まつこ さん プロフィール

  •  
まつこさん: 認知症と在宅介護を考えるブログ
ハンドル名まつこ さん
ブログタイトル認知症と在宅介護を考えるブログ
ブログURLhttp://xn--o9ju82grxfxtehy3b5wcg58bxsb.net/
サイト紹介文母親との暮らしで得ることができた知識をお伝えできればなと思っております。
自由文認知症の母親を持つ40歳です。在宅介護を覚悟するまでいろいろな不安や葛藤がありました。それを払しょくするかのように、認知症についてたくさん調べました。このブログではそんな母親との暮らしで得ることができた知識をお伝えできればなと思っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 213日(平均3.8回/週) - 参加 2017/03/21 13:09

まつこ さんのブログ記事

  • 老人ホームの紹介サイトは積極的に活用しましょう
  • 老人ホームの紹介サイトがあるのをご存知でしょうか? 知人の話しですと、老人ホームに入居したいと思えば地元の老人ホーム事情に詳しいケアマネが紹介してくれるらしいのですが、自分で老人ホームの調査をしたいときはどのような方法があるのでしょうか?実は老人ホームの検索サイトを使うと簡単なのです。 老人ホームの検索サイトで施設検索できる老人ホームの検索サイトはPCやスマホから簡単にチェックでき、いつでもどこで [続きを読む]
  • 脳をいつまでも若々しく保つには?
  • 脳はいつまでも老けないと考えてしまいがちですが、実は老化しています。40代から前頭葉の老化が始まっており、用心するに越したことはありません。ところがこの前頭葉、老化してもあまり目立たない部分です。この前頭葉がコントロールするのは感情であり創造性です。ワンパターンな生活、ワンパターンな発想になると脳の老化が始まっているかもしれません。 「まあいいか…」「いつもと同じでいいよね?」は脳が老化し始めている [続きを読む]
  • 抗認知症薬で認知症の症状を遅らせる意義について
  • 昔は認知症と言う病名はなく「呆けた」「痴呆」と呼ばれていた認知症ですが、認知症と呼ばれ始めたのが2004年。それ以後認知症という言葉が急速に社会に浸透しました。また2000年にアリセプトと呼ばれる薬が発売されると、認知症の治療が出来るようになり状況が変わったのです。まだ根本治療のできない認知症ですが、今回は抗認知症薬についてです。 アリセプトは最も古い認知症の薬アリセプト(ドネペジル)がエーザイから発売さ [続きを読む]
  • 認知症になるとどうなるの? その経過を知る
  • 認知症という病気、多くの方から注目されていますが症状への対処法の情報は良く耳にしますが、発症から看取りまでどのような経過を辿るかをさらっとまとめた文章がありませんでした。そんな時、みんなの介護で連載されているこちらの記事が役に立ちました。母は認知症初期なのですが、だんだん症状がすすむと失禁などの症状が出るようです。 認知症かな?と思ったきっかけはそれぞれ以前ブログでも書いたと思いますが「母が認知症 [続きを読む]
  • 認知症の方と上手に接するための原則
  • 認知症の患者さんを持つ方と親しくなり、良くお話しさせてもらうようになりました。そのご家庭では旦那さんが認知症で奥様が介護者です。とくに酷いには物盗られ妄想で大変手を焼いているということと、旦那さんの症状の進みが早く、すでに奥さんの事も忘れていらっしゃるそうです。今回は物盗られ妄想について少し書きたいと思います。 「俺の剪定ばさみがない!」親しくしてくださっている奥様が旦那様の認知症に気が付いたのは [続きを読む]
  • 宮崎で新規オープンの老人ホームはあるの?
  • 宮崎県内には約390件の老人ホームがあるのですが、その中でも新規オープンの老人ホームは何か所あるのでしょうか? 新規オープンの施設はやはり施設が新しいと言う事で人気があります。真新しい部屋に住めるのはやはり気持ちが良いもの。利用者同士の人間関係も出来上がっていない分だけ住みやすいです。新規オープンの老人ホームについて。 宮崎県内に新規オープンの老人ホームはあるの?ニューオープンの老人ホームは、施設が新 [続きを読む]
  • 社交ダンスで認知症予防について物申す
  • 以前、某テレビ番組で「社交ダンスが認知症の症状を緩和させた」という内容の番組を見ました。その番組のせいでしょうか?似たような記事を良く見かけるようになりましたね。この話題、いろんなサイトで言われているので真実味があるように感じるのですが、先日お話しをした看護師はこの意見に物申していました。その内容とは? 社交ダンスが認知症予防になるのはある意味間違いない某テレビ番組で、認知症でほぼ寝たきりのような [続きを読む]
  • シニアヨガがブーム〜ヨガをやってみました
  • シニアヨガと呼ばれるヨガが中高年、とくに高齢者の間で流行っているようです。このシニアヨガは椅子に座ったままできるヨガで、体力のない高齢者でも気軽に続けられるとのこと。シニアヨガの方法はDVDや書籍などでないと良く分からないため、一般的に出来るヨガをやってみました。 先日某公園でヨガをやっている方に遭遇先日、別府公園を早朝フラフラと歩いていたら、早朝からヨガをやっている方を発見しました。後で調べて分かっ [続きを読む]
  • 認知症患者の家族が辿る心理的ステップとは?
