kuma さん プロフィール

  •  
kumaさん: kumaの模型趣味
ハンドル名kuma さん
ブログタイトルkumaの模型趣味
ブログURLhttps://kumamokei.blogspot.jp/
サイト紹介文趣味で模型を作っています。艦船や戦車、ガンプラなど、息子と楽しみながら色々と作っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2017/03/22 14:58

kuma さんのブログ記事

  • 12月にフジミの艦NEXTシリーズから駆逐艦秋月・初月が発売!
  • フジミの手軽に作れる色分けスナップフィットキットの艦NEXTシリーズに、今度は秋月型駆逐艦が加わります!秋月・初月の2隻セットで、大戦後半、レイテ沖海戦時の状態で発売されます。特シリーズで以前発売された秋月は照月とのセットで竣工時でしたが、その後のバリエーション展開は無く、長らく機銃を増設した大戦後半の姿を再現するには改造が必要でした。ようやく大戦後半の仕様での発売となり、小沢艦隊、最後の戦いの編成も [続きを読む]
  • タミヤ/イタレリ M24チャーフィー 陸上自衛隊仕様で製作
  • タミヤ/イタレリのM24チャーフィーを陸上自衛隊仕様にて製作しました。こちらのキットは、昔から発売されていたイタレリ製のM24チャーフィーのキットにアルミ製砲身と連結履帯、アクセサリーパーツを加えて数年前に再販されたキットです。タミヤのキット程作りやすくは無いですが、作りやすい部類のキットだと思います。小柄な車体に、砲塔上の50口径機関銃が不釣り合いに載っています。塗装はタミヤカラースプレーのオリ [続きを読む]
  • MG ドムの製作
  • 今回はMGドムの製作です(^^)v今回も頂き物のキットです。とても大きな箱です。発売当初はこの大きさにかなりのインパクトがありました。黒い三連星がジェットストリームアタックを仕掛けている構図です。機体のパーツ等です。紫の本体色がまぶしいです。武装類が豊富に入っています。機体内部の赤色とポリキャップにデカールと、オルテガさんのフィギュアです。まずは手首から作り始めます。ドムの手は大きいだけに5本全部可動する [続きを読む]
  • ヤマシタホビーから睦月型駆逐艦が発売!
  • 特型駆逐艦の各型をリリースして好評を博しているヤマシタホビーから今度は睦月型駆逐艦のアナウンスがありました。睦月型駆逐艦はハセガワのベテランキットとピットロードのキットがありますが、ディテール表現や船体形状などの問題で、決定版が望まれていました。夕雲型や朝潮型をリニューアルしたハセガワからリニューアル版が出ると思っていたら、まさかのヤマシタホビーからの発表です。ヤマシタホビーのホームページから画像 [続きを読む]
  • MG ジムコマンド 宇宙戦仕様 の製作
  • MGジムコマンド宇宙戦仕様の製作です。いつもは頂き物を作っていましたが、久しぶりに自分で購入したキットです(笑)こちらはプレバンでの受注販売品でした。その後一般販売されたコロニー戦仕様と価格は同じ3780円ですが、送料と割引無しです。カラーリングが白と赤で、宇宙用のバックパックとビームガンが付属するのがコロニー戦仕様との違いです。パッケージはカラーでは無く、赤のモノクロです。PS3のガンダム戦記の特典映 [続きを読む]
  • アオシマ 給糧艦 間宮 最終時の製作
  • アオシマの給糧艦間宮の最終時の完成です(^^)/給糧食艦間宮は日本海軍初の本格的な給糧艦として八八艦隊計画時に建造されました。間宮は肉類、魚類、野菜類などの貯蔵用の冷蔵庫を完備し、艦内にはパンや麺類、豆腐やコンニャクなどの加工食品、アイスクリームやモナカ、おまんじゅうやラムネなどの製造設備を持っていました。間宮には軍属として和菓子職人などが乗船しており、間宮の羊羹は虎屋の羊羹より美味しいとも言われてい [続きを読む]
  • MG ゴッグの製作
  • MGのジオン軍水陸両用モビルスーツ、ゴッグです。こちらも頂き物を製作したやつです(^^)/箱もデカかったですが、完成品もなかなかの大きさです。中身は、大きいパーツが多くて、でっかいHGUCみたいな感じです。なので、組み立てるのも大きさの割にスラスラ進みます。肩関節は水中航行形態にするため、内側に入る構造になっています。まるで亀さんみたいです。胴体を組んだらこんな感じになります。肩関節が外に引き出せるよ [続きを読む]
  • MGボール Ver.Ka の製作
  • MGのボールVer.Kaです。 こちらのキットも頂き物のです。 手ごろな価格で、シンプルに組み立てられる良キットでした。内部フレームが二重になっており、完成後は見えないものの凝った作りになっています。外装を付ける前がこんな感じです。かなりの情報量です。アームとキャノン砲を付ける前なら、すぐに組み上がってしまいます。この状態はまさに、ボールちゃんです。かわいい(^^)アーム部分はメインに加えサブアームもつい [続きを読む]
  • 海防艦 日振 の製作
  • 日振型海防艦1番艦の日振です。日振型海防艦は御蔵型海防艦を簡易型船体で建造された戦時量産型護衛艦です。北洋警備艦として建造された占守型海防艦の大きな航続距離を一部簡略化して建造されたのが択捉型海防艦でした。しかし、武装が平射砲なので、高角砲化された御蔵型が建造されました。その御蔵型の船体をさらに簡略したのが日振型・鵜来型海防艦です。鵜来型海防艦は新兵器の三式爆雷投射機を16基も装備していましたが、日 [続きを読む]
  • MG ガンキャノンの製作
  • 今回はMGのガンキャノンです(^^)/こちらのキットも先日の頂き物です。2001年発売のちょっと古いキットですが、組み立てやすい上に稼働も良く、劇中後半の精悍なガンキャノンを思わせるスタイルで良いキットです。組み立てもスラスラと合わせ目少なく完成できます。部分塗装は、脚や腕の装甲の間のグレーを塗らないといけませんが、ここはお手軽に、グレーを中央の溝に塗り、その後、ゲート後の処理を兼ねて耐水ペーパーで磨いて [続きを読む]
  • 癒しの素ジム その②
  • 先日、仕事仲間から頂いたMG、Ver1.0のジムを作ってみました(^^)/MGのVer1.0のジムは20年前に作って以来で懐かしいですね〜当時、MG第一作で出たガンダムのバリエーションキットで出て、ジムらしくないカッコいい造形です。ガンダムの部品を流用したらこうなりますが、スマートでかなり強そうなジムです。何体もMGのキットをもらったのですが、ジム好きの私としてはまずはこのジムを製作してみました(^^)v部品構成は、 [続きを読む]
  • 空母いぶきがタミヤから5月に発売!
  • 先日、ビッグコミックで連載中のかわぐちかいじ氏の「空母いぶき」が2019年の実写映画公開に合わせて、何とタミヤから空母いぶきの1/700のキットが発売されるとアナウンスされました。こういうキャラもの?はタミヤから発売されるのは意外でした。昔に同作者のジパングから「みらい」を出したピットロードか、ネタだらけのアオシマ(笑)か、「いずも」型護衛艦を発売中のハセガワが出すのかなと予想していましたが、まさかのタミ [続きを読む]
  • 大和と武蔵  昭和19年秋リンガ泊地
  • 先日完成したピットロード+艦NEXT戦艦大和と2年前に製作した艦NEXT武蔵を並べてみました(^^)/手前が大和、奥が武蔵です。大和型は単艦でも存在感がありますが、2隻そろうとなかなかの迫力です(^^)マリアナ沖海戦後、機銃がさらに増設された両艦は他の第二艦隊所属艦とともに、スマトラ島東側にあるリンガ泊地に移動しました。ここはパレンバンの油田地帯に近く、敵潜水艦の侵入の心配もなく、燃料を気にせずに訓練できる場所でし [続きを読む]
  • ピット+艦NEXT戦艦大和をレイテ沖海戦時で製作⑨ 完成です
  • ピットロードと艦NEXTをミキシングして製作していた、戦艦大和レイテ沖海戦時がようやく完成しました(^^)/昨年末に発売されたピットロードの新キットの戦艦大和最終時をさっそく購入して作っていたところ、甲板に接着剤を落としてしまい、急遽フジミのこれまた1月に発売されたばかりの艦NEXT戦艦大和レイテ沖海戦時のキットの船体と甲板を使い、両キットの良いところを選んで製作してみました。船体は艦NEXTのを使用し、主砲、副砲 [続きを読む]
  • MG ザクF2の製作
  • ガンプラ復帰後はひたすら息子とHGを作っていましたが、今回はMGです。後期生産型ザクのザクF2を作ってみました。このキットは十数年前に購入して、結婚する時に持っていたら妻に怒られるから友人に譲って、それがまた最近こっちに戻ってきたものです(笑)部品をよく見たらミサイルポッドだけありませんね〜(;^_^Aたぶん他に流用しはったんでしょうね。十数年前に内部フレームだけ作っていたようです。けっこう可動範囲があ [続きを読む]
  • ピットロード 87式偵察警戒車の製作
