finance-lite.com さん プロフィール

  •  
finance-lite.comさん: ファイナンシャルスターLite
ハンドル名finance-lite.com さん
ブログタイトルファイナンシャルスターLite
ブログURLhttp://www.finance-lite.com
サイト紹介文ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」の関連サイト。金融・経済等について幅広く掲載。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 212日(平均5.3回/週) - 参加 2017/03/22 21:35

finance-lite.com さんのブログ記事

  • 米国REIT・J-REITの出遅れ感が強い
  • NYダウが連日過去最高値を更新し、日経平均も21年ぶりの高値(本当は26年ぶり)水準まで達するなど日米の株式市場は絶好調です。一方、米国REITとJ-REITは株式と比べると出遅れ感が強く感じられます。米国REITは配当利回りが3.8%、NAV倍率が0.96倍、J-REITは配当利回りが4.2%、NAV倍率が1.07倍というバリュエーションですので特に割高感はありません。長期金利が上昇しているのであればREITのパフォーマンスが悪くても理解できます [続きを読む]
  • 日経平均は21年ぶりの高値ではなく26年ぶりの高値、本当はもっと高い
  • 2017年10月12日、日経平均の終値は20954円となり、1996年12月以来、20年10ヶ月ぶりの高値となりました。しかし日経平均は2000年4月に行った採用銘柄の入替によりテクニカルな影響で10%は低くなっています。2000年4月の日経平均採用銘柄入替による影響についての詳しい内容は「2000年4月の30銘柄入替で日経平均は10%は低く見えている - ファイナンシャルスター」を参照してください。2000年までは日経平均は実質的な銘柄入替を行っ [続きを読む]
  • トルコリラ急落は対米関係の悪化が原因 / トルコリラは買いか
  • 2017年10月9日の市場でトルコリラが対米ドルで約4%の下落となりました。昨年に起きたクーデター未遂事件に絡み、イスタンブールの米在外公館の職員が逮捕されました。これを受けて、在トルコ米大使館がトルコでの難民関連を除く全てのビザ発給業務の停止を発表し、トルコ側も同様の措置をとったことがトルコリラ下落の要因です。2017年1月に過去最安値の1ドル=3.94トルコリラを付けた後、緩やかに回復基調となっていて2017年9 [続きを読む]
  • CoCo債は過去1年大きく上昇してやや割高な水準
  • 少し前にメインサイトの方でクレジット関連の代表的な債券である米国ハイイールド債、新興国国債、投資適格社債が歴史的に高い水準(利回りは歴史的に低い水準)にあるという内容の記事を書きました。2017年9月のクレジット市場はやや割高な水準か / 米国ハイイールド債、新興国国債、投資適格社債 - ファイナンシャルスター同じクレジット商品の中でCoCo債は比較的新しい債券です。バーゼルII対応のハイブリッド証券は昔から存在しま [続きを読む]
  • コアCPI(前年同月比)+0.7%はもっと評価されるべき
  • 2017年8月のコアCPI(消費者物価指数生鮮食品除く)は対前年同期比で+0.7%となりました。都市ガス代やガソリン価格等エネルギー価格の上昇が影響したようです。日銀のインフレ目標2%にはまだ程遠いことから、これを批判する意見も多いようですが、過去の実績と比較するとまずまずの数字であり、もう少し評価する声があっても良いと感じます。下記にコアCPI(消費者物価指数 生鮮食品除く)の1985年以降の長期チャートを掲載します。バ [続きを読む]
  • テスラCB(転換社債)でローリスク・ハイリターンを狙う
  • 一時期、株式時価総額では米国ビック3を超え、米国NO1となったテスラ・モータース。ちなみに現在は株価が若干調整したごとからゼネラル・モータース(GM)に再逆転されています。テスラの時価総額は569億ドル、GMの時価総額は約588億ドルです。2016年の販売台数はGMの約1,000万台に対しテスラは7.6万台です。しかしEV(電気自動車)と自動運転技術は他社をリードしており、さらにテスラは自動車だけでなくソーラーエネルギー事業 [続きを読む]
  • 金融庁の地銀指導、次のターゲットは私募REITか
  • 金融庁の地銀に対するリスク管理指導が増加しています。ヘッジ外債:米国の金利上昇リスクアパートローン:アパートの過剰供給による空室率上昇、ローンの貸し倒れリスク)銀行カードローン・消費者ローン:多重債務者増加による貸し倒れリスク過去1年〜2年で上記について地銀各行に対する指導や立入調査などを行っています。個人的には少しやり過ぎのような気もします。地銀は規制業種ですが民間企業で多くは上場企業でもありますので [続きを読む]
  • 英国も利上げが視野に/EU離脱(Brexit)は景気にとってプラスだった
  • 2016年6月、英国は国民投票でEU離脱(Brexit)を決定しました。英国がEUを離脱すると経済が混乱し不況に陥ると言われていましたが、現在のところは全く逆の結果となっています。EU離脱(Brexit)により英ポンドが下落したことで、株価は大きく上昇しFTSE100はITバブル時やリーマンショック前の高値を抜け、過去最高値を更新しています。インフレ率も2015年は一時マイナスになるなどデフレ危機に陥っていましたが、2016年以降急激に上昇 [続きを読む]
  • スイスの上場企業は1/3が世界シェア1位企業
  • スイスには今後、日本が経済的に復活するためのヒントがあると思います。2017年9月現在、スイス証券取引所に上場しているスイス企業は236銘柄ありますが、そのうちなんと約80社が特定の分野で世界シェア1位の企業です。下記に銘柄例を掲載します。アデコ:職業一人材紹介ネスレ:食品・飲料水ノバルティス:眼科薬品ロッシュ:癌腫瘍治療薬品UBS:プライベートバンキング業務ソノバ・ホールディング:補聴器ストローマン:歯科インプ [続きを読む]