moguler8 さん プロフィール

  •  
moguler8さん: 一石三鳥カラダ調整法
ハンドル名moguler8 さん
ブログタイトル一石三鳥カラダ調整法
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/moguler8
サイト紹介文姿勢・歩き方を変えれば、カラダの悩みは改善へ。姿勢や歩きがスポーツ上達にも役立つヒミツがあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 207日(平均2.1回/週) - 参加 2017/03/21 23:00

moguler8 さんのブログ記事

  • 今年はコブをご一緒に。
  • こんにちは、八巻です。今日はFacebookページ開設のお知らせです。姿勢改善トレーナーとして活動する傍ら、休日はスキーの上達にいそしんでおります。コブを滑り始めて、思うように上達しない時期を経て、自分の知識を結集して自らの上達をまず目指しました。まだまだ自分自身が成長過程ではあるのですが、このノウハウを他の方にもという想いは常にありました。本当はトレーニングの領域でそのノウハウを広めれれば一番いいのです [続きを読む]
  • 背骨をしならせる動作の、出番と必要性 その2
  • こんにちは。今回は背骨のしなりの役割、2つ目のお話です。前回記事背骨をしならせる動作の、出番と必要性 その1その2「背骨の姿勢維持」に役立つ前回ご紹介した1つ目は、スキーの重心位置・骨盤の位置の保持に大きな役目を持つという事でした。スキーは軸足の上に重心を置く事が大切で、背骨が上手く湾曲しないと骨盤が足の上から外れやすくなるというデメリットが生じます。で、この背骨のしなりなのですが、実はあまり動作の [続きを読む]
  • 背骨をしならせる動作の、出番と必要性
  • さて、前回の記事で「背骨のしなり」についてのお話をしました。今回は、より具体的に、スキーでの背骨の使い方へと話を進めていきたいと思います。背骨のしなりの役割は、大きく2つ。前回、多くの人は背骨が上手くしならなくなっているというお話をしました。背骨は24個の椎骨という骨が積み上がって出来ていて、それぞれが関節になっています。ですから、それぞれが可動し、前後左右に曲がります。このしなりが、姿勢の維持や動 [続きを読む]
  • 本当に必要な体幹力とは、「背骨のしなり」
  • こんにちは。さて、10月に入りました。私は昨日、ウォータージャンプ用のブーツでもと思い、ブックオフにぶらっと行ってみたのですが、意外にもいいブーツがあり、冬用のブーツとして思わず買ってしまいました板もちょっと惹かれる物があり、時々行くとお宝が発掘出来るかもと思いました外向傾姿勢をつくる為に、必要な動きさて、今日はスキーに必要な体幹の動きのお話。上の画像はオフトレーニングの風景です。背骨を左右方向に [続きを読む]
  • 股関節と腰痛との関係をテレビでやっていた
  • 昨日、「ためしてガッテン」で股関節の事を取り上げていました。股関節の動きが悪いと、腰痛の原因になるという事でした。それは確かに原因の一つです。でも、股関節回りの動きが悪いのも、腰痛になりやすくなるのも、元は背骨の正しいアーチの崩れが原因です。股関節回りの動きが悪くなってしまうのは、上半身の姿勢が悪くなる事で、骨盤と大腿骨の位置関係が悪くなる事が一つ。股関節がしっかり動きやすいようにはまっていないと [続きを読む]
  • リラックスはNG?
  • 今日は指導の時間に空きがあり、なかなか出来なかったデスクワークをしたり、このブログを書いたり出来てますさて、今日は以前から気になっている、あるスキー指導者が言っているワードについてのお話。タイトルにもある「リラックスはNG」これ、コブを滑る時のこの人にとっての原則なんだそう。手足の力も出来るだけ入れて、思い切り力んでコブを滑走するように記されています。でも、ちょっと考えて欲しいんです。スキーを滑る・ [続きを読む]
  • 人はなぜ批判をするのか?
  • 何か最近、芸能人や政治家の不倫報道が多いですね・・で、それが起こるたびにツイッターなどを中心にその当事者のバッシングが一斉に起こります。徹底的なつるし上げですよね・・・あとは、誰かが何かを言ったら、その言葉尻を取ってその発言をまた批判する。何か言えば批判、批判です。でも、批判をする人って、いつも一緒なんでしょうね。批判をする理由は、たぶん、「自分の考えと違う事を言う奴が気に食わない」「社会的地位が [続きを読む]
  • 一流の指導者とは?
