ヒデキマツバラ さん プロフィール

  •  
ヒデキマツバラさん: ヒデキマツバラの猫道Blog
ハンドル名ヒデキマツバラ さん
ブログタイトルヒデキマツバラの猫道Blog
ブログURLhttp://hidekimatsubara.hatenablog.com/
サイト紹介文スタジオ「ミュージックハウス美美の環」で音楽制作/レッスン/ステージ企画/癒しセラピーをしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 205日(平均1.3回/週) - 参加 2017/03/26 01:08

ヒデキマツバラ さんのブログ記事

  • 新たなる道 〜最後まで読んでくれてどうもありがとう〜
  • いつもご愛読いただいて、どうもありがとうございます。まず、ひとつご報告があります。このたび、新たにヒーリングセラピストの道を歩むことになりました。詳しいことは、折に触れてお伝えしていきますね。今日の本題は、ブログ村ランキングを移籍することについて。現在、登録してるのがこちら。・ミュージシャン(音楽部門)・音楽教室(音楽部門)・エッセイ(小説部門)そして、新たに参入するのがこちら。・癒し/ヒーリ [続きを読む]
  • 特別でありきたりなブログ 〜素顔でいられる場所〜
  • (写真/普段着と金髪。ありきたりで特別。どこにでもいる素顔な僕。)ブログ村ランキングに登録して、ひと月が経ちました。雨あられ月近年のゲリラ豪雨で「ひと月分の雨が、たった1日で降った」とよく言われますが、まさしく「ひと月分のブログ来訪者が、たった1日で訪れた」劇的な1ヶ月でした。大勢の方々に読んでいただけると、目に見えずとも伝わってくるものがあります。おのずと書く気が吹き出してくること、間欠 [続きを読む]
  • 彼岸花 〜父と息子〜
  • 日曜日のAround The Worldコンサートには、多くの皆様にご来場いただきまして、どうもありがとうございました。当日のことは、また日を改めてご報告させてくださいね。先週はずっと音源制作に明け暮れていたので、さっそく父の墓前へ。無事盛会に公演を終えられたことの報告と、お彼岸にお参りできなかった詫びを入れてきました。なぜだか今年は、彼岸花がやけに目について仕方ありません。久しぶりのお散歩、図書館の返却 [続きを読む]
  • とても小さな交響曲
  • あんなに暑かった夏の日々も、9月に足を踏み入れた途端はさみですっぱり裁ち切って、縁をかがったように、なりを潜めた。以来、僕の街では、毎夜のように素敵な音楽会が催されている。虫たちのシンフォニーオーケストラ。それは地球で一番美しい交響曲。豊かな音色が奏でてくれるのは過ぎ去った少年時代の夏。笑顔で迎えてくれるおばあちゃん。夏草の香り。田舎の川遊び。あぜ道の小冒険。縁側でほおばるスイカ。黄昏 [続きを読む]
  • ピアノはツラいよというあなたへの処方箋
  • ついに音楽教室ブログで8位に入りました。どうもありがとうございます。初のトップ10入りしている間に、ピアノレッスンのお話でもしましょう。「毎日ずっと練習してるのに、なかなか上達しなくて」レッスン生や保護者の方から、そんな声が漏れることがあります。でも、ご安心ください。誰しもそういう時期があるんです。ピアノは楽器という楽器の中の王者。要求される技術レベルが並外れて高く、習得までにどうしても時間 [続きを読む]
  • 遅ればせながらブログ村に登録した結果
  • このブログも開設してから1年と1ヶ月あまりたちました。お気づきの方もいらっしゃる通り、遅ればせながら先週からブログ村と連携。「ミュージシャン」「音楽教室」「エッセイ」の3カテゴリーに登録しました。少しご説明させていただくと、ブログ村とはブログの総本山ともいうべきランキングサイト。「この記事が気に入ったらポチッと」でボタンを押すと誘導されるあれですね。ポチ総数が多いほど、このドラネコブログを世に [続きを読む]
  • セーシェルの貝殻パーティー
  • (写真/我が家の貝殻ランプ 波や水平線を演出してみたり)9/24「Around The World in 80minutes コンサート」本番日が近づいてきた。夏の終わりを飾る新曲を1つ作って発表しよう。そう決めた8月。「あっ、来た!」と感じるたび、作曲ノートを開いては、猛烈な走り書きで五線譜の上にオタマジャクシを散らす。結果、1曲どころか、4曲が卵からかえることになった。そうなると、当面の悩みは、どの曲に絞るか。1曲 [続きを読む]
  • 逍遥ノススメ 〜あなたが見逃している財宝〜
  • 僕の街には図書館がたくさんある。その数、我が家から徒歩圏内だけで7館。ちょっと尋常じゃない数だと思う。もっとも、周りの人の証言によると、「徒歩圏内の図書館? せいぜい1〜2館でしょ」「徒歩で片道50分かかる距離を歩くの、ヒデくんくらいだよ」というわけで、かなり僕の独りよがりな徒歩圏内らしい。ともかく、家を出てから東西南北、どの方角に歩みを進めても、7つのうち、いずれかの図書館にたどり着く。繁華 [続きを読む]
  • 新天地創造 〜80分で世界一周する方法〜
