中性脂肪を減らす理由 さん プロフィール

  •  
中性脂肪を減らす理由さん: 中性脂肪を減らす理由
ハンドル名中性脂肪を減らす理由 さん
ブログタイトル中性脂肪を減らす理由
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/c0p98dzi
サイト紹介文ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1054回 / 336日(平均22.0回/週) - 参加 2017/03/24 16:52

中性脂肪を減らす理由 さんのブログ記事

  • 中性脂肪を下げる運動方法
  • 中性脂肪を下げる運動方法中性脂肪値を下げるには、食事によって余分に摂取したエネルギーを消費させる必要があります。脂肪を効率よく燃やすには、有酸素運動が有効です。運動は、一週間分をまとめて行うよりも、日々行う方が効果的とされています。中性脂肪の値を下げるために、毎日30分程度の運動を取り入れましょう。以下に、生活に運動を取り入れる具体的な方法を挙げていきます。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒 [続きを読む]
  • 運度や食生活の改善は中性脂肪を落とすためには大切です。
  • 運度や食生活の改善は中性脂肪を落とすためには大切です。しかし、毎日となるとなかなか実行できないというのが本音ではないでしょうか。あまり自分だけでがんばりすぎずにサプリメントの力を借りるのも無理なく上手に下げるためのコツです。DHAは安全性が高い成分なので積極的にサプリメントで摂っても副作用の心配もありません。中性脂肪を下げるには、食生活を変えたり運動を始めたりといった、生活を変える決心が必要です。で [続きを読む]
  • ダンベル運動という無酸素運動で基礎代謝量をアップ
  • ダンベル運動という無酸素運動で基礎代謝量をアップ基礎代謝を上げるためにおすすめの無酸素運動に、ダンベル運動があります。ダンベル運動の目的は、筋肉量のアップです。筋肉量がアップすれば、その筋肉を動かすために体のエネルギーを使います。ですので、基礎代謝量がアップするわけです。最初は無理してはいけません。女性は0.5キログラムから1.0キログラムのダンベルを使いましょう。男性は1.5キログラブから2.0キログラムで [続きを読む]
  • 妊娠で増えた中性脂肪
  • 妊娠妊娠中は、お腹の赤ちゃんが主な栄養源として炭水化物が元であるグルコースを利用します。妊娠中の体は、母体分の栄養を蓄えるために、中性脂肪が合成されやすくなります。また妊娠で増えた中性脂肪は、出産後の赤ちゃんへ与える母乳の材料となるので、授乳中は増えた分の中性脂肪や体重は戻りやすくなります。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒  [続きを読む]
  • 中性脂肪(TG)値が低い場合は、低中性脂肪血症
  • 中性脂肪(TG)値が低い場合は、低中性脂肪血症中性脂肪は、生命維持活動に必要な細胞や血管を構築するための栄養素になりますので、少なすぎても問題になります。偏頭痛や目まいなどが起こる場合もありますが、通常、基準値以下でも普通の生活している場合であれば、問題ありません。ただし、ホルモンのバランスが崩れる甲状腺機能亢進症という病気になっている場合や、肝臓の病気になっている場合もありますので、その辺りは注意 [続きを読む]
  • 中性脂肪(ちゅうせいしぼう)とは
  • 中性脂肪(ちゅうせいしぼう)とは、人間の体を動かすエネルギー源となる物質で、別名「トリグリセリド(トリアシルグリセロール またはトリグリセライド)」と呼ばれ、健康診断の検査結果では「TG」等の記号で表示されています。主に食物から取得された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り、体内の生命維持活動に利用されますが、使い切れなかった余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。いわゆる、体についたぶよぶ [続きを読む]
  • 中性脂肪の基準値
