中性脂肪を減らす理由 さん プロフィール

  •  
中性脂肪を減らす理由さん: 中性脂肪を減らす理由
ハンドル名中性脂肪を減らす理由 さん
ブログタイトル中性脂肪を減らす理由
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/c0p98dzi
サイト紹介文ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1440回 / 365日(平均27.6回/週) - 参加 2017/03/24 16:52

中性脂肪を減らす理由 さんのブログ記事

  • 中性脂肪が高くなるいろいろな原因
  • 中性脂肪が高くなるいろいろな原因中性脂肪は、上に挙げたような食事、アルコールの摂取の仕方以外にも、次のような原因で高くなります。当てはまる人は改善していきましょう。中性脂肪が高い人の行動パターン肉の脂身が好きで、とんかつや焼き肉をよく食べるアルコールを頻繁に飲む。特に酔っぱらうまで飲んでしまうお腹がいっぱいになるまで食べる甘い飲み物をよく飲むおやつをよく食べる、寝る前にアイスを食べるなど間食がやめ [続きを読む]
  • 中性脂肪が増える仕組み
  • 中性脂肪が増える仕組み生命維持に必要なエネルギーとして「炭水化物」「タンパク質」「脂質」が挙げられます。それぞれ体のエネルギー源になるのですが、エネルギーの消費量以上に摂取すると、最終的に中性脂肪として蓄えられてしまいます。ここでは、食べ物が中性脂肪になる流れを簡単に解説します。炭水化物(糖質)炭水化物は、腸内で消化されてブドウ糖となり、筋肉や脳のエネルギーになります。ブドウ糖が余るとグリコーゲン [続きを読む]
  • 中性脂肪が多くなると脂肪肝
  • 中性脂肪は肝臓で合成されますが、中性脂肪が多くなると脂肪肝、いわゆるフォアグラのような状態になっていきます。こうなると肝臓の機能(肝機能)が低下し、肝硬変や肝臓がんに移行する可能性が高くなります。「肝臓の病気」というとアルコールが原因のように思われますが、上記のように中性脂肪が原因になる場合もあります。肝臓の病気は、食べ過ぎでの肥満、炭水化物や糖分の摂りすぎによっても引き起こされる可能性がある、と [続きを読む]
  • 中性脂肪はどれくらいで下がるの?
  • 中性脂肪はどれくらいで下がるの?→早ければ1~2か月で変化します。 しかし同時に元に戻りやすくもありますので、生活習慣の改善を始めたら、ずっと続けるものだと思うといいかもしれません。はじめはつらいですが、徐々に体が慣れてくると、健康的な生活を気持ちよく感じるようになりますよ。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中性脂肪にイマークS [続きを読む]
  • 中性脂肪は低い、でも血糖値は高い原因は?改善策は?
  • 中性脂肪は低い、でも血糖値は高い原因は?改善策は?→病院への相談が確実です。中性脂肪が低いとのことで、肝臓や脂肪細胞に蓄えられている脂肪分が少ないだろうと考えられますが、血糖値が高い状態が長く続くと糖尿病のリスクが上がります。体質的に血糖値が上がりやすい人もいますので、自分に合った方法を病院で相談するのがいいと思います。身近な方法では、低GI食品を選ぶ野菜から先に食べ始め、ごはんは最後にするといった [続きを読む]
  • 中性脂肪は低い、でも血糖値は高い原因は?改善策は?
  • 中性脂肪は低い、でも血糖値は高い原因は?改善策は?→病院への相談が確実です。中性脂肪が低いとのことで、肝臓や脂肪細胞に蓄えられている脂肪分が少ないだろうと考えられますが、血糖値が高い状態が長く続くと糖尿病のリスクが上がります。体質的に血糖値が上がりやすい人もいますので、自分に合った方法を病院で相談するのがいいと思います。身近な方法では、低GI食品を選ぶ野菜から先に食べ始め、ごはんは最後にするといった [続きを読む]
  • 中性脂肪はどれくらいで下がるの?