  • こんにちは、八巻です。昨日はウォータージャンプに久々に行ってきたというお話をさせてもらいました。なぜ、今も滑る練習をし、オフにもトレーニングをするのか?もちろん自分が上手くなりたいという欲求もありますが、私の指導ポリシーとして、「自分がやって効果を実感出来ない事は他人にはすすめない」というのがあります。実際こういう指導者も多いですが、本や人から聞いた知識を、ろくに自分で試しもせずに指導の材料に使う [続きを読む]
  • 44歳、エアの練習スタート
  • さて、またしても久々の投稿となってしまいましたスキーや体幹トレーニングに関する記事は、体玄塾のブログにアップしていますので、そちらもご覧ください。冬のレッスンスケジュールアップしました!・プライベートレッスン・コブ初心者レッスン昨日、2年ぶりにウォータージャンプで練習してきました。そして、44歳になってから初めてスキーを履きました家からも近い、西武園ゆうえんちS-air。天気も良く、絶好のWJ日和でした駐 [続きを読む]
  • スキーは40代から上達する
  • 始めた頃は、それなりに上手になるけど、あるところまで行くと、上達がぱったりと止まる・・・そんな経験、スポーツをしていて誰しも感じた事があるのでは?(感じた事が無い人は、天才か○○かどちらか・・ですね)私も30目前でモーグルを始め、最初の頃は楽しくて仕方がありませんでした。しかし、あるレベルまで上がると、そこから思う様に上達しない・・・いつまで経ってもコブで暴走する。。。そんな事の繰り返しでした。この [続きを読む]
  • サマーゲレンデで感じた、体幹のマルチな動きの重要性
  • お盆休みもそろそろ終わり。いつものように私はお盆休みは関係ありません。そんな中、昨日は、かぐらスキー場に行ってきました(初)東京は天気が悪かったですが、湯沢は午後から何とか天気が持ってくれました。しかし、このゲレンデは下から結構雨が降ってきますね・・・上はヤッケを着ていましたが、下はハーフパンツとレギンスだったのでビショビショです。以前にふじてんなど他のサマーゲレンデにも行った事がありますが、スノ [続きを読む]
  • 夕食のタイミングで…
  • 台風一過🌀で猛暑だった昨日から一転、今日は過ごしやすい気がしますね。さて、今日は1月で3キロ近く体重が減ったという話題を。私は今、ほぼ1年をつうじて体重は70キロでキープしています(身長179cm)。それがこの1ヶ月で3キロ近く体重が減りました。仕事もこの間忙しかった事もあるかもしれませんが、運動量の多い冬にも体重は変わりませんので、あまりこれは影響していないのではと思います。変わった事と言えば、「夕 [続きを読む]
  • 競技トレーニング指導に必要なのは・・
  • ブログの更新が久々になってしまいました・・・毎日朝から晩まで仕事が続き、わずかな時間はホームページの更新をしてました。スキーヤー向けのページが出来ました。まだ直さないとと思っていますが・・・休憩をしていると、先輩トレーナーがボクサーの指導をしており、ミットを叩く音が聞こえてきます。私はボクシングに関しては素人なのでよくわからないですが、このミット音がいつも一撃単発なのが、どうも腑に落ちません。先輩 [続きを読む]
  • 脱力するには「骨で立つ」
  • こんにちは。今日はスキーのお話。さて前回に続き、スキーなどでの「脱力」についてのお話です。私のサイトやブログで、たびたび登場するのが、このイラスト。 下手なのはご容赦いただくとして・・・まあこれはスキーの時「重心」を適切な位置に持っていくにはこのような骨格をつくってあげる事がベストなのですという事をお伝えしたいという事で、このイラストで表現しているのです。で、この骨格に近くなると、体の力って抜けて [続きを読む]
  • 歩き方と外反母趾
  • 膝痛や外反母趾の改善のお話。前回記事「座り姿勢と膝痛の関係」https://blogs.yahoo.co.jp/moguler8/36992607.html私の母親を例にして、姿勢改善のお話をしていますが、前回は座り姿勢が悪い事が膝痛にもつながるというお話をしました。こういう姿勢の人が立って、歩こうとするとどのように歩くことになるのでしょう?座り姿勢のまま、立ち上がるとイラストの右のようになりがちです。この姿勢だと、重心が後に行き、体も後ろに倒 [続きを読む]
  • 「脱力」がスポーツパフォーマンスを上げる
  • スキー場で他の人の滑りを観ていて、スキーの指導者おぼしき人のページを覗いて、最近感じるのが、スポーツをしていて「力んでいる」感じがするのは、私だけでしょうか?中回りや大回りの練習をしている様子を観ると、上半身をガッチリ固めて滑っているのをよく見かけますし、あるコブを専門に教えていると思われるスキー指導者のサイトに、「力んで滑りなさい」と書いてあるのを見かけたりしました。でも、ちょっと待ってください [続きを読む]
