中性脂肪を減らす理由 さん プロフィール

  •  
中性脂肪を減らす理由さん: 中性脂肪を減らす理由
ハンドル名中性脂肪を減らす理由 さん
ブログタイトル中性脂肪を減らす理由
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/c0p98dzi
サイト紹介文ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1314回 / 365日(平均25.2回/週) - 参加 2017/03/24 16:52

中性脂肪を減らす理由 さんのブログ記事

  • アルコール量を減らす
  • アルコール量を減らすアルコールの飲み過ぎは、中性脂肪の値が高くなる原因となります。男性の方は特に、飲み会や晩酌などアルコールを飲む量が増える傾向にあります。毎日のアルコール量はビール缶一杯分と決め、お酒を飲み過ぎないようにしましょう。中性脂肪が高くてもビールが飲みたいとき、糖質オフを選んだ方がいい?また、一週間のうちに休肝日を設けるようにしましょう。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく [続きを読む]
  • 妊娠中の適度な運動は、中性脂肪の値を適正に保つ
  • 具体的な運動方法妊娠中の適度な運動は、中性脂肪の値を適正に保つだけでなく、出産に必要な腰回りの筋肉を鍛える効果もあります。妊娠中は、ウォーキングやヨガなどの軽めの全身運動が適しています。ジャンプが必要なスポーツは、お腹の赤ちゃんにも負担がかかるのでおすすめできません。最近では、妊婦さん向けのマタニティビクスなどの教室も多くあります。毎日10〜30分無理のない範囲で、運動を取り入れるようにしましょう。中 [続きを読む]
  • 中性脂肪の基準値
  • 中性脂肪の基準値ですが、血液中の中性脂肪の値が150mg/dl以上となると「脂質異常症(高中性脂肪血症)」とされ、注意が必要です。中性脂肪の標準値は、男女、年齢によって変化しますが、およそ39〜149mg/dlが正常とされています。正常値は30〜149mg/dl異常値は29mg/dl以下または150mg/dl以上特に中性脂肪の値が150mg/dl以上の状態は危険値で、「高トリグリセリド血症」と呼ばれています。中性脂肪には、「〇mg/dlがちょうどいい [続きを読む]
  • 毎日の生活にちょっとした運動を取り入れる
  • 普段の生活に運動を取り入れる普段忙しくて、なかなか運動する時間が取れない方は、毎日の生活にちょっとした運動を取り入れることで、一日の消費カロリーをアップさせることができます。具体的には以下の方法があります。・エレベーター類を使わずに、階段を使用する。・電車通勤の場合は、一つ前から降りて、会社や家まで歩くようにする。・自転者通勤を行う。適度な運動には、ストレスを発散させる効果もあります。自分の生活ス [続きを読む]
  • 妊娠で増えた中性脂肪
  • 妊娠妊娠中は、お腹の赤ちゃんが主な栄養源として炭水化物が元であるグルコースを利用します。妊娠中の体は、母体分の栄養を蓄えるために、中性脂肪が合成されやすくなります。また妊娠で増えた中性脂肪は、出産後の赤ちゃんへ与える母乳の材料となるので、授乳中は増えた分の中性脂肪や体重は戻りやすくなります。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒  [続きを読む]
  • 中性脂肪を多く含まれる食品を避ける
  • 中性脂肪を多く含まれる食品を避ける油、糖質×脂肪が多く含まれるのは、「脂」が多い食品です。また、余分なエネルギーが中性脂肪になりますので、「糖分」が多い食品も避ける必要があります。中性脂肪値を上げる食品の代表例脂身の多い食品:トンカツ、ベーコン、うなぎ、マグロのとろ乳脂肪分が含まれるもの:バター、チーズ、生クリームケーキ糖分が多く含まれるもの:チョコレート、饅頭、プリン、甘味料が含まれたジュース、 [続きを読む]
  • 中性脂肪を生成を促すアルコールの摂取を控える
  • 中性脂肪を生成を促すアルコールの摂取を控える飲酒よく「飲酒が中性脂肪の原因だ」と言われますが、アルコール自体は、中性脂肪にはなりません。肝臓で分解されるアルコールは、肝臓がアルコール分解を優先するために、肝臓の脂肪酸を分解する力を奪ってしまいます。それに伴い、中性脂肪の前身である脂肪酸の蓄積が起こるという流れです。脂肪酸の蓄積が起こるのと同時に、脂肪酸から中性脂肪の合成を促進する酵素が働きだすので [続きを読む]
