サトウアツシ さん プロフィール

  •  
サトウアツシさん: 30代から新しい投資で富裕層に成り上がる!
ハンドル名サトウアツシ さん
ブログタイトル30代から新しい投資で富裕層に成り上がる!
ブログURLhttps://rich-etf.com/
サイト紹介文30代サラリーマンがVIX-ETF、仮想通貨等の新しい投資で一発を狙うブログです。
自由文コツコツ分散投資はしません。ひたすらチャンスを待って良いタイミングで大きく投資をします。個別株やFX等のレバレッジ取引はしません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2017/03/21 23:13

サトウアツシ さんのブログ記事

  • アップルショックで世界同時株安!(2018/11/13)
  • 昨日(2018/11/12)のNY市場は、アップルのiPhone販売減少との観測から、アップルや半導体株のみならず、ハイテク株全般が激しく下落し、世界同時株安となりました。まぁ、先週も台湾のメーカーがiPhoneの受注が減ったと言っていたので、あまり意外性のあるニュースではなかったのに何故反応したのかよくわからない感じです。退職軍人の日で債券市場が休みだったことや、同時に起きている原油暴落や、マレーシアから手数料返還を求め [続きを読む]
  • 2018年10月の資産運用結果・資産状況
  • 2018年10月の相場が終了しました。今月は、序盤は株価指数が高値を更新するイケイケペースでしたが、雇用統計の発表からの金利上昇で第二次のVIXショックが発生し、相場は一気に暗転といった感じでした。日経平均は先月末から今月末にかけて、24,120.04円→21,920.46円と、-9.12%。新興株投資のアクティブ運用で話題の「ひふみ投信」だと、52,641円→46,236円で、-12.17%。コツコツ長期投資型の人気インデックス投信「セゾン バ [続きを読む]
  • 落ち着きつつある相場、VIXショートは継続中(2018/10/22)
  • 2週間前の雇用統計→金利高のショックから、落ち着いてきました。まず、恐怖指数VIXの原資産であるS&P500株価指数を見てみましょう。S&P500は、ショック後に急上昇して反落しており、徐々に値幅が小さくなってきています。ここらへんで落ち着けばまた上がりだすでしょう。貿易戦争で中国の輸出業者が実際にダメージを受けているようですが、米国の景気はまだ盤石でしょう。恐怖指数VIXについて恐怖指数VIXの日足チャートを見てみま [続きを読む]
  • 急上昇するVIXに対して、VIXショート投資をさらに追加!(2018/10/12)
  • 引き続き、先週の雇用統計から続く米国金利上昇によって株安や恐怖指数VIXの上昇が続いています。まず、米国10年債金利の日足チャートを見てみましょう。米国10年金利は急上昇の勢いが消え、ほぼ落ち着きました。勢いが収まり、この程度の水準で推移するのであれば、特に問題視することはないでしょう。恐怖指数VIXの原資産であるS&P500株価指数も見てみましょう。S&P500は、今夜の相場では反発し始めています。このまま徐々に値幅 [続きを読む]
  • VIXショック再来!?だがVIXショート投資を追加!(2018/10/11)
  • 先週の雇用統計から続く米国金利上昇によって恐怖指数VIXが上昇しており、展開としてはVIXショックが起きた2018年2月と似ています。まず、米国10年債金利の日足チャートを見てみましょう。米国10年金利は急激な株安を受けて国債が買われて、反落に転じました。しかしながら、株価急落は止まりません。前回のVIXショック時もそうでしたが米国金利の上昇はショックの着火剤で、火がついてショックが起きて以降は金利による影響はあま [続きを読む]
  • 予想外の米金利上昇にVIXロングへドテン!(2018/10/4)
  • 昨日のNY市場は、ADP雇用統計がかなり良い結果となり、今週金曜日の雇用統計への期待からNY時間開始から米国債の金利が急上昇し始め、節目の3.1%を超え、その勢いのまま終わりには3.2%近くになりました。ADP雇用統計の結果が良いのは一見、良いことのように思えますが、2月のVIXショックでも同じ事が起きていて、良すぎる雇用統計→金利急上昇→株価暴落&VIX急騰というパターンでした。さて、米国10年債金利の日足チャートを見 [続きを読む]
  • NAFTA見直し妥結で超安心感!ここでVIXショート!(2018/10/1)
  • 本日、トランプ政権が進めていた「北米自由貿易協定(NAFTA)」を米国にとって有利な新たな協定「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」に置き換えることで米国とカナダ、メキシコが合意しました。北米3か国の貿易量は地理的に近いことから非常に多く、無事妥結できたことによる安心感が強いでしょう。また、世界中で貿易戦争を吹っかけているトランプ政権ですが、見事に思惑通り、米国に有利な形で妥結したことで、喧 [続きを読む]
