kuma さん プロフィール

  •  
kumaさん: kumaの模型趣味
ハンドル名kuma さん
ブログタイトルkumaの模型趣味
ブログURLhttps://kumamokei.blogspot.jp/
サイト紹介文趣味で模型を作っています。艦船や戦車、ガンプラなど、息子と楽しみながら色々と作っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2017/03/22 14:58

kuma さんのブログ記事

  • MG ガンキャノンの製作
  • 今回はMGのガンキャノンです(^^)/こちらのキットも先日の頂き物です。2001年発売のちょっと古いキットですが、組み立てやすい上に稼働も良く、劇中後半の精悍なガンキャノンを思わせるスタイルで良いキットです。組み立てもスラスラと合わせ目少なく完成できます。部分塗装は、脚や腕の装甲の間のグレーを塗らないといけませんが、ここはお手軽に、グレーを中央の溝に塗り、その後、ゲート後の処理を兼ねて耐水ペーパーで磨いて [続きを読む]
  • 癒しの素ジム その②
  • 先日、仕事仲間から頂いたMG、Ver1.0のジムを作ってみました(^^)/MGのVer1.0のジムは20年前に作って以来で懐かしいですね〜当時、MG第一作で出たガンダムのバリエーションキットで出て、ジムらしくないカッコいい造形です。ガンダムの部品を流用したらこうなりますが、スマートでかなり強そうなジムです。何体もMGのキットをもらったのですが、ジム好きの私としてはまずはこのジムを製作してみました(^^)v部品構成は、 [続きを読む]
  • 空母いぶきがタミヤから5月に発売!
  • 先日、ビッグコミックで連載中のかわぐちかいじ氏の「空母いぶき」が2019年の実写映画公開に合わせて、何とタミヤから空母いぶきの1/700のキットが発売されるとアナウンスされました。こういうキャラもの?はタミヤから発売されるのは意外でした。昔に同作者のジパングから「みらい」を出したピットロードか、ネタだらけのアオシマ(笑)か、「いずも」型護衛艦を発売中のハセガワが出すのかなと予想していましたが、まさかのタミ [続きを読む]
  • 大和と武蔵  昭和19年秋リンガ泊地
  • 先日完成したピットロード+艦NEXT戦艦大和と2年前に製作した艦NEXT武蔵を並べてみました(^^)/手前が大和、奥が武蔵です。大和型は単艦でも存在感がありますが、2隻そろうとなかなかの迫力です(^^)マリアナ沖海戦後、機銃がさらに増設された両艦は他の第二艦隊所属艦とともに、スマトラ島東側にあるリンガ泊地に移動しました。ここはパレンバンの油田地帯に近く、敵潜水艦の侵入の心配もなく、燃料を気にせずに訓練できる場所でし [続きを読む]
  • ピット+艦NEXT戦艦大和をレイテ沖海戦時で製作⑨ 完成です
  • ピットロードと艦NEXTをミキシングして製作していた、戦艦大和レイテ沖海戦時がようやく完成しました(^^)/昨年末に発売されたピットロードの新キットの戦艦大和最終時をさっそく購入して作っていたところ、甲板に接着剤を落としてしまい、急遽フジミのこれまた1月に発売されたばかりの艦NEXT戦艦大和レイテ沖海戦時のキットの船体と甲板を使い、両キットの良いところを選んで製作してみました。船体は艦NEXTのを使用し、主砲、副砲 [続きを読む]
  • MG ザクF2の製作
  • ガンプラ復帰後はひたすら息子とHGを作っていましたが、今回はMGです。後期生産型ザクのザクF2を作ってみました。このキットは十数年前に購入して、結婚する時に持っていたら妻に怒られるから友人に譲って、それがまた最近こっちに戻ってきたものです(笑)部品をよく見たらミサイルポッドだけありませんね〜(;^_^Aたぶん他に流用しはったんでしょうね。十数年前に内部フレームだけ作っていたようです。けっこう可動範囲があ [続きを読む]
  • ピットロード 87式偵察警戒車の製作
  • ピットロードの87式偵察警戒車です。といっても、並行輸入品のトランぺッター製のキットですが。ピットロードのOEM品で、箱と説明書が中国語な点以外は中身は同じです。Amazonではトランぺッター製の方が安かったのでこちらを購入しました。説明書は、漢字なので何となく?読めます。87式偵察警戒車は陸上自衛隊の各師団や旅団の偵察隊などに配備されてる装輪装甲車です。82式指揮通信車と共有の車体を持ち威力偵察にも使 [続きを読む]
  • ピット+艦NEXT戦艦大和をレイテ沖海戦時で製作⑧
  • 戦艦大和、武装類の搭載を行います(^^)vピットロード製の主砲と副砲の防水カバーも塗装し、取り付けてみました。主砲と副砲を取り付けると、グッと完成に近づいた感じです。甲板の増設機銃座は艦NEXTの甲板には丸いモールドが入っていますが、エッチングの銃座で隠すことができました。続いて、3連装機銃を取り付けました。はじめはピットロードのNEパーツを使おうとしましたが、銃身部分がタイトで銃架にきつくて入りにくくて、何 [続きを読む]
