yu asada さん プロフィール

  •  
yu asadaさん: 旅 free style
ハンドル名yu asada さん
ブログタイトル旅 free style
ブログURLhttp://arhrnrhr.blog.fc2.com/
サイト紹介文歴史や民俗学の謎発見の旅に出ます♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2017/03/19 19:35

yu asada さんのブログ記事

  • 人形の涙⑦ 人麿神社 『首が抜ける人麻呂像』
  • 人形の涙⑥ 當麻寺 二十五菩薩練り供養 『死者に穢れを持っていってもらう行事』 よりつづく〜高取土佐町 雛巡り 御殿飾り ※昔の雛人形は首がとれるように作られていた。私たちは高取土佐町の雛巡り、龍野の人形浄瑠璃、上賀茂神社の夏越神事、下鴨神社の雛流し、淡嶋神社の雛流し、當麻寺・即成院の練り供養と旅を続けてきた。旅の出発点は雛人形や人形浄瑠璃の首はなぜとれるのか、ということだったが、これまでの旅の [続きを読む]
  • 人形の涙⑤ 淡島神社 雛流し 『雛流しと補陀落渡海』
  • 人形の涙④ 『人形を人間の身代わりにして殺す』よりつづく〜3月3日、雛祭りの日、和歌山市加太にある淡嶋神社を訪ねた。淡島神社の拝殿には全国から奉納された雛人形が所せましと並べられていた。巫女さんたちによって雛人形は小舟に乗せられ、船は浜へ運ばれた。多くの参拝者が見守る中、雛人形を乗せた小舟は沖へと向かっていった。私たちは上賀茂神社の夏越神事において、息を吹きかけられて穢れを移され、さらに川に流され [続きを読む]
  • うるさ方
  • 本質的なことを重要視せず、細かいことにこだわる人がいますね。たとえば、ちょっとした漢字のまちがいを、鬼の首をとったかのように指摘する人。ネット上の漢字のまちがいはたいてい変換ミスなので、私なんかはスルーします。多くの人は私と同じでしょう。いちいち漢字のまちがいを指摘せず、本題についてコメントされている方がほとんどなので。あとはコメントが無題になっているとか、(コメントを無題にするのが悪いなんて考え [続きを読む]
  • フィギュアスケート 痩せてなくても飛べるのでは?
  • 平昌オリンピック日本男子のダブル表彰台の興奮がまださめやらぬうちに、フィギュアスケート世界選手権が行われましたね〜。最も注目していたのは樋口新葉選手。彼女はオリンピック選考の基準を満たしていたのですが、オリンピック代表には全日本で優勝した宮原知子選手と、全日本で2位だった坂本花織選手が選ばれ、樋口選手はオリンピックに出場することができなかったのです。日本スケート連盟の選考基準は次のようになっていま [続きを読む]
  • 人形の涙④ 『人形を人間の身代わりにして殺す』
  • 人形の涙③ 上賀茂神社 夏越神事『穢れを移され、川に流される人形』よりつづく〜下鴨神社の橋殿に雛人形が飾られていた。この日は3月3日、お雛祭の日だったのである。衣冠装束姿の男性と十二単の女性が登場した。男性はお内裏様、女性はお雛様ということなのだろう。お祓いを受けたのち、お内裏さまとお雛様が並んでひな流しをした。この行事は上賀茂神社の夏越神事に似ている。人形の涙③ 上賀茂神社 夏 [続きを読む]
  • 理想論語ってどうする?裁量労働制について語れ!
  • 裁量労働制とは、労働時間を実労働時間ではなく一定の時間とみなす制度のことで、出退勤時間の制限が無くなり、実労働時間に応じた残業代が発生しません。現在、この制度は設計者や技術者など、法律が認めた業種に限られていますが、これを営業職にまで拡大しようというのが改革案でした。また高度プロフェッショナル制度は年収1000万円以上に適用となっていますが裁量労働制は年収のしばりはないということです。つまり年収200万 [続きを読む]
  • 人形の涙② 龍野ひなまつり 『首がとれる人形浄瑠璃の人形』
  • 人形の涙① 高取土佐町 町屋の雛めぐり 『雛人形の首はなぜ抜けるのか』 よりつづく〜。 ①首がとれる人形浄瑠璃の人形最近、古い城下町の民家にひな人形を飾る催しが増えている。前回は奈良県高取土佐町の雛巡りをご紹介したが、今回の龍野でも雛巡りの催しを行っている。地元の方々に雛人形の由来や町の歴史などを教えてもらいながら町巡りをするのは本当に楽しい。龍野のひな祭りでは人形浄瑠璃の上演もあった。(現在人 [続きを読む]
  • 警戒レベル変更は事前に自治体に連絡しないほうがいい。
  • 遅くなりましたが、本白根山噴火で被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。この噴火で、気象庁は草津町に噴火警戒レベルをひきあげることを連絡していなかったそうだ。「レベル3」町に伝えず 気象庁 草津白根山の本白根山(群馬県)の23日の噴火後に噴火警戒レベル3に引き上げた際、気象庁が草津町に連絡していなかったことが判明した。24日に同町役場で気象庁の担当者らと記者会見した際、黒岩信忠町長が明らか [続きを読む]