林 篤史 さん プロフィール

  •  
林 篤史さん: 頑張りすぎない不妊治療 林 篤史のブログ
ハンドル名林 篤史 さん
ブログタイトル頑張りすぎない不妊治療 林 篤史のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/toukichirou220/
サイト紹介文不妊症、子宮筋腫や子宮内膜症などの良性腫瘍性疾患について解説します。
自由文2002年 大阪医科大学を卒業し、産婦人科へ入局

2004年 大阪医科大学産婦人科助手に着任

2007年 大阪医科大学産婦人科助教に着任

2016年 大阪医科大学産婦人科講師に着任
   山下レディースクリニックに入職

2018 さくま診療所に入職
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供333回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2017/03/22 11:06

林 篤史 さんのブログ記事

  • 今日はお休み
  • 今日は木曜なのでさくま診療所はお休み。 普段手術をお手伝いしている病院も、今日は手術がないということで、完全フリーです 朝から洗濯して、運動して、銀行行って、 散髪して、ランチにビール飲んで(笑)、日頃出来ないことまとめてこなしました。 夕方からは、「ハン・ソロ」観てきます。 [続きを読む]
  • 箕面リスカフェさんへ
  • 朝方のお産が無事終わり、大阪へ帰宅。お昼は箕面市のMINOH RIS CAFE(箕面リスカフェ)でランチ。もともとは他のお店に行くつもりが、いっぱいで入れなかったため、たまたま通りかかって入店。店内は至るところに緑があしらわれていておしゃれ&爽やか〜メニューはほとんどがサラダバー付きで、そこが押しな感じです。サラダバーというか前菜も豊富、パンも付いてます。私は「トマトとエビのパスタ」をチョイス。トマトがまるごと [続きを読む]
  • 宍粟へ
  • 今日は兵庫県宍粟市へ当直のお手伝いに来ています。宍粟市には揖保川が流れていますが、先週の西日本豪雨の時には幸いにも氾濫せず、病院周辺は大きな被害はなかったとのこと。先生方もご無事で安心しました。 [続きを読む]
  • 精索静脈瘤の術後
  • 精索静脈瘤は精液所見を悪化させ、男性不妊の原因となる代表的な疾患です。 2018年4月に顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術が保険診療の適応となったことから、日本でも手術件数が増えていくものと思われます。 手術自体には一定の効果が望めることがわかっていますが、 その後の補助療法の有効性について報告がありました。 Effect of adjuvant drug therapy after varicocelectomy on fertility outcome in males with varicocele-as [続きを読む]
  • 子宮内避妊具後の妊娠
  • 避妊法の一つとして「子宮内避妊具」というものがあります。 古典的にはプラスチックで出来たもので、子宮内に異物を入れることで妊娠を避けようというもの。 最近では女性ホルモンの除法剤が含まれたもので、ピルのように避妊効果を表すものがあります。 古典的な子宮内避妊具は必ずしも避妊効果は高くなく、入れていても妊娠してしまうことがあります。 Pregnancy outcome in women with an intrauterine contraceptive device [続きを読む]
  • カンジダの内服薬治療
  • カンジダは膣内にいる真菌で、痒みの原因として最も頻度の高い菌です。 治療には主に膣剤が使用されますが、治ったと思っても繰り返しなってしまう女性が少なくありません。 具体的な予防法もないため、悩ましい病気です。 時々、「内服で治せないのか?」と、聞かれますが、少なくとも日本ではあまり一般的ではないと思います。 Management of chronic vulvovaginal candidiasis: a long term retrospective study. 上は、慢性的 [続きを読む]
  • セール巡り
  • 今日は旧居留地をお散歩しながらセール巡り。 まずは家からほど近い「EDDIE BAUER」さんへ。 使い勝手のよさそうなボーダーTシャツ。普段は柄物のTシャツはあまり買わないのですが、なんとなく気に入って2枚セットで割引購入。 そして元町大丸の「TOMORROW LAND」さん。肌触りのいい開襟ポロシャツをゲットしました。 全くの無雨というわけにはいきませんが、久しぶりに傘のいらない日になってうれしいです。 [続きを読む]
  • 記録的大雨ですが
  • 西日本は木曜日からの記録的な豪雨に見舞われています。 今日は午前中外来のあと、不妊の勉強会。うめだファティリティクリニックの宮崎先生が主催されている「大阪不妊の集い」に参加しました。金沢大学の藤原教授からは、ヒト胚の着床に関するお話を拝聴しました。ホルモンのみならず免疫等も関与しているということで、たいへん興味深いお話でした。 [続きを読む]
  • 人工授精の準備開始
  • さくま診療所へ来てちょうど2週間が経ちました。 やさしいスタッフさん達にお世話になりながら、忙しい日々を過ごしています。 不妊分野に関しては、人工授精の準備を開始。 業者さんと面会し、必要物品を揃えているところです。 とは言っても遠心分離機や顕微鏡はすでにあるため、カテーテル等が届けばすぐに始められる状態。 スタートまで、もう間もなくです。 [続きを読む]
  • PCOS患者さんに対するレトロゾール
