js さん プロフィール

  •  
jsさん: 初心者のための電子回路設計
ハンドル名js さん
ブログタイトル初心者のための電子回路設計
ブログURLhttp://jsbachelect.blogspot.com/
サイト紹介文初心者にも分かりやすく回路設計の考え方やノウハウを伝えて行くブログです。
自由文会社に入って電気の設計を20年以上やってきたおっちゃんが、初心者にもわかりやすいように回路設計の考え方やノウハウを伝えて行くブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 137日(平均0.4回/週) - 参加 2017/03/28 08:22

js さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ノーベル物理学賞のLEDについて④
  • 前回の回路図は、、、 でしたね。ところで、電池(電源)と抵抗の回路記号はわかりますよね?どちらも中学の理科で習ったとおもうので、、、ちなみに電池は長い方がプラス極になります。短い方は、マイナス極です。が、設計者はだいたいグランド(GND)っていいます。普通に売っている電池は1.5Vですので、ここでは5Vの電源に置き換えて考えてみましょう。とすると、前回、LEDが光った時は2Vといいましたよね?そうすると、LEDが2 [続きを読む]
  • ノーベル物理学賞のLEDについて③
  • 大事なことをかきます。LEDに電圧にをあたえると、LEDが光ったときの両端の電圧(VF)は、2Vと覚えておいてください。実際は、1から2Vで、青色LEDの場合は、3Vぐらいありますが、細かいことは気にせずにとりあえず2Vと覚えましょう。そこで、LEDを光らせるだけの回路図をかいてみます。上図。この解説は④でします。 [続きを読む]
  • ノーベル物理学賞のLEDについて②
  • ただし、LED両端に電池をそのままつないではダメです。電圧にもよりますが、、、電流が大きすぎてLEDが壊れてしまいます。さて、どうすれば壊れずにLEDを光らせることができるでしょうか?そうです。電流を流れにくくするものを回路の中にいれればいいのです。電流を流れにくくする電気の部品で代表するものは、、、、抵抗器です。普段は器をつけないで単純に抵抗といいます。さらに大事なことを次の③でかきます。 [続きを読む]
  • ノーベル物理学賞のLEDについて①
  • 数年前、青色LEDでノーベル物理学賞を日本人3人がとりましたね。今回は、LEDです。前回オームの法則だったので次なにがいいかな?と考えてました。普通は、合成抵抗の計算やらキルヒホッフの法則やらに進むとおもいますがやめます。最初に書いたように、LEDです。LEDを選んだのは、やはり回路をつくって光りが出て少し感動した経験があるからです。私が会社に入ったころはまだ無かった青色LED。赤や緑に比べて綺麗です。波長の短い [続きを読む]
  • オームの法則
  • 回路設計で絶対的な法則は、オームの法則です。これさえ知っていれば、後は設計の実務経験を積んで自分のレベルアップを図っていけばいいです。と、書いてしまうとこのブログが終わってしまいます。^_^;V=I×R唯一かけ算のこれだけ覚えてください。RとIを求めるのは式を展開すればいいだけなので。このような覚え方もありですが時が経つと忘れますので、やはりV=I×Rだけでいいかとおもいます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 私が電子回路に興味をもったきっかけ
  • 小さい頃に、畑か田んぼの土の上に壊れたテレビが捨てられてました。何でも興味がある年頃でして、中を覗くと、細かい部品がたくさん入っているのが、見えました。こんな部品の集まりでテレビが、映ってるんやなー、不思議やなーと思ったのがきっかけだったと思います。この部品一個でも壊れたら、テレビ映らんのかなぁとか色々思いました。昔の抵抗器です。今は、チップ化されてますね。もう見えないくらいちいさくなってます。 [続きを読む]
  • 初めまして
  • この度、初心者のための電子回路設計と言うブログを立ち上げました。今までの経験をもとに分かりやすく書いていきます。と言うか、難しい事は書けませんのでよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …