中性脂肪を減らす理由 さん プロフィール

  •  
中性脂肪を減らす理由さん: 中性脂肪を減らす理由
ハンドル名中性脂肪を減らす理由 さん
ブログタイトル中性脂肪を減らす理由
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/c0p98dzi
サイト紹介文ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供810回 / 265日(平均21.4回/週) - 参加 2017/03/24 16:52

中性脂肪を減らす理由 さんのブログ記事

  • 食事は腹8分目まで
  • 食事は腹8分目まで食事を食べ終わっても、満腹感を得られず、ご飯をおかわりしてしまう方も多いと思います。ご飯のおかわり分はそれだけ、体にとって余分なエネルギーとなります。一口20回ずつよく噛み、食事を20分以上かけると、血糖値が上がることで、脳が満腹感を感じやすくなります。食事はゆっくり取り、腹8分目までにしましょう。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす [続きを読む]
  • 中性脂肪とは、肝臓や脂肪細胞に蓄えられたもの
  • 中性脂肪とは、摂取したエネルギーが体で消費されず余った場合に、肝臓や脂肪細胞に蓄えられたものです。本来は人体にとって必要不可欠なエネルギー源であり、体温を保ったり内臓を守ったりするクッションとしての役割もある重要な成分ですが、多すぎると動脈硬化を起こし、じわじわと進行してしまうと、動脈硬化の結果として脳卒中や心筋梗塞といった重大な病気を招いてしまう可能性もあります。中性脂肪の血液検査結果は、次のよ [続きを読む]
  • 献血についてくる血液検査サービスで中性脂肪はわかる?
  • 献血についてくる血液検査サービスで中性脂肪はわかる?→中性脂肪はチェックできません。日本赤十字社で献血をすると、無料で受けられる血液検査サービスがありますが、残念ながら中性脂肪(TG)は検査項目に含まれないようです。(日本赤十字社 検査項目のページより)中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、 [続きを読む]
  • 中性脂肪(ちゅうせいしぼう)とは
  • 中性脂肪(ちゅうせいしぼう)とは、人間の体を動かすエネルギー源となる物質で、別名「トリグリセリド(トリアシルグリセロール またはトリグリセライド)」と呼ばれ、健康診断の検査結果では「TG」等の記号で表示されています。主に食物から取得された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り、体内の生命維持活動に利用されますが、使い切れなかった余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。いわゆる、体についたぶよぶ [続きを読む]
  • 中性脂肪を多く含まれる食品を避ける
  • 中性脂肪を多く含まれる食品を避ける油、糖質×脂肪が多く含まれるのは、「脂」が多い食品です。また、余分なエネルギーが中性脂肪になりますので、「糖分」が多い食品も避ける必要があります。中性脂肪値を上げる食品の代表例脂身の多い食品:トンカツ、ベーコン、うなぎ、マグロのとろ乳脂肪分が含まれるもの:バター、チーズ、生クリームケーキ糖分が多く含まれるもの:チョコレート、饅頭、プリン、甘味料が含まれたジュース、 [続きを読む]
  • 脂肪を燃焼させる有酸素運動
  • 脂肪を燃焼させる有酸素運動脂肪を燃焼させるにはただ単に有酸素運動をするだけでは意味がなく、考えてしないと全く意味がないものとなってしまいます。脂肪を燃焼させる為には心拍数をある程度上げる必要があります。その為にウォーキングではなく、ランニングといった負荷を与えるものをする必要があります。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中性 [続きを読む]
  • 食事は腹8分目まで
  • 食事は腹8分目まで食事を食べ終わっても、満腹感を得られず、ご飯をおかわりしてしまう方も多いと思います。ご飯のおかわり分はそれだけ、体にとって余分なエネルギーとなります。一口20回ずつよく噛み、食事を20分以上かけると、血糖値が上がることで、脳が満腹感を感じやすくなります。食事はゆっくり取り、腹8分目までにしましょう。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす [続きを読む]
  • 脂肪を燃焼させる事毎日継続する事
  • 毎日継続する為に毎日継続して続ける為には、目標というのを決める必要があります。これは体重に対する目標でも良いですが、最近マラソンなども流行っているので、まずはマラソンを走るというのを目標にするのも良いです。そして、マラソンに完走が出来たらタイムというように、このような事を続けていれば楽しく、そして意欲的に走る事もできます。また、一人では中々継続が難しいので、多くの人と走る事で続けるのも楽しめます。 [続きを読む]
  • 脂肪を燃焼させる有酸素運動
  • 脂肪を燃焼させる有酸素運動脂肪を燃焼させるにはただ単に有酸素運動をするだけでは意味がなく、考えてしないと全く意味がないものとなってしまいます。脂肪を燃焼させる為には心拍数をある程度上げる必要があります。その為にウォーキングではなく、ランニングといった負荷を与えるものをする必要があります。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中性 [続きを読む]
  • ダンベル運動という無酸素運動で基礎代謝量をアップ
  • ダンベル運動という無酸素運動で基礎代謝量をアップ基礎代謝を上げるためにおすすめの無酸素運動に、ダンベル運動があります。ダンベル運動の目的は、筋肉量のアップです。筋肉量がアップすれば、その筋肉を動かすために体のエネルギーを使います。ですので、基礎代謝量がアップするわけです。最初は無理してはいけません。女性は0.5キログラムから1.0キログラムのダンベルを使いましょう。男性は1.5キログラブから2.0キログラムで [続きを読む]
  • 中性脂肪はどこでチェックできる?
