KAPPA さん プロフィール

  •  
KAPPAさん: KAPPA's blog
ハンドル名KAPPA さん
ブログタイトルKAPPA's blog
ブログURLhttp://kappaoption.blogspot.jp/
サイト紹介文オプション取引を中心とした資産運用
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 206日(平均1.9回/週) - 参加 2017/03/25 14:59

KAPPA さんのブログ記事

  • 「新しい働き方」=「自分の会社を持つ」
  • 広瀬氏が「新しい働き方」を提唱しています。1. 投資を労働に優先すること2. テクノロジーを駆使すること3. 自分の会社を持つこと全ての人向けではないと思いますが、労働を搾取と考える人には、発想の転換になるでしょう。ただし、正確な投資知識を持つことが前提です。株式投資の税率は約20%なですが、株式投資は儲けるのが難しいです。一方、比較的儲けやすい米国市場でのオプション取引は、総合課税になるので、儲けるとす [続きを読む]
  • CCW
  • 別口座なので、カバード・コールで、SPY 250 call Oct 20 '17を持っている(ショート・ポジション)のを書き忘れました。今週、exerciseすると思いますが、その後は、CSPをする予定です。 [続きを読む]
  • PF as of Oct 13 '17 (Option trading)
  • この上昇相場では、アイアン・コンドルは厳しい。Bear call spreadは全てロスカットしました。先月、広瀬さんのこの記事を見て、Square (SQ)のコール(11月満期)を買いましたが、昨日売って利益確定しました。少し早すぎたかもしれません。結局、今のポジションは下記。Oct 19 '17 RUT 1330/1370 bull put spreadOct 19 '17 SPX 2290/2300 bull put spreadNov 16 '17 SPX 2400/2410 bull put spreadJul 20 '18 SPY 210 short put [続きを読む]
  • FB、やめました
  • ペンネームで本を書いたので、FBもペンネームのKAPPAで登録しました。FBの友達は全員私の本名を知っているはずですが、「本名をあかさないのは卑怯だ」との趣旨の投稿が、本名を知っている「友達」から言われて、唖然。私の南果歩を批判する投稿が気にいらなかったのでしょう。それだけではないですが、最近、若干色々思うところがあり、FBやめました。今後、日々思っていることがあれば、こちらに投稿しますので、よろしくお願い [続きを読む]
  • LEAPSプット売り
  • 今月から(CCW以外の)オプション取引を再開しました。しかし、おそらく相場のせいだと思いますが、全く儲かりません。特にここ数日のRUTの暴騰がすごい。この1ヶ月のIWM(米国小型株のETF)のチャートは下記(RUTとほぼ同じ)。これでは、bear call spreadのポジションを取ってもすぐにロスカットです。相場はわからないので、色々な戦略を取った方がいいです。そこで本日、久しぶりに下記のLEAPSプット売りをしました。現在の値 [続きを読む]
  • 法人化の勧め
  • 米国市場では、設定したロスカットや利益確定がきちんと機能するので、一度オーダーしたら、毎日は相場を見ない兼業投資家には、最適です。日経225のオプション取引では、これが機能しないことを嫌ほど体験しました。日経225のオプション取引は専業の方以外は無理です。米国オプション取引は、総合課税ゆえ、すぐに税率が50−55%になってしまいますが、子供が株主の法人を作れば、配当することで利益を子供に税率20%で移転できま [続きを読む]
  • やはり、土地は高い
  • 先週、我が家の近く(横浜市内)を散歩していたら、建築家が設計したと思われる邸宅が、更地になっていました。坂の上なので、ご高齢の住人が手放したのでしょうか?いい邸宅だったので、残念です。調べたら、84坪の土地(更地)ですが、1億2千万円で売りに出されていました。やはり、土地は高いですね。 [続きを読む]
