ボンベイ さん プロフィール

  •  
ボンベイさん: 小学校の先生を120%楽しむ毎日
ハンドル名ボンベイ さん
ブログタイトル小学校の先生を120%楽しむ毎日
ブログURLhttp://kengobonbei.hatenablog.com/
サイト紹介文小学校教員志望の方、毎日楽しいですよ。 迷っているなら、まずはこのブログ読んで見てください。
自由文内気で人見知りな自分が小学校の先生になるとは…驚きです。
まして、セミナーまで開いて先生方に実践提案するようになるとは…
http://kengobonbei.hatenablog.com/entry/2017/01/21/100456
高学年ばかり担任しております。子どもとの関わりは難しくも楽しい。何よりこの仕事でしか味わえない体験が、感動がある。小学校の先生最高です。
http://kengobonbei.hatenablog.com/entry/2017/03/18/204102
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 211日(平均5.9回/週) - 参加 2017/03/19 06:16

ボンベイ さんのブログ記事

  • 学びの場の意義
  • 本日はTeacher's Labの理事の館野さんにお誘いいただいたこちらに参加しました。今はとてもワクワクした気持ちでいます。自分も何か始めたい。行動したい。そんな気持ちです。そんな会をつくってくださった、館野さんと石井さんに感謝です。でも、そもそも…外の学びの場に出て、リフレッシュしたり、モチベーションが喚起されるのはなぜだろうなあ…特に勉強することが好きなわけでも、社交的なわけでもないのになあ… [続きを読む]
  • 45分間夢中!終わったら達成感と自信
  • 子どもが心から楽しめて、学びのある授業をしていきたい。本校では高学年ブロックで、教科担任制を導入している。5年担任の私は6年の算数を受け持っている。学年をまたいで、子どもと関わることができるのは、かなり刺激的だ。フロアも同じなのに、授業で6年生の子どもたちと関わってみて、いかに自分が自分のクラスしか見えていないかがよく分かりました。全然子どもたちのこと見ようとしてなかったなあ。それぞれのクラスの [続きを読む]
  • 6年算数 比の授業
  • 身近なことと結びつける。あえて、比を出さずに店で売られているカルピスウォーターにはCALPIS原液が20%入っている。CALPISウォーターの作り方をを使って説明しましょう。(厳密には違う。しかも原液以外のものも入っているが、そういう設定にした。)水:CALPIS=80:20=4:1となる。ここでは、比を簡単にするということの有用性に気がついて欲しかった。さらに、このカルピスウォーターの問題は次のように発展。CALP [続きを読む]
  • 3月4日から今日まで
  • 3月4日。素敵な出会いがありました。神経科学…!! - 小学校の先生を120%楽しむ毎日ふたせんさん。DAFLという会。そこで出会う新たな仲間ハピペンさん。それでも幸せな人はいるからDAFLを軸に何を学び続け、何を得て、成長したのか。自分の課題に向き合うこと。ねらってインプットすること。自己開示すること。伴走者の存在。これらが成長にとってどれだけ重要かが分かった。アサーションによるやりと [続きを読む]
  • 小学校がチームになる難しさ
  • このブログを読んでくださっている教師のみなさん。管理職と職員でビジョンを共有し、学校が子どものより良い学びの場となるように、チームとして、日々教師としての仕事に取り組んでいる。という意識でいる方はいらっしゃいますか?私はチームとして、結果を出していこう!という思いをもてるようになったのはつい最近です。しかし、それはせいぜい学年のチームとして。学校というチームで結果を出そう!なんてはっきり言って [続きを読む]
  • こんな仕事は他にない
  • 昨日、帰ってくると私宛に手紙が届いていた。昨年受けもった、卒業生からの手紙だ。写真付き。海をバックにみんないい顔で笑っている。たった6ヶ月しかたっていないのに、少し大人っぽく見える。そうかそうか。うまくやってるんだね。良かった。来年の夏か〜。また大きくなってるんだろうな。(こんな言い方、子ども扱いしていて嫌だろうけど)先生のクラスや学校も楽しいよ。学校を変わったけど、職場の先生 [続きを読む]
  • 午前5時間制
  • 午前5時間制を経験された学校の先生いらっしゃいますか〜?朝日新聞デジタル:午前5時間制の鳥取市立美和小 成果は - 鳥取 - 地域この取り組み興味があるんですよね〜放課後の時間の確保によって、授業の質は変わるのではないかなと常々思っています。先生方、なんだかんだ真面目だし、授業で滑りたくないんですよ。だから放課後の時間が増えてもダラダラ仕事をするだけになるとは到底思えない。間違いなく、放課後の時間が増 [続きを読む]