  • ピット+艦NEXT戦艦大和をレイテ沖海戦時で製作⑦
  • 戦艦大和レイテ沖海戦時、いよいよ塗装に入ります(^^)v湿度の低い日に軍艦色2で船体と艦橋、他の小部品を塗装しました。続いて艦底色を塗装しました。マスキングテープを剥がしました。甲板、艦底、リノリウム通行帯とも、ほぼ滲み無しで塗装できました(#^^#)続いて、煙突とマスト上部をフラットブラックで塗りました。煙突は配管が多いのでフリーハンドで塗りましたが、若干ゆがみがでました(;^_^A信号旗甲板と防空指揮所もマス [続きを読む]
  • ピット+艦NEXT戦艦大和レイテ沖海戦時の製作⑥
  • ピットロード+艦NEXTの戦艦大和の製作も、だいぶ終盤になってきました。艦橋周りにエッチングを取り付けてみました。といっても、手すりはつけないので、測距儀周りと21号電探電探ぐらいですが。増設高角砲座と仮にくっつけてみました。シールド無しの高角砲の砲身と機銃の銃身は塗装の時に破損しないように後付けにします。エッチングは、家の在庫にあった特シリーズ大和終焉時を使いました。私はエッチングはクレーンや電探やカ [続きを読む]
  • フジミの艦NEXTシリーズの次回作は戦艦長門
  • フジミ模型の手軽に製作できる色分けスナップフィットキットの艦NEXTシリーズから、今度は戦艦長門が発売されるようです。大和型、赤城、甲型駆逐艦、信濃、比叡、金剛に続いて、長門もリリースされるようです。キットは対空兵装の強化された昭和19年の捷一号作戦時の状態になるようです。新しい艦がリリースされるにつれて、組みやすさも上がっているようなので、これは期待が持てますね(^^)今作っている大和捷一号作戦時と武蔵と [続きを読む]
  • ピット+艦NEXT 戦艦大和をレイテ沖海戦時の製作⑤
  • 前回は船体と甲板を製作しまして、続いては艦橋やマストを製作していきたいと思います。先に作っていたピットロードの大和の上部構造物を使用していこうと思いますが、折角なので艦NEXTも比較をしてみるために作ってみました。左が艦NEXT、右がピットロードのです。艦NEXTはスナップフィットで組み立てやすく配慮されていて、一体成型部分も多用されています。煙突の上部の黒部分も別パーツで塗装の手間いらずになっています。艦橋 [続きを読む]
  • ピット+艦NEXT戦艦大和をレイテ沖海戦時の製作④
  • 前回、艦底を再現するためめにプラ板を貼り付け、水平になるように圧着しておきました。完全に乾いてからはみ出ている部分を切り出し面一になるように削っていきます。船舷のモールドを誤って削ってしまわないように、マスキングテープで保護しておきました。ようやく、削り終えました(^^)v艦NEXTは艦底板が付いていないので、この作業が余計な手間がかかってしまいます。お手軽に艦底を外すだけという手もありますが、それだと強 [続きを読む]
  • ピット+艦NEXT戦艦大和をレイテ沖海戦時の製作③
  • 先日発売された、ピットロードの戦艦大和を製作していたのですが、甲板と船体に隙間ができていたので、伸ばしランナーを使って、隙間埋め作業中に、接着剤を甲板上に落してしまいました!Σ(゚д゚lll)せっかくの繊細な甲板が台無しになってしまいました・・・残念ですが、修正は難しそうです・・・また買いなおすにも高価なキットですので、これまた今月発売されたばかりのフジミの艦NEXT戦艦大和、捷一号作戦時の船体を使って [続きを読む]
  • ピットロード戦艦大和をレイテ沖海戦時で製作②
  • ピットロードの戦艦大和、艦橋や煙突を作っていきます。まずは後部艦橋から。分割されたパーツで、今までのキットには無い細部表現がなされています。測距儀は回転するようになっていますが、ぐらつくので接着しています。煙突も、格子は抜けていないもののモールドは繊細です。艦橋は前後分割で、なかなか斬新な分割ラインになっています。22号電探は下の受信機?がえらく長いです。改良型の電探ですかね??とりあえず、しっくり [続きを読む]
  • ピットロード戦艦大和をレイテ沖海戦時で製作①
  • 年末に購入したピットロードの戦艦大和の製作を始めていきます。ピットロードの戦艦大和は最終時を再現していますが、部品割を見ていると、一部兵装を取り付けずに作ればレイテ沖海戦時の状態も製作する事ができそうです。いずれ同社からバリエーションキットとして出るでと思いますが。2年前にフジミの艦NEXTで戦艦武蔵を作りましたので、武蔵と戦隊を組むために大和もレイテ沖海戦時で作ってみようと思います。艦船模型は沢山作 [続きを読む]
  • ピットロード戦艦大和最終時 キットレビュー