  • 認知症患者を介護する家族は、ある決まった心理的ステップをたどると、精神科の先生から教えて頂きました。その心理的ステップとは一体何なのでしょうか? それを知るだけでも気持ちが違ってきます。人は初めての経験には戸惑うものですが、今からお伝えすることを知っているだけでも落ち着いてご家族の介護ができると思います。 認知症患者の家族が辿る心理的ステップ精神科の医師から聞いたお話しです。その医師は長年認知症患 [続きを読む]
  • 宮崎県の老人ホームは車で通いやすいところが有利
  • 宮崎県は県土が南北に長い形をしています。そのため大分県に近い延岡市と、鹿児島県に近い日南市では街の雰囲気が違います。また高千穂にいくと山岳地帯なので日南市の沿岸部とも景色がかなり違ってきます。九州でも南北に広いエリアをもつ宮崎県は、さまざまな気候や風土をもっているわけです。そんな宮崎県の老人ホーム事情とは? いまだに高速道路が全線開通しない東九州自動車道九州と聞くと九州新幹線や九州自動車道を連想し [続きを読む]
  • クレーマー老人にどう対応するべきか?
  • 最近は「モンスター・ペイシェント(略してモンペ)」と言われるクレームをつける患者が増えているそうです。このモンペはどうして生まれてしまうのでしょうか? 特に最近は高齢者がクレームをつける事も多いそうです。人生の酸いも甘いも噛み分けた大人がなぜクレーマーになってしまうのか、調査してみました。 人は年を取るほど穏やかになる……わけじゃない人はさまざまな経験をするほど賢くなり、だんだん人に優しくなれそう [続きを読む]
  • 介護は合わせ鏡〜できるだけ笑顔でいるために
  • 先日、地域包括支援センターの方とお話しをしたときに「介護は合わせ鏡と言われているんですよ」と言われました。つまり、介護者が笑っていれば要介護者も笑える、またその逆に介護者が怒っていれば要介護者も怒るというように、介護者の感情を相手が写し取ってしまうのだそうです。そうは言ってもいつも笑顔でいるのは本当に大変ですよね。ではどうすればいいのでしょうか? 介護は合わせ鏡我が家の母は、幸いなことに要介護認定 [続きを読む]
  • 介護脱毛がひそかに注目されている理由
  • 世の中にはなんと「介護脱毛」と呼ばれるものがあるそうです。これは一体なんだ? と思って調べたところ、将来介護される側(40〜50代の男女)が、あらかじめムダ毛を処理することなのだそうです。調べてみたところ、かなり奥が深い、なるほどと感心するお話しでした。 在宅介護の経験者が脱毛を希望する理由この介護脱毛、どうやら在宅介護を経験した中高年の方が希望されるケースが多いようです。実際に親御さんを在宅で介護し [続きを読む]
  • 高齢者の自尊心を傷つけない方法〜ケアマネとの会話から
  • 認知症高齢者だけではなく、高齢者とのお付き合いは難しい面があります。先日お友達になったケアマネさんから「今の介護の現場の実態」を教えてもらいましたので皆さんと共有したいと思います。オレンジカフェで出会ったケアマネさんは気さくで話しやすく、いろいろな疑問に答えてくれました。 「介護職員が介護してあげている」は間違い現在、介護業界では「共働(きょうどう)」という言葉が定着しています。つまり介護職員が「 [続きを読む]
  • 高知県の老人ホームで体験入居ができる施設は?