  • 中性脂肪の基準値ですが、血液中の中性脂肪の値が150mg/dl以上となると「脂質異常症(高中性脂肪血症)」とされ、注意が必要です。中性脂肪の標準値は、男女、年齢によって変化しますが、およそ39〜149mg/dlが正常とされています。正常値は30〜149mg/dl異常値は29mg/dl以下または150mg/dl以上特に中性脂肪の値が150mg/dl以上の状態は危険値で、「高トリグリセリド血症」と呼ばれています。中性脂肪には、「〇mg/dlがちょうどいい [続きを読む]
  • 中性脂肪を落とすには、食事と運動、お酒の飲み方を守ることが重要です。
  • 中性脂肪を落とすには、食事と運動、お酒の飲み方を守ることが重要です。他にも、中性脂肪を下げる効果のあるサプリメントで対策をサポートする方法もあります。どれも即効性があるわけではなく、毎日少しずつでいいから続けるのが何よりの最短コース、コツといえます。中性脂肪は、早い人なら1、2カ月で数値が改善するそうです。どれか一つでも自分にできそうな方法を見つけ、飽きないように組み合わせながら毎日どれか一つはトラ [続きを読む]
  • 動を一人で行うのが難しい人は、スポーツジムなどに通う
  • ジムに通う運動を一人で行うのが難しい人は、スポーツジムなどに通う方法があります。ジムによっては、様々なプログラムが用意されていたり、プールやトレーニング機器が豊富であったりと、飽きずに運動ができます。ただし、ジムの登録だけして、全く行かずに満足してしまったということのないよう注意してください。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ [続きを読む]
  • 中性脂肪の値が高い場合の病気
  • 中性脂肪の値が高い場合の病気中性脂肪値が高い場合に引き起こされる病気は、大きく2つの系統に分かれます。①動脈硬化とそれによる病気中性脂肪による動脈硬化中性脂肪値が高い場合は、まずは「脂質異常症」と診断されます。脂質異常症になると、LDLコレステロールが増え、血管が硬くなっていく動脈硬化が進みます。そして、この動脈硬化が様々な重大な病気につながっていくことになります。動脈硬化が進むと、心筋梗塞、脳梗塞 [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げるには、有酸素運動・無酸素運動のどちらも有効
  • 有酸素運動をする中性脂肪を下げるには、有酸素運動・無酸素運動のどちらも有効です。「誰でもできる」にこだわった!インドア派でも続く中性脂肪を下げる有酸素運動・無酸素運動有酸素運動はウォーキングやジョギング、水泳、階段上り下りのような運動で、溜まった中性脂肪を消費するために行います。無酸素運動は短距離走や、ダンベル運動・スクワットといった筋肉トレーニングのような運動で、筋肉量を上げて基礎代謝を増やし、 [続きを読む]
  • 中性脂肪が増える仕組み
  • 中性脂肪が増える仕組み生命維持に必要なエネルギーとして「炭水化物」「タンパク質」「脂質」が挙げられます。それぞれ体のエネルギー源になるのですが、エネルギーの消費量以上に摂取すると、最終的に中性脂肪として蓄えられてしまいます。ここでは、食べ物が中性脂肪になる流れを簡単に解説します。炭水化物(糖質)炭水化物は、腸内で消化されてブドウ糖となり、筋肉や脳のエネルギーになります。ブドウ糖が余るとグリコーゲン [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げるサプリメントを飲む
  • 中性脂肪を下げるサプリメントを飲む自炊の習慣がない人や、魚が苦手といった人は、思うように食事を変えることが難しいと思います。そんな人には、青魚の中性脂肪低下成分DHA・EPAを中心とする成分をサプリで補うのがおすすめです。「まずはサプリから」と中性脂肪を落とす対策を始める方も多いようです。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中性脂肪 [続きを読む]
  • 中性脂肪を落とすには、食事と運動、お酒の飲み方を守ることが重要です。
  • 中性脂肪を落とすには、食事と運動、お酒の飲み方を守ることが重要です。他にも、中性脂肪を下げる効果のあるサプリメントで対策をサポートする方法もあります。どれも即効性があるわけではなく、毎日少しずつでいいから続けるのが何よりの最短コース、コツといえます。中性脂肪は、早い人なら1、2カ月で数値が改善するそうです。どれか一つでも自分にできそうな方法を見つけ、飽きないように組み合わせながら毎日どれか一つはトラ [続きを読む]
  • 献血についてくる血液検査サービスで中性脂肪はわかる?