  • 中性脂肪はどれくらいで下がるの?→早ければ1~2か月で変化します。 しかし同時に元に戻りやすくもありますので、生活習慣の改善を始めたら、ずっと続けるものだと思うといいかもしれません。はじめはつらいですが、徐々に体が慣れてくると、健康的な生活を気持ちよく感じるようになりますよ。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中性脂肪にイマークS [続きを読む]
  • アルコール量を減らす
  • アルコール量を減らすアルコールの飲み過ぎは、中性脂肪の値が高くなる原因となります。男性の方は特に、飲み会や晩酌などアルコールを飲む量が増える傾向にあります。毎日のアルコール量はビール缶一杯分と決め、お酒を飲み過ぎないようにしましょう。中性脂肪が高くてもビールが飲みたいとき、糖質オフを選んだ方がいい?また、一週間のうちに休肝日を設けるようにしましょう。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく [続きを読む]
  • 脂肪を燃焼させるには
  • 脂肪を燃焼させるには1964_72走っていても、すぐに燃焼が始まるというわけではありません。大体20分から30分くらい経つと脂肪の燃焼が始まりますので、短い時間で苦しいと感じたら、ペースを落とすなどして、続けられる状況を作り出す必要があります。ここで重要なのが心拍数を上げつつ、継続出来る速さを掴む事が良いです。更に筋肉も増やしておく事で、脂肪を燃焼させやすい体も作る事ができます。中性脂肪値が高い方・食生活が [続きを読む]
  • 中性脂肪は、後戻りできない動脈硬化を進行させてしまう
  • 中性脂肪は、値が高いからといってすぐに病気になるわけではありませんが、忙しさにまぎれているうちに、自覚症状なく、後戻りできない動脈硬化を進行させてしまうのがこわいという性質があります。「高めかな?」という程度の数字から対策を始めてください。中性脂肪は、食事・運動を始めてから早ければ1〜2カ月で数値が変わってくると言われています。諦めたり放置したりせず、できることを今日からやってみましょう。中性脂肪値 [続きを読む]
  • 動脈硬化が引き起こす狭心症
  • 動脈硬化が引き起こす狭心症1964_70狭心症(きょうしんしょう)とは、動脈硬化等により、心臓の筋肉に酸素が行きとどかない重大な病気です。心臓の筋肉に酸素が行きとどかず、胸痛や胸部圧迫感等の症状が見られるものです。締め付けられるような胸の痛み、圧迫感が主な症状ですが他にも動機、不整脈、呼吸困難、嘔吐等の症状も見られます。動脈硬化によって、心臓の動脈が狭くなり、血液が十分に通らなくなるのです。狭心症の検査 [続きを読む]
  • 中性脂肪イコール悪者ではありません
  • 中性脂肪は生きていくために必要な体のエネルギー源なので、中性脂肪イコール悪者ではありません。しかし、血中の中性脂肪値が高すぎると「脂質異常症」という状態になり、全身の血管の動脈硬化が進む原因となります。動脈硬化はサイレントキラーと呼ばれる危険因子ですので、若いうちから積極的に中性脂肪対策をしていく必要があります。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げるには、有酸素運動・無酸素運動のどちらも有効
  • 有酸素運動をする中性脂肪を下げるには、有酸素運動・無酸素運動のどちらも有効です。「誰でもできる」にこだわった!インドア派でも続く中性脂肪を下げる有酸素運動・無酸素運動有酸素運動はウォーキングやジョギング、水泳、階段上り下りのような運動で、溜まった中性脂肪を消費するために行います。無酸素運動は短距離走や、ダンベル運動・スクワットといった筋肉トレーニングのような運動で、筋肉量を上げて基礎代謝を増やし、 [続きを読む]
  • 中性脂肪(TG)値が低い場合は、低中性脂肪血症
  • 中性脂肪(TG)値が低い場合は、低中性脂肪血症中性脂肪は、生命維持活動に必要な細胞や血管を構築するための栄養素になりますので、少なすぎても問題になります。偏頭痛や目まいなどが起こる場合もありますが、通常、基準値以下でも普通の生活している場合であれば、問題ありません。ただし、ホルモンのバランスが崩れる甲状腺機能亢進症という病気になっている場合や、肝臓の病気になっている場合もありますので、その辺りは注意 [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げる食品を摂る
  • 中性脂肪を下げる食品を摂る中性脂肪を下げる効果のある食品は、実は身近にたくさんあり、直接的に中性脂肪を下げるもの、中性脂肪の吸収を抑制するもの、中性脂肪の燃焼を助けるものなど様々な栄養素があります。中性脂肪が高い人は、食の好みや環境によってそれらの食品をあまり食べていない可能性があります。これらをおかずに一品取り入れてみたり、外食やお弁当を選ぶときにも気を付けていくと有効です。中性脂肪を下げる身近 [続きを読む]
  • 中性脂肪は低い、でも血糖値は高い原因は?改善策は?