  • 排卵誘発剤としてのレトロゾールはこれまでに解説させて頂きました。 エストロゲン合成を抑えることで下垂体を刺激し、FSH分泌を増やすことで卵胞が発育する。 一行でいうと上のような作用機序になります。 排卵障害の代表的な病気は多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)。 長らくファーストチョイスはクロミフェンでしたが、レトロゾールに関するメタ解析が報告されました。 Aromatase inhibitors (letrozole) for subfertile women with [続きを読む]
  • タモキシフェンによる排卵誘発
  • 排卵誘発剤のスタンダードと言えばクロミフェンです。 しかし、クロミフェンには内膜が薄くなるという欠点があります。 クロミフェンで内膜が薄くなる患者さんに対しては、他の排卵誘発剤を考慮することになりますが、 ゴナドトロピン療法では卵巣過剰刺激症候群のリスクを考えておく必要があり、 特に多嚢胞性卵巣症候群の患者さんでは使いづらい面があります。 タモキシフェンは女性ホルモンが作用するのをブロックするお薬で、 [続きを読む]
  • スピードアップ
  • 新しい環境にも少しずつ慣れてきました。さくま診療所は医師2人体制になりました。そのため、診察までのスピードがアップ患者様の待ち時間をこれまでより短縮出来るようになりました。その分スタッフさん達は大変そうですが…(^^;皆さんよりスムーズな診療が行えるよう頑張って頂いてます [続きを読む]
  • 人工授精時の下垂体抑制
  • 体外受精治療では、排卵を抑制するためにGnRHアゴニストやGnRHアンタゴニストを使って下垂体から分泌されるホルモンを抑制します。 下垂体の抑制はこれまでにご説明した、「早期黄体化」という問題にも効果があると思われます。 自然にLHが出ない状況になるからです。 人工授精周期では早期黄体化を診断しても「胚凍結」が出来ないため、対処法がないので無視することがほとんどですが、一定の割合で早期黄体化が起こっていると考 [続きを読む]
  • 初出勤
  • 今日からさくま診療所で勤務が始まりました!今日は電子カルテと格闘。電子カルテって結構種類があって、それぞれ使い方が全く違います。同じメーカーに当たることはまずなく、今回ももれなくはじめましてのカルテ。まずはこれに慣れるところからです! [続きを読む]
  • 入職
  • 本日付でさくま診療所に入職しました。しかし、本日は休診日。他院へ手術のお手伝いに行って参りました。明日からさくま診療所での診療となります。心機一転、頑張りますので宜しくお願い致します! [続きを読む]
  • 内膜炎のデータ
  • 着床障害の項で触れた内容にも関係する、慢性子宮内膜炎。 これまでは無菌と考えられていた子宮内に、実は慢性的な感染や炎症が起こっている患者さんがいて、それが着床を障害するという考え方です。 個人的にはその存在や治療効果について懐疑的でしたが… 今回、慢性子宮内膜炎についてのメタ解析が報告されました。 Effects of chronic endometritis therapy on in vitro fertilization outcome in women with repeated implan [続きを読む]
  • 余震が続く
  • 今日の豊中は、まだ余震が感じられます。5時前にも余震で目が覚めました。別々の学校へ通う娘達は、長女は自主休校、次女は学校全体が休校です。昨日のことを考えると、余震が続く中登校させる気にはなりませんでした。震源の高槻市はまだまだ大変な様子。母校の大阪医科大学もあるので心配です。一日も早い復旧を祈るばかりです。 [続きを読む]
  • 地震
  • 皆さんご存知のように、今朝、大阪で地震がありました。2人の娘はすでに別々の学校へ到着する時刻。無事であることはすぐに確認出来ました。その後、帰宅指示が出たためにここからが大変。付近の電車が全てストップしているために道路はどこも渋滞。こんな時にお迎えの車が出て行ったら、ますます渋滞は酷くなるばかり。いつも思いますが、すでに登校が済んでいる児童を災害があったから家に帰すという判断に正しいのでしょうか? [続きを読む]
  • USJ
  • 今日はUSJへ。長女はもはや友達と行きたい年頃なので、残り三人で別行動。今回は、これまで子供が小さくて無理だったハリーポッターについに乗れることに!ハリーポッターシリーズ、結構好きなのでよかったです。そして、ミニオンもお初グルーの家系図に感動(笑)ただ正直、TDLのような無料のファストパス制度は無いので待ち時間による疲労が強く、満足度はイマイチです…乗り物3つであとは食事とお土産タイム。最後はパーク内 [続きを読む]
  • neu cafeさんへ
  • 今日のランチは箕面市船場のneu cafeさんへ。辺りは緑が多いですが、そこに溶け込んだ佇まい。店内はアンティークでまとめられ、とってもおしゃれパスタランチを頂きました。スープ&サラダ。お皿、盛り付けもおしゃれです。パスタも美味しかった〜 [続きを読む]
  • 子宮や卵巣の温存
  • 子宮筋腫や卵巣嚢腫など、良性腫瘍の手術を行う場合には、腫瘍だけを取るか腫瘍を含めて臓器ごと取るかを選択します。 原則としては、その臓器が機能的に取ってしまっても構わない場合には、再発や腫瘍の遺残を避けるために臓器ごと摘出、 その臓器が手術後も必要な機能があり、再発リスクを考えても残す方が良いと考えられる場合には腫瘍だけを取り、臓器を温存します。 婦人科に関していうと、必要な機能とは主に妊娠と女性ホル [続きを読む]
  • ピル内服中の不正出血
  • ピルを内服中に月経予定日以外に出血してしまう… いわゆる不正出血は比較的頻度の高いトラブルです。 女性ホルモン剤であるピルが排卵を抑制することで月経周期が作られ、決まった時期に月経が来る。 これがピルの利点ですが、排卵抑制がうまくいかないなどの事態が発生することにより、不正出血が生じると考えられます。 この際、「ピルをいったん中止するべきか、継続するべきか」で、悩んでしまうことになります。 まず前提と [続きを読む]