  • 妊娠中は中性脂肪が上がりすぎると、高血圧になりやすくなる
  • 妊娠中(20代〜40歳くらい)妊娠中は中性脂肪が上がりすぎると、高血圧になりやすくなるので、心臓や肺などの循環に負担がかかり、出産時のリスクが増す危険性があります。妊娠中も中性脂肪をきちんと管理しましょう。具体的食事方法妊娠中の体重増加は、胎児、胎盤や羊水分は7kg、脂肪分は3kgの合計10kg前後の増量が望ましいとされています。妊娠中に体重が増えすぎると、その分血中の中性脂肪も増える原因となり。妊娠中は10〜12 [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げる食品を摂る
  • 中性脂肪を下げる食品を摂る中性脂肪を下げる効果のある食品は、実は身近にたくさんあり、直接的に中性脂肪を下げるもの、中性脂肪の吸収を抑制するもの、中性脂肪の燃焼を助けるものなど様々な栄養素があります。中性脂肪が高い人は、食の好みや環境によってそれらの食品をあまり食べていない可能性があります。これらをおかずに一品取り入れてみたり、外食やお弁当を選ぶときにも気を付けていくと有効です。中性脂肪を下げる身近 [続きを読む]
  • 中性脂肪が高くなるいろいろな原因
  • 中性脂肪が高くなるいろいろな原因中性脂肪は、上に挙げたような食事、アルコールの摂取の仕方以外にも、次のような原因で高くなります。当てはまる人は改善していきましょう。中性脂肪が高い人の行動パターン肉の脂身が好きで、とんかつや焼き肉をよく食べるアルコールを頻繁に飲む。特に酔っぱらうまで飲んでしまうお腹がいっぱいになるまで食べる甘い飲み物をよく飲むおやつをよく食べる、寝る前にアイスを食べるなど間食がやめ [続きを読む]
  • 一日の最低限の必要なエネルギーである基礎代謝
  • 具体的食事方法一日の最低限の必要なエネルギーである基礎代謝は、20歳をピークに徐々に下がっていきます。普段食べ過ぎてなくても、若い頃を同じボリュームの食事を取り続ければ、体重が増え、中性脂肪の値も高くなります。食事メニューは和食中心に和食は栄養バランスの取れた理想的な食事と言われています。洋風のおかずは、脂質が多く、その分カロリーも高くなります。脂っこい食べ物や揚げ物などは、たまに楽しむ程度にして、 [続きを読む]
  • 中性脂肪を減らす効果が高い成分
  • 中性脂肪を減らす効果が高い成分として注目されているのがアジやサバなど背中が青い魚に含まれるDHAとEPAという成分です。最近ではテレビや雑誌で頻繁に取り上げられるのでご存じの方も多いと思います。日頃から意識して魚を多く食べる食生活に切り替えるだけでも有効です。劇的な即効性はないので、長期的に魚中心の食生活に切り替える必要があります。それだけでも効果的なのですが、さらにもう一歩踏み込んだ中性脂肪対策として [続きを読む]
  • 一日の最低限の必要なエネルギーである基礎代謝
  • 具体的食事方法一日の最低限の必要なエネルギーである基礎代謝は、20歳をピークに徐々に下がっていきます。普段食べ過ぎてなくても、若い頃を同じボリュームの食事を取り続ければ、体重が増え、中性脂肪の値も高くなります。食事メニューは和食中心に和食は栄養バランスの取れた理想的な食事と言われています。洋風のおかずは、脂質が多く、その分カロリーも高くなります。脂っこい食べ物や揚げ物などは、たまに楽しむ程度にして、 [続きを読む]
  • 動脈硬化が引き起こす狭心症
  • 動脈硬化が引き起こす狭心症1964_70狭心症(きょうしんしょう)とは、動脈硬化等により、心臓の筋肉に酸素が行きとどかない重大な病気です。心臓の筋肉に酸素が行きとどかず、胸痛や胸部圧迫感等の症状が見られるものです。締め付けられるような胸の痛み、圧迫感が主な症状ですが他にも動機、不整脈、呼吸困難、嘔吐等の症状も見られます。動脈硬化によって、心臓の動脈が狭くなり、血液が十分に通らなくなるのです。狭心症の検査 [続きを読む]
  • 中性脂肪の値が高い場合の病気
  • 中性脂肪の値が高い場合の病気中性脂肪値が高い場合に引き起こされる病気は、大きく2つの系統に分かれます。①動脈硬化とそれによる病気中性脂肪による動脈硬化中性脂肪値が高い場合は、まずは「脂質異常症」と診断されます。脂質異常症になると、LDLコレステロールが増え、血管が硬くなっていく動脈硬化が進みます。そして、この動脈硬化が様々な重大な病気につながっていくことになります。動脈硬化が進むと、心筋梗塞、脳梗塞 [続きを読む]
  • 動脈硬化が引き起こす病気の一つ、間歇性跛行症
