中年おじさん さん プロフィール

  •  
中年おじさんさん: 忘れっぽくなった中年おじさんの備忘録
ハンドル名中年おじさん さん
ブログタイトル忘れっぽくなった中年おじさんの備忘録
ブログURLhttp://bwatch.wp.xdomain.jp
サイト紹介文おじさんの個人的な備忘録です。ブログとして公開していますが、可読性がない時も多いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2017/03/23 17:48

中年おじさん さんのブログ記事

  • (予行演習-形態素解析API作成までの道のり-その11)セキュリティ対策1。
  • 動くアプリの作成はできたので、次はセキュリティ対策。とりあえず、やることは、以下の大きく3つ。SSHの設定Firewallの設定Apach2のセキュリティ設定とWAFの設定現状は、個人用APIサーバーで、WebアプリはDBを使わないので、上記程度で良いと思う。特に、使うポートは、HTTPとSSHだけということもあり、SSHのポートを変更したり、公開鍵認証にすれば、かなりセキュリティリスクを制限できると思う。まあ、熟達したクラッカーに対 [続きを読む]
  • (予行演習-形態素解析API作成までの道のり-その9)Flaskでjsonレスポンス編
  • 再度、目標を確認する。形態素解析APIサイトで、以下の2つの機能を実装。入力フォームから解析結果を出力。POSTリクエストでjsonで結果をレスポンス。今回は、2番目の「POSTリクエストでjsonで結果をレスポンス。」その前に、python3の配列型や辞書型をもうちょっと勉強したので、前回作ったものを修正する。前回のコードを少し修正。まず、「mecab_app.pyの修正版」は以下の通り。if文を三項比較にして、勉強して多少使い方がわ [続きを読む]
  • (予行演習-形態素解析API作成までの道のり-その8)Flaskでページ作成編
  • まあ、前回まででほぼ出来上がっているんだけど、デプロイに向けて整理する。目標は、形態素解析APIサイト機能は、とりあえず以下の2つ。入力フォームから解析結果を出力。POSTリクエストでjsonで結果をレスポンス。公開する環境は、エントリーレベルのVPS。(予算都合でスペック検討。メモリ1Gは必要かな?)そんで、セキュリティは、知りうる範囲で可能な限り実施して、ボットの類は基本拒否して、あくまでも個人用として使う [続きを読む]
  • (予行演習-形態素解析API作成までの道のり-その3)Nginxを動かす。
  • 次は、webサーバーを動かす。ApacheとNginxのどちらがいいのかを迷ったのだが、色々と調べた結果、Nginxの方が軽量で、メモリ使用も少ないということで、小規模リソースなエントリーレベルのVPSでは、こっちがいいかなという判断でNginxを使うことにした。Nginxは大企業向けという話もあるけど、複雑なことをしなければ、学習コストも少ないようなので、大丈夫かなと思う。VPSでインターネットに繋げた運用を考えると、それなりに [続きを読む]
  • (予行演習-形態素解析API作成までの道のり-その2)pythonでmecabを動かす。
  • 前回からの続きまあ、mecabで形態素解析のWebサービスを作る場合、pythonがベストな選択肢だとは思う。特に、機械学習やら何やらまで拡張しようとする時は、ライブラリやパッケージ、インターネット上のノウハウ公開状況などの面から見て、pythonしか選択肢ないよねってぐらいな状況。でもまあ、エントリーレベルのVPSで機械学習は無理じゃね。それに、pythonは、あまり使い慣れておらんのじゃ。。。ということで、一度は、PHPにし [続きを読む]
  • mecabのインストール
  • 公式サイトでは、ソースをダウンロードしてコンパイルする方法が記載されているが、現状は、aptで簡単にインストールできるようになっている。まず、本体と関連ライブラリ一式のインストール。sudo apt install libmecab2 libmecab-dev mecab mecab-ipadic mecab-ipadic-utf8 mecab-utils 各パッケージは、https://packages.ubuntu.com/の説明によると以下の通り。libmecab2:Libraries of Mecablibmecab-dev:Header files of Mec [続きを読む]
  • Chainerのインストール
  • ディープラーニングを試してみたい。フレームワークは、色々とあるが、とりあえず、日本語の解説が充実しているらしいChainerを試してみようと思う。OSは、Ubuntu16.04TLSを使う。GPUを使いたいけど、現状、Deep Learningに使えるものを持っていない。計算時間がかかりそうだが、仕方ない。必要なものは、linux-genericbuild-essentialPython 3.5.2python3-pippython-virtualenvchainerまずは、OSの最新化。sudo apt updatesudo ap [続きを読む]
  • WordPressの<title>タグのカスタマイズ・メモ
  • 主に、SEO的なカスタマイズだけど、wordpressで出力されるHTMLのタグ内の内容を変更したい時、テン
    プレートのheader.phpの該当部分を直接変更する方法もあるけど、テーマがアップデートした時など
    に、変更内容的が元に戻ってしまう。そんな時には、以下のコードが便利。add_filter( 'document_t
    itle_parts', 'custom_title_description', 10, 1 );function custom_title_description ( $title ) {/* $title['t
