。そんなダービー制覇の称号を新たに手にしたのは、レイデオロです。管理するのは藤澤和雄調教師、騎手はC・ルメール、馬主はキャロットFでした。レイデオロの日本ダービー制覇には、個人的に非常に感慨深 [続きを読む]
  • 2017年の日本ダービーを振り返る
  • 2017年の日本ダービーは、キングカメハメハ産駒レイデオロが1着となり、鞍上のルメール騎手ならびに管理する藤沢調教師は、見事にダービー初制覇となりました。ルメール騎手は昨年のダービーでサトノダイヤモンドに騎乗するも、落鉄の影響もあってか僅差の2着となり、苦汁をなめました。一方、美浦の名トレーナー藤沢調教師は、数多くの栄冠に輝きながらも日本ダービーには縁が無く、年齢による勇退もあと数年に迫っていましたが、 [続きを読む]
  • 手堅く行くか大穴か?
  • 競馬の醍醐味とは何と言ってもどの馬が勝つかに賭けることでしょう。1着の馬を的中させる単勝や3着までに入選する馬を的中させる複勝を初めに馬連や馬単、三連単や三連複など様々な買い方があります。さて、勝ち馬を予想する上で欠かせないのがオッズをチェックするです。血統や調子、騎手が良く勝つことが強く期待できる馬であればオッズは低く付きますが、あまり勝ちを期待できないような馬であれば高額のオッズが付きます。さて [続きを読む]
  • 競馬の今と昔
  • 皆さんは、競馬というとどんなイメージを持つでしょうか?今でこそ、有名な俳優さんや女優さんがテレビのCMに出ているのをよく見ているかと思います。私が競馬を始めたのは1990年頃で今から約30年ほど前で、JR南武線沿線に住んでいたのでいつも同じ沿線に駅がある、東京都府中市の東京競馬場(府中競馬場とも言います)でした。始めてやった時は、いきなり3万円ほど儲けて「こんなにラッキーなことがあるのか!」とすっかりビギナ [続きを読む]
  • 「複勝転がし」という買い方について
  • 競馬をお楽しみの皆さま、調子はいかがでしょうか?今回は、「複勝転がし」と呼ばれる買い方について解説していきます。複勝というのはご存知のように、3着以内に入線する競走馬を1頭予想するという単勝に並ぶシンプルな買い方です。そして、競馬を愛する皆さまであれば、本命の複勝ではほとんどオッズが付かないということも知っておられるかと思います。ですが、オッズというものの性質を考えれば、それだけ高い確率で的中する買 [続きを読む]
  • 馬券で勝ったお金でコツコツと貯めたコレクション
  • 競馬で馬券購入をするようになってから既に20年以上たったのですが、今でこそほぼ100%自宅からインターネットで馬券を購入しているPAT競馬を楽しんでいます。以前は月に数度は競馬場に足を運んでいましたが、仕事や家族のことも考えての行動なので午前中だけというのが基本でしたが、そんな中でもたまに1日中いることもありました。競馬場に行くと1Rから3Rくらいまでのレースを勝負して、残りの勝負レースは購入して家に帰るという [続きを読む]
  • 競馬初心者の女性と競馬場へ行った体験談
  • 競馬場へは一人で行くことが圧倒的に多いのですが、たまに誰かと一緒に競馬場へ行くことがあります。そんな数少ない体験の中でも、特に印象に残っているのは競馬初心者の女性と競馬場へ行ったことです。彼女は同じ職場に勤めていて競馬のことはまったく知らない人でした。あるとき競馬の話を私が男性の同僚としていたら、その話に興味をもち一緒に行くことになったのです。話の流れから彼も一緒に行くことになり、三人で競馬場へ行 [続きを読む]
  • 競馬で気をつけること
  • 競馬を初めてやる場合、気をつけなければいけないことがあります。競馬は、当たり前ですが、ギャンブルの一つとなります。このため、ルールをしっかりとしっておかないと、後から損をしてしまい、後悔してしまうことになりかねません。このため、競馬の馬券の買い方など、まずはマスターしておくことが必要であると言えるでしょう。競馬を始める場合には、まずは焦らずにゆっくりと覚えてから始めることが必要です。競馬に詳しい人 [続きを読む]
  • 競馬初心者の馬券の購入の仕方について
  • 競馬は馬が競馬場でレースをするスポーツですが、馬券を購入してお金を賭けることも出来るので多くの人が楽しみます。すでに馬券を購入したことがある人は問題ありませんが、初心者の人は馬券の購入の仕方がよく分からないでしょう。そこで、競馬初心者の馬券の購入の仕方について、見ていくことにしましょう。●最初は馬連を購入する馬券にもいろいろな種類がありますが、競馬初心者の人はリスクを抑えた購入の仕方をしていく必要 [続きを読む]
  • 競馬はまだよく分からないけど
  • 競馬はどんどん新しい馬が出てきているなと感じます。見ているだけでもワクワクします。ずっと強い馬がいてももちろん良いのですが、強い馬が出てきてくれないとレースがつまらなくなってしまいます。競馬ファンがどう思っているかは分かりませんが、私はそう思っています。ファンというわけではありませんし、レースを欠かさず見ているわけではありません。タイミングがよければ見る、ニュースでやっていたら見るというくらいです [続きを読む]
  • 競馬に対する他人の考え方を知ることの大切さ
  • 競馬に対して幅広い考え方を持つためには、他人の意見を聞くことも大切です。競馬には、いろいろなとらえ方があります。ですので、競馬に対する他人の意見や考え方や体験談を聞くことで、競馬の新たな一面を知ることができます。例えば、私が知っている競馬好きの女性は、中山競馬場で行われた皐月賞で指定席を取るために朝早くから並んだという話を聞きました。GⅠの人気は非常に高いので、のんびりしていたら指定席はあっという [続きを読む]