動作力.com さん プロフィール

  •  
動作力.comさん: 40代からのスキー上達法
ハンドル名動作力.com さん
ブログタイトル40代からのスキー上達法
ブログURLhttps://www.dousaryoku.com/blog
サイト紹介文スキー上達が上手くいかない方に。スキーが趣味の姿勢トレーナーによるオリジナル上達法です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2017/03/21 23:00

動作力.com さんのブログ記事

  • 簡単に「体の力を抜け!」って言うなよ・・〜体の力を抜けない理由とは?〜
  • 「体の力を抜くって、難しい」ってお話です。スキー・その他のスポーツの練習中で、よく「体(腕・脚など)の力を抜きなさい」とコーチに言われる人も多いのでは?もしいつも言われるなら、コーチに聞いてみてください。「どうやって力を抜けばいいのですか?」この質問をどう答えてくるかで、そのコーチの力量が測れると思います。これに対して逆ギレするようなコーチは問題外として、おそらくほとんどのコーチがきちんと答えられ [続きを読む]
  • いいな、京都。
  • 12月になって、夏日に迫る日になったとか・・確かに暖かかったですね、昨日は。やっとの思いでオープンしたスキー場も、この暖かさではコースの維持もさぞ大変でしょう・・私はそんな中先週、25年ぶりに京都の紅葉を観に行ってきました。まずは、京都ではなく、琵琶湖畔・石山寺の早朝です。人手の多い京都市内と比べると、人もまばらでゆっくりと景色を堪能出来ました。石山から京阪電車に乗り、こちらは比叡山の麓・坂本です。そ [続きを読む]
  • 腹筋を鍛えると、スキーが下手になるって本当?
  • 雪が降ったようで、かぐらスキー場が今日オープンのようですね!あたたかかったのでどうかなというところでしたが、三連休に予定をされていた方は嬉しいニュースでしたね。私も例年春を中心にかぐらスキー場には行きます。 ※春の画像です。昨年は4月にイベントレッスンをこちらでやりましたが、今シーズンも4月に計画しておりますので、よろしくお願いいたします。そんなシーズンインを待ちわびながら、スキー上達・体力向上のた [続きを読む]
  • 晩秋、待ち遠しい季節。
  • こんにちは。だいぶ朝晩冷え込んできましたね。あとは何時雪が降ってくるかなぁと待ち遠しくなってきました。今日は・・。体の機能のお話ばかりだと堅苦しいので、たまには違う話もしましょう。昨日、急遽時間がとれたので、昔よくドライブに行っていた秩父方面の山へ行ってみました。国道299号線から、奥武蔵グリーンラインという林道を上がり、顔振峠を越えると眺望スポット「黒山展望台」があります。このように昼間も眺めがい [続きを読む]
  • スキーで使う、股関節の大切な動作「内旋」「外旋」
  • こんにちは。今回は、また下半身の機能についてのお話です。股関節の曲げ伸ばしについてのお話を何度もやってきましたが、今回は股関節を”回す”動きについてお話します。以前ご紹介したサイドスクワットのような、左右への動きを伴う動作や、片足での動作になると、股関節は単純に曲げ伸ばしの動作だけではなく、”回旋”という動作が伴います。太ももが外へ回る時が外旋、逆に内側に回る時が内旋と言います。カラダの動きは同じ [続きを読む]
  • 一流になるアスリートの見分け方
  • 超一流アスリート・根尾君に期待!先日のプロ野球・ドラフト会議で、先の甲子園大会でも活躍した根尾選手が中日ドラゴンズに指名されました。甲子園大会で魅せた高い身体能力で、プロの世界でどんなパフォーマンスを今後見せてくれるのか、とても楽しみですね。超一流になる人が持っている、二つの才能根尾君は投手・遊撃手・打者としてそれぞれ高い身体能力を発揮してプロの大きな注目を浴びていたわけですが、中学時代にはスキー [続きを読む]
  • スキーで鍛えるべき、上半身の筋肉とは?
