中性脂肪を減らす理由 さん プロフィール

  •  
中性脂肪を減らす理由さん: 中性脂肪を減らす理由
ハンドル名中性脂肪を減らす理由 さん
ブログタイトル中性脂肪を減らす理由
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/c0p98dzi
サイト紹介文ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1198回 / 365日(平均23.0回/週) - 参加 2017/03/24 16:52

中性脂肪を減らす理由 さんのブログ記事

  • 血管が固まっていく動脈硬化
  • 血管が固まっていく動脈硬化脂質異常症が、動脈硬化を早めます。動脈とは、心臓から送り出される酸素をたくさん含んだ血液の通り道です。体の隅々までに酸素を運ぶ役割のある動脈が、加齢とともに柔軟性を失い硬くなっていくのですが、これを動脈硬化といいます。動脈硬化を引き起こす要因は老化現象だと言われていますが、中性脂肪により更に動脈硬化の症状を加速させてしまいます。中性脂肪は、直接動脈硬化を引き起こすわけであ [続きを読む]
  • サプリを併用すると中性脂肪は早く確実に下げられる!
  • サプリを併用すると中性脂肪は早く確実に下げられる!青魚に含まれるDHA・EPAという成分はご存じですか?サプリを併用すると中性脂肪は早く確実に下げられる!!実は青魚のDHAとEPAには中性脂肪を効果的に下げてくれる効果があると話題の健康成分です。食生活で青魚を意識して食べるようにするのと共に、DHAとEPAが配合されたサプリメントを併用するのがより早く確実に下げるためのコツです。しかしDHA・EPAサプリならなんでも良いと [続きを読む]
  • アルコールが中性脂肪値を上げるのは何故?
  • アルコールが中性脂肪値を上げるのは何故?よく中性脂肪値を低下させるためには、「節酒」「禁酒」と言われます。飲酒お酒には、糖分が含まれていますので、飲酒によって中性脂肪が増えることは増えますが、アルコールが直接、中性脂肪になるわけではありません。アルコールは、肝臓で水と二酸化炭素に分解されますが、その分解過程で、中世脂肪の合成を促す酵素を発生させてしまいます。このために中性脂肪が増えるということにな [続きを読む]
  • 脂肪を燃焼させる事毎日継続する事
  • 毎日継続する為に毎日継続して続ける為には、目標というのを決める必要があります。これは体重に対する目標でも良いですが、最近マラソンなども流行っているので、まずはマラソンを走るというのを目標にするのも良いです。そして、マラソンに完走が出来たらタイムというように、このような事を続けていれば楽しく、そして意欲的に走る事もできます。また、一人では中々継続が難しいので、多くの人と走る事で続けるのも楽しめます。 [続きを読む]
  • 動を一人で行うのが難しい人は、スポーツジムなどに通う
  • ジムに通う運動を一人で行うのが難しい人は、スポーツジムなどに通う方法があります。ジムによっては、様々なプログラムが用意されていたり、プールやトレーニング機器が豊富であったりと、飽きずに運動ができます。ただし、ジムの登録だけして、全く行かずに満足してしまったということのないよう注意してください。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ [続きを読む]
  • 健康診断でTG値が高い場合
  • 健康診断でTG値が高い場合は、内科医などへの診察を勧められると思います。なぜ中性脂肪は対策しなければならないのか解説します。もっとも大きな理由は、血中の中性脂肪が多いと動脈硬化が起こり、心臓や脳への取り返しのつかないリスクが生じてしまうからです。中性脂肪が高くなると、血液中の善玉コレステロール(HDLコレステロール)が減少してしまい、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増加してしまいます。中性脂肪 [続きを読む]
  • 中性脂肪はどこでチェックできる?
  • 中性脂肪はどこでチェックできる?→職場や自治体の健康診断が中心です。 健康診断で採決を受けるのが最も安く済みます。自覚症状や医師の判断があれば、健康診断のタイミング以外でも採血を行うことがあり、その場合は主に内科での検査となります。詳しくは中性脂肪の検査とは?健康診断や病院での検査の受け方中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中 [続きを読む]
  • アルコール量を減らす
  • アルコール量を減らすアルコールの飲み過ぎは、中性脂肪の値が高くなる原因となります。男性の方は特に、飲み会や晩酌などアルコールを飲む量が増える傾向にあります。毎日のアルコール量はビール缶一杯分と決め、お酒を飲み過ぎないようにしましょう。中性脂肪が高くてもビールが飲みたいとき、糖質オフを選んだ方がいい?また、一週間のうちに休肝日を設けるようにしましょう。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく [続きを読む]
  • アルコールが中性脂肪値を上げるのは何故?