    itle'] ? ページ [続きを読む]
  • PHPでSqlite3の操作メモ
  • 使えると何かと便利なSqlite3の操作メモ。小規模なデータ、DBへのアクセス頻度が比較的少ないものは、ファイルベースで高速動作するので便利。空のDBを作る。指定の場所にDBがなければデータベースを自動で作ってくれる。close();?> テーブルを作る。基本的にSQLと同じだけど、SQLite3はテーブルを定義する時にカラム毎にデータ型を指定しなくても良いらしい。でも、一応定義した方がいいと思う。$sql = exec( $sql );$db->close() [続きを読む]
  • Ubuntu16.04LTSでNgnixとphp-phantomjsでスクレイピングAPIサーバーのテストメモ
  • とりあえず、phpで稼働させるつもりなので、必要かなと思う以下のパッケージをとりあえずインストール。#>sudo apt install php7.0 php7.0-curl php7.0-mbstring php7.0-bz2 次に、php-phantomjsをインストールする。インストール方法は、こっちに書いてあるけど、今回は、home/ユーザー名/PHPPhantomJSというフォルダを作って、マニュアル通りにインストール。//PHPPhantomJSを/home/ユーザー名/内に作って、PHPツールのComposer [続きを読む]
  • PHPのPECL 拡張モジュールv8jsインストールメモ
  • Ubuntu(16.04LTS) にPECL拡張モジュールv8jsをインストールする。githubのv8jsの説明ページを読むと、最低要件として、libv8(V8 Javascript Engine library「 V8 4.6.76以上」)とPHP 7.0.0以上が必要。そんで、Ubuntuに前もってこれらをインストールする必要(とても重要)があるらしい。また、aptでゲットできるlibv8は古いらしく説明ページを読むと、For Ubuntu @pinepain has PPAs for V8 5.1 and 5.2. You might want to ins [続きを読む]
  • PhantomJSをPHP7.0で動かす。
  • 環境は、いつものごとくUbuntu(16.04LTS)です。そのほかは、OSインストール後にNginxインストールしてPHP7.0を動かせるようにしたあとです。PHPでPhantomJSを稼働させるためのパッケージは、PHP PhantomJsにある。要件は、「PHP PhantomJS requires PHP 5.3.0 or greater to run.」とあり、PHP7.0なら特に問題なくOK?PHP PhantomJSは、Composer(PHPの依存関係をチェックしてくれる)を使ってインストールするらしい。そんで、Com [続きを読む]
  • NginxとPHP7.0、PHP-FPMのインストールメモ
  • 前提としては、OSは「ubuntu16.04TLS」で、OSインストール直後で、ユーザーアカウント作成後は何もしていない状態。まず、パッケージ類を最新化する。#>sudo apt update#>sudo apt upgrade#>sudo rebootでubuntuを再起動。2017年03月15日現在、ubuntu(16.04LTS)の公式パッケージをhttp://packages.ubuntu.com/で検索して、確認すると、nginx (1.10.0-0ubuntu0.16.04.4)となっていて、nginxの公式ページを見ると、nginx-1.11.10が最 [続きを読む]
  • Apache2でpythonを動かす
  • 以下のコマンドでcgiを有効にして、再起動する。#>sudo a2enmod cgi #>systemctl restart apache2 これで、「/usr/lib/cgi-bin」でcgiでpythonが動かせるようになる。上記で十分なきもするけど、pythonのFlaskを使うと便利らしいので、これを使えるようにする。Deploy Flask & Python3 on Apache2 & Ubuntuを参考にした。apt-getでインストールするのが簡単です。#>sudo apt-get -y install python3 python3-flask curl pipでイン [続きを読む]
  • Apacheのインストールメモ
  • Ubuntu16.04にApacheをインストールする。#>sudo apt-get -y install apache2 これでインストール完了。http://localhost/にアクセスすると「Apache2 Ubuntu Default Page」というタイトルの初期ページが見える。このあと、最低限のセキュリティ設定を行う。(まあ、自宅用でインターネットに公開しないテストサーバーなのでほっておいてもいいのだが、設定をちゃんと知っておくのは良いことだ。)なお、viのコマンドは、http://hp [続きを読む]
  • CasperJSのインストールメモ
  • クローラー&スクレイパーの便利ツールになるCasperJSをインストールする。まずは、以下をチェックする。http://casperjs.org/インストール手順を以下で確認する。http://docs.casperjs.org/en/latest/installation.htmlインストール要件は、以下があること。PhantomJS 1.9.1 以降があること。Python 2.6 以上が bin/ にあること。#> git clone git://github.com/casperjs/casperjs.git#> cd casperjs#> sudo ln -sf `pwd`/bin/cas [続きを読む]