  • グラフィックデザインが好きだ。過去のブログでいくつかご案内してきた通り、告知フライヤーとかちょいちょい作ったりしている。今日はグラフィックを切り口に話を進めていくとしよう。マクロとミクロ毎度、不思議だなぁと思ってしまう。ほんのハガキサイズの小さな空間でも、グラフィックならそこにすべて収まってしまうのだ。大洋から銀河へ、マクロコスモスに膨らませても、細胞から潜在意識へ、ミクロコスモスに縮めても、無 [続きを読む]
  • お客様は神様なのか?
  • 映画館から出たら、街の景色が違って見える。旅先から帰宅したら、家の中や外の光まで違って見える。そしてコンサート本番を終えたら、日常の何もかも違って見える。春爛漫この春一番の陽気に恵まれたその日、僕はコンサート会場内を駆けずり回っていた。「駆け回っていた」のではなく「駆けずり回っていた」というのがミソである。ピアノ演奏のほか、ミキシングルームで舞台進行、客席でビデオ撮影を兼任していた。自分の演奏 [続きを読む]
  • ネーミングの才
  • 4月にサロンコンサートを控えている。ちょうど1年前にカワイ楽器店さんから打診を頂いて、このたび実現することになったのである。新しいコンサートホールそのホールの下見に行ったのは昨夏のこと。ビルの老朽化に伴い、なじみ深い八丁堀えびす通りから、原爆ドーム近くのエリアへと移転したカワイ楽器広島店。真新しい店舗奥に併設されたのは、伝統と未来感が同居した上質な小ホール。50名定員の理想的な音楽サロンで、試弾し [続きを読む]
  • 羽化前夜
  • 一足早く、お彼岸のお墓参りを済ませてきた。通勤時間をやや過ぎた頃、掃除道具一式を積み込み、いざ出発。陽射しの下、絶好のドライブ日和。車内もポカポカ春陽気。信号に次ぐ信号が、今日はなぜか皆ご機嫌。「どうぞお通り下さい」とばかりに青一色。交通量は決して少なくないのに、滑るように走りぬけられる。まるで国賓待遇でも受けているよう。郊外の陽だまりときたら!そこはお日様と僕たちだけの楽園である。お [続きを読む]
  • 同性があなたを支持するとき
  • ひと月以上ブログを更新していなかったにもかかわらず、今月は訪問者数が過去最多に達しようとしている。「猫道ブログ」と銘打っているせいか、ネコの日である2月22日は、とりわけ大入りであった。ご存知の通り、当ブログはネコがテーマではない。我が家で愛猫を5匹飼っているとしても、その中の一匹が今、僕の膝の上でゴキゲンに喉を鳴らしているとしても。気が向いたら書き始める。ネコのように。それがテーマだ。 [続きを読む]
  • 最後のご挨拶ざんす
  • こんばんは!今年も残すところ、あとわずかですね。大掃除はもう済みましたか?大晦日は年越しそばであたたまって、新年を迎えたいものですね。では、今日の話題・・・と、まるでラジオDJのような調子でスタートして、読者に親近感をふりまくのが、人気ブログの秘訣だとか。実際、そのようなブログを目にすると、マメだなぁ、と感心しきりである。その点、我がブログは実に愛想がない。売れっ子アイドルと、近所のドラネコく [続きを読む]
  • ボクの子育て
  • 泥のような眠りから目覚めた。長編映画のごとき夢を三本立てで見たことは確か。惜しいことに、ほんの断片しか覚えていない。窓を開け、大地に挨拶する。風の贈り物を深く吸い込む。朝一番の水で喉を清める。そして火を呼び起こす。いつもの朝の日課。でも、今朝がいつもと少し違うのは、今年最後の大仕事を終えたあとだから。その楽曲は、とある作曲家さんの新作だった。ヨーロッパで頻発するテロを題材に、人間の尊厳や [続きを読む]
  • お詫び
  • 誠に申し訳ございませんが、12月21日水曜日以降にいただいたメールに関して僕の方で確認できていないことがわかりました。今夜以降、順番にお返事を差し上げますので今しばらくお待ちいただけましたら大変ありがたく存じます。この度は皆様にご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。 [続きを読む]
  • ビバルディとリンゴ
  • これまで月1〜2回だった更新が、まさかの三連投。機を逸してしまわぬうちに、書いておきたいことがあとからあとから。ラッキードラゴン昨日ブログで述べた白龍。漢字表記ではピンと来なかったが、はたと気づけば、ホワイトドラゴンのことではないか!ミヒャエル・エンデ原作で、映画でも人気を博したファンタジー作品「ネバーエンディング・ストーリー」そこに登場した白龍こそ、幸運を呼ぶラッキードラゴン「ファルコン」 [続きを読む]
  • 白龍あらわる
  • 今年最後に、もうひと仕事とりかかっている。ご依頼主は、来年フラワーフェスティバルに出演される演奏家の方。新作のサウンドプロデュースと作詞のご依頼である。まず編曲からとりかかろう。風邪が治りかけたその晩、意気込んでパソコンに向かっていた。いい調子で波に乗ること数時間、目の前に突然、どこからともなく、拳サイズの白銀の光が、流星のように飛び出してきた。驚いたのなんの!尾の引き具合が尋常じゃなくて [続きを読む]