  • こんにちは。今回は、スキー上達のために鍛えたい、上半身の筋肉についてのお話です。突然スキーから離れて、ボクシングの話題から入ります(^ ^:)先日、ボクシングの世界チャンピオン・井上尚弥選手が開始わずか1R60秒あまりでKO勝ちしました。KO率がこれまでも高く、天才と言われる井上選手ですが、今日お話する、「上半身の鍛えるべき筋肉」がうすごく発達しているのです。その筋肉とは、”前鋸筋”あまり聞いた事が無いかもし [続きを読む]
  • スキー動作の肝が詰まっている、サイドスクワット
  • スキーシーズンに向けて、カラダづくりをしていきましょう!という事でお送りしている、動作力講座。スクワット・そして前回はランジをご紹介しましたが、今回はさらにスキー動作をイメージしやすい動作・サイドスクワットをご紹介します。アルペンスキーヤーや、デモンストレーターの滑りを見てみると、ターンの時、脚が股関節から大きく曲げ伸ばしされているのがわかります。Reilly McGlashanというスキーヤーの滑りは、特にその [続きを読む]
  • 踏む動作を身につける、フロントランジ
  • 今回は、スキーで使う「踏む」動作をトレーニングする方法をご紹介します。フロントランジという、スクワットの動作を片足で行い、前へ進む動作です。 やり方としては、軽くしゃがんだところから、片足で地面を押して体を前に進めます。体が前へ出て行くのに対し、片足が後に残り伸びていきます。この脚を伸ばす事によって、地面に力が加わりその反力で前に進める訳です。この動作は、普段日常で必ず行う「歩き」や「走り」の動作 [続きを読む]
  • 日常も”スクワット”
  • 前回は、多くのスキーヤーがスクワットをする時に足りない要素・”脚を伸ばす”動作のお話をしました。前回記事今回は、この”脚を伸ばす”動作を日常でも練習出来るというお話です。脚を伸ばし、地面を押せるかは、普段の”歩き”で診る事が出来る私がスキーヤーの皆さんの「しっかり踏める能力」をみる時、指標にするのが「歩き方」です。歩く時に、地面を押して体を前に進められているかをみているのですね。多くの人が、足だけ [続きを読む]
  • そもそも、スキー上達になぜスクワットの練習が必要なのか?
  • スキー上達のために必要な、スクワットの練習方法についてお話してきました。そもそも、どうして正しい姿勢でスクワット動作を身につける必要があるのでしょう?そんなお話を今回は。コブラー・モーグラーだけではない!スキーヤー皆スクワットが必要!!スクワットの格好と似ているスキーの姿勢で思い浮かぶのが、モーグルを滑る時の姿勢。コブを吸収する時に大きく足を屈め、荷重する時に脚が伸びて雪面に圧をかけます。コブを滑 [続きを読む]
  • スキー上達にはつながらないスクワットの仕方
  • こんにちは。前回は、スクワットをスキー上達につなげるためのエクササイズとして考えた時の、やり方についてお話しました。股関節をどう機能させて、全身をどう使って行うかが一番大事と言えると思います。逆に今回は、この方法ではスキー動作の習得にはつながらないやり方、それもよくやられている方法をご紹介します。しゃがむ時、もしくは立ち上がる時に、このように腰椎を反らせてスクワット動作をしている人、またさせている [続きを読む]
  • スキーが上達する、正しいスクワットの考え方
  • 今回は、タイトルのとおり、”スキー上達に必要な動作をしっかり練習出来るスクワットの方法”をお話したいと思います。これまでの記事でもお話しているように、スキーに限らず、他のスポーツ動作・そして日常動作に至るまで、股関節を正しく使える事は体にとってとても大きなメリットがあります。今日お話する、スクワットですけど、トレーニングに関心のある人で無くてもどんな運動か位は知っている、有名なエクササイズですよね [続きを読む]
  • スキー・スポーツに役立つ、股関節エクササイズ法②
  • スキー上達には、股関節のスムーズで正しい動きが必要!という事で、前回よりお送りしております股関節エクササイズ。前回やっていただいた、「お辞儀エクササイズ」で、股関節から上半身を動かせるようになったら、今回はこれを立ってやってみましょう。お辞儀エクササイズの効果は前回書きましたが、スキーの時には立っていますから、この動作を立って出来るようにする事で、この動きを滑りに生かす事が出来ます。難易度Up!今度 [続きを読む]
  • スキー・スポーツに役立つ、股関節エクササイズ法①
  • 今回は、ここ何回かでお話してきた「股関節を転がして動かす」動作の練習方法をご紹介いたします。大腿骨の上を、骨盤が転がる。そんなイメージをしてみましょう。まず最初の股関節エクササイズは、”お辞儀エクササイズ”です。股関節を動かすには、大きく分けて二通りの方法があります。一つは、体側を固定して、脚の方を動かす方法。こんな感じです。もう一つが、脚側を固定して、体を動かす方法。今回ご紹介する方法です。以前 [続きを読む]
  • スキーのためのカラダの使い方〜力を逃がして、しなやかに〜
  • 車のカスタマイズで感じた、スキーパフォーマンスアップのためのカラダ調整ポイント先日、冬にはスキー場への足にもなる愛車をカスタマイズしました。そのパーツは、シャーシを補強しているものを交換したものです。ノーマルの状態では、1本の棒のようなものが渡してある「突っ張り棒」のようなものなのですが、カスタマイズパーツはその棒の中間にピロボールという可動部分が加わったものです。 画像(上)が交換前、(下)が交換 [続きを読む]
  • 股関節は脱力がカギ・続き
  • 前回の、股関節は脱力がカギというところから、もう少し股関節のお話をしましょう。股関節は”球関節”だから、抵抗は少なく。股関節は前にもお話したように、球の形をしてマルチな動作が出来る関節です。ですので、動かす時も”曲げる・伸ばす”ではなくて”転がす”ようなイメージで動かすといいと思います。そこで皆さん、考えて欲しいのが、スムーズに物を転がすために、一番邪魔になるものってなんでしょう?転がる力に対する [続きを読む]
  • 股関節は、”脱力”がカギ!