  • 翌営業日にロスカット・・・
  • アイアン・コンドルで、ロスカットになることは珍しいことではありませんが、アイアン・コンドル再開した翌営業日に、米国市場は今年2番目の暴騰となり、撃沈しました。アイアン・コンドルは、ポジションを組んで間もない時の暴騰と暴落に弱いです。しかし、日経225オプションでは全く機能しなかったロスカットのオーダーが、米国市場ではきちんと機能するので、安心して寝られます。10月の満期日までまだ日があるので、もう一度 [続きを読む]
  • 海外送金
  • 海外送金する際、新生銀行やSMBC信託銀行は、初回こそいろいろ質問されましたが、2回目以降は、極めて簡単に海外送金できます。しかし、楽天銀行は、2回目も初回と全く同じことを聞いてきます。「以下の海外送金取引について、中継銀行より送金内容確認依頼を受領しており、送金が保留となっております」とのこと。しかも、FAXか郵便で、それに関する書類を送れとのことです。1ヶ月前に送ったばかりなのにです。我が家にはFAXは [続きを読む]
  • アイアン・コンドル再開
  • この1、2年、将来(死亡後)のこと、税率のことなどいろいろ考えることがあり、実際に試行錯誤していて、言っていることがコロコロ変わることをご容赦ください(私の言動を参考にしている人はいないと思いますが)。オプション取引は、総合課税になるので、私の場合、税率は50−55%です。この税率はあまりに高いので、今は自身の資産運用会社を通じて行なっています(法人税の実効税率は約30%)。現在は、個人口座でCCWをしつつ [続きを読む]
  • 反脆い
  • 「まぐれ」や「ブラック・スワン」が面白かったので、本書を購入。「反脆い」という概念の提唱は面白い。この概念は、オプション取引にとどまらず、それ以外の様々な分野でも通用すると説明している。毎回、彼の博識ぶりには驚かされる。しかし、博識と正しい理解は別のこと。今回は、医学(医療)の分野についての言及が多いが、これは勇み足になっている。彼は、自分に都合のいいエビデンスを一方的に引用して、現在のほとんどの [続きを読む]
  • 資産運用(管理)会社を作る
  • 投資方法は、個人の性格や投資に費やせる時間、あるいはサラリーや資産などにより、正解はありません。私の場合、日中は産業医として働いているので、夜間の月に2、3回程度のトレードが一番いいです。それに向いているのは、米国市場でのアイアン・コンドルです。アイアン・コンドルは、流動性の点から、日本市場で実践するのは、ほぼ不可能であることが判明しました。それで、米国市場でするしかないのですが、最大の欠点は、総 [続きを読む]
  • 外為法
  • 先日、IB証券から現金を日本の銀行に送金したら、すぐに日銀から「支払い又は支払いの受領の関する報告書」を出せとのこと。3000万円以上の送金でこの問い合わせが来ます。何年か前に日本に送金した時も同様の問い合わせが来ました。その時、どう書いたか忘れてしまいましたが、今回はどう答えたらいいのかよくわからないので、一番適切と思える国際収支項目番号を書いて返送しました。やましいところは何もないので、恐れることは [続きを読む]
  • 死後の税金対策
  • 村上世彰氏のマレーシア居住をやや否定的にコメントしましたが、なるべく税率の低い国に居住して、収入を自分の思うようなところに社会還元したいと思うことは理解できます。税金を一方的に取られて、くだらないところにお金を使われるよりははるかにマシです。死んだ後のことを考えてもしようがいないのですが、50代後半になり、そろそろ死後の準備をしています。私の現在の税率は55%です。これはあまりにも高い。一方、資産運用 [続きを読む]
  • 仕事は健康のため
