ひとりでも割と平気で生きている。 さん プロフィール

  •  
ひとりでも割と平気で生きている。さん: ひとりでも割と平気で生きている
ハンドル名ひとりでも割と平気で生きている。 さん
ブログタイトルひとりでも割と平気で生きている
ブログURLhttp://www.hiro24.com/
サイト紹介文何気ないつぶやき。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 255日(平均2.4回/週) - 参加 2017/03/26 07:11

ひとりでも割と平気で生きている。 さんのブログ記事

  • ポケモンウルトラサンムーンをプレイした感想
  • ポケモンウルトラサンムーンが発売されました。アマゾンでの評価はあまりよろしくない様子。けどやってみないと分からないじゃないか!って訳でストーリー途中ですが感想です。ポケットモンスター ウルトラサン出版社/メーカー: 任天堂発売日: 2017/11/17メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (2件) を見る序盤のストーリーは同じ?サンムーンをプレイした人ならわかりますがストーリーはほとんど同じです。今の所島めぐ [続きを読む]
  • お化けは意識したら現れる。
  • 昨晩お化けが出てくる、いや出てきたのかな?って夢を見ました。洗面台で合わせ鏡をした時でした。山善(YAMAZEN) 卓上三面鏡 ホワイト PM3-4326(WH)出版社/メーカー: 山善(YAMAZEN)メディア: ホーム&キッチン購入: 1人 : 3回この商品を含むブログ (1件) を見る一瞬「誰?」って顔が映った気がして飛び跳ねて洗面台から離れて近くの人に泣きついたって夢です。合わせ鏡とは鏡を向かい合わせるとそこが霊道とかなんとか [続きを読む]
  • 批判が気になるあなたへ。
  • どこに行ってもどんな人でも批判を受ける。それなのに批判に苦しんでいる人とそうでない人がいる。批判に苦しむ人は自ら批判を探している。批判なんてあって当然だ。誰に何と言われようと聞こえない、馬鹿らしいとあしらえるだけの度量がないと世の中疲れる。意見を聞くたびにあっちに行ったりこっちに行ったりめんどくさい。どんな人間にも批判者がいるのと同じくどんな人間にだって支持者がいる。たとえ何億もの支持者がいたとし [続きを読む]
  • オナ禁ゼロ日 ジェンダーレス男子目指すぜ!
  • 最近ジェンダーレス男子という新たなポジションがあるみたいだ。それってマツコとかクリス松本とかイッコウとかそんな感じ?知るか!それともケミオとかちゅるちゅるランドみたいな?惜し.......................くない!!たぶんきっとあれだよ。ジャニーズをもっと中性化したような、そうだデビル君とかトマン君とか!ジェンダーレス男子作者: ジェンダーレス男子出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2015/12/16メディア: 単行本(ソ [続きを読む]
  • オナ禁261日目(0日) オナ禁に慢心しすぎた。
  • 長期オナ禁に突入して、殆ど夢精との闘いなのだけどオナ禁止てる俺なんか無条件にイケてるよな?って感情があって真面目にオナ禁出来てなかったのが今までのオナ禁効果発動してないという予想出来たであろう展開に今更ながら見たくない結果を直視しようと思った。夢精とかもうリセットでいいよ。そして出たのはこの結論である。なのでタイトルはすでに詐欺している。この時筆者は確信犯でありながらすまし顔である。確信犯というの [続きを読む]
  • 気付いてしまった。誰にも教えたくない出来事の法則。