  • 中性脂肪はどこでチェックできる?→職場や自治体の健康診断が中心です。 健康診断で採決を受けるのが最も安く済みます。自覚症状や医師の判断があれば、健康診断のタイミング以外でも採血を行うことがあり、その場合は主に内科での検査となります。詳しくは中性脂肪の検査とは?健康診断や病院での検査の受け方中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中 [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げる運動方法
  • 中性脂肪を下げる運動方法中性脂肪値を下げるには、食事によって余分に摂取したエネルギーを消費させる必要があります。脂肪を効率よく燃やすには、有酸素運動が有効です。運動は、一週間分をまとめて行うよりも、日々行う方が効果的とされています。中性脂肪の値を下げるために、毎日30分程度の運動を取り入れましょう。以下に、生活に運動を取り入れる具体的な方法を挙げていきます。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒 [続きを読む]
  • ウォーキングは、誰でもしやすい有酸素運動の代表格
  • ウォーキングは、誰でもしやすい有酸素運動の代表格酸素をしっかりと取り入れることで、脂肪の燃焼効果を高めるという狙いのある有酸素運動。ウォーキング家でできるもの、外で行うもの、特別な器具が必要なものとありますが、やはり一番一般的なのはウォーキングでしょうか。有酸素運動は、それがどんな運動形態だったとしてもできるだけ長く、息が上がらない程度の節度を保って行うことが大切です。時間でいえば、大体三十分ぐら [続きを読む]
  • 中性脂肪とは、肝臓や脂肪細胞に蓄えられたもの
  • 中性脂肪とは、摂取したエネルギーが体で消費されず余った場合に、肝臓や脂肪細胞に蓄えられたものです。本来は人体にとって必要不可欠なエネルギー源であり、体温を保ったり内臓を守ったりするクッションとしての役割もある重要な成分ですが、多すぎると動脈硬化を起こし、じわじわと進行してしまうと、動脈硬化の結果として脳卒中や心筋梗塞といった重大な病気を招いてしまう可能性もあります。中性脂肪の血液検査結果は、次のよ [続きを読む]
  • 中性脂肪(TG)値が高い場合は、脂質異常症
  • 中性脂肪(TG)値が高い場合は、脂質異常症脂質異常症(以前の名称「高脂血症」)は、血液中の中性脂肪やコレステロールが必要以上に増えすぎた病気です。高脂血症とは、血液に溶け込んでいる中性脂肪やコレステロールの量が過剰な状態をいいます。このうち一つでも当てはまれば、脂質異常症(高脂血症)と診断されます。中性脂肪値が高い場合は、高トリグリセライド血症と呼ばれます。脂質異常症は、遺伝的要素をはじめ、運動不足 [続きを読む]
  • ステッパー運動で効率的に中性脂肪値を下げるための方法
  • ステッパー運動で効率的に中性脂肪値を下げるための方法ステッパーステッパーを使用した有酸素運動は、日常的に行う事によって、適宜な心拍数の上昇を促し、中性脂肪値を下げるのにとても有効であるということが実証されています。ステッパーなどの有酸素運動により、心拍数を高める事で血液の循環を促進し、体全体の細胞の隅々に充分な酸素が送り込まれます。そうすると体内の酸素の血中濃度が高まることで、余分な中性脂肪が組織 [続きを読む]
  • 妊娠で増えた中性脂肪
  • 妊娠妊娠中は、お腹の赤ちゃんが主な栄養源として炭水化物が元であるグルコースを利用します。妊娠中の体は、母体分の栄養を蓄えるために、中性脂肪が合成されやすくなります。また妊娠で増えた中性脂肪は、出産後の赤ちゃんへ与える母乳の材料となるので、授乳中は増えた分の中性脂肪や体重は戻りやすくなります。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒  [続きを読む]
  • サプリを併用すると中性脂肪は早く確実に下げられる!