  • アルコールが中性脂肪値を上げるのは何故?よく中性脂肪値を低下させるためには、「節酒」「禁酒」と言われます。飲酒お酒には、糖分が含まれていますので、飲酒によって中性脂肪が増えることは増えますが、アルコールが直接、中性脂肪になるわけではありません。アルコールは、肝臓で水と二酸化炭素に分解されますが、その分解過程で、中世脂肪の合成を促す酵素を発生させてしまいます。このために中性脂肪が増えるということにな [続きを読む]
  • 中性脂肪(ちゅうせいしぼう)とは
  • 中性脂肪(ちゅうせいしぼう)とは、人間の体を動かすエネルギー源となる物質で、別名「トリグリセリド(トリアシルグリセロール またはトリグリセライド)」と呼ばれ、健康診断の検査結果では「TG」等の記号で表示されています。主に食物から取得された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り、体内の生命維持活動に利用されますが、使い切れなかった余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。いわゆる、体についたぶよぶ [続きを読む]
  • 中性脂肪はどこでチェックできる?
  • 中性脂肪はどこでチェックできる?→職場や自治体の健康診断が中心です。 健康診断で採決を受けるのが最も安く済みます。自覚症状や医師の判断があれば、健康診断のタイミング以外でも採血を行うことがあり、その場合は主に内科での検査となります。詳しくは中性脂肪の検査とは?健康診断や病院での検査の受け方中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中 [続きを読む]
  • 中性脂肪(TG)値が高い場合は、脂質異常症
  • 中性脂肪(TG)値が高い場合は、脂質異常症脂質異常症(以前の名称「高脂血症」)は、血液中の中性脂肪やコレステロールが必要以上に増えすぎた病気です。高脂血症とは、血液に溶け込んでいる中性脂肪やコレステロールの量が過剰な状態をいいます。このうち一つでも当てはまれば、脂質異常症(高脂血症)と診断されます。中性脂肪値が高い場合は、高トリグリセライド血症と呼ばれます。脂質異常症は、遺伝的要素をはじめ、運動不足 [続きを読む]
  • 脂肪を燃焼させる事毎日継続する事
  • 毎日継続する為に毎日継続して続ける為には、目標というのを決める必要があります。これは体重に対する目標でも良いですが、最近マラソンなども流行っているので、まずはマラソンを走るというのを目標にするのも良いです。そして、マラソンに完走が出来たらタイムというように、このような事を続けていれば楽しく、そして意欲的に走る事もできます。また、一人では中々継続が難しいので、多くの人と走る事で続けるのも楽しめます。 [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げるには、有酸素運動・無酸素運動のどちらも有効
  • 有酸素運動をする中性脂肪を下げるには、有酸素運動・無酸素運動のどちらも有効です。「誰でもできる」にこだわった!インドア派でも続く中性脂肪を下げる有酸素運動・無酸素運動有酸素運動はウォーキングやジョギング、水泳、階段上り下りのような運動で、溜まった中性脂肪を消費するために行います。無酸素運動は短距離走や、ダンベル運動・スクワットといった筋肉トレーニングのような運動で、筋肉量を上げて基礎代謝を増やし、 [続きを読む]
  • 中性脂肪が多くなると脂肪肝
  • 中性脂肪は肝臓で合成されますが、中性脂肪が多くなると脂肪肝、いわゆるフォアグラのような状態になっていきます。こうなると肝臓の機能(肝機能)が低下し、肝硬変や肝臓がんに移行する可能性が高くなります。「肝臓の病気」というとアルコールが原因のように思われますが、上記のように中性脂肪が原因になる場合もあります。肝臓の病気は、食べ過ぎでの肥満、炭水化物や糖分の摂りすぎによっても引き起こされる可能性がある、と [続きを読む]
  • 中性脂肪が上がる原因
  • 中性脂肪が上がる原因中性脂肪が高い人は、ほとんどの場合、食生活と運動習慣に問題があります。だめとわかっていても揚げ物や焼き肉が大好きおなかいっぱいまで食べるのが幸せなんとなくおやつを食べたり、甘いものを飲みたくなったりしてしまう最低限の移動以外の運動を特にしていない外食やコンビニが多く、自炊をあまりしないお酒を酔っぱらうまで飲む夕食を食べるのが深夜になってしまうといった項目に当てはまる人は、中性脂 [続きを読む]