  • 2018年9月の資産運用結果・資産状況
  • 2018年9月の相場が終了しました。今月は、前半は対中貿易戦争のトランプ砲が材料視されて下げましたが、後半は喉元過ぎれば熱さ忘れるで株に買いが入り、日米共(日本はバブル後)に高値更新といった感じでした。日経平均は先月末から今月末にかけて、22,865.15円→24,120.04円+160円(配当)と、+6.19%。新興株投資のアクティブ運用で話題の「ひふみ投信」だと、51,146円→52,641円で、+2.92%。コツコツ長期投資型の人気インデック [続きを読む]
  • 妥当な水準から全く動かないVIXで、引き続き身動きがとれない(2018/9/29)
  • 今週の相場は、米国株はなんとなく弱めだったのと対照的に、日本株はバブル後最高値を更新するなど元気な相場でした。さて、VIXの原資産である株価指数S&P500の日足チャートを見てみましょう。S&P500は、やや上昇ペースが落ち着き、短期上昇トレンドでは下限あたりに来ています。今週凄かった日経平均も見てみましょう。日経平均は、安倍首相が自民党総裁選を勝ち、政権の安定性を確保したことで、短期だけでなく長期筋の海外先物 [続きを読む]
  • 連日の最高値更新の株式市場!勢いが止まるまで動けない(2018/9/21)
  • 今週の相場は貿易戦争懸念をあっさり無視して、株価は過去最高値の更新ラッシュとなりました。米国の対中関税の税率が、来年に25%で当面10%になるということで「来年のことを考えると鬼が笑う」じゃないですが、当面先の材料は無視するのが株式市場のセオリーです。BREXITも道のりが長いことが分かった後は、いちいち材料にするのも面倒になって無視してドンドン株価が上がりましたからね。さて、VIXの原資産である株価指数S&P50 [続きを読む]
  • 日米株価絶好調も、VIXショート投資はニュートラルへ!(2018/9/17)
  • 先週の株式市場は、日経平均は23000円超え、米国株も再び過去最高値を更新する勢いで絶好調です。背景には、米中が通商協議をするという情報もあったのですが、この休みの間に「やっぱり通商協議はしないかも」とか「さらなる追加関税を具体化させる」とか出てきてやや先行きが怪しいです。まぁ、貿易戦争懸念そのものは株式市場に大した影響はないと思うのですが、だからといって、この材料を抱えたまま最高値を更新し続けるには [続きを読む]
  • トランプ砲が飛び交う中、VIXショート開始!(2018/9/9)
  • 先週末の米国市場はトランプ大統領が中国からの輸入への関税を現在表明済みの2000億ドルに、さらに2670億ドル上乗せすることを示唆したのが嫌気されて続落で、特にハイテクや多国籍企業の株価が下げています。さて、VIXの原資産である株価指数S&P500の日足チャートを見てみましょう。S&P500は、明らかに加熱しすぎな上昇から一息ついて、ここ数カ月のトレンドの真ん中あたりにまで戻している感じです。また、先週末に発表された8 [続きを読む]
  • トランプ砲直撃で日経大幅安!だが、ここで強気目線に転換!(2018/9/7)
  • 本日の相場は、貿易戦争のトランプ砲の矛先が日本に向かうとのニュースで、日経平均は一時300円安の大幅安となりました。こういうよくわからない恐怖イベント時が、日経ショート投資の利益確定の頃合いになることが多いので、保有していた日経ダブルインバースを手放しました。さて、日経平均の日足チャートを見てみましょう。日経平均はレジスタンス付近まで下げてきました。割高感がなくなったので日経ショートの手仕舞い時期で [続きを読む]
  • 2018年8月の資産運用結果・資産状況
  • 2018年8月の相場が終了しました。今月は、トルコショックが前半に起きたものの、貿易戦争の緊張が緩和すると観測された後半は急速回復しました。日経平均は先月末から今月末にかけて、22,553.72円→22,865.15円と、+1.38%。新興株投資のアクティブ運用で話題の「ひふみ投信」だと、51,205円→51,146円で、-0.12%。コツコツ長期投資型の人気インデックス投信「セゾン バンガード・グローバルバランスF」は、14,603円→14,690円で+0 [続きを読む]
  • 米中貿易交渉再開とトルコ安定で、VIXロングは撤退へ(2018/8/19)
  • 先週末の株式市場は、米中通商問題の交渉が再開するということで、貿易戦争懸念が少なくともこれ以上の悪いシナリオにならなくなるだろうということで、好転しています。トルコショックで下がったトルコリラも安定してきたようですし、恐怖のシナリオはもうそろそろ終わりなんでしょうね。さて、VIXの原資産である株価指数S&P500の日足チャートを見てみましょう。S&P500は、貿易戦争懸念に急に光が見えたことで2連騰し、再び最高値 [続きを読む]