  • サプリを併用すると中性脂肪は早く確実に下げられる!青魚に含まれるDHA・EPAという成分はご存じですか?サプリを併用すると中性脂肪は早く確実に下げられる!!実は青魚のDHAとEPAには中性脂肪を効果的に下げてくれる効果があると話題の健康成分です。食生活で青魚を意識して食べるようにするのと共に、DHAとEPAが配合されたサプリメントを併用するのがより早く確実に下げるためのコツです。しかしDHA・EPAサプリならなんでも良いと [続きを読む]
  • サプリを併用すると中性脂肪は早く確実に下げられる!
  • サプリを併用すると中性脂肪は早く確実に下げられる!青魚に含まれるDHA・EPAという成分はご存じですか?サプリを併用すると中性脂肪は早く確実に下げられる!!実は青魚のDHAとEPAには中性脂肪を効果的に下げてくれる効果があると話題の健康成分です。食生活で青魚を意識して食べるようにするのと共に、DHAとEPAが配合されたサプリメントを併用するのがより早く確実に下げるためのコツです。しかしDHA・EPAサプリならなんでも良いと [続きを読む]
  • 中性脂肪(TG)値が高い場合は、脂質異常症
  • 中性脂肪(TG)値が高い場合は、脂質異常症脂質異常症(以前の名称「高脂血症」)は、血液中の中性脂肪やコレステロールが必要以上に増えすぎた病気です。高脂血症とは、血液に溶け込んでいる中性脂肪やコレステロールの量が過剰な状態をいいます。このうち一つでも当てはまれば、脂質異常症(高脂血症)と診断されます。中性脂肪値が高い場合は、高トリグリセライド血症と呼ばれます。脂質異常症は、遺伝的要素をはじめ、運動不足 [続きを読む]
  • 食事は腹8分目まで
  • 食事は腹8分目まで食事を食べ終わっても、満腹感を得られず、ご飯をおかわりしてしまう方も多いと思います。ご飯のおかわり分はそれだけ、体にとって余分なエネルギーとなります。一口20回ずつよく噛み、食事を20分以上かけると、血糖値が上がることで、脳が満腹感を感じやすくなります。食事はゆっくり取り、腹8分目までにしましょう。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす [続きを読む]
  • 動脈硬化が引き起こす狭心症
  • 動脈硬化が引き起こす狭心症1964_70狭心症(きょうしんしょう)とは、動脈硬化等により、心臓の筋肉に酸素が行きとどかない重大な病気です。心臓の筋肉に酸素が行きとどかず、胸痛や胸部圧迫感等の症状が見られるものです。締め付けられるような胸の痛み、圧迫感が主な症状ですが他にも動機、不整脈、呼吸困難、嘔吐等の症状も見られます。動脈硬化によって、心臓の動脈が狭くなり、血液が十分に通らなくなるのです。狭心症の検査 [続きを読む]
  • アルコールが中性脂肪値を上げるのは何故?
  • アルコールが中性脂肪値を上げるのは何故?よく中性脂肪値を低下させるためには、「節酒」「禁酒」と言われます。飲酒お酒には、糖分が含まれていますので、飲酒によって中性脂肪が増えることは増えますが、アルコールが直接、中性脂肪になるわけではありません。アルコールは、肝臓で水と二酸化炭素に分解されますが、その分解過程で、中世脂肪の合成を促す酵素を発生させてしまいます。このために中性脂肪が増えるということにな [続きを読む]
  • 中性脂肪だけ低いが悪玉コレステロールは高い。
  • 中性脂肪だけ低いが悪玉コレステロールは高い。どうしたらいい?→痩せ型の人に多いです。対策が必要です。 脂肪の貯えが少なくても、血管壁に悪玉コレステロールがへばりつきやすい体質の人がいます。コレステロールを下げる食物繊維や、動脈硬化を防ぐポリフェノールなどを積極的に摂って動脈硬化を防ぎましょう。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ [続きを読む]