中性脂肪を減らす理由 さん プロフィール

  •  
中性脂肪を減らす理由さん: 中性脂肪を減らす理由
ハンドル名中性脂肪を減らす理由 さん
ブログタイトル中性脂肪を減らす理由
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/c0p98dzi
サイト紹介文ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1502回 / 365日(平均28.8回/週) - 参加 2017/03/24 16:52

中性脂肪を減らす理由 さんのブログ記事

  • ウォーキングをサウナスーツ、脂肪を燃やす運動としては、逆効果
  • ウォーキングをサウナスーツで行う人がいますが、脂肪を燃やす運動としては、逆効果なので気をつけましょう。体の温度を上げすぎると、脂肪分解酵素が働きにくくなることからそういわれるのですが、水分補給をこまめにしなくても同じような症状になります。運動後三十分間のシャワーやお風呂も、適正な体温を変動させてしまうので、控えるようにしてください。運動を長く続ける動機付けとしては日記がおすすめです。その日の体調と [続きを読む]
  • 中性脂肪イコール悪者ではありません
  • 中性脂肪は生きていくために必要な体のエネルギー源なので、中性脂肪イコール悪者ではありません。しかし、血中の中性脂肪値が高すぎると「脂質異常症」という状態になり、全身の血管の動脈硬化が進む原因となります。動脈硬化はサイレントキラーと呼ばれる危険因子ですので、若いうちから積極的に中性脂肪対策をしていく必要があります。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす [続きを読む]
  • 血管が固まっていく動脈硬化
  • 血管が固まっていく動脈硬化脂質異常症が、動脈硬化を早めます。動脈とは、心臓から送り出される酸素をたくさん含んだ血液の通り道です。体の隅々までに酸素を運ぶ役割のある動脈が、加齢とともに柔軟性を失い硬くなっていくのですが、これを動脈硬化といいます。動脈硬化を引き起こす要因は老化現象だと言われていますが、中性脂肪により更に動脈硬化の症状を加速させてしまいます。中性脂肪は、直接動脈硬化を引き起こすわけであ [続きを読む]
  • 妊娠で増えた中性脂肪
  • 妊娠妊娠中は、お腹の赤ちゃんが主な栄養源として炭水化物が元であるグルコースを利用します。妊娠中の体は、母体分の栄養を蓄えるために、中性脂肪が合成されやすくなります。また妊娠で増えた中性脂肪は、出産後の赤ちゃんへ与える母乳の材料となるので、授乳中は増えた分の中性脂肪や体重は戻りやすくなります。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒  [続きを読む]
  • 毎日の生活にちょっとした運動を取り入れる
  • 普段の生活に運動を取り入れる普段忙しくて、なかなか運動する時間が取れない方は、毎日の生活にちょっとした運動を取り入れることで、一日の消費カロリーをアップさせることができます。具体的には以下の方法があります。・エレベーター類を使わずに、階段を使用する。・電車通勤の場合は、一つ前から降りて、会社や家まで歩くようにする。・自転者通勤を行う。適度な運動には、ストレスを発散させる効果もあります。自分の生活ス [続きを読む]
  • 中性脂肪はどこでチェックできる?