  • ピットロードの87式偵察警戒車です。といっても、並行輸入品のトランぺッター製のキットですが。ピットロードのOEM品で、箱と説明書が中国語な点以外は中身は同じです。Amazonではトランぺッター製の方が安かったのでこちらを購入しました。説明書は、漢字なので何となく?読めます。87式偵察警戒車は陸上自衛隊の各師団や旅団の偵察隊などに配備されてる装輪装甲車です。82式指揮通信車と共有の車体を持ち威力偵察にも使 [続きを読む]
  • ピット+艦NEXT戦艦大和をレイテ沖海戦時で製作⑧
  • 戦艦大和、武装類の搭載を行います(^^)vピットロード製の主砲と副砲の防水カバーも塗装し、取り付けてみました。主砲と副砲を取り付けると、グッと完成に近づいた感じです。甲板の増設機銃座は艦NEXTの甲板には丸いモールドが入っていますが、エッチングの銃座で隠すことができました。続いて、3連装機銃を取り付けました。はじめはピットロードのNEパーツを使おうとしましたが、銃身部分がタイトで銃架にきつくて入りにくくて、何 [続きを読む]
  • ピット+艦NEXT戦艦大和をレイテ沖海戦時で製作⑦
  • 戦艦大和レイテ沖海戦時、いよいよ塗装に入ります(^^)v湿度の低い日に軍艦色2で船体と艦橋、他の小部品を塗装しました。続いて艦底色を塗装しました。マスキングテープを剥がしました。甲板、艦底、リノリウム通行帯とも、ほぼ滲み無しで塗装できました(#^^#)続いて、煙突とマスト上部をフラットブラックで塗りました。煙突は配管が多いのでフリーハンドで塗りましたが、若干ゆがみがでました(;^_^A信号旗甲板と防空指揮所もマス [続きを読む]
  • ピット+艦NEXT戦艦大和レイテ沖海戦時の製作⑥
  • ピットロード+艦NEXTの戦艦大和の製作も、だいぶ終盤になってきました。艦橋周りにエッチングを取り付けてみました。といっても、手すりはつけないので、測距儀周りと21号電探電探ぐらいですが。増設高角砲座と仮にくっつけてみました。シールド無しの高角砲の砲身と機銃の銃身は塗装の時に破損しないように後付けにします。エッチングは、家の在庫にあった特シリーズ大和終焉時を使いました。私はエッチングはクレーンや電探やカ [続きを読む]
  • フジミの艦NEXTシリーズの次回作は戦艦長門
  • フジミ模型の手軽に製作できる色分けスナップフィットキットの艦NEXTシリーズから、今度は戦艦長門が発売されるようです。大和型、赤城、甲型駆逐艦、信濃、比叡、金剛に続いて、長門もリリースされるようです。キットは対空兵装の強化された昭和19年の捷一号作戦時の状態になるようです。新しい艦がリリースされるにつれて、組みやすさも上がっているようなので、これは期待が持てますね(^^)今作っている大和捷一号作戦時と武蔵と [続きを読む]
  • ピット+艦NEXT 戦艦大和をレイテ沖海戦時の製作⑤
  • 前回は船体と甲板を製作しまして、続いては艦橋やマストを製作していきたいと思います。先に作っていたピットロードの大和の上部構造物を使用していこうと思いますが、折角なので艦NEXTも比較をしてみるために作ってみました。左が艦NEXT、右がピットロードのです。艦NEXTはスナップフィットで組み立てやすく配慮されていて、一体成型部分も多用されています。煙突の上部の黒部分も別パーツで塗装の手間いらずになっています。艦橋 [続きを読む]
  • ピット+艦NEXT戦艦大和をレイテ沖海戦時の製作④
  • 前回、艦底を再現するためめにプラ板を貼り付け、水平になるように圧着しておきました。完全に乾いてからはみ出ている部分を切り出し面一になるように削っていきます。船舷のモールドを誤って削ってしまわないように、マスキングテープで保護しておきました。ようやく、削り終えました(^^)v艦NEXTは艦底板が付いていないので、この作業が余計な手間がかかってしまいます。お手軽に艦底を外すだけという手もありますが、それだと強 [続きを読む]
  • ピット+艦NEXT戦艦大和をレイテ沖海戦時の製作③
  • 先日発売された、ピットロードの戦艦大和を製作していたのですが、甲板と船体に隙間ができていたので、伸ばしランナーを使って、隙間埋め作業中に、接着剤を甲板上に落してしまいました!Σ(゚д゚lll)せっかくの繊細な甲板が台無しになってしまいました・・・残念ですが、修正は難しそうです・・・また買いなおすにも高価なキットですので、これまた今月発売されたばかりのフジミの艦NEXT戦艦大和、捷一号作戦時の船体を使って [続きを読む]