多田修 さん プロフィール

  •  
多田修さん: お坊さんと落語のブログ
ハンドル名多田修 さん
ブログタイトルお坊さんと落語のブログ
ブログURLhttp://tadaosamu.hatenablog.com/
サイト紹介文浄土真宗のお坊さんです。落語も好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2017/03/24 22:17

多田修 さんのブログ記事

  • 仏教書レビュー更新 New book reviews on Buddhism are released
  • 仏教書レビュー | 浄土真宗本願寺派総合研究所仏教に関する本の書評をするサイト、仏教書レビューが更新されました。(私の勤務先、浄土真宗本願寺派総合研究所が運営しています)。これで426冊の書評・紹介を掲載することとなります。皆様のご協力に感謝申し上げます。今回の新規の掲載は以下の通りです。・今井雅晴著『六十三歳の親鸞 沈黙から活動の再開へ』(自照社出版)・大來尚順著『小さな幸せの見つけ方』(アルファポリス)We [続きを読む]
  • 努力だけでは無益です It is not enough to only make an effort
  • diamond.jpお釈迦さまは苦行したことがあります。しかし、自分を痛めつけても無益であると考え、苦行をやめました。結局、禅定(瞑想修行)で悟りを開いたのです。努力するのがよいこととは限りません。目的達成のためには、努力と適切な知識の両方が必要です。熱中症の被害者が少なくなりますように。The Buddha practiced hard asceticism. But, he stopped it because he was sure that paining himself was useless. Finally, he [続きを読む]
  • 仏教書レビュー更新
  • 仏教書レビュー | 浄土真宗本願寺派総合研究所仏教に関する本の書評をするサイト、仏教書レビューが更新されました。(私の勤務先、浄土真宗本願寺派総合研究所が運営しています)。これで424冊の書評・紹介を掲載することとなります。皆様のご協力に感謝申し上げます。今回の新規の掲載は以下の通りです。・『ブッダに学ぶさとりの言葉』(仏教伝道協会)We have released new book reviews in the web site of "Bukkyousho Review" ( [続きを読む]
  • お葬式を仏教式にする理由 The reason why we hold funerals in the Buddhist style
  • 7月5日、築地本願寺銀座サロンで「おてらくごのススメ」が開かれました。17名の方にお越し頂きました。ありがとうございました。始めに、三笑亭可龍師匠に落語「片棒」を演じて頂きました。落語「片棒」は、父親が3人の息子に、どんな葬式をするつもりなのかを聞く話です。長男と次男は賑やかなお葬式を提案し、三男はお金のかからない質素なものを計画します。その後、私がお葬式の形についてお話ししました。お葬式の形は、さま [続きを読む]
  • 哀悼の意を表します I offer my sincerest condolences
  • www.geikyo.com桂歌丸師匠が亡くなりました。謹んで哀悼の意を表します。歌丸師匠を初めて生で見たとき、師匠は「江島屋」を演じていました。「笑点」と違う一面に、強い印象を受けたことをおぼえています。Mr. KATSURA Utamaru is gone. I offer my sincerest condolences.When I saw his live performance, he performed "Ejimaya". I was impressed his performance different from one in "SHOTEN". [続きを読む]
  • 名付けには力があります Naming has ability to figure objects
  • 6月22日、落語と仏教の企画が、浜離宮朝日ホールで開かれました。On June 22, an event of Rakugo and the Buddism was held at the Hamarikyu Asahi Hall.まず、柳家三三(やなぎやさんざ)師匠に落語「寿限無」と「万金丹」を演じて頂きました。「寿限無」は、両親が子供に長い長い名前を付ける話です。「万金丹」は、2人の旅人が思いがけなく僧侶になって、あわてて戒名を付ける話です。First, Mr. YANAGIYA Sanza performed two [続きを読む]
  • 子供時代を忘れやすいのか?Do we forget our childhood easily?
  • nlab.itmedia.co.jp子供をけなして楽しんでい大人がよくいます。でも、その人たちも子供の頃、大人からけなされて、不愉快な思いをしたはずです。私たちは、自分の子供時代を忘れやすいということなのでしょうか?私たちが進歩するのは難しいようです。Adults often disparage children and enjoy it. But, they must have been looked down on in childhood by adults. And, they probably did not like them. Should we say that [続きを読む]
