ゴリ さん プロフィール

  •  
ゴリさん: 素晴らしきガンプラ日和
ハンドル名ゴリ さん
ブログタイトル素晴らしきガンプラ日和
ブログURLhttp://www.wonder-plamo.tokyo/
サイト紹介文まるで駄目なおっさんがガンプラ作りを頑張るサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2017/03/27 21:51

ゴリ さんのブログ記事

  • 7月14日 三度目のガンダムベースで買った物や製作中のあれこれ
  • ほぼ一月近く前になりますが、先月の7月14日に三度ガンダムベースに行って参りました。東京はうだるような暑さで立っているだけでしんどくて、もうほんとおっさんにはただひたすら苦痛でしたが、ここに来ないと見れないものも多いのでがんばってやってきたのです。今回は特に欲しい物もなくて東京に買い物に来たついでに寄ったのですが、前回来た時は未完成だったユニコーンがちゃんと自立していて驚きました。続きを読む [続きを読む]
  • 【完成品】 1/1 LBX ナイトメア【塗装済み】【素組み】【パール塗装】【偏光塗料】
  • 今回も今更感がありますが、LBXナイトメアを製作しました。このキットはLBXのキットの中でもかなりパーツ分けが良く出来ており、普通に組むだけでかなりの配色が再現できる素晴らしいキットです。しかしそんな素晴らしい成型のキットなんですが、設定の彩色設定がとんでもなく細かいので色の完全再現を目指すだけでかなりマスキングを強要されます。マスキングだけで再現できない箇所も多かったので、そういった部分は根性の筆塗り [続きを読む]
  • LBX ナイトメア 製作記 その2 マスキング作業と塗り分け
  • 前回はメインカラーを吹いて筆でチマチマ塗っていきましたが、今回はマスキングがメインとなります。と言うのもこのキットはほぼ全てのパーツに塗り分けが必要な鬼キットなのですが、一見すると簡単にマスキングが出来そうに見えてしまうデザインをしているので注意が必要なのです。特にこの頭部パーツを始め大きな部分は比較的楽にマスキングできましたが、小さな部分はマスキングさえ難しいので地味に根気が必要となってきます。 [続きを読む]
  • ここ最近の積みプラ事情 2017-2018年パート2
  • 最近は部屋が暑すぎて何もやる気がせず、中々今やっている作業が進まないので記事が書けず困っている丸山です。記事を書くのも暑すぎ、いや熱すぎます。仕方がないので最近買ったトールギスを開封してパチ組みして遊んでいますが、何か改造してトールギス2・3を作る気力がモリモリ沸いてきたので、作業自体は絶賛続けております。さて今回は大多数の人間が興味ないであろう私がここ最近買ったプラモデルを前回に引き続き紹介しよう [続きを読む]
  • LBX ナイトメア 製作記 その1 基本色の塗装(プリズムブルーブラック)
  • ちょっと試したい塗料が手に入ったので久方ぶりにLBXで試したく思いまして、たまたま安く手に入った上デザインも良好で、なおかつパーツ分割にも定評のあるこのLBX ナイトメアを模型製作の息抜きに製作しようと思いちょっと前に作り出しました。ただパーツ分割がいくら良好と言ってもそこはLBX、一筋縄ではいきません。簡単に作れると思い始めた製作ですが、想像よりも意外なほどにマスキングが多く中々作業が進まないうえ、塗装直 [続きを読む]
  • 1/1 LBX アキレス
  • 今回は今更ダンボール戦機より主人公機のアキレスを作ってみました。この作品は今年の静岡ホビーショーでデクーOZとデクー監視型と共に一緒に展示しました。あれだけ展示品がある中でLBX作っていたのは会場で私ただ一人だけでした・・・この作品は出来るだけ爽やかな配色を意識して作りましたが、ホビーショーに飾るにおいては会場で少しでも目を引くような華やかさも欲しかったので、マントをキラ紙で作ったりメタリックフィニッ [続きを読む]
  • メガミデバイス 朱羅 弓兵 製作 その4 塗装
  • 前回は素組みまで終わったので今回は塗装に入ります。女の子の模型はこれで3度目になりますが、いまいち勝手が分からず苦戦しそうです。アーキテクトでは肌の部分も塗装しましたが、今回は肌は成型色仕上げで行こうと思います。肌を成型色で仕上げるメリットは塗装剥げを気にせず遊ぶことが出来るので、私のように完成後ガシガシ遊ぶ人にとってはそれなりに恩恵があると思います。配色はかなり迷いましたが、キットの元の色がカッ [続きを読む]
  • メガミデバイス 朱羅 弓兵 製作 その4 塗装
  • 前回は素組みまで終わったので今回は塗装に入ります。女の子の模型はこれで3度目になりますが、いまいち勝手が分からず苦戦しそうです。アーキテクトでは肌の部分も塗装しましたが、今回は肌は成型色仕上げで行こうと思います。肌を成型色で仕上げるメリットは塗装剥げを気にせず遊ぶことが出来るので、私のように完成後ガシガシ遊ぶ人にとってはそれなりに恩恵があると思います。配色はかなり迷いましたが、キットの元の色がカッ [続きを読む]