  • あと10年ぐらいで定年です(正確には未定)。今の仕事は週4日で、しかも定時で終わるので、肉体的にはとても楽です。精神的にも、大学にいた頃よりははるかに楽です。別に仕事をしなくても食うには困らないのですが、なぜ仕事をするのか?それは、自分の仕事が社会(あるいは会社)のために少しでも役立っていると思えるからです。また、仕事をすると、朝決まった時刻に起き、通勤で体に負荷を与えるなど、健康にとてもいいのです [続きを読む]
  • 外国株式のPF
  • 米国株(米国市場で取引されているという意味)は、日本株の数倍のシェアですが、今はほとんどETFです。昔は、個別銘柄にも結構投資したのですが、今はもうその気力がありません。唯一の個別銘柄であるSQも、広瀬さんのパクリです( EWMもそうですが)。かなり極端なポートフォリオなので、資産やサラリーが少ない方は、真似をしないほうがいいです。 [続きを読む]
  • 日本株式のPF
  • 20年以上前、投資を始めた頃はあれほど馬鹿にしていた投資信託が、いつの間にか半分を超えてしまいました。馬齢を重ねると丸くなるものです。1年ぐらい前まで日本株式のウエイトは5%ぐらいだったのですが、今は14%まで増えました。 [続きを読む]
  • 村上世彰氏の「生涯投資家」
  • 村上世彰氏の「生涯投資家」を読みました。とても面白いです。私は嫌っていませんでしたが、マスコミなどの報道で彼を嫌っている人がいるとしたら、読むべきと思います。最後の方で、彼は「いい人」を演出していますが、日本に住まず、税率の低いマレーシアに住んでいるのが残念です。 [続きを読む]
  • 投資信託
  • ひふみ投信の人気がすごいですが、SBI証券のSBI中小型割安成長株ファンド(緑)や、中小型成長株ファンド(青)の方が、最近のパフォーマンスはいいです。ひふみ投信は赤。今後どうなるかはわかりませんが。中小型成長株ファンド-ネクストジャパン株ファンド-ネクストジャパン中小型成長株ファンド-ネクストジャパン [続きを読む]
  • アビストとプレステージ・インターナショナル
  • アビスト(6087)から株主優待が届きました。株主優待は、自社製品の水素水です。しかもダンボール2箱!事前に知ってはいたのですが、邪魔なので、即売却しました(株式を)。ところで、プレスタージ・インターナショナル。10年以上前、JASDAQに上場していた頃も持っていたのですが、当時はPERは8ぐらいでした。事業内容は変わっていませんが、今はだいぶ株価上がっています(PER25ぐらい)。以前から、優良企業だと思っていたので [続きを読む]
  • ソフトバンクの株主優待
  • ソフトバンクの株式は以前から持っていたのですが、面倒くさくて、株主優待の申請をしていませんでしたた。ソフトバンクの場合、株主優待を受けるには、他の株式の優待と違って、自分で申し込みする必要があります。申し込めば、半年間、1000円の割引を受けられます。しかし、私のような携帯だけのユーザーの場合、ネットでの申し込みはできません。タブレッットも持っていれば、ネットで申し込みできるようですが、そのことはネッ [続きを読む]
  • 初めて投資信託を買う
  • 日本市場は欧米のそれに比べて、市場が非効率的なのか、あるいはファンドマネージャーの腕がいいのか、アクティブ型の投資信託のパフォーマンスはいいというエビデンスがあります。私は時間はあるのですが、最近、アニマル・スピリットがなくなってしまいました。それで、にほん投資信託を初めて購入しました。日本の投資信託の信託報酬は、欧米のそれに比べてかなり高いのですが、パフォーマンスがよければ、文句は言えません。買 [続きを読む]
  • 「不道徳な見えざる手」
  • ジョージ・アカロフ、ロバート・シラーの「不道徳な見えざる手」を読みました。原題は”Phishing for phools”。Phishingは一般的に使われている造語らしいけど、phoolsは完全な造語。これを「不道徳な見えざる手」という邦題にしたのは「神の見えざる手」に対するもので、なかなかうまい邦題だと思いました。カモ(phools)は、誇張、歪曲、隠蔽、水増しなどで、うまいこと釣られてしまう人のことです。私が20年以上前から言ってい [続きを読む]