  • 献血についてくる血液検査サービスで中性脂肪はわかる?→中性脂肪はチェックできません。日本赤十字社で献血をすると、無料で受けられる血液検査サービスがありますが、残念ながら中性脂肪(TG)は検査項目に含まれないようです。(日本赤十字社 検査項目のページより)中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、 [続きを読む]
  • 毎日の生活にちょっとした運動を取り入れる
  • 普段の生活に運動を取り入れる普段忙しくて、なかなか運動する時間が取れない方は、毎日の生活にちょっとした運動を取り入れることで、一日の消費カロリーをアップさせることができます。具体的には以下の方法があります。・エレベーター類を使わずに、階段を使用する。・電車通勤の場合は、一つ前から降りて、会社や家まで歩くようにする。・自転者通勤を行う。適度な運動には、ストレスを発散させる効果もあります。自分の生活ス [続きを読む]
  • ステッパー運動を続けていると、
  • ステッパー運動を続けていると、膝の痛みなどの思わぬトラブルが起きたりすることもありますから、そういった時には無理をせず、しっかりと休みを取ることが大切です。あくまでも自分のペースに合った速さでゆっくりと行う事で膝の痛みなどを防止する事が長期間継続する秘訣です。ステッパー運動を行うにあたって、準備として忘れてはならないものは水とタオルです。1964_74有酸素運動は、発汗作用が大きいので、こまめな水分補給 [続きを読む]
  • ダンベル運動という無酸素運動で基礎代謝量をアップ
  • ダンベル運動という無酸素運動で基礎代謝量をアップ基礎代謝を上げるためにおすすめの無酸素運動に、ダンベル運動があります。ダンベル運動の目的は、筋肉量のアップです。筋肉量がアップすれば、その筋肉を動かすために体のエネルギーを使います。ですので、基礎代謝量がアップするわけです。最初は無理してはいけません。女性は0.5キログラムから1.0キログラムのダンベルを使いましょう。男性は1.5キログラブから2.0キログラムで [続きを読む]
  • 中性脂肪(ちゅうせいしぼう)とは
  • 中性脂肪(ちゅうせいしぼう)とは、人間の体を動かすエネルギー源となる物質で、別名「トリグリセリド(トリアシルグリセロール またはトリグリセライド)」と呼ばれ、健康診断の検査結果では「TG」等の記号で表示されています。主に食物から取得された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り、体内の生命維持活動に利用されますが、使い切れなかった余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。いわゆる、体についたぶよぶ [続きを読む]
  • 中性脂肪が引き起こす脂肪肝
  • 中性脂肪が引き起こす脂肪肝脂肪肝とは中性脂肪が溜まりすぎている病気です。脂肪肝にかかっている場合でも、自覚症状は、殆どありません。したがって、脂肪肝は血液検査で見つけるしか無く、基本的には血液検査のGOT、GPT、r−GTPの値が高いと脂肪肝であると判定されます。ただ、脂肪肝であるにもかかわらず、これらの値は正常なこともあり、超音波検査やCT検査によって初めて脂肪肝と分かることもあります。アルコール [続きを読む]
  • 動脈硬化が引き起こす狭心症
  • 動脈硬化が引き起こす狭心症1964_70狭心症(きょうしんしょう)とは、動脈硬化等により、心臓の筋肉に酸素が行きとどかない重大な病気です。心臓の筋肉に酸素が行きとどかず、胸痛や胸部圧迫感等の症状が見られるものです。締め付けられるような胸の痛み、圧迫感が主な症状ですが他にも動機、不整脈、呼吸困難、嘔吐等の症状も見られます。動脈硬化によって、心臓の動脈が狭くなり、血液が十分に通らなくなるのです。狭心症の検査 [続きを読む]
  • 妊娠で増えた中性脂肪
  • 妊娠妊娠中は、お腹の赤ちゃんが主な栄養源として炭水化物が元であるグルコースを利用します。妊娠中の体は、母体分の栄養を蓄えるために、中性脂肪が合成されやすくなります。また妊娠で増えた中性脂肪は、出産後の赤ちゃんへ与える母乳の材料となるので、授乳中は増えた分の中性脂肪や体重は戻りやすくなります。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒  [続きを読む]
  • 脳梗塞とは、動脈硬化の進行により
  • 脳梗塞脳梗塞とは、動脈硬化の進行により、血栓などが脳の血管に詰まり、血液の循環が妨げられ、神経麻痺などの症状があらわれる病気です。治療としては血液のかたまりを溶かす薬や、脳細胞を保護する薬などによる投薬治療が行われます。投薬により血栓が溶ければ、一週間ほどでベッドから起き上がれるようになります。その後、リハビリ治療を経て退院となりますが、退院後も再発を抑えるためのケアが重要となります。脳梗塞を起こ [続きを読む]
  • 脂肪を燃焼させるには
  • 脂肪を燃焼させるには1964_72走っていても、すぐに燃焼が始まるというわけではありません。大体20分から30分くらい経つと脂肪の燃焼が始まりますので、短い時間で苦しいと感じたら、ペースを落とすなどして、続けられる状況を作り出す必要があります。ここで重要なのが心拍数を上げつつ、継続出来る速さを掴む事が良いです。更に筋肉も増やしておく事で、脂肪を燃焼させやすい体も作る事ができます。中性脂肪値が高い方・食生活が [続きを読む]