  • 宇良の相撲
  • 今日は関東地方、各地で雷雨になっているようです。車を洗いに行き、その後昼食をとっている時に激しい雨が降ってきましたお店が一瞬停電するような、激しい雷雨でした。この後休みがしばらくないので、今日辺りで西武園のウォータージャンプにでも行きたかったのですが、雷雨の時は滑れないのでやめておきました。なので夕方、相撲を観ていました。高安と宇良の取り組みは、面白かったです離れたままにらみ合ったり、自ら俵まで下 [続きを読む]
  • 座り姿勢と膝痛の関係
  • さて、今回は座り姿勢と膝痛の関係についてのお話です。母親の日常姿勢で気になっていたのが、「座っているとき」の姿勢がよくなかったという事でした。背中が丸まり、胸が落ちてしまった姿勢、いわゆる猫背の姿勢は、足のトラブルの原因になりうるんですね。背中が丸まったまま立つと、こんな感じで骨盤も後傾します。骨盤が後傾した状態で立っているときは、こんな感じです。なんとなくぐらついて不安定そうですね。イラスト上:横 [続きを読む]
  • 姿勢は、「感覚」がカギ
  • 同じ職場の若いスタッフが、網膜剥離という眼の病気になり、手術・入院をする事になりました。1ヶ月くらい前から何か片目の上半分が見えにくいなと思っていたようですが、何だろうとあまり深刻に考えていなかったようです。他の先輩スタッフに症状を言ったらすぐ病院に行けと言われ行ったら、大分進行してしまっている状態だったそうです。もしそのまま放置していたら、片目を失明していたかもしれません。普段の状態と体に違う所 [続きを読む]
  • 夏もスキーが出来る時代
  • 九州北部では、豪雨による災害が起き、多くの方が犠牲になってしまいました。犠牲になられた方のご冥福をお祈りします。本当に日本は地震をはじめ、自然災害の多い国だなと・・・そんな中、仕事をして、余暇を楽しんでと普通に過ごせる事が尊い事なのだと考えさせられます。全国的には猛暑になっていて、昨日も外を歩くと日差しが痛く感じられました。スキーヤーのみなさんは、この時期どんな事をされて過ごしているのでしょうか? [続きを読む]
  • スキーヤーにも姿勢改善を広めたい
  • 2013年に、「月刊スキーグラフィック」さんで「立つ」「歩く」がスキー上達の鍵を握る!という24pにわたるオフトレの特集記事をやらせていただいたのですが、それからもう早や4年・・・ 月刊スキーグラフィック2013年8月号より月日が経つのは早いもので。翌年、更に翌年と3年続けてオフトレの特集をさせていただきました。 左:同2014年9月号 右:2015年8月号トップスキーヤーのお話も直接聞けてとても貴重な時間でした。そもそ [続きを読む]
  • 膝痛と外反母趾の原因は、実は・・
  • 今日は本格的に暑い・・・中井駅から職場までの7〜8分、ジリジリと灼熱の太陽が照り付けます・・・今日はシリーズの母親の膝痛改善についてのお話。母は近所の方ともう10年位ウォーキングをしているようです。で、最近膝痛が出てきて私が歩き方を観る様になった訳ですが、以前から、足の親ゆびが中に曲がる「外反母趾」が出てきているのが気になっていました。その頃から「歩き方が良くないと思うから、直しておいた方がいいよ」 [続きを読む]
  • 出来なければ、発想を転換しよう。
  • こちらに貼り付けさせていただいた動画。私のコブ斜面での滑りの推移です。2008→2010→2017本当にセンスのない、普通のオッサンがコブが滑れない停滞期を経て、やっと転ばずに滑れるようになってきたわけです。まだ上を目指せるなと感じられるようになってきました。この停滞期を脱することが出来た大きな要因は、姿勢の改善に他なりません。スキー上達を阻む、カラダのゆがみなどの要因を一つ一つつぶして、やっていったわけです [続きを読む]
  • 指導者は謙虚に
  • 今日は指導者についてのあるべき姿についてのお話をしようかと思います。そう思ったのは、私もよく読ませていただいている、ニセ外人さんのブログで、指導に関するお話が書いてあったことが理由です。その内容はこちらをみていただくとして、https://blogs.yahoo.co.jp/xyjtn120/36808977.html私の中で、指導者として一番言ってはいけない言葉、それは何でこんな事も出来ないんだ!です。指導をしていると、当然同じ事でもできる人 [続きを読む]
  • 膝痛と筋力の有る無しは関係ない
  • 膝が痛いと病院に行き、「筋肉をつけなさい」と言われた人のために、今日は記事を書きたいと思います。スポーツやウォーキングをしていて、膝が痛くなるという方もぜひ。スポーツジムで勤務をしていると、お医者さんにそう言われたという人もいらっしゃいます。でも私の結論から言うと、「筋力の有る無しと膝痛のリスクはあまり関係が無い」という事。実際のケースを考えてみても、筋力に答えを見出そうとすると、矛盾があるんです [続きを読む]