  • 中性脂肪はどこでチェックできる?→職場や自治体の健康診断が中心です。 健康診断で採決を受けるのが最も安く済みます。自覚症状や医師の判断があれば、健康診断のタイミング以外でも採血を行うことがあり、その場合は主に内科での検査となります。詳しくは中性脂肪の検査とは?健康診断や病院での検査の受け方中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中 [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げる運動方法
  • 中性脂肪を下げる運動方法中性脂肪値を下げるには、食事によって余分に摂取したエネルギーを消費させる必要があります。脂肪を効率よく燃やすには、有酸素運動が有効です。運動は、一週間分をまとめて行うよりも、日々行う方が効果的とされています。中性脂肪の値を下げるために、毎日30分程度の運動を取り入れましょう。以下に、生活に運動を取り入れる具体的な方法を挙げていきます。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒 [続きを読む]
  • 中性脂肪が多くなると脂肪肝
  • 中性脂肪は肝臓で合成されますが、中性脂肪が多くなると脂肪肝、いわゆるフォアグラのような状態になっていきます。こうなると肝臓の機能(肝機能)が低下し、肝硬変や肝臓がんに移行する可能性が高くなります。「肝臓の病気」というとアルコールが原因のように思われますが、上記のように中性脂肪が原因になる場合もあります。肝臓の病気は、食べ過ぎでの肥満、炭水化物や糖分の摂りすぎによっても引き起こされる可能性がある、と [続きを読む]
  • 中性脂肪が引き起こす脂肪肝
  • 中性脂肪が引き起こす脂肪肝脂肪肝とは中性脂肪が溜まりすぎている病気です。脂肪肝にかかっている場合でも、自覚症状は、殆どありません。したがって、脂肪肝は血液検査で見つけるしか無く、基本的には血液検査のGOT、GPT、r−GTPの値が高いと脂肪肝であると判定されます。ただ、脂肪肝であるにもかかわらず、これらの値は正常なこともあり、超音波検査やCT検査によって初めて脂肪肝と分かることもあります。アルコール [続きを読む]
  • 動脈硬化が引き起こす病気の一つ、間歇性跛行症
  • 間歇性跛行症動脈硬化が引き起こす病気の一つ、間歇性跛行症の原因には、神経によるものと血流によるものがあります。間歇性跛行症(かんけつせいはこうしょう)とは、5分から10分程度歩くと、足に痛みやしびれ、脱力などを感じて歩けなくなり、立ち止まってしばらく休むと歩くことができるようになりますが、歩くとまた足が痛くなる症状を繰り返すものです。間歇性跛行症の原因には2つあり、ひとつが神経の問題で発生する腰部脊柱 [続きを読む]
  • 中性脂肪イコール悪者ではありません
  • 中性脂肪は生きていくために必要な体のエネルギー源なので、中性脂肪イコール悪者ではありません。しかし、血中の中性脂肪値が高すぎると「脂質異常症」という状態になり、全身の血管の動脈硬化が進む原因となります。動脈硬化はサイレントキラーと呼ばれる危険因子ですので、若いうちから積極的に中性脂肪対策をしていく必要があります。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす [続きを読む]
  • アルコール量を減らす
  • アルコール量を減らすアルコールの飲み過ぎは、中性脂肪の値が高くなる原因となります。男性の方は特に、飲み会や晩酌などアルコールを飲む量が増える傾向にあります。毎日のアルコール量はビール缶一杯分と決め、お酒を飲み過ぎないようにしましょう。中性脂肪が高くてもビールが飲みたいとき、糖質オフを選んだ方がいい?また、一週間のうちに休肝日を設けるようにしましょう。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げる食事方法
  • 中性脂肪を下げる食事方法昼食にはお弁当を持参する会社で働いている男性の方は、外食する機会が増えます。外食や出来合いの食べ物は塩分や脂質が高く、中性脂肪の値が高くなる原因になります。昼食にお弁当を持参することで、バランスの取れた食事にできます。外食メニューの選び方を工夫する社員定食や外食する機会がある場合は、丼ものなどの一品メニューや揚げ物メニューではなく、栄養バランスが取りやすい定食メニューを選ぶ [続きを読む]
  • 中性脂肪の値が低い場合の病気
  • 中性脂肪の値が低い場合の病気中性脂肪は、生命維持活動に必要な栄養ですので、この値が少なすぎても逆に不健康です。栄養素が足りない状態なので、細胞を作ることができなくなり、中性脂肪が高い場合と同様、今度は栄養素不足で動脈硬化になる可能性があります。(栄養欠乏による動脈硬化)めまいや片頭痛を引き起こすこともあります。また、極端にTG値が低い場合には、肝臓や腎臓の機能低下や、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)な [続きを読む]