  • 体に力が入っていると、股関節の動きはどんどん悪くなる今回は股関節のスムーズな動きを邪魔する作用についてのお話。冒頭にもあるように、体に力が入っていると、股関節の動きは悪くなっていきます。股関節は球関節なので、転がすように動かすと、曲げ伸ばしの動作が素早くスムーズになっていくのですが、股関節まわりの筋肉が力が入り、股関節を固めてしまうと、その転がり動作はスポイルされてしまうんですね。体幹トレーニング [続きを読む]
  • 骨盤は、後傾したっていい!
  • 今回は前回の記事をちょっと掘り下げて、股関節と骨盤との関係を考えていきましょう。◎股関節は転がして使う。前回、股関節が球の形をしたマルチな動作が出来る関節だとお話しました。その機能をしっかりと使うには、曲げ伸ばしと言うよりは”転がして使う”感覚の方が適切かもしれません。体を屈ませたり、逆に起こしたりするのに、股関節を使うとこの図のようになります。体を前屈みにすると、骨盤が一緒に前傾し、体が起きると [続きを読む]
  • スキー 股関節が上手く動かすために、必要な意識のしかた
  • 前回、スキーなどで起こる腰痛の原因のお話をしました。その原因として挙げられるのが、腰の使い過ぎという事をお話しました。腰を使い過ぎてしまうのは、股関節や胸郭まわりの動作が不十分で、腰からでないと反れないようになってしまっているからなのですね。そこで今回は、股関節はどう動かすべきか、そして、なぜ股関節は上手く動かせない人が多いのかを考えていきましょう。股関節は、転がして使う関節。だから、転がすイメー [続きを読む]
  • 腰が痛くなる理由と、股関節の関係
  • 今回のお話ですが、「腰が痛くなる理由」についてです。スポーツ時や、日常生活の中で、腰が痛くなるのは、”腰の使い過ぎ”スキーなどのスポーツをやっていると腰が張ってくる・・日常生活で常にという方もおられるでしょう。この記事を書いている私も、20代に別の仕事をしている頃は慢性的な腰痛に悩まされている1人でした。背骨の変形による神経症状や、内臓疾患・悪性腫瘍などが由来のものでない、その他の腰痛の多くは緊張性 [続きを読む]
  • レッスンを受けているのに上手くならない?
  • 同じ先生から・もしくはいろいろな先生から、スキースクールに入って教わっているのに、なかなか上手くならない・・・・こんなお悩みのお持ちの方、いらっしゃいませんか?スキーもオフシーズンになって、私のところにご相談にいらっしゃるスキーヤーの方が増えてきます。そんな方々のお話を伺うと、冒頭のようなお話になります。10年も一流デモの先生にコブを教わっているけど、全然進歩しないとか、5年1級の検定に落ち続けている [続きを読む]
  • スキー・スポーツで脚を細くする事は可能?
  • 今日のお話は、スキーその他スポーツをすると、脚が太くなってしまうのは仕方が無いのか?というお話。スキーの上達と共に、脚が細くなった。ウェストも。私はモーグルをやっているというのはこちらで何度も話題に出ています。モーグルというのは、凸凹のところを滑りますので、結構脚の曲げ伸ばしを大きく行います。滑っている間、何十回もスクワットをしているようなものです。スキーは屈伸動作の連続これを続ければさぞ「脚が鍛 [続きを読む]