  • 中性脂肪は低い、でも血糖値は高い原因は?改善策は?→病院への相談が確実です。中性脂肪が低いとのことで、肝臓や脂肪細胞に蓄えられている脂肪分が少ないだろうと考えられますが、血糖値が高い状態が長く続くと糖尿病のリスクが上がります。体質的に血糖値が上がりやすい人もいますので、自分に合った方法を病院で相談するのがいいと思います。身近な方法では、低GI食品を選ぶ野菜から先に食べ始め、ごはんは最後にするといった [続きを読む]
  • 脂肪を燃焼させる事毎日継続する事
  • 毎日継続する為に毎日継続して続ける為には、目標というのを決める必要があります。これは体重に対する目標でも良いですが、最近マラソンなども流行っているので、まずはマラソンを走るというのを目標にするのも良いです。そして、マラソンに完走が出来たらタイムというように、このような事を続けていれば楽しく、そして意欲的に走る事もできます。また、一人では中々継続が難しいので、多くの人と走る事で続けるのも楽しめます。 [続きを読む]
  • 女性の中性脂肪が上がる原因
  • 女性の中性脂肪が上がる原因中性脂肪の値が上がる原因に、食べ過ぎや飲みすぎがあります。人間は20歳を過ぎると、加齢とともに、基礎代謝が徐々に低下していきます。食べる量が同じでも、消費カロリーは年々減って行くので、余ったエネルギーは中性脂肪に合成され、後に脂肪として蓄えられるようになります。また女性には、妊娠、閉経など、ライフステージに中性脂肪が上がりやすい時期があります。中性脂肪値が高い方・食生活が偏 [続きを読む]
  • 中性脂肪を生成を促すアルコールの摂取を控える
  • 中性脂肪を生成を促すアルコールの摂取を控える飲酒よく「飲酒が中性脂肪の原因だ」と言われますが、アルコール自体は、中性脂肪にはなりません。肝臓で分解されるアルコールは、肝臓がアルコール分解を優先するために、肝臓の脂肪酸を分解する力を奪ってしまいます。それに伴い、中性脂肪の前身である脂肪酸の蓄積が起こるという流れです。脂肪酸の蓄積が起こるのと同時に、脂肪酸から中性脂肪の合成を促進する酵素が働きだすので [続きを読む]
  • 甲状腺機能亢進症とは?
  • 甲状腺機能亢進症とは?甲状腺機能亢進症とは、女性に多いバセドウ病が代表的な病気です。甲状腺機能亢進症は、過去の履歴や血液検査によって判断され、血中の甲状腺刺激ホルモンの量で判断されます。甲状腺刺激ホルモンが低い場合、血中のトリヨードサイロニンとサイロキシンの量が高くなり、脳下垂体の動きが抑制されている状態で、甲状腺亢進症を発症しているといえます。症状としては、甲状腺ホルモンの分泌が亢進するとエネル [続きを読む]
  • 中性脂肪はどこでチェックできる?
  • 中性脂肪はどこでチェックできる?→職場や自治体の健康診断が中心です。 健康診断で採決を受けるのが最も安く済みます。自覚症状や医師の判断があれば、健康診断のタイミング以外でも採血を行うことがあり、その場合は主に内科での検査となります。詳しくは中性脂肪の検査とは?健康診断や病院での検査の受け方中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中 [続きを読む]
  • 余分なエネルギーとしていったん肝臓に取り込まれた脂肪
  • 健康診断時に採血して計測されるのは、食事から取り込まれた中性脂肪(外因性トリグリセリド)ではなく、余分なエネルギーとしていったん肝臓に取り込まれた脂肪が再び血液中に分泌された血中中性脂肪(内因性トリグリセリド)の値です。健康診断の前日から当日にかけて食事制限をするのはこのためで、絶食によって蓄えられた中性脂肪が血中に放出される際、どれくらいの量が出てきているかをチェックするのが血液検査の目的なので [続きを読む]
  • 健康診断でTG値が高い場合
  • 健康診断でTG値が高い場合は、内科医などへの診察を勧められると思います。なぜ中性脂肪は対策しなければならないのか解説します。もっとも大きな理由は、血中の中性脂肪が多いと動脈硬化が起こり、心臓や脳への取り返しのつかないリスクが生じてしまうからです。中性脂肪が高くなると、血液中の善玉コレステロール(HDLコレステロール)が減少してしまい、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増加してしまいます。中性脂肪 [続きを読む]