リョウスケ さん プロフィール

  •  
リョウスケさん: リョウスケが米国株で億万長者を目指す
ハンドル名リョウスケ さん
ブログタイトルリョウスケが米国株で億万長者を目指す
ブログURLhttp://www.longamerikastock.com/
サイト紹介文米国株で億万長者を目指します。 総資産6000万円 月間ブログPV数 30万です。
自由文日本株で資産を増大しました。
さらなる高みを目指して米国株で資産を最大化します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2017/03/21 18:31

リョウスケ さんのブログ記事

  • あーーー、ストレス溜まる!コミュ症軍団とかかわることになった私の悲劇
  • こんにちわ、リョウスケです。 私は、普段IT関連の仕事をしているのですが、実は、少し前から、別のグループのプロジェクトがトラブっているので、応援という形で手伝いに行っています。 一応、これでも私は管理職ですので、自分のグループを離れて、別のグループの仕事を手伝うのって、不満だらけなんだけど、上司の命令だから仕方がないです。 そもそも、上司に呼び出されて、支援業務の支持をされた時の言い回しも「おまえも含 [続きを読む]
  • 「日本人総底辺時代」を抜け出すための唯一の方法
  • こんにちわ、リョウスケです。 私達人間は、未来を見ることができる魔法の水晶玉も持っていませんし、未来から来た猫型ロボットも身近に居るわけではないので、未来を完璧に言い当てることはできません。 ただ、過去の統計や現状を分析すれば、完璧とは言わないまでも、未来を予測することができます。 例えば、現在、日本では少子高齢化が進んでおり、今後、歴史上前例のないペースで人口が減っていくことから、様々な大きな問題 [続きを読む]
  • 誰にでも克服できない「弱点」がある・・・客先でお腹が痛くなった私の末路!
  • こんにちわ、リョウスケです。人間は誰しも、克服できない「弱点」を持っていたり、「コレ」があるばっかりに人生を損していることってあるかと思います。私の場合、「お腹が非常に弱い」という大きな「弱点」を抱えていて、緊張したり、ほっとしたりすると、すぐにお腹が痛くなったりするんですよね。マジで、この体質のせいで、どんだけ損をしているか・・・。例えば、この弱点のせいで、旅行に行くときは常にトイレの [続きを読む]
  • IBMには期待しているがギャンブル投資に近い・・・・
  • こんにちわ、リョウスケです。 先日、堕ちたITの巨人「IBM」より配当金をいただきました。頂いた配当金の額は以下のとおりです。 一株あたりの配当金 1.57ドル数量 250株合計(ドル) 392.5ドル円換算(1ドル=110.67円) 43,437円 低迷している米国株式市場の中、絶好調のハイテク銘柄にあって、相変わらず不人気っぷりの「IBM」ですが、このように毎四半期ごとに配当金を出してくれるのは有難いです。 なお、今期から前期比 [続きを読む]
  • 家賃を抑えると節約効果は絶大!資産形成の第一歩を踏み出せる
  • こんにちわ、リョウスケです。一般のサラリーマンが、お金持ちになるためには、収入を底上げし、出費を減らすことが基本です。言い換えると、本業での昇給や副業などを行ったり、節約をすることで出費を減らす、ということです。もちろん、株式投資などの資産運用を行えば、さらに効率的な資産形成を実現できます。しかし、最近は、労働者も、プライベートを重視する考え方が尊重されており、本業での昇進を目指す人も少な [続きを読む]
  • 中間管理職になった私の末路・・「会社辞めたいわー」と思ってたけど・・その後。
  • こんにちわ、リョウスケです。 私達が生活をするためには、必ず必要なものがあります。それが「お金」です。服を着る、食事を食べる、家に住む、こういった当たり前のことをするだけでも、「お金」が必要ですし、趣味や恋愛をする際にも、お金は必要になります。 そして、こういった「お金」を得るためには、働かなければなりません。しかし、会社で働くという行為は、多種多様な人間同士の「我」と「我」のぶつかり合いとなるた [続きを読む]
  • ケチが過ぎると人望も失う・・・節約を意識しすぎた男の末路!
  • こんにちわ、リョウスケです。 普通のサラリーマンが、お金持ちになる為の基本は、収入を増やし、出費を減らすことです。さらに言うと、収入額から出費額を差し引いた金額が大きければ、大きいほど、資産を高めるための「選択肢」を増やすことができます。.普通のサラリーマンは、収入額がそれほど高くないので、本業以外にも副業などで収入を高めたり、資産運用で効率的に資産を増やすことが、最も近道の方法だと思いますよ。 そ [続きを読む]