  • 気付いた法則がある。それは前もって自分が抱いた気持ちはそれを増幅させる場面を用意してその先に現れるということだ。楽しみやわくわく、不安や恐怖。その思いついた気持ちの延長としてその先のストーリーがある。良い事を考えた先には大体そこまで悪い事は起きにくい。というのも同じ場面に出くわしたとしてもその捉え方が違えば視覚に入らなかったり五感の捉える情報は別物となってしまう。そこからさらに別の行動を引き起こ [続きを読む]
  • 楽しい事を仕事にする為にネットでアフィリエイトしてますが正直まだまだ全然儲かんないよ。アフィリエイトとはブログなど自分の持つサイトに広告を張り付けてその広告を見た閲覧者(神)が または購入することによってその対価として収入が発生します。なぜアフィリエイトしているのかというと、ブログとか書き込みをするのが好きだし文章が上達するだけでも旨いのにあわよくばそれで食っていけるなんてそんなうまい話ない [続きを読む]
  • インドア派の過ごし方日記。
  • ラジオを垂れ流しにして動画アプリ起動して映画とか滑らない話聞いて笑っておそ松さんをyoutubeで見て苦笑いする。引きこもりながら楽しめることないかな。小説とか図書館行けば腐るほどあるんだけど自宅にある大量に積み重なる本の山の過半数は消費できていない。ってことはめんどくさくて読まないんだ。面白い事って自分から探さないといけないけど探してもいつだって楽しみが得られるとは限らない。探すことそのものが趣味と [続きを読む]
  • オナ禁258日 夢精はやっぱりだめ、絶対。その対策。
  • 長期オナ禁してるとぶち当たる壁が夢精。これは人によってはセーフとしているところもあるが基本的にこれはアウト。意識があろうがなかろうがエネルギーを放出していることに変わりない。オナ禁で得られるエネルギーとは精に由来している。1人遊びと何が違うのかというとそれは精神的なもので、自制心に欠け継続しないからだ。夢精も原因を突き止めずに放置していると確実にドツボにはまってしまう。夢精の原因とはエロから抜け出 [続きを読む]
  • 苦行について100日修行した凡人が語る。
  • 苦行したければ勝手にすればいいじゃん。得られるのは痛みだけだけど。そう語るのは100日にわたり毎日計3時間の座禅をしたMさん(このMは名前の頭文字でありマゾではない)。座禅とは足を組んで瞑想するのだが、簡単に言うと痛いなぜこんな事しないといけないのかと思うが痛みから得られるものがあるとするなら大きな痛みは小さな痛みを鈍らせる。あれ本当に痛いんだよね。たとえるなら口内炎出来た時に患部に塩塗りたくって [続きを読む]
  • いじめとは輪を強調し、規律正しいからこそ起きやすい。
  • 人は集団を形成すると論理的、道徳的に動きにくく思考力の面がかなり鈍る。その為どんな人間であれ、集団の中で自分を見失い、いじめに加担してしまうなどしてしまう可能性がある。人間は集団で生きてきたためにその集団を乱す人間がいれば束になってその人間を潰そうとする仕組みがある。グループを形成するうえでオキトシトシンという脳内物質を必要とする。それは親和性と排他性を兼ね備えている。その為に仲良しグループであ [続きを読む]
  • 思いついたらすぐ行動 平等な時間と体感時間
  • 思いついたらぱっと行動に移すことをただいま意識して行っている最中ですが、そうすると常に行動していることになりますね。こうしてみると自分がいかに非生産的に時間を潰しているのだということに気付きます。それだけ気を抜いていると時間は無意味に過ぎてしまうのです。スピーディーに無駄なく生活を意識していると頭が活性化します。活性化した脳では体感できる時間が長く感じられるようになります。脳が一番活性化するとい [続きを読む]
  • 悲劇の主人公とか後で絶対に後悔するからやめときなって話
  • 世の中平等じゃない。憎たらしい事沢山経験した人こそふざけるな!って心から叫びたくなるかもしれない。元気が沢山あるころは力がいくらでも湧いてくるから憎しみに力を注ぐことがいくらでもできてしまう。憎しみっていうのはとてつもないエネルギーを消費する悪魔みたいなものなんだよ。若気の至りが薄らいでいって大人の階段上り始めた時に今までに貯めてきた憎しみがどっと自分に押し寄せてくるんだ。それは本人では分かりに [続きを読む]