  • 健康診断でTG値が高い場合
  • 健康診断でTG値が高い場合は、内科医などへの診察を勧められると思います。なぜ中性脂肪は対策しなければならないのか解説します。もっとも大きな理由は、血中の中性脂肪が多いと動脈硬化が起こり、心臓や脳への取り返しのつかないリスクが生じてしまうからです。中性脂肪が高くなると、血液中の善玉コレステロール(HDLコレステロール)が減少してしまい、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増加してしまいます。中性脂肪 [続きを読む]
  • 心筋梗塞は血中脂質の中性脂肪で
  • 心筋梗塞心筋梗塞の原因は、動脈硬化が進行し、血管内のプラーク脂肪などの、固まりが破れて血栓ができてしまうことです。血中脂質の中性脂肪が150mg/dl以上、LDLコレステロールが140mg/dl以上、HDLコレステロールが40mg/dl以下で、血圧は最高血圧が140/最低血圧90以上であるかで動脈硬化のリスクが高くなります。心筋梗塞の検査では、心電図、血液検査、心筋逸脱酵素で調べます。心電図のST上昇や数時間後の異常なQ波の出 [続きを読む]
  • 脂肪を燃焼させるには
  • 脂肪を燃焼させるには1964_72走っていても、すぐに燃焼が始まるというわけではありません。大体20分から30分くらい経つと脂肪の燃焼が始まりますので、短い時間で苦しいと感じたら、ペースを落とすなどして、続けられる状況を作り出す必要があります。ここで重要なのが心拍数を上げつつ、継続出来る速さを掴む事が良いです。更に筋肉も増やしておく事で、脂肪を燃焼させやすい体も作る事ができます。中性脂肪値が高い方・食生活が [続きを読む]
  • ダンベル運動という無酸素運動で基礎代謝量をアップ
  • ダンベル運動という無酸素運動で基礎代謝量をアップ基礎代謝を上げるためにおすすめの無酸素運動に、ダンベル運動があります。ダンベル運動の目的は、筋肉量のアップです。筋肉量がアップすれば、その筋肉を動かすために体のエネルギーを使います。ですので、基礎代謝量がアップするわけです。最初は無理してはいけません。女性は0.5キログラムから1.0キログラムのダンベルを使いましょう。男性は1.5キログラブから2.0キログラムで [続きを読む]
  • 中性脂肪が引き起こす脂肪肝
  • 中性脂肪が引き起こす脂肪肝脂肪肝とは中性脂肪が溜まりすぎている病気です。脂肪肝にかかっている場合でも、自覚症状は、殆どありません。したがって、脂肪肝は血液検査で見つけるしか無く、基本的には血液検査のGOT、GPT、r−GTPの値が高いと脂肪肝であると判定されます。ただ、脂肪肝であるにもかかわらず、これらの値は正常なこともあり、超音波検査やCT検査によって初めて脂肪肝と分かることもあります。アルコール [続きを読む]
  • 健康診断でTG値が高い場合
  • 健康診断でTG値が高い場合は、内科医などへの診察を勧められると思います。なぜ中性脂肪は対策しなければならないのか解説します。もっとも大きな理由は、血中の中性脂肪が多いと動脈硬化が起こり、心臓や脳への取り返しのつかないリスクが生じてしまうからです。中性脂肪が高くなると、血液中の善玉コレステロール(HDLコレステロール)が減少してしまい、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増加してしまいます。中性脂肪 [続きを読む]
  • 一日の最低限の必要なエネルギーである基礎代謝
  • 具体的食事方法一日の最低限の必要なエネルギーである基礎代謝は、20歳をピークに徐々に下がっていきます。普段食べ過ぎてなくても、若い頃を同じボリュームの食事を取り続ければ、体重が増え、中性脂肪の値も高くなります。食事メニューは和食中心に和食は栄養バランスの取れた理想的な食事と言われています。洋風のおかずは、脂質が多く、その分カロリーも高くなります。脂っこい食べ物や揚げ物などは、たまに楽しむ程度にして、 [続きを読む]
  • 献血についてくる血液検査サービスで中性脂肪はわかる?
  • 献血についてくる血液検査サービスで中性脂肪はわかる?→中性脂肪はチェックできません。日本赤十字社で献血をすると、無料で受けられる血液検査サービスがありますが、残念ながら中性脂肪(TG)は検査項目に含まれないようです。(日本赤十字社 検査項目のページより)中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、 [続きを読む]