  • 仏教書レビュー更新
  • 仏教書レビュー | 浄土真宗本願寺派総合研究所仏教に関する本の書評をするサイト、仏教書レビューが更新されました。(私の勤務先、浄土真宗本願寺派総合研究所が運営しています)。これで423冊の書評・紹介を掲載することとなります。皆様のご協力に感謝申し上げます。今回の新規の掲載は以下の通りです。・川合康三著『生と死のことば 中国の名言を読む』(岩波書店岩波新書>)・森和也著『神道・儒教・仏教 江戸思想史のなかの三教 [続きを読む]
  • 落語で知る、葬儀の形 We can know how we have held funeral ceremonies.
  • 7月5日(木)、築地本願寺銀座サロンで「おてらくごのススメ」が開かれます。19時開演です。まず三笑亭可龍師匠に落語「片棒」を演じて頂きます。そして私が「葬儀の形」についてお話しします。皆様のお越しをお待ちしております。お問合せ・お申し込みお申込みは電話(0120-792-048)、E-mail (ginzasalom@tsukijihogwanji.jp)でお願いします。On July 5, "OTERAKUGO NO SUSUME" , an event to like Buddhism through rakugo will be [続きを読む]
  • 葬儀は必要 We need funeral ceremonies.
  • toyokeizai.net「葬式は要らない」という人がいます。しかし、人類は亡き人を弔う習慣を保ち続けてきました。葬儀には時間も費用もかかりますが、葬儀は遺族の負担を軽くしてくれるものなのです。Some people assert that we do not need funeral ceremonies. But, human beings have kept customs of mourning for the deceased. Although funeral ceremonies often take time and costs, funeral ceremonies can relieve bereave [続きを読む]
  • 秘密はない方がよい It is better that you do not hide secrets
  • 5月22日(火)、「おてらくごのススメ」が築地本願寺銀座サロンで開かれました。16名の方にお越し頂きました。ありがとうございます。まずはじめに、古今亭志ん吉さんに落語「紙入れ」を演じて頂きました。「紙入れ」は不倫の話です。話の中で、不倫の関係が危うくばれそうになります。その後、私が「秘密」についてお話ししました。お釈迦さまはある時、ある男性が自分の罪を告白して後悔していることを、ほめ讃えました。お釈迦さ [続きを読む]
  • 多様性が平和を作る Diversity builds peace
  • 5月9日、庭野平和財団による、第35回庭野平和賞贈呈式に行ってきました。会場は東京・六本木の国際文化会館です。私は庭野平和財団のメンバーではありませんが、浄土真宗本願寺派総合研究所の出張で参加したのです。受賞者は、アディアン財団です。この財団は、2006年にレバノンで、宗派の異なる5人によって設立され、平和のために活動しています。アディアン財団のファディ・ダウ理事長が記念講演を行いました。ダウ理事長がこの [続きを読む]
  • 仏教書レビュー更新
  • 仏教に関する本の書評をするサイト、仏教書レビューが更新されました。(私の勤務先、浄土真宗本願寺派総合研究所が運営しています)。これで421冊の書評・紹介を掲載することとなります。皆様のご協力に感謝申し上げます。今回の新規の掲載は以下の通りです。・子安宣邦編著『三木清遺稿「親鸞」 死と伝統について』(白澤社)・藤間幹夫著『ほとけさまといつもいっしょ 子どものための浄土真宗入門』(本願寺出版社)We have release [続きを読む]
  • 仏教では秘密についてどう考える? What does Buddhism think about secrets ?
  • 5月22日(火)、築地本願寺銀座サロンで「おてらくごのススメ」が開かれます。19時開演です。まず古今亭志ん吉さんに落語「紙入れ」を演じて頂きます。そして私が「仏教では秘密についてどう考えるか」についてお話しします。皆様のお越しをお待ちしております。お問合せ・お申し込みお申込みは電話(0120-792-048)、E-mail (ginzasalom@tsukijihogwanji.jp)、または築地本願寺銀座サロンのサイトからお願いします。On May 22, "OTERA [続きを読む]
  • 『東京かわら版』5月号に「おてらくごのススメ」告知がのりました。
  • 寄席情報の月刊誌『東京かわら版』5月号が届きました。109ページに5月22日(火)開催の、「おてらくごのススメ」の情報が掲載されました今回は古今亭志ん吉さんに落語「紙入れ」を演じて頂きます。そして私が「仏教では秘密についてどう考えるか」についてお話しします。皆様のお越しをお待ち致しております。開演は19時です。お問合せ・お申し込みお申込みは電話(0120-792-048)、E-mail (ginzasalom@tsukijihogwanji.jp)、または築 [続きを読む]