  • 老人ホームは一度入居するとなかなか他の施設に移動することができません。そこで大事になるのが、入居前の見学と体験入所です。実際に施設を見ておかないと後悔することも。高知の老人ホームに入居前の体験入所ができる施設はあるのでしょうか? 調査してみました。 高知県内の老人ホームは体験入所ができる?高知県内の民間運営・有料老人ホームには体験入居ができる施設があるのでしょうか? この体験入所、非常に大切なもの [続きを読む]
  • ニューオープンの老人ホームのメリット・デメリットとは?
  • 超高齢社会を背景にして、多くの老人ホームが建設されています。新設の老人ホームは設備が新しいだけではなく、人間関係も真っ新なので住みやすいのが特徴です。新しいお部屋は以前住まれていた方の臭いなどもなく快適。ただし良い事ばかりではありません。ニューオープンの老人ホームについて。 新規オープンの老人ホームはここが良い新しくオープンした老人ホーム。外観も内装もきれいで住みやすいですよね? 見た目も綺麗なの [続きを読む]
  • 高齢者の貧困問題が深刻
  • 「下流老人」という言葉をネットのニュースやTV番組などで良く見かけるようになりました。高齢者は裕福というイメージがあるのですが、それは団塊の世代までのこと。どうやら今の40〜50代は貧困予備軍になっているようですし、貧困にあえぐ高齢者も多数いるようです。どういうことなのでしょうか? 年金が少ない世帯は危ない老後をむかえて高齢者の生活を支えるのは年金です。高齢になると仕事を辞めて自宅でのんびり、ゆったり [続きを読む]
  • 脳血管性認知症は減少傾向とは言え要注意
  • 認知症の原因疾患にはいくつかありますが、今一番多いのは「アルツハイマー型認知症」で全体の50%程度を占めています。ほかにもレビー小体型認知症が20%、脳血管性認知症が20%となっていますが、昔は脳血管性認知症患者が多かったそうです。ではなぜ今、脳血管性認知症患者が減っているのでしょうか? オレンジカフェで聞いた話しを振り返る毎月通っているオレンジカフェで、保健師の方がこのような話しをしていました。「昔は [続きを読む]
  • 広島市の老人ホームは幹線沿いにある施設が交通便利
  • 広島市内は路面電車やバス、JR路線、私鉄などさまざまな公共交通機関が発達しています。広島駅が広島市の中心部にはないため、市内の繁華街に行くために公共交通機関は本当に便利です。では車を所有している方はどうでしょうか? この場合、大きな幹線道路に近い場所に老人ホームがあると便利なんです。 広島市内の主な幹線道路とは?広島市内には大きな道路が東西南北に走っています。とくに最近開発が進んでいるのが「広島高 [続きを読む]
  • 生活習慣を変えられないために起こる病気
  • 生活習慣病と言われる病気には、高血圧・脂質異常症・糖尿病などがあります。これら病気(症状)は生活習慣が原因となって引き起こされる事が多いため「生活習慣病」と呼ばれているのです。これら病気は一体なにが怖いのでしょうか? そして予防する方法とは? 生活習慣で病気になる                                                                     [続きを読む]
  • 認知症患者は空間認識力に異常が出るケースが多い
  • 先日のオレンジカフェで、社会福祉士の方が「認知症患者は、空間認識力に異常が出ることが多い」という話しをされていました。空間認識力とは一体何なのでしょうか? 認知症患者が車の運転ができなくなることとどのように関連しているのでしょうか? 調査してみました。認知症とは、認知機能が衰える病気人間は生きて生活する上で、さまざまなことを認識しています。例えば朝起きたら「ああ、朝6時だな。今日はちょっと遅く起き [続きを読む]
  • 認知症予防は実践しなければ意味がない
  • 認知症患者は推定500万人を突破しており、社会問題化しつつあります。そんな認知症、じつは根本的な治療法がないため予防することがとにかく重要になります。認知症にならないために、数々の予防法が巷に広がっていますが、結局実践しなければ意味がないのです。 認知症予防は実践あるのみ認知症は根本治療が確立されていないため、今のところ効果のある方法は「認知症にならないこと」または「認知症になる時期を遅らせること」で [続きを読む]
  • 認知症の母にしてはいけないこと
  • 認知症の母……我が家の場合、母の状態は「まだら認知症」と言って良い状況です。「隣の家の人に財布を盗まれた!」と騒いだかと思えば隣の家の方と楽しく会話していたり、「まだご飯を食べていない」と騒いだかと思えば、ある日は素直に食器を片づけてテレビを見たりと翻弄されています。そんな母にしてはいけないこととは? 精神不安定な認知症患者にしてはいけないこと認知症は脳の病気ではあるのですが、脳は精神やこころのあ [続きを読む]