niku18 さん プロフィール

  •  
niku18さん: PTAはPTA
ハンドル名niku18 さん
ブログタイトルPTAはPTA
ブログURLhttps://ameblo.jp/niku18kuni18/
サイト紹介文私が経験したことを基にPTAに対して感じたこと・感じていることを綴ってみようと思います。
自由文今まで経験してきたことがあって今の自分の考え方がある。
これからの経験で、今の自分とは違う考え方になっていくかもしれない。
そんなことを思いながら少しずつ綴っていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 213日(平均2.3回/週) - 参加 2017/03/22 22:29

niku18 さんのブログ記事

  • “好きだから”だけでは続かない
  • にほんブログ村 前回からの続きですが私は確かに陸上競技が好きですが、まさか自分が大会運営に携わるなんて思いもしませんでした。中高生の時は大会運営側の人たちのことを全く意識していませんでした。 大学の時、高校時代の恩師に“時間があったら試合を見に来てくれ”の一言がきっかけでした。せっかく競技場にいるのだからとお手伝いを始め、審判もするようになり、中学時代の恩師もずっと関わっていて、いつの間にか自分の [続きを読む]
  • 雨ニモマケズ
  • にほんブログ村 ←よろしければひと押しお願いします。  今月15日、所属協会主催の秋季大会の予定でしたが、雨のため苦渋の選択で次週に延期しました。 陸上競技は暴風警報や大雨警報が発令されない限り、雨天でも実施するのが通常で、私も土砂降りの中、何度も大会に参加しました。高校最後のインターハイ県大会も大雨でした。 なぜ今回延期の決定をしたか? まずはグラウンドコンディション・・・土(シンダー)の競技場で [続きを読む]
  • 学校給食について
  • にほんブログ村  最近、大磯町の学校給食から端を発し、全国各地で異物混入などの話題が上がっています。 もう何年も前ですが、自分がPTA会長の時に給食について色々と調べたことがあります。 きっかけは、給食試食の在り方について再検討するため と 給食費の値上げのことがあったためでした。私や子どもたちが通った小学校は単独調理校で中学校はセンター方式でした。 自分の経験したことが当たり前で、他校、他市町、他 [続きを読む]
  • 事業(組織)は人なり
  • にほんブログ村 ←ポチっとお願いします  衆議院が解散してから、毎日のようにメディア報道がありますが、最近は政界再編からやっと各党の政策について議論されるようになってきました。 そんな話を見聞きしながら、子どもの頃からのことを色々思い起こしてみました。 子どもの頃、特に小学生の頃は毎年6年生が抜け、新しい1年生が入学するように必ず人が入れ替わるので遊びでも掃除でも通学団でも、ルールと言うかやり方( [続きを読む]
  • 映画「マイ・インターン」を観て考えてしまった
  • にほんブログ村 「プラダを着た悪魔」の続編と言われているようですが、映画の講評は置いておいて力強く働く女性=NY=アメリカというイメージがあるのですが、仕事と家庭の両立に苦悩する主人公、またママ友の働く女性への嫌味や偏見などの描写を見ると、日本とそんなに変わらないように感じますが、実際にアメリカと言う国はどうなんだろう? 知り合いとかに聞いてみましたが、ママ友同士は大なり小なりあるようですね。  女性 [続きを読む]
  • プログラムを入力しながら感じていること
  • にほんブログ村 ←ポチっとお願いします  スポーツの秋、到来ですね。春・秋・冬と年3回程ですが、大会のプログラムを編成・入力が大会前の私の役割です。大会の申し込みを受け、男女別、部門別、種目ごとに、持ちタイムと出場人数を見ながら予選の組分けをして、当日のタイムテーブルを作り、それを入力しプログラム原稿を作る。第三者にチェックをしてもらって、修正し、印刷して、製本する。もう20年以上やっているでし [続きを読む]
  • 動員(参加要請)について考えてみたけれど
  • ←ポチっとお願いしますにほんブログ村 会社や地域、行政などが主催する行事、イベントや講演会などに参加要請がかかることって、よくありますよね。 今でこそ少なくなりましたが、私が就職した頃は、会社の親睦関連の行事や部署の親睦旅行などは「参加しない」という選択肢はよほどのことがない限り、ありませんでした。 どこまでを「実質の強制」と捉えるかは難しい判断ですが、地域や行政、市Pなどの主催するイベント [続きを読む]
  • 百聞不如一見には続きがあった?
  • にほんブログ村 百聞不如一見に続きがること、知っていましたか?恥ずかしながら、私は知りませんでした。ただ、続きの部分は後からの創作のようですが・・・これが結構、本質をついています。 百聞不如一見   (ひゃくぶんはいっけんにしかず)百見不如一考   (ひゃっけんはいっこうにしかず)百考不如一行   (ひゃっこうはいっこうにしかず)百行不如一効(果)(ひゃっこうはいっこう(いっか)にしかず) 百聞不如 [続きを読む]
  • 関係性の変化 地縁・血縁・社縁・学縁・志縁・支縁・電縁・・・
  • にほんブログ村  以前にも少し触れましたが、日本は、地域コミュニティが崩壊していると言われています。以前は、血縁社会や地縁社会は「生きるための共同体」と言われて、地域や家族の相互扶助によって人の生活が支えられ、セーフティネットの役割も担っていました。これらはとても強い繋がりで、ある意味、強制的な繋がりともいえたかもしれません。 少子高齢化や近代的合理主義・個人主義の浸透といった社会構造の変化に伴 [続きを読む]
  • 子ども会は子どもの会、PTAは大人の会だった
  • にほんブログ村 夏休み中、子どもたちが町内のゴミ拾いをしている姿を見かけて、改めて自分の子ども時代のことを思い出してみた。  私の住む町内には通学班が4つあり、4つ合わせて○○通学分団と呼んでいた。 夏休み前には分団会があり、これを子ども会と呼んで夏休みの計画を自分たちで立てていた気がする。 ラジオ体操は、基本毎日、NHKのリアルタイム(6時30分)に、班長が家からラジオを持参して、集まった皆でや [続きを読む]
  • 部活について考えてみた
  • にほんブログ村世界水泳が終り、世界陸上が始まりました、高校野球の甲子園大会も始まります。そんな話題をTVで見ながら別のことを考えています。夏休みに入り、小学生も中学生も高校生も、目前の大会での一勝や大会での活躍、全国大会を目指し、また敗れた人は次の大会を目標に、日々練習に取り組んでいるでしょう。そういった真剣に取り組む姿を見ると純粋に応援したくなります。ひと夏の過ごし方で秋以降、子どもたちの伸び・ [続きを読む]
  • 夏 お盆 祭り
  • にほんブログ村  暑い日が続きますね。大雨の後には35℃近い暑さと強い日差し、齢を重ねるごとに厳しくなってきます。体調に気をつけないと。 この3連休、自分の親の初盆と妻の親の納骨法要をしました。 家での初盆と大きなお寺での納骨法要、ともに浄土真宗ですが、東と西では作法もお経も随分違います。 また、家と別院とはいえ大きなお寺で大人数での法要とでは雰囲気も全く違います。 浄土真宗では、お盆だけ還ってく [続きを読む]
  • 私が変かな?
  • にほんブログ村  このたびの「平成29年7月九州北部豪雨災害」にて亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。  今なお避難されている皆様、復旧作業に従事されている皆様のご安全を願い、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。   先日、報道で多くの中学生や高校生が被災地で活動している姿を拝見しました。自分たちができることを考えての行動でした。最近の若い人たちって [続きを読む]
  • はき違えないようにしないと。本当にできてます?個人の尊重
  •  最近よく目にする耳にする「個人の尊重」「個人の尊重」は、一人ひとりの人間を自立した人格的存在として尊重するということ。一人ひとりが「違う」存在であるということを認め合い、その「違い」をそれぞれに尊重するということ。 また「平等」とは、「人はみな同じだから平等でなければならない」のではなくて、「人はみなそれぞれに違うからこそ平等でなければならない」として捉える。 すると、一人ひとりの人間は、みな [続きを読む]
  • 前の記事から
  • にほんブログ村 自分で書いていて改めて気づきましたが、PTAの会員さんが一堂に会す機会って、どのくらいあるのか?①PTA総会②学校行事 親子ふれあい学級③PTAによる資源回収事業④PTAによる学校の環境整備(学校周辺及び運動場の草取り中心)⑤運動会(地域と合同)私が所属したPTAでは、可能性としてはこれくらいだと思いますが、土日お仕事の方もいらっしゃるし、目指す参加は全世帯であっても、現実はそうは [続きを読む]
  • 組織かな?集団かな?