  • 中性脂肪(TG)値が低い場合は、低中性脂肪血症
  • 中性脂肪(TG)値が低い場合は、低中性脂肪血症中性脂肪は、生命維持活動に必要な細胞や血管を構築するための栄養素になりますので、少なすぎても問題になります。偏頭痛や目まいなどが起こる場合もありますが、通常、基準値以下でも普通の生活している場合であれば、問題ありません。ただし、ホルモンのバランスが崩れる甲状腺機能亢進症という病気になっている場合や、肝臓の病気になっている場合もありますので、その辺りは注意 [続きを読む]
  • 動脈硬化が引き起こす狭心症
  • 動脈硬化が引き起こす狭心症1964_70狭心症(きょうしんしょう)とは、動脈硬化等により、心臓の筋肉に酸素が行きとどかない重大な病気です。心臓の筋肉に酸素が行きとどかず、胸痛や胸部圧迫感等の症状が見られるものです。締め付けられるような胸の痛み、圧迫感が主な症状ですが他にも動機、不整脈、呼吸困難、嘔吐等の症状も見られます。動脈硬化によって、心臓の動脈が狭くなり、血液が十分に通らなくなるのです。狭心症の検査 [続きを読む]
  • 男性の中性脂肪が上がる原因
  • 男性の中性脂肪が上がる原因中性脂肪の上がる原因には、単純にエネルギー摂取量の過多、つまり食べ過ぎや飲み過ぎが原因になります。食事で摂った過剰分のエネルギーは肝臓にて中性脂肪に合成され、体の組織に蓄えられます。また、お酒に含まれるアルコールは、その分解過程で、中性脂肪の合成を促します。881_3働き盛りの世代である30代から60代の男性は、外食やお酒を飲む機会が多く、中性脂肪が高くなりやすいのです。また男性 [続きを読む]
  • 中性脂肪が上がる原因
  • 中性脂肪が上がる原因中性脂肪が高い人は、ほとんどの場合、食生活と運動習慣に問題があります。だめとわかっていても揚げ物や焼き肉が大好きおなかいっぱいまで食べるのが幸せなんとなくおやつを食べたり、甘いものを飲みたくなったりしてしまう最低限の移動以外の運動を特にしていない外食やコンビニが多く、自炊をあまりしないお酒を酔っぱらうまで飲む夕食を食べるのが深夜になってしまうといった項目に当てはまる人は、中性脂 [続きを読む]
  • 中性脂肪とは、肝臓や脂肪細胞に蓄えられたもの
  • 中性脂肪とは、摂取したエネルギーが体で消費されず余った場合に、肝臓や脂肪細胞に蓄えられたものです。本来は人体にとって必要不可欠なエネルギー源であり、体温を保ったり内臓を守ったりするクッションとしての役割もある重要な成分ですが、多すぎると動脈硬化を起こし、じわじわと進行してしまうと、動脈硬化の結果として脳卒中や心筋梗塞といった重大な病気を招いてしまう可能性もあります。中性脂肪の血液検査結果は、次のよ [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げる運動方法
  • 中性脂肪を下げる運動方法中性脂肪値を下げるには、食事によって余分に摂取したエネルギーを消費させる必要があります。脂肪を効率よく燃やすには、有酸素運動が有効です。運動は、一週間分をまとめて行うよりも、日々行う方が効果的とされています。中性脂肪の値を下げるために、毎日30分程度の運動を取り入れましょう。以下に、生活に運動を取り入れる具体的な方法を挙げていきます。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒 [続きを読む]
  • 中性脂肪はどこでチェックできる?
  • 中性脂肪はどこでチェックできる?→職場や自治体の健康診断が中心です。 健康診断で採決を受けるのが最も安く済みます。自覚症状や医師の判断があれば、健康診断のタイミング以外でも採血を行うことがあり、その場合は主に内科での検査となります。詳しくは中性脂肪の検査とは?健康診断や病院での検査の受け方中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中 [続きを読む]
  • 運度や食生活の改善は中性脂肪を落とすためには大切です。
  • 運度や食生活の改善は中性脂肪を落とすためには大切です。しかし、毎日となるとなかなか実行できないというのが本音ではないでしょうか。あまり自分だけでがんばりすぎずにサプリメントの力を借りるのも無理なく上手に下げるためのコツです。DHAは安全性が高い成分なので積極的にサプリメントで摂っても副作用の心配もありません。中性脂肪を下げるには、食生活を変えたり運動を始めたりといった、生活を変える決心が必要です。で [続きを読む]
  • 中性脂肪は低い、でも血糖値は高い原因は?改善策は?
  • 中性脂肪は低い、でも血糖値は高い原因は?改善策は?→病院への相談が確実です。中性脂肪が低いとのことで、肝臓や脂肪細胞に蓄えられている脂肪分が少ないだろうと考えられますが、血糖値が高い状態が長く続くと糖尿病のリスクが上がります。体質的に血糖値が上がりやすい人もいますので、自分に合った方法を病院で相談するのがいいと思います。身近な方法では、低GI食品を選ぶ野菜から先に食べ始め、ごはんは最後にするといった [続きを読む]