  • 間歇性跛行症動脈硬化が引き起こす病気の一つ、間歇性跛行症の原因には、神経によるものと血流によるものがあります。間歇性跛行症(かんけつせいはこうしょう)とは、5分から10分程度歩くと、足に痛みやしびれ、脱力などを感じて歩けなくなり、立ち止まってしばらく休むと歩くことができるようになりますが、歩くとまた足が痛くなる症状を繰り返すものです。間歇性跛行症の原因には2つあり、ひとつが神経の問題で発生する腰部脊柱 [続きを読む]
  • 脂肪を燃焼させるには
  • 脂肪を燃焼させるには1964_72走っていても、すぐに燃焼が始まるというわけではありません。大体20分から30分くらい経つと脂肪の燃焼が始まりますので、短い時間で苦しいと感じたら、ペースを落とすなどして、続けられる状況を作り出す必要があります。ここで重要なのが心拍数を上げつつ、継続出来る速さを掴む事が良いです。更に筋肉も増やしておく事で、脂肪を燃焼させやすい体も作る事ができます。中性脂肪値が高い方・食生活が [続きを読む]
  • ウォーキングは、誰でもしやすい有酸素運動の代表格
  • ウォーキングは、誰でもしやすい有酸素運動の代表格酸素をしっかりと取り入れることで、脂肪の燃焼効果を高めるという狙いのある有酸素運動。ウォーキング家でできるもの、外で行うもの、特別な器具が必要なものとありますが、やはり一番一般的なのはウォーキングでしょうか。有酸素運動は、それがどんな運動形態だったとしてもできるだけ長く、息が上がらない程度の節度を保って行うことが大切です。時間でいえば、大体三十分ぐら [続きを読む]
  • 男性の中性脂肪が上がる原因
  • 男性の中性脂肪が上がる原因中性脂肪の上がる原因には、単純にエネルギー摂取量の過多、つまり食べ過ぎや飲み過ぎが原因になります。食事で摂った過剰分のエネルギーは肝臓にて中性脂肪に合成され、体の組織に蓄えられます。また、お酒に含まれるアルコールは、その分解過程で、中性脂肪の合成を促します。881_3働き盛りの世代である30代から60代の男性は、外食やお酒を飲む機会が多く、中性脂肪が高くなりやすいのです。また男性 [続きを読む]
  • 中性脂肪(ちゅうせいしぼう)とは
  • 中性脂肪(ちゅうせいしぼう)とは、人間の体を動かすエネルギー源となる物質で、別名「トリグリセリド(トリアシルグリセロール またはトリグリセライド)」と呼ばれ、健康診断の検査結果では「TG」等の記号で表示されています。主に食物から取得された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り、体内の生命維持活動に利用されますが、使い切れなかった余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。いわゆる、体についたぶよぶ [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げるには、有酸素運動・無酸素運動のどちらも有効
  • 有酸素運動をする中性脂肪を下げるには、有酸素運動・無酸素運動のどちらも有効です。「誰でもできる」にこだわった!インドア派でも続く中性脂肪を下げる有酸素運動・無酸素運動有酸素運動はウォーキングやジョギング、水泳、階段上り下りのような運動で、溜まった中性脂肪を消費するために行います。無酸素運動は短距離走や、ダンベル運動・スクワットといった筋肉トレーニングのような運動で、筋肉量を上げて基礎代謝を増やし、 [続きを読む]
  • 男性の中性脂肪が上がる原因
  • 男性の中性脂肪が上がる原因中性脂肪の上がる原因には、単純にエネルギー摂取量の過多、つまり食べ過ぎや飲み過ぎが原因になります。食事で摂った過剰分のエネルギーは肝臓にて中性脂肪に合成され、体の組織に蓄えられます。また、お酒に含まれるアルコールは、その分解過程で、中性脂肪の合成を促します。881_3働き盛りの世代である30代から60代の男性は、外食やお酒を飲む機会が多く、中性脂肪が高くなりやすいのです。また男性 [続きを読む]
  • 妊娠中は中性脂肪が上がりすぎると、高血圧になりやすくなる
  • 妊娠中(20代〜40歳くらい)妊娠中は中性脂肪が上がりすぎると、高血圧になりやすくなるので、心臓や肺などの循環に負担がかかり、出産時のリスクが増す危険性があります。妊娠中も中性脂肪をきちんと管理しましょう。具体的食事方法妊娠中の体重増加は、胎児、胎盤や羊水分は7kg、脂肪分は3kgの合計10kg前後の増量が望ましいとされています。妊娠中に体重が増えすぎると、その分血中の中性脂肪も増える原因となり。妊娠中は10〜12 [続きを読む]