  • にほんブログ村 辞書を引いてみると【組織】=一定の共通目標を達成するために、成員間の役割や機能が分化・統合されている集団【集団】=人や動物、ものが集まってひとかたまりになること。また、その集まり。群れ。あるいは、なんらかの相互関係によって結ばれている人々の集まり。〔出典:大辞泉〕 「人が集まっている状態」という面では同じようなものに見えますが、この2つには大きな違いがあるようです。”集団”は単に『人 [続きを読む]
  • 記憶は曖昧、だけどそこから始まっているかも
  • にほんブログ村  自分が小中学生の頃、PTAがどんな活動をしていたか?正直、全く記憶がありません。 ただ、ため池や崖地のような危険個所に注意喚起のPTAの看板があったような気がします。 子どもたちに直接還元するような行事や品物の配布も全く記憶がありません。母親に確認してみましたが、そういった活動はなく、学校外の環境整備や廃品回収などのほかには、会員(保護者)のための教養講座(と言っても料理とか手芸 [続きを読む]
  • どこまで? そこまで?
  •  この一年間で親族二人を見送りました。入院、手術、看護、介護と本人も周囲も大変でした。インフォームドコンセント、説明責任、コンプライアンス・・・色々と言われていますが、最終的な決断は本人、家族で緊急事態であれば即断即決が求められます。十分な説明がなされて決断したか?と問われると・・・難しいですね。 手術の承諾書や入院手続きの説明が丁寧だったかと問われれば・・・ 医師というのは治療、病を治すという [続きを読む]
  • おまけ・・・矛盾を感じながら
  • にほんブログ村  最近は少なくなったと思いますが 企業の「接待費」って何でしょう?出世争いって何のためでしょう?派閥ってなんでしょう?  会社を離れて任意団体でも 役員は上から目線と言うけれど、役員を偉い人扱いしている。 規約上、会長には会議の招集ぐらいしか権限がないけれど、実際はトップダウンも可能。 あった方がいいと言うけれど、実際には参加しない。参加はするけど運営には携わらない。 PTAの入退会 [続きを読む]
  • いつも同じ?
  • にほんブログ村  私の元々の性格なのか、固定化していく、グループ化していくことを苦手としています。 PTAに限ったことではなく、会社や組織内で自主研究や啓発など任意で募って、集まった人たちを見ると・・・どれも、いつも、同じような顔ぶれに気づきます。そんな経験はありませんか?問題や課題の解決に取り組もうとする方々は、基本的には熱心で、正義感も強い人が多いと感じていますが、それがゆえに外部から見ると参 [続きを読む]
  • 改革って? 少数派って? その3
  • にほんブログ村  PTAの最大の特徴は会員が必ず入れ替わること。多くのPTAは会員資格を在学中の児童・生徒の保護者(にあたる人)と赴任している教職員とされていますから、毎年一定数が必ず入れ替わりますし、10数年でほとんどが入れ替わります。 目的のために集ったサークル、市民団体やスポーツ団体などは、大きく会員が入れ替わることはあまりありません。 ある意味では、組織としての新陳代謝が絶えずできる、その [続きを読む]
  • 改革って? 少数派って? その2
  • にほんブログ村  変えたいと言われている中で 多いのは組織の運営形態と事業仕分けですよね。  事業の見直しについては、役員になるとやはりとても気になるところです。 本当にその事業(活動)をする(している)意味はあるのか? これは何が目的で行っているのか?にかかってきます。そしてその評価指標によって大きく変わってきます。 以前にも書きましたが、企業であれば費用対効果が求められますが、果たしてPTAは [続きを読む]
  • 改革って? 少数派って? その1
  • にほんブログ村  ここ最近の国会、立法府の在り方など問義を呼んでいて色々思うこともありますが、ブログではPTAのことで見聞きしたこと、体験したことで感じたことを書いておこうと思います。 PTA(単位PTA)を変えたいリアルでもWEB上でもよく見ます、よく聞きました。だけど、総論としては何となく伝わってきますが、現実の問題として、具体的に何をしたいか、何をどう変えたいのかが、正直よくわからない主張が [続きを読む]
  • 悩める青春ど真ん中
  • にほんブログ村 高校生の娘は、よくクラスの中で起きたこと、部活の中でのことで悩んでいます。 話を聞いてみると、どうも強キャラ同士の対立の間に入って困っていることが多い感じです。部活では、今年周りから部長に推されて断れなかったみたいです。 元々、リーダータイプではなく、温和で、争いごとが苦手な平和主義なので小学生のころから調整役、つなぎ役のようなところがありました。学校では自分の内心を表に出さない [続きを読む]