  • ピットロードの戦艦大和が届きました(^^)/ピットロードの35周年記念のキットとして、夏に発表されて以来発売を楽しみにしていました。かなり気合の入ったキットで、箱も大きく、パーツを出してみると、すごいランナーの数です。一度出したら蓋がしまりません(;^_^A破損しやすいパーツには台紙や梱包材で保護するなど配慮されています。パーツ数はとても多いですが、見ていきたいと思います。まずは、船体のパーツから。左右張り合 [続きを読む]
  • 癒しの素ジム
  • HGUCのノーマルジムです。HGUCの初期の頃からあるキットで、お値段も安くて、量産機らしく量産できるキットです。機体カラーは少し緑がかかった、通称「弱緑」で、いかにも弱そうなカラーリングです。前は、この緑がかった色があまり好きでは無かったので、ガンダムカラーのホワイトで塗装し直したりしましたが、今回は普通に組んでみました。価格も量販店だと500円台という安さで、可動範囲は初期のキットなのでそれなりですが、 [続きを読む]
  • 航空自衛隊 F2A戦闘機 の製作
  • ハセガワの1/72、航空自衛隊F2A戦闘機です。昨年、シンゴジラを映画館で見て、ゴジラさんの頭にJDAMを落とす活躍を見て、さっそく購入したものの、機体本体を作っただけで一年以上放置してしまっていました。先月、地上波でシンゴジラが放映されて息子がえらいF2戦闘機を気に入ったようでしたので、製作を再開してみました(^^)/ハセガワのF2戦闘機のキットは単座型のA型と訓練用の複座型のB型を選べるコンパチキット [続きを読む]
  • シンゴジラのソフビ人形
  • 先日、テレビで放映された「シンゴジラ」を見て息子はすっかり気に入ったようです。何気なくアマゾンを見ていたら、シンゴジラのソフビ人形が売っていましたので購入してみました(^^)/バンダイのゴジラ ムービーモンスターシリーズ のゴジラ2016 です。定価で2160円ですが、お値段のわりにも、しっかりとした作りです。特徴的な長いしっぽも再現されていて割と場所をとります。対象年齢3歳以上ですので小さい子にも安心です。 [続きを読む]
  • アオシマ 工作艦明石の製作① 船体と上部構造物の製作
  • 先日購入しました、アオシマの工作艦、明石を作っていきます。船体はバスタブ形式で、おもりを仕込んだ後、補強用の仕切りを取り付けていきます。こちらの補強部品は、甲板も下から支えられるようになっています。若干、船体中央が反っていましたので、石膏を流し込んだ後に、艦尾以外の甲板を接着して、クランプで固定しておきました。艦尾のみ接着していなかったのは、乾燥が早くなるかな?と思いまして。10日ほど置いといて、 [続きを読む]
  • ホバートラック ホワイトディンゴ隊仕様の製作
  • 先日製作したプレバン限定のジムスナイパーⅡ ホワイトディンゴ隊仕様に付属していたホバートラックです。ホバートラックはMS小隊に配備され、索敵や作戦指揮を行う車両です。「コロニーの落ちた地で・・・」でもホワイトディンゴ隊にも配備されコード名は「オアシス」と呼ばれ、アニタ・ジュリアン軍曹が搭乗してホワイトディンゴ隊の活動をサポートしています。ジムスナイパーⅡ ホワイトディンゴ隊仕様には、このホバートラ [続きを読む]
  • HG ジムスナイパーⅡ ホワイトディンゴ隊仕様 の製作
  • 先日再販されたプレバンのジムスナイパーⅡ・ホワイトディンゴ隊仕様が完成しました。ゲーム作品、「コロニーの落ちた地で」の終盤に登場する機体です。「ポケットの中の戦争」に登場した機体は青色でしたが、こちらは白と紺の機体色となっています。プレバン商品の箱は青のモノクロになっています。ちょっと塗装の参考などには使えないです。色替えされたパーツはこんな感じです。説明書も普通のジムスナイパーⅡのが入っています [続きを読む]
  • アオシマ 工作艦明石SD キットレビュー
  • 先日発売されたアオシマの工作艦明石のSD版を購入しました。アオシマさんの明石は金型屋さんの都合で延期の延期を重ね、艦これの艦娘版に続きWL版も発売されました。アオシマの新しい艦船キットは、まず艦これ版が発売され、続いて初回限定のSD版やSP版が発売され、その後にレギュラーの通常版が発売される傾向にあります。今回の明石のSD版にはエッチングパーツとおまけのF6FやB25などの米軍機が付属します。付属 [続きを読む]
  • ハセガワ 夕雲型駆逐艦早波の製作③ 完成です。
  • ハセガワの夕雲型駆逐艦早波、ようやく完成しました。今年にリニューアルされたばかりのキットです。第一弾の夕雲が昭和16年就役時に対し、早波は中期建造艦として昭和18年の就役時と昭和19年の対空機銃増備状態を選べるキットとなっています。キットは最新のキットだけあって、夕雲型の特徴的な艦橋や末広がりの艦尾形状も再現され甲板や船舷のモールドもしっかりと入っています。マストも取り付け易いように2パーツの部品 [続きを読む]