  • 仕事≠自己実現
  • この記事。刺さり過ぎました。仕事はな、おまえが好きだって思えば、向こうも好きだって言ってくれるんだ。 | Books&Apps自分が成長できるかどうか、充実感があるかどうかが、仕事のモノサシだった。「仕事とは何か」をはき違え、自己実現を求めていた。どんなに頑張っても突き抜けなかったのも、いまから思えば当然だ。やばい。完全に私だ。仕事=他者貢献当たり前なんだけど。基本はこれ。もちろん仕事は自己実現にも [続きを読む]
  • 懇談会で保護者が引くぐらい話してみよう
  • 私が懇談会で語った内容について一部公開します。私が、子どもたちの「主体性」を大事にする理由。私はベースとして「他者を喜ばせることなしでは、人生は満足できない、虚しいものである」というのが人間の本質であるととらえている。(アドラー心理学)また、世界もこうした人間の性質をもとに成り立っていると考えている。歴史の流れを見ても、戦争の時代は終わり、ビジネスの時代となっている。これは、奪い合うことによる不合 [続きを読む]
  • 日々学ぶ
  • 今年、Facebookで新しい友達が40人できました!おかげさまで、世界がより近く、つながったものになりました。今日Facebookを開いたら、こんなものが出て来ました。私にしては積極的に、多くの人と出会い、繋がろうと頑張ったんだなあ。としみじみしました。そして、人との繋がりから、本当に多くの刺激と成長のきっかけをいただいているなあと、改めて実感する出来事がありました!それは…なんと、今日。Teacher's Lab.の理 [続きを読む]
  • 多忙化解消 〜Teamingで学習する組織へ〜
  • 今私が勤務する学校では、多忙化解消の取り組みがなされている。しかし、そもそもなんのために多忙化解消をするのか、目的を見失ってはいけない。私は多忙化解消の目的は子どもたちに、より価値のある学びの時間を提供するためだと考えている。多忙化解消によって生まれるゆとりがあってこそ、教師が本気で子どもたちと向き合える。子どもたちと向き合うと、必然的に教師は多くの学びが必要であると気がつくことになるはずだ [続きを読む]
  • あゆみ
  • 通知票通信簿私の勤務校は二期制です。この時期はみな、仕事は所見欄のチェックに余念がありません。ダブルチェックどころか、トリプルチェックもします。膨大な時間と労力をかけて一人一人真心こめて作ります。この時期は休日出勤当たり前。勤務時間を大幅に超え、夜遅くまで残る先生が多数です。私も初任の頃は夏休み中に所見を終わらせ、何度も先輩の先生にチェックしてもらい、なかなかOKが出ず、毎日夜遅くまで残っ [続きを読む]
  • 休日も職員ホームページ更新してます。
  • 2017.9.23 土曜日 こんな記事を読みました。「詰め込み教育が、想像力・創造力を高める理由」以下引用。数多くのインプットが複合的に組み合わされて、個性的なアウトプットや今までにないものが出来上がる。ここ数年、ずっと日本の詰め込み教育の弊害が言われてきているじゃない。それに「インターネットの普及で、記憶しなくてもネットを外脳として使えば、能力は無限大だ」なんてことを言っている人もいる。おお、 [続きを読む]
  • コードブルー
  • 職場でコードブルーのドラマが流行っている。普段ドラマを見ない私も珍しくハマってしまった。最終回で、今の自分に響くセリフが飛び出して来た。「どうせ無理だから。他の誰かみたいに仕事をしようと思っても」私は時々、同僚の指導力、授業力などに嫉妬することがある。しかし、教師がもつ本当の凄みは、人間性だと思う。授業などで、教師の仕事ぶりを見て圧倒されるとき、ほとんどその教師の上辺だけを見ているに過ぎな [続きを読む]
  • Teacher's School 「Interactive Learning Lac 対話的な学び研究会」
  • 行ってまいりました。会場はなんと、主催者の館野さんのご自宅!うーん、その発想はなかった。もうね、とにかくおされ!!雑誌の中に入り込んだかのようなシャレオツぶりです。オシャレ空間に飲み込まれ、立ち尽くしているうちに、参加者が揃い、自己紹介タイムです。この自己紹介もオシャレ。ポインツオブユーというコーチングカードというそうです。コーチングをカードで楽しみながら学ぶ、活かす、育てる - Points of You [続きを読む]
  • 問いを大事にする