  • なんのために生きるのだろう。
  • 生き続けて生き続けて死に至るまでスムーズに終わってしまえばいい。それを邪魔するのは思考だ。あえてそんな事を考えるなんて愚かだとは思わないか。遺伝子のリレーでたまたまバトンがわたってきただけの話。そのバトンなんて放り投げてリレーを終わらせてしまってもいいし次の走者へとパスしてもいい。基本的に自由だが観客の前でリレーを終わらせる勇気があるだろうか?息を切らしながらいつになったらこのリレーは終わるのか [続きを読む]
  • どんなに辛くても歩き続けなくてはならない。
  • とてもしんどくてふさぎ込んでしまいたい、そして誰にも打ち明ける事の出来ない苦しみを背負って歯を食いしばりながら自分を強く見せる。理解されることはないし理解を求めようともしない。笑顔を作って終わりのない道を歩き続ける。救いを求める先には穴がある。決して騙されてはならない。強く生きるために生まれてきたんだ。立ち止まった先には自分を貶めようとする声が頭の中から聞こえてくるだろう。その声に耳を傾けてはな [続きを読む]
  • 自分で厳しくするか相手から厳しくされるかそのどちらか
  • お寺で三か月修行してきました。お寺では作法が細かくて、特に食事作法は大変です。作法を決まった通りにできなければ指摘を受けて訂正しなければなりません。その指摘を受けてもまた同じことを繰り返せば何度でも何度でも指導されます。指導されても結局は治すのは自分です。けど、どうですか?人から言われるのって個人的には恥だと思いますし指導はありがたくてもそれを必要としないほどしっかりできるのであればされないほう [続きを読む]
  • 桃太郎のパロディー。童話とは残酷だ。
  • 桃太郎のパロディーが存在することをご存じだろうか?それがしかも芥川龍之介作という超有名人ときた。この設定が既にパロってるんだけど芥川龍之介は桃太郎を題材にしてストーリーを描いているのだがその内容があまりにも醜いのでいい意味で度肝を抜いた。賢い読者なら桃太郎は何で鬼を退治したのだろうと疑問を抱くのではないか?そこを明確にしたホラーエピソードなのだ。ここからはネタバレになるが、この芥川が描く桃太郎と [続きを読む]
  • 僕のいる世界はとても小さい
  • 分かったようで何もわかっていない。これはどんな天才にでもいえる一つの真理だと言える。周囲を大きく眺められる人はその一つ一つの細かいところまで見ることはできないし、一つの事には他の追随を許さないなんて人はその他の事には全く目が届いていなかったりする。頭のいい人は一つ一つの事を正確に捉えることが出来るけど同時に盲点が多いらしい。これは上記した内容を裏付けている。何でも分かった気でいる人は自分を小さい [続きを読む]
  • 反応しないで生きよう。
  • 反応することが自らに災いを起こしているのではないかとそんなことを思う年頃になりました。大きくて強い事を自覚している動物ほど態度もずっしりと構えていちいち小さなことに反応しないものです。チワワなんか小さい小動物もちょこちょこ動き回って過激に反応する姿は可愛らしいですがそれは小動物であるからです。世の中人間の意識に働きかけようとする宣伝とか洗脳レベルで溢れかえってるくらいでその全てを処理することはで [続きを読む]
  • 夢の世界
  • 夢の世界というのはとても魅力的で儚い。その味わいは強烈であるが儚いからこそ意味があるのかもしれないと思う。強烈が続くと疲れてしまう。だからこそ記憶から多くの場合に消え去ってしまう夢には願望を抱いてしまう。事実、夢には甘味でいつまでもそこにいたいと思わせるような引き寄せられる味わいを感じられる事もある。その逆バイオレンスで命すら危ぶまれるスリルで済まされない刺激の強いものもある。どちらも現実で描く [続きを読む]