  • これも素敵な記事だ。国谷裕子「ざらつきを残す問いの立て方」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online答えのない問い(ざらつきを残す問い)を生み出すには、たくさんの知識を得て、全体を俯瞰できるようにすること。そもそも知識がなければ、実は答えが出てるのに、答えがない問題だと思い込んでしまいますしね。幅広い知識がなければ、全体は見渡せないことでしょう。情報の整理は特にしませんが、大事なのは最初 [続きを読む]
  • 教師のスタンスはエバンジェリストであれ
  • この記事も熱い。そもそも、エバンジェリストというものを知りませんでした。「プレゼン」はもう時代遅れ、これからの時代に合った「伝え方」とは | 未来を変えるプロジェクト by DODAエバンジェリストとは…「エバンジェリスト」とは、IT業界で注目されている新しい職種、あるいはその役割を担う専門人材のことで、高度化・複雑化が進むIT環境のトレンドや最新テクノロジーをユーザーに向けて分かりやすく解説し、啓蒙を図る [続きを読む]
  • 行動あるのみ!!だけどやっぱりさ・・・
  • 昨日読んだイケダハヤト氏のブログ。「行動力は高いけど、理解力が乏しい人」は伸びない。 : まだ労働で消耗してるの?これかなり刺さりました。自分はかなり行動力バカの傾向があるなあ。と・・・。自分の市場価値を上げたい! ↓もっと行動して経験値をためなきゃ!この発想は間違いではないと思うのです。やっぱり、世の中で活躍している人たちは圧倒的に活動量が多いですからねえ。 先日 [続きを読む]
  • 反響が・・・ない。
  • 昨日のブログにもあげましたが今、校内のイントラネットのホームページを担当しています。それを良いことに、かなり、自由にコラム(のようなもの)を殴り書きしております。今日あげたコラムは、以下の通り。長いので、本文、画像をコピペします。2017.9.12 火曜日 おはようございます。 成績期間の荒波にもまれ、評価に向き合わざるをえない状況に追い込まれてしまいました。わくわくすっぞ。 しかし、それに [続きを読む]
  • キャラを出す
  • どんなコミュニティにおいても自分のキャラを出して、周りに受け入れてもらえれば、楽しくやっていける。キャラが立つ。これは、コミュニティにおいて、とても重要なことだ。なぜなら、キャラが立つとは、その人の存在が代替不可能だと、コミュニティが実感として理解することだと思うからだ。キャラを立たせるために、破天荒なことをする必要はない。ただ、行動指針を誰にどう思われるかを考えるのではなくて、自分が他者のた [続きを読む]
  • 自己表現のチャンス
  • 自己表現をありとあらゆる場所で出来る人は自由な人だ。自由に生きている人に憧れている。自分はこんな人ですよーとどんなところでも、臆せず表現できる人に昔から惹かれていた。私にとって、それは5,6年生の担任の先生だった。次に大学のバンドの仲間たち最近では、DAFLのメンバーDAFLによるPDCA - 小学校の先生を120%楽しむ毎日自分はこんな人だよ、とお互いに偽りなく弱みやダメなところを自己開示しあえる場所があ [続きを読む]
  • 勤務時間は子どものためにも守るべき。
  • 我々教師の勤務時間は7時45分から16時45分までだ。高学年は、6時間の日だと15時40分に完全下校。退勤まで約1時間しかない。したがって、業務内容は精選する必要がある。もちろん、子どもたちのためになることは、でき得る限りのことはするべきだ。しかし、だからこそ、学校の職員は定時であがる必要があると考える。私の学校では、そもそも朝の7時45分から挨拶当番なるものがある。登校時に地域住民が駅に向かうのと、本 [続きを読む]
  • 職場にGIVERが必要な理由
  • 職場の居心地が悪い理由は、みんながTAKERになっているからではないだろうか?この本を読んで、確信を深める。GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)作者: アダムグラント,楠木建出版社/メーカー: 三笠書房発売日: 2014/01/10メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (8件) を見るまずは、教員採用試験の勉強でも出て来る。自己成就予言。これが鍵となる。とあるテストを行ったあと、全体の20パーセ [続きを読む]
  • 共同体感覚。感じていますか?
  • 他者からどう見えているか、ばかりを気にかける生き方こそ、「わたし」にしか関心を持たない自己中心的なライフスタイル(以下引用「嫌われる勇気」より)この一節。おそらく対人関係に気を使っている人にとっては、辛辣に聞こえるのではないでしょうか。「あの人は自分のことをどう思っているのだろう?」「あの時の言葉は言い過ぎた。自分のことを嫌いになってしまったかな?」このようなことを、人と関